何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

モルジブ

提供: Wikitravel
アジア : 南アジア : モルジブ
移動先: 案内検索



Doni aux Maldives cropped.jpg
国旗
モルジブの国旗
位置
モルジブの位置
基礎データ
首都 マレ
通貨 モルジブ・ルフィヤ (MVR)
面積 300km²
水面積率: ○○%
人口 339,330人
言語 ディヴェヒ語
宗教 イスラム教(外務省サイトより引用)
電気 220V 50Hz B・B3・BF・C型プラグ
国際電話番号 +960
ドメイン .MV
時間帯 UTC +5


モルジブ共和国モルディブ共和国(Republic of Maldives、ދިވެހި ރާއްޖޭގެ ޖުމްހޫރިއްޔާ)、通称モルジブモルディブ(Maldives、ދިވެހިރާއްޖެ)はインド洋島国[1]


地方[編集]

モルジブの地図

など。

都市[編集]


分かる[編集]

概要[編集]

国土のほとんどが海で、僅かな大地も1周数十分程度の島に細分化されている。このため、空港の島、工場の島、警察の島といった具合に一つの島に一つの機能しか持たせることができず、ホテルも例外ではない。つまり、特別な例外を除いて島一つが丸ごとホテルになっているわけで、旅行者はその点を理解する必要がある。

モルジブ政府は国民が外国人旅行者に影響されるのを恐れて、リゾート島以外の立ち入りを制限している。また、地形の関係や公共交通機関がほとんどない事から滞在型の旅がメインになっている。島の外から気軽に出かけられない反面、他所の影響を受けることのないプライベート感を味わえるのが特徴で、世界の屈指の海をもっていることからダイビングやウォータースポーツが盛んである。

外国人旅行者は、マレとリゾート島以外へは旅行制限があり、自由に行くことができない。それらの場所を訪ねるためには,珊瑚島(アトール)行政省から旅行許可証を取得しなければならず、更に、国家保安局で旅行計画、訪問地を提示して身分証明書を発行してもらう必要がある。[2]

  • モルジブ政府観光局 — (英語)  WEB  [3]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

1年中蒸し暑い。1月から4月までが乾季、5月から12月までが雨季である。ただし、降雨データからもわかるとおり、乾季に全く雨が降らない、あるいは、雨季には毎日雨が降り続くというわけではない。

マレの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)28.028.328.929.228.828.328.228.027.827.827.727.828.2
降水量 (mm)114.238.173.9122.5218.9167.3149.9175.5199.0194.2231.1216.81,901.4
データ出典

祝日[編集]

こちらを参照。

時差[編集]

日本との時差は4時間で、日本より4時間遅れている。サマータイムはない。なお、リゾートによってはモルジブ時間と1~2時間違うリゾート独自の時間を使用している。

時差早見表 (UTC +5)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く[編集]

飛行機で[編集]

イブラヒム・ナシル国際空港

モルジブの国際空港は、フルレ島(Hulhulé Island、ހުޅުލެ)にあるイブラヒム・ナシル国際空港(Ibrahim Nasir International Airport、އިބްރާހިމް ނާސިރު ބައިނަލްއަޤުވާމީ ވައިގެ ބަނދަރު)である。イブラヒム・ナシル国際空港地図

かつて、日本からは一部のスリランカ航空のコロンボ行きがマレを経由していたが、現在は全便が直行便へと置き換えられており、日本からモルジブへは第三国を経由することになる。 ツアーではスリランカ航空の他に、シンガポール乗り継ぎのシンガポール航空とクアラルンプール乗り継ぎのマレーシア航空を利用するのが一般的で、料金はスリランカ航空が安く、サービスに定評があるシンガポール航空は高いが東京路線にエアバスA380を就航させるので料金が変動する可能性がある。なお、スリランカ航空は成田発月・木・土・日曜の運航で、シンガポール航空は成田・羽田関空などから毎日運航している。ほかに大韓航空や中国南方航空、キャセイパシフィック航空など、少し遠回りになるが、エミレーツ航空やエティハド航空、カタール航空なども利用できる。


船で[編集]

2013年12月にピースボートがマレに寄港しているが、3万トン超のオーシャンドリーム号が停泊できる港がないため、マレ沖に停泊させ、参加者はドーニ(Dhoni、ދޯނި、船)に乗り換えてマレへ向かった。[4]

動く[編集]

公共交通機関といえるのはマレ周辺を結ぶドーニ(船)と各環礁を結ぶ国内線飛行機ぐらいなもので、リゾート島以外の島に向かう交通機関はない。リゾート島の送迎にしてもチャーターベースなので、リゾートを個人手配した場合には送迎手段を前もって確保する必要がある。送迎手段にはドーニとスピードボートの他に水上飛行機がある。水上飛行機は夜間飛行ができないが、日本からの飛行機は到着が夜間になるため、水上飛行機を利用する環礁(アリ環礁やバー環礁など)のリゾートに行く場合にはマレもしくは空港島等で前泊する必要がある。

一部のリゾートへは国内線飛行機で行くこともある。もちろん庶民の移動手段として使われているが、ナイトフライトもあるので、夜に到着しても、そのまま乗り継いでリゾートへ行ける。

リゾート島以外の島に行きたい場合はドーニやスピードボートをチャーターしなければならないので、予算もかかる上に交渉力が必要になるが、内航クルーズに参加するという手段もある。

喋る[編集]

公用語はディヴェヒ語。ただし、英語教育が行なわれているので英語も通じる。

観る[編集]

政府の方針もあって、島内の移動が困難であることから観光地の周遊よりもダイビングやサーフィンなどのマリーンスポーツやスパなどでのんびりすることがメインであり、特にこれといった観光名所はない。強いてあげるとすればエクスカーションの一環としてマレ観光や近隣の島々に足を運ぶ程度であるが、アイランド・ホッピングはリゾートが位置する環礁によって内容が変わってくる。また、マレにしたところでもさほど見どころのある都市ではない。

モルジブは世界有数のダイビングスポットであり、それらのスポットが観光名所といえるのかもしれないが、見るためには当然、ダイビング資格が必要になる。ダイビングセンターは各リゾート島ごとに必ず設置されている。

買う[編集]

通貨はルフィヤ(MVR)。リゾート滞在のみの場合はすべてアメリカドル(US$)もしくはカードで清算可能なので、ルフィヤは不要。

(参考) モルジブの通貨単位はUSドル ($)。2014年3月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = $0.0097$1.0 = ¥103.28
$ 米ドル$1.00 = $1.0$1.0 = $1.0
€ ユーロ€1.00 = $1.3875$1.0 = €0.721
£ 英ポンド£1.00 = $1.6713$1.0 = £0.5983

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

物価[編集]

物資のほとんどを輸入に頼っているので物価は高め。酒や食品類はむしろ、リゾートの格によって左右される。

食べる[編集]

安いカフェのモルジブ料理:焼き魚、マスリハ(魚カレー)、マスロシ(魚入りパン)、ご飯

マレのホテルならともかく、リゾートに泊まったのなら島の外に出ることができないので食べ歩くことができない。このため、利用したいレストランがあればレストランのあるリゾートに宿泊せねばならない。

モルジブではほとんどの食材を輸入に頼っている。このため宿泊代が安いリゾートなどではビュッフェの品目が限られる、コースのパターンがあまりなく、高級リゾートなどでは高価かつ新鮮な食材が豊富に入ってくるなど、レスラトンの質が価格に比例するようである。

一昔前までは一泊三食込みであったが、アラカルトレスラトンを設けるリゾートが増えたことから朝食のみのケースも増えている。このため、宿泊費を抑えて食事を豪華にすることもできないことと同様に、部屋を豪華にして食費を抑えることも難しい。高級リゾートの場合は一日に10,000円も使う事も覚悟しなければならなくなる。

マレに「ホター」(hota)と呼ばれる安いローカルカフェがある。単純なカレーセットなどは20ルフィヤ(約150円)から。


飲む[編集]

モルジブでは空港島とリゾート島以外で酒を飲む事は禁止されている。また、国外から酒を持ち込むことも禁止されており見つかったら没収される。

水道水は雨水を貯めたもの、あるいは海水を濾過したものなので飲用には適さない。ミネラルウォーターの飲用が望ましいとされる。ちなみにアクエリアスは日本ではスポーツ飲料であるが、モルジブではミネラルウォーターのことを指す。

泊まる[編集]

モルジブのホテルはマレや特別な例外を除いて、徒歩数分程度の島をまるまるホテルにしている。法律で二階建てに制限されているのでコテージタイプが主流で、「ホテル < 一棟数室 < 一棟二室 < 一棟一室」の順に料金が高くなる。最近では水上コテージを設けるリゾートが多く、下手をすれば桟橋の長さが島の直径を越えることもある。

値段幅は100ドルから1,000ドル以上と様々で、最低ランクだとエアコン無し、シャワーですらお湯が出るか怪しいほどであるが、ドミトリー形式だったりシャワーやトイレが兼用の宿はないので最低で部屋と自室専用のシャワーとトイレは確保される。高級レベルにエアコン、温水シャワーにバスタブはあたりまえ、コテージの占有面積は100平方メートルを楽々と超え、専用プールがあったり、バトラーがいたりと至れり付くせりである。最近では海外のホテルチェーンの進出が激しく、既存のリゾートを改築して高級リゾートにしている例が多く、素朴系リゾートの数は減っている。

島はラグーンに取り囲まれているのとドロップオフが近いのと二通りがあって、前者はビーチの景色が素晴らしく浅瀬が続いているので子供を遊ばせるのに最適であるがシュノーケリングには向かないという欠点があり、後者はビーチからの眺めがよろしくない代わりにシュノーケングが楽しめるといった具合に一長一短である。ただ、二つの特徴を兼ね揃えた島というのもある。しかし、地球温暖化の影響でどのリゾートもビーチの流失に悩んでおり、防波堤を築いて防ぐケースが多い。この場合は眺めがいささか悪くなる。

リゾートに泊まるには個人手配と旅行会社の規格するパッケージに参加するのと二通りあるが前者は歓迎されない。個人で手配するには宿泊料金の他に1泊8ドルのホテル税と10%のサービス料、それに送迎代金が加算となる。

  • 国際空港があるフルレ島に位置するフルレ アイランド ホテルについてはこちらを参照。


クルンバ モルジブ (Kurumba Maldives) 地図  
1972年にモルジブで最初のリゾートとしてオープンした老舗の中級リゾート。全180室のうちホテルタイプが77室、コテージが103室。島の周囲を取り囲むハウスリーフが美しい。水上ヴィラはないが、狭い客室でも50平方メートルという広さで、味わいのある落ち着いた空間が心地良い。リゾート内にキッズクラブがあるので、子供連れでも楽しめる。スパも充実。レストランは7軒。ほかにバーが3軒、カフェが1軒ある。日本料理やインド料理、イタリア料理などが味わえ、料理の幅が広い。なかでも、日本料理レストランの「浜風」は、マレ在住の日本人がわざわざ訪れるほど食事には定評がある。モルジブのリゾートのなかで空港に最も近いので、限られた時間を有効に使えるのがありがたい。
 所在  Vihamanaafushi, 08340, Republic of Maldives 北マレ環礁。空港からスピードボートで12分。  電話  +960 664 2324
 FAX  +960 664 3885
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スーペリアUS$260~、デラックスプールヴィラUS$900~など。日本料理の値段はこちらにある「Hamakaze Lunch Menu」「Hamakaze Dinner Menu」を参照。
クルンバ モルジブ


バンドス モルジブ (Bandos Maldives) 地図  
クルンバ モルジブの次にオープンした老舗の中級リゾート。全215室のうちテラスハウスが151室、コテージが62室、水上コテージが2室。客室は改装を重ねているため、古さを感じさせず、広々としたゆとりの空間。施設の充実が売りのリゾートで、キッズルームや24時間営業のメディカルセンターなどが備わっている。ホテル名をバンドス アイランド リゾート&スパと表記しているものもある。
 所在  Noth Malé Atoll Republic of Maldives 北マレ環礁。空港からスピードボートで10~15分。  電話  +960 664 0088
 FAX  +960 664 3877
 WEB  [7]
 e-mail  [8]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スタンダードUS$289~、デラックスUS$359~など。
バンドス モルジブ


トラギリ アイランド リゾート (Thulhagiri Island Resort) 地図  
卵型の小さな島にある高級リゾート。全86室のうちコテージが52室、水上コテージが34室。かつては水上コテージはなかったが、2002年に完成、2009年に17党が新しく建てられ、現在の34室になった。水上コテージは客室から直接リーフに出れ、客室から魚が見えるのでおすすめ。ハウスリーフにサメ、エイがおり、ボードで5分のダイブスポットは魚が非常に多い。ダイビングはボートダイブの前にハウスリーフでのチェックダイブが必要。ダイブセンターは安全管理がしっかりしており日本人スタッフもいる。食事はビュッフェ主体でまあまあの内容。アルコールが安い(グラスワインUS$2~)。客室はシンプルだが清潔でシャワーのお湯も十分出る。
 所在  North Malé Atoll Rep.of.Maldive 北マレ環礁。空港からスピードボートで25分。  電話  +960 664 5930
 FAX  +960 664 5939
 WEB  [9]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  コテージUS$209~、水上コテージUS$289~。
トラギリ アイランド リゾート


フヴァフェンフシ (Per Aquum Huvafen Fushi) 地図  
砂州のように伸びる美しいビーチが特徴の最高級リゾート。全44室のうちコテージが18室、水上コテージが26室。客室はゆとりがあり、モダンな雰囲気。ライム・スパは世界初の水中トリートメントルームを持ち、このリゾートの一番の目玉。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  North Malé Atoll PO Box 2017 Republic of Maldives 北マレ環礁。空港からスピードボートで35分。  電話  +960 664 4222
 FAX  +960 664 6202
 WEB  [10]
 e-mail  [11]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチバンガローUS$1040~、プール付き水上バンガローUS$2126~など。
フヴァフェンフシ


ミール アイランド リゾート (Meeru Island Resort) 地図  
北マレ環礁の最東端にある高級リゾート。全286室のうちテラスハウスタイプが20室、コテージが160室、水上コテージが106室。島はモルジブでも有数の広さで、大きなラグーンと美しいビーチに囲まれている。客室は北欧から取り寄せた木材を使用しているため、木のぬくもりを感じさせる。イベントも多数あり、にぎやか。
 所在  North Malé Atoll Maldives 北マレ環礁。空港からスピードボートで55分。  電話  +960 664 3157
 FAX  +960 664 5946
 WEB  [12]
 e-mail  [13]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ガーデンルームUS$247~、水上ヴィラUS$350~など。
ミール アイランド リゾート


ワン&オンリー リーティラ モルジブ (One&Only Reethi Rah, Maldives) 地図  
北マレ環礁の西側にある最高級リゾート。全130室のうちコテージが100室、水上コテージが30室。客室は一戸独立型で天井が高く、モルジブのリゾートのなかでかなり広め。全室にヴィラホスト(バトラー)が付いている。ワン&オンリー・スパは敷地が広く、充実した設備。日本料理レストランの「タパサケ」では、日本人シェフが日本から空輸された最高級の素材で腕を振るう。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  North Malé Atoll 北マレ環礁。空港からラグジャリーヨットで45分。  電話  +960 664 8800
 FAX  +960 664 8822
 WEB  [14]
 e-mail  [15]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$1100~、水上ヴィラUS$1700~など。日本料理の値段はこちらにあるMENUSを参照。
ワン&オンリー リーティラ モルジブ


アダーラン プレステージ ヴァドゥー (Adaaran Prestige Vadoo)  
南マレ環礁の最北端に位置する、スリランカ資本の最高級リゾート。客室はすべて水上コテージで、50室。島は約10分で一周できるほどの狭さだが、ハウスリーフはモルジブでも随一で、多くのダイバーに愛されてきた。客室は木目調のスタイリッシュな造りで、すべての客室にサンデッキとプライベートプールが付いている、桟橋の先端に建つ6棟はなんと日本旅館をイメージした和室である。レストランは2軒。日本料理レストランの「北嶋」では、牛丼や親子丼のような丼物はもちろん寿司や刺身まで、日本人シェフが腕を振るう本格的な味。下記の「所在」にKaafu Atollとあるが、カーフ環礁(Kaafu Atoll)は北マレ環礁と南マレ環礁の正式名である。
 所在  Vaadhoo, Kaafu Atoll, Republic of Maldives 南マレ環礁。空港からスピードボートで12分。  電話  +960 664 3976
 FAX  +960 664 0379
 WEB  [16]
 e-mail  [17]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  水上コテージUS$895~。
アダーラン プレステージ ヴァドゥー


タージ エキゾティカ リゾート&スパ (Taj Exotica Resort & Spa) 地図  
極端に細長い島にある、インド資本の最高級リゾート。全64室のうちコテージが11室、水上コテージが53室。客室の屋根はヤシの葉で葺いたもので、ここが南国であることを実感させる。一部の客室にはプライベートプールが付いている。ここでの食事は三食ともアラカルト方式で、メニューから選んで注文する。スパはアーユルヴェーダ施設が整っていて、ひときわ豪華。2010年9月25日に日本テレビ系列で放送された「週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー」で、お笑い芸人のバービーが宿泊している。
 所在  Emboodhu Finolhu Is., South Malé Atoll 南マレ環礁。空港からスピードボートで15分。  電話  +960 664 2200
 FAX  +960 664 2200
 WEB  [18]
 e-mail  [19]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ラグーンヴィラUS$1300、プール付きデラックスラグーンヴィラUS$1750など。
タージ エキゾティカ リゾート&スパ


エンブドゥ ヴィレッジ (Embudu Village) 地図  
ハウスリーフとビーチの両方が楽しめる中級リゾート。全122室のうちコテージが106室、水上コテージが16室。客室はスタイリッシュなデザインで、水上コテージの床からはガラス越しに床下の海を眺めることができる。レストランはサンドカーペットで、三食ともビュッフェ方式。
 所在  Embudu Village Maldives 南マレ環礁。空港からボートで45分。  電話  +960 6640063
 FAX  +960 664 2673
 WEB  [20]
 e-mail  [21]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スーペリアUS$148~、水上バンガローUS$330~。
エンブドゥ ヴィレッジ


ジュメイラ ヴィッタヴェリ (Jumeirah Vittaveli) 地図  
ドバイブルジュ アル アラブを展開するアラブ首長国連邦資本のジュメイラ・インターナショナルが手がける最高級リゾートとして、2011年12月にオープンした。旧名称はボリフシ アイランド リゾート(Bolifushi Island Resort)。全89室のうちコテージが43室、水上コテージが46室。ハウスリーフの素晴らしさで定評のあるリゾートで、シュノーケリングやダイビングを思う存分に楽しめる。客室は広く、落ち着いた雰囲気。レストランも絶品の味。
 所在  Bolifushi Island South Malé Atoll Republic of Maldives 南マレ環礁。空港からスピードボートで20分。  電話  +960 664 2020
 FAX  +960 664 2525
 WEB  [22]
 e-mail  [23]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラwithプールサンセットUS$1276~、ウォーターヴィラwithプールサンライズUS$1304~など。
ジュメイラ ヴィッタヴェリ


ビヤドゥ アイランド リゾート (Biyadhoo Island Resort) 地図  
モルディブ屈指のハウスリーフを持つ中級リゾート。ビーチは小さめだが、そのぶんビーチからハウスリーフまでが近いので、シュノーケリングやダイビングを思う存分に楽しめる。客室はすべてホテルタイプで、96室。海沿いに並ぶ客室棟は2階建てで、1階と2階にそれぞれ8室ずつ計16室が1棟という、モルジブのリゾートでは数少ないアパートメントタイプの造りになっている。1階の客室は目の前がビーチで、2階の客室はベランダから絶景の海を堪能できる。客室はシンプルかつスタイリッシュ。レストランはパーム・レストランの1か所のみ。
 所在  South Malé Atoll 南マレ環礁。空港からスピードボートで30分。  電話  +960 664 7171
 FAX  +960 664 7272
 WEB  [24]
 e-mail  [25]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スタンダードUS$216~。
ビヤドゥ アイランド リゾート


ココア アイランド バイ コモ (Cocoa Island by COMO) 地図  
バンコクのメトロポリタン ホテルなどを展開するシンガポール資本のコモ ホテルズ アンド リゾーツが手がける最高級リゾート。客室はすべて水上コテージで、全33室。うち17室はドーニ(船)をイメージしたもの(写真)で、最も人気の高い客室である。どの客室も広めで、天井が高い。レストランは三食ともアラカルトで、なかでもインド料理の評判が高い。ハイドロセラピープールを備えたスパのコモ・シャンパラ・リトリートも人気の施設。
 所在  Makunufushi South Malé Atoll Republic of Maldives 南マレ環礁。空港からスピードボートで45分。  電話  +960 664 1818
 FAX  +960 664 1919
 WEB  [26]
 e-mail  [27]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ドーニスイートUS$850~、ロフトヴィラUS$1150~など。
ココア アイランド バイ コモ


アダーラン クラブ ランナリ (Adaaran Club Rannalhi) 地図  
イタリア人の宿泊客が多い高級リゾート。全130室のうちホテルタイプが86室、水上コテージが44室。レストランの床をサンドカーペットにするなど、天然の素材をそのまま活かすこだわりようのリゾートである。劇場では毎晩ショーが催されている。2階建ての客室棟の屋根はヤシの葉で葺いたもので、実にいい味を出している。室内の設備も充実。アダーラン プレステージ ヴァドゥーと同じ経営。
 所在  South Malé Atoll, Republic of Maldives 南マレ環礁。空港からスピードボートで45分。  電話  +960 664 2688
 FAX  +960 664 0379
 WEB  [28]
 e-mail  [29]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スタンダードUS$261~、水上コテージUS$411~。
アダーラン クラブ ランナリ


ファン アイランド リゾート (Fun Island Resort) 地図  
アットホームな雰囲気が持ち味の中級リゾート。客室はすべてコテージで、90室。遠浅の大きなラグーンに浮かぶ細長い島から、長い桟橋が延びている(写真)。目の前のラグーンは波が比較的穏やかなので、ラグーンの美しさを活かしたマリンスポーツが盛ん。客室は1種類のみで、いたってシンプル。メインレストランは三食ともビュッフェスタイル。
 所在  Bodufinolhu, South Malé Atoll, Maldives 南マレ環礁。空港からスピードボートで45分。  電話  +960 664 0033
 FAX  +960 664 0044
 WEB  [30]
 e-mail  [31]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチフロントルームUS$245~。
ファン アイランド リゾート


ヴェリガンドゥ アイランド リゾート&スパ (Veligandu Island Resort & Spa) 地図  
大半が真っ白な砂地に覆われた島にある高級リゾート。全91室のうちコテージが27室、水上コテージが64室。ヴェリガンドゥとはディヴェヒ語で「砂丘」の意味。藁葺き屋根の客室は落ち着いた雰囲気。スパもある。隠れ家的雰囲気のリゾート。下記の「所在」にNorth Ari Atollとあるが、リゾートはアリ環礁の近くにあるラスドゥ環礁に位置している。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  North Ari Atoll Maldives ラスドゥ環礁。空港から水上飛行機で20分。  電話  +960 666 0519
 FAX  +960 666 0648
 WEB  [32]
 e-mail  [33]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$345~、水上ヴィラUS$465~など。
ヴェリガンドゥ アイランド リゾート&スパ


クラマティ アイランド リゾート (Kuramathi Island Resort) 地図  
ラスドゥ環礁にある高級リゾート。モルジブ最大級のリゾートで、大きさは長さ約1.5km、幅約500m。あまりにも大きいため、リゾート内をマイクロバスが巡回している。全290室のうちコテージが220室、水上コテージが70室。ここがモルジブであることを感じさせる内装の客室。水上コテージは、ヴィラが52平方メートルで20室、ジャグジー付きが90平方メートルで50室。レストランは7軒。ほかにバーが6軒、カフェが1軒ある。カフェのアイランド・コーヒー・ショップは24時まで営業しているので、おなかが空いたときにおすすめ。キッズクラブやクリニックなどの施設が充実しているので、家族連れでも安心して滞在できる。下記の「所在」にあるRasdhooをRasduと表記しているものもある。
 所在  Rasdhoo Atoll, Maldives ラスドゥ環礁。空港から水上飛行機で20分。  電話  +960 666 0527
 FAX  +960 666 0556
 WEB  [34]
 e-mail  [35]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  US$306~。
クラマティ アイランド リゾート


ヴェリドゥー アイランド リゾート (Velidhu Island Resort) 地図  
アリ環礁の北側にある高級リゾート。大きなラグーンに囲まれた島の形は正三角形に近く、遠浅の海やドロップオフになっているハウスリーフもあり、変化に富む。全100室のうちコテージが80室、水上コテージが20室。客室はシックな雰囲気。
 所在  PO Box 2015, Malé 20-02, Republic of Maldives アリ環礁。空港から水上飛行機で30分。  電話  +960 666 0551
 FAX  +960 666 0630
 WEB  [36]
 e-mail  [37]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチバンガローUS$228~、水上バンガローUS$318~など。
ヴェリドゥー アイランド リゾート


バタラ アイランド リゾート (Bathala Island Resort) 地図  
素朴な雰囲気が持ち味の中級リゾート。客室はすべてコテージで、46室。見事なハウスリーフで、ダイビングやシュノーケリングにはもってこい。客室はスーペリアとデラックススーペリアとデラックスの二種類で、どちらもこじんまりとしており、いたってシンプル。かつてはイタリア人の宿泊客が多かったが、2009年に経営が変わり、現在はドイツ人の宿泊客が多い。
 所在  Ari Atoll アリ環礁。空港から水上飛行機で45分/スピードボートで1時間15分。  電話  +960 331 6131
 FAX  +960 666 0558
 WEB  [38]
 e-mail  [39]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スーペリアUS$300~など。
バタラ アイランド リゾート


カンドゥル アイランド (Kandolhu Island) 地図  
2013年2月にオープンした最高級リゾート。全30室のうちコテージが19室、水上コテージが11室。徒歩で一周10分ほどの小さい島ではあるが、島を取り巻くハウスリーフがすばらしいので、シュノーケリングに最適。カメにも出会える。客室は明るさを感じさせる高級感。客室数の少ないリゾートでありながら、レストランが4軒もあり、朝食を含みすべてアラカルトで提供している。日本料理レストランの「万歳」で食べる寿司が絶品!
 所在  Kandolhu Is., North Ari Atoll アリ環礁。空港から水上飛行機で25分。  電話  +960 668 0790
 FAX  +960 668 0788
 WEB  [40]
 e-mail  [41]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$482~、オーシャンヴィラUS$696~など。日本料理の値段はこちらを参照。
カンドゥル アイランド


コンスタンス ムーフシ モルジブ (Constance Moofushi Maldives) 地図  
モーリシャス資本のコンスタンス・ホテルズが展開する高級リゾート。全110室のうちコテージが24室、水上コテージが86室。カジュアルな雰囲気のリゾートで、家族連れが多い。オールインクルージブなので、滞在中の食事とレストランやバー、ミニバーのドリンク料金、ほとんどのアクティビティ料金が含まれているので、余分な出費を気にする心配がない。客室はモダンな雰囲気。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  South Ari Atoll 00200 Republic of Maldives アリ環礁。空港から水上飛行機で25分。  電話  +960 668 1010
 FAX  +960 668 0509
 WEB  [42]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$850~、水上ヴィラUS$1000~など。
コンスタンス ムーフシ モルジブ


ミリヒ アイランド リゾート (Mirihi Island Resort) 地図  
長さ350m、幅50mの小さな島にある高級リゾート。全36室のうちコテージが6室、水上コテージが30室。水上コテージの内装は木で造られており、実にいい味を出している。ビュッフェレストランのドンヴェリの床はサンドカーペットで、地元の魚介類を素材にした各国の料理を味わえる。水上レストランのムラカは絶景の夕陽を見ながらディナーを楽しめる。ドイツ人とオーストリア人の宿泊客がほとんどだが、日本語のウェブサイトがある。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  South Ari Atoll Maldives アリ環礁。空港から水上飛行機で30分。  電話  +960 668 0500
 FAX  +960 668 0501
 WEB  [43]
 e-mail  [44]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$460~、水上ヴィラUS$490~。
ミリヒ アイランド リゾート


コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド (Conrad Maldives Rangali Island) 地図  
2島で構成された最高級リゾート。全150室のうちコテージが79室、水上コテージが71室。客室は広く、明るい雰囲気。水中レストランのイター・アンダーシー・レストラン(写真)は、泳ぐ魚を見ながらモルジブ風にアレンジされたフランス料理を味わえ、まさにこのリゾートの一番の目玉。ただし、座席数はわすか12席しかない。2009年1月10日に日本テレビ系列で放送された「週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー」で、タレントの山田優がイター・アンダーシー・レストランで昼食を摂っている。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  PO Box 20077, South Ari Atoll, Republic of the Maldives アリ環礁。空港から水上飛行機で30分/国内線飛行機+スピードボート50分。  電話  +960 668 0629
 FAX  -
 WEB  [45]
 e-mail  [46]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$690~、水上ヴィラUS$950~など。
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド


ヴァカルファリ アイランド リゾート (Vakarufalhi Island Resort) 地図  
アリ環礁の南東部に1994年にオープンした高級リゾート。イタリア資本ということもあり、イタリア人の宿泊客が多く、日本人はほとんどいない。全76室のうちコテージが51室、水上コテージが25室。水上バンガローは広々としており、バスタブにつかりながら海を一望できる。そのほかの客室は木のぬくもりを感じさせる内装。レストランはビーチ沿いにあり、イタリア資本のリゾートだけに、パスタやピザの味が絶品。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  South Ari Atoll アリ環礁。空港から水上飛行機で25分。  電話  +960 668 0004
 FAX  +960 668 0007
 WEB  [47]
 e-mail  [48]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチバンガローUS$811~、水上バンガローUS$917~。
ヴァカルファリ アイランド リゾート


サン アイランド リゾート&スパ (Sun Island Resort & Spa) 地図  
アリ環礁の最南端に、1998年6月にオープンした中級リゾート。全426室のうちコテージが362室、水上コテージが64室。モルジブのリゾートのなかで最大の客室数を誇る。島の大きさは長さが1.6km、幅が400m。その中に滝のある広いプールや5軒のレストラン、6軒のバー(うち1軒はコーヒーショップを兼ねる)、入院用のベッドが完備している医療センターなどがあり、まるでひとつの村のよう。レンタサイクルのサービスがある。客室はいたってシンプル。全室バスタブ付き。メインレストランのマーニヤー・レストランは1000人が収容可能で、とても広い。イタリア料理レストランのリストランテ・アル・ポンティルは日本料理も提供している。
 所在  Nalaguraidhoo South Ari Atoll PO Box 2073 Rep of Maldives アリ環礁。空港から国内線飛行機+ボート20分。  電話  +960 668 0088
 FAX  +960 668 0099
 WEB  [49]
 e-mail  [50]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スタンダードUS$207~、水上バンガローUS$357~など。日本料理の値段はこちらを参照。
サン アイランド リゾート&スパ


ホリデイ アイランド リゾート (Holiday Island Resort & Spa) 地図  
アリ環礁の最南端にある中級リゾート。客室はすべて一戸独立型コテージで、全117室。島の西側のビーチは砂州のように長く伸びていて見ごたえがある。客室は派手さがなく、落ち着いた造り。2009年にオープンしたアラーム・スパはホテル直営で、豊富なトリートメントが受けられる。インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツが展開するホリデイ・インとは無関係で、サン アイランド リゾート&スパと同じ経営。
 所在  Dhiffushi South Ari Atoll P.O Box 2073 Rep of Maldives アリ環礁。空港から国内線飛行機+スピードボート30分。  電話  +960 668 0011
 FAX  +960 668 0022
 WEB  [51]
 e-mail  [52]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  スーペリアビーチバンガローUS$181~。
ホリデイ アイランド リゾート


フィリティヨ アイランド リゾート (Filitheyo Island Resort) 地図  
ファーフ環礁にある高級リゾート。全125室のうちホテルタイプが94室、コテージが15室、水上コテージが16室。リゾート内のすべての建物がヤシの葉で葺いた屋根で、いかにもモルジブらしい。客室はシンプルかつナチュラルな雰囲気。スーペリア以外の客室にはバスタブが付いている。食事に定評があるリゾートでもある。
 所在  Faafu Atoll ファーフ環礁。空港から水上飛行機で35分。  電話  +960 674 0026
 FAX  +960 674 0024
 WEB  [53]
 e-mail  [54]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチスーペリアヴィラUS$300~、水上ヴィラUS$650~など。
フィリティヨ アイランド リゾート


メドゥフシ アイランド リゾート (Medhufushi Island Resort) 地図  
南北に約900m、東西に約200mという細長い島にある高級リゾート。2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震による津波で壊滅的なダメージを受けたが、2007年1月にリニューアルオープンした。全112室のうちコテージが66室、水上コテージが46室。もともと素朴な雰囲気の客室だったが、改装によりモダンな雰囲気が加わり、よりロマンティックな印象になった。バタラ アイランド リゾート、フィリティヨ アイランド リゾートと同じ経営。
 所在  Medhufushi, Meemu Atoll ミーム環礁。空港から水上飛行機で40分。  電話  +960 672 0026
 FAX  +960 672 0027
 WEB  [55]
 e-mail  [56]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$400~、水上ヴィラUS$500~など。
メドゥフシ アイランド リゾート


アンサナ ヴェラヴァル (Angsana Velavaru) 地図  
バンコクのバンヤンツリー ホテルなどを展開するシンガポール資本のバンヤンツリーが手がける最高級リゾート。全113室のうちコテージが79室、水上コテージが34室。水上コテージは2階建ての完全独立型で、コテージのある島から約1km離れており、静寂な空間。さらにかなり広めのプライベートプールまで付いている。コテージは最低でも88平方メートルもあり、広い。メインレストランはビュッフェとアラカルトが日替わりで提供される。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  South Nilandhe Atoll(Dhaalu Atoll) Republic of Maldives ダァール環礁。空港から水上飛行機で45分。  電話  +960 676 0028
 FAX  +960 676 0029
 WEB  [57]
 e-mail  [58]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチフロントヴィラUS$445~、ヴェラヴァルヴィラUS$710~など。
アンサナ ヴェラヴァル


シャングリ・ラ ビリンギリ リゾート&スパ モルディブ (Shangri-La's Villingili Resort & Spa, Maldives) 地図  
東京駅前にあるシャングリ・ラ ホテルを展開するシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの最高級リゾート。全132室のうちコテージが72室、水上コテージが60室。モルジブ最南端のリゾートで、ここは南半球。緑がとりわけ多い。リゾートの南側は初心者も楽しめる9ホールのゴルフ場になっている。一戸独立型の客室は地味で最高級感に乏しいが、広めで設備も充実しているので、快適な滞在ができる。スパはシャングリ・ラ直営の気スパ(CHIスパ、氣スパ)。レストランは3軒。うち1軒はDr.アリズで、インド洋、南シナ海、アラビア湾の料理を、それぞれの雰囲気に合わせた3つの異なるインテリアの中で楽しめるため、評判が高い。リゾートの日本語ウェブサイトではビリンギリと表記してあり、ヴィリンギリではない。リゾートのあるビリンギリ島はマレにあるヴィリンギリ島とは全く別の島である。下記の「所在」にAddu Atollとあるが、アッドウ環礁(Addu Atoll)はシーヌー環礁の正式名である。
 所在  Villingili Island, Addu Atoll, Republic of Maldives シーヌー環礁。空港から国内線飛行機1時間10分+スピードボート5分。  電話  +960 689 7888
 FAX  +960 659 7999
 WEB  [59]
 e-mail  [60]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  プールヴィラUS$600~、水上ヴィラUS$800~など。
リゾートから眺める日の出


キハアドゥ モルジブ (Kihaad Maldives)  
自然の素朴な雰囲気を生かした中級リゾート。キハアドゥとはディヴェヒ語で「若いココナッツの島」の意味。実際、島はヤシの実の形をしており、長さ600m、幅300mと小さい。すぐそばにユネスコ生物圏保護区に指定されているハニファル・ベイがあり、ありのままの自然を満喫できる。全118室のうちコテージが106室、水上コテージが12室。全室一戸独立型で、150平方メートルの広々とした造り。リビングとベッドルームが別になった水上スイートはさらに広く、270平方メートルの開放感あふれる空間。いずれもモルジブの伝統建築を取り入れたあたたかみのあるデザインである。キッズルームやスパなどの施設も充実。
 所在  Kihaadhufaru Is., Baa Atoll バー環礁。空港から国内線飛行機25分+ボート20分。  電話  +960 660 0025
 FAX  +960 660 0024
 WEB  [61]
 e-mail  [62]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  US$246~。
キハアドゥ モルジブ


リーティ ビーチ リゾート (Reethi Beach Resort) 地図  
素朴であたたかみのある中級リゾート。リーティとはとはディヴェヒ語で「美しい」という意味で、ビーチの美しさには定評がある。全120室のうちコテージが90室、水上コテージが30室。客室はモルジブらしさを取り入れた内装。マリンスポーツに強いリゾートなので、思う存分に楽しめる。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  Fonimagoodhoo Island Baa Atoll Maldives バー環礁。空港から水上飛行機で35分/国内線飛行機25分+スピードボート30分。  電話  +960 660 2626
 FAX  +960 660 2727
 WEB  [63]
 e-mail  [64]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  US$444~。
リーティ ビーチ リゾート


フォーシーズンズ リゾート モルディブ アット ランダーギラーヴァル (Four Seasons Resort Maldives at Landaa Giraavaru) 地図  
スリランカ人の世界的建築家、ジェフリー・バワの弟子、ムラッド・イスイルがデザインした最高級リゾート。全102室のうちコテージが60室、水上コテージが40室、ビーチ&水上が2室。客室はモルディブの伝統建築を意識したデザインで、ビーチサイドの客室にはプライベートプールが付いている。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  Baa Atoll バー環礁。空港から水上飛行機で30分。  電話  +960 660 0888
 FAX  +960 660 0800
 WEB  [65]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  要問い合わせ。
フォーシーズンズ リゾート モルディブ アット ランダーギラーヴァル


クレドゥ アイランド リゾート&スパ (Kuredu Island Resort & Spa) 地図  
ラヴィヤニ環礁にある高級リゾート。モルジブのリゾート島のなかで最も大きいので、ビーチの長さは3km以上もある。全383室のうちコテージが333室、水上コテージが50室。客室は派手さを抑えた内装。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  Lhaviyani Atoll, Republic of Maldives ラヴィヤニ環礁。空港から水上飛行機で40分。  電話  +960 662 0337
 FAX  +960 662 0332
 WEB  [66]
 e-mail  [67]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ガーデンバンガローUS$240~、水上ヴィラUS$387~。
クレドゥ アイランド リゾート&スパ


カヌフラ (Kanuhura Resort & Spa, Maldives) 地図  
2000年にオープンした最高級リゾート。2008年にモーリシャス資本のサン・リゾーツが展開するリゾートになった。全100室のうちコテージが80室、水上コテージが20室。島は美しいビーチとハウスリーフに囲まれ、5~6月には、運が良ければウミガメの産卵シーンに出会えることもある。客室は天然素材を用い、落ち着いた雰囲気。オープンエアのバスルームがすばらしい。メインレストランのティン・ラはビュッフェスタイル。世界で最も高い評価と信頼を得ているラグジュアリーホテルグループのザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(LHW)に加盟している。リゾートはモルジブ時間より1時間進んでいる。
 所在  Lhaviyani Atoll Maldives ラヴィヤニ環礁。空港から水上飛行機で40分。  電話  +960 662 0044
 FAX  +960 662 0033
 WEB  [68]
 e-mail  [69]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  要問い合わせ。
カヌフラ


ロアマ リゾート モルジブ アット マーミギリ (Loama Resort Maldives at Maamigili) 地図  
ラー環礁にある高級リゾート。モルジブの文化が体験できるのが特徴で、リゾート内に水上アート・ギャラリー兼博物館がある。全105室の内訳はビーチヴィラ(43室)、ファミリーヴィラ、ビーチプールスイート、オーシャンヴィラ(52室)、オーシャンプールスイート、ロイヤルオーシャンプールスイートの6種類。どの客室もゆとりがあり、壁の白い色が鮮やか。客室内の絵画はすべてモルジブ人が描いたものである。レストランは3軒。うち1軒は日本料理レストランの「めず」で、滞在中に日本の味が恋しくなる心配がないのがうれしい。スパもある。
 所在  Raa Atoll, Republic of Maldives ラー環礁。空港から水上飛行機で45分。  電話  +960 658 8100
 FAX  +960 658 8110
 WEB  [70]
 e-mail  [71]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチヴィラUS$309~、オーシャンヴィラサンライズUS$362~など。日本料理の値段はこちらにある「Explore Sake Menu」「Sake Degustation Menu」「Explore Menu」を参照。
ロアマ リゾート モルジブ アット マーミギリ


ヴェラ プライベート アイランド モルジブ (Velaa Private Island Maldives) 地図  
プライベート感たっぷりの最高級リゾート。全44室のうちコテージが28室、水上コテージが16室。スタッフは皆フレンドリーなので、きめ細かなサービスを感じることができる。最も狭い客室でも223平方メートルという広さで、すべての客室にバスタブとプライベートプールが付いている。併設のゴルフ場はスペイン人プロゴルファーのホセ・マリア・オラサバルが監修した。
 所在  P.O. Box 2071, Noonu Atoll Republic of Maldives ヌーヌ環礁。空港から水上飛行機で40分。  電話  +960 656 5000
 FAX  +960 656 6000
 WEB  [72]
 e-mail  [73]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ビーチプールヴィラUS$1600~、サンライズウォータープールヴィラUS$1750~など。
ヴェラ プライベート アイランド モルジブ

学ぶ[編集]

基本的には学ぶというところよりも遊ぶところである。 強いてあげるのならダイビング資格を取るぐらいなもので、何処のリゾートでも取れる。

働く[編集]

気を付ける[編集]

リゾート島は島外に出ることも難しい代わりに、宿泊客以外が入ることも不可能に近いので治安に関してはあまり神経質になることはない。貴重品はフロントに預けるか、客室内のセーフティーボックスに入れることぐらいである。

2016年現在、モルジブには危険情報の発出はされていないが、2015年9月に大統領夫妻が乗船する高速艇が爆破される事件が発生しているので、注意が必要。[74]

30日間以内であれば、ビザは不要となっている。但し、以下の条件を満たしている必要がある。

  1. 有効な国際旅券を所持していること。
  2. 渡航者が入国許可を受けている目的地への有効な航空チケット及び次の目的地で必要となるビザを所持していること。
  3. 一日一人当たり最低30アメリカドルを所持している、またはモルディブ滞在予定期間のホテルの予約が確認されていること。

健康を保つ[編集]

赤道付近にあって、日差しが日本よりも強烈なので日焼け止めを塗るなり、ラッシュガードを着るなりの日焼け対策が重要である。怠ると最悪の場合には火傷して入院ということになる。伝染病などの心配はない。

注意すべきなのは水難事故。盗難や強盗よりも、珊瑚を踏んでしまって怪我をする、シュノーケリングやダイビングなどで溺れる危険性の方が高いので、自分のスキルを過信せず、無理のない行動を心がけるべきである。また、毒をもっていたり攻撃的な態度を取る魚もいるのでむやみやたらと触れるべきではない。例えば、ゴマモンガラという魚はモンガラカワハギの仲間で見た目はユーモラスであるが、鋭い歯を持っている上に強い縄張り意識も持っているので噛まれて怪我をする事例が多い。

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

駐日モルディブ共和国大使館 地図  
飯倉交差点の目の前にある。建物の1階に松屋 麻布台1丁目店が入居している。この大使館は「モルジブ」ではなく、「モルディブ」と表記されている。
 所在  東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル8階  電話  (03) 6234-4315
 FAX  (03) 6234-4316
 WEB  [75]
 e-mail  [76]
 時間  月~金曜9:00~17:00  料金  -


在モルディブ日本大使館 (Embassy of Japan in the Republic of Maldives)  
2016年1月1日に開館した。この大使館は「モルジブ」「日本国大使館」ではなく、「モルディブ」「日本大使館」と表記されている。
 所在  8th Floor, Aagé Building, 12 Boduthakurufaanu Magu, Henveiru, Malé, 20094, Republic of Maldives  電話  +960 330 0087
 FAX  +960 330 0065
 WEB  [77]
 e-mail  [78]
 時間  日~木曜8:15~12:30、13:30~17:00、金・土曜休業  料金  -


Wikitravel Extra Logo
モルジブに関連する情報がウィキトラベル・エクストラにあります。[79]
Wikitravel Shared Logo モルジブに関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。


この記事「モルジブ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。