何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

モスクワ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
クレムリンと赤の広場

モスクワロシアの首都。

分かる[編集]

聖ワーシリー聖廟

概要[編集]

気候[編集]

モスクワの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)-7.5-6.7-1.46.412.817.118.416.510.85.0-1.6-5.55.4
降水量 (mm)46.536.033.139.253.185.989.680.067.165.659.050.2705.3
データ出典

冬場の寒さはとても厳しく、寒冷地専用の服装が必要。日本のゴールデンウィーク前後に出かける場合でも、基本的に日本の冬の旅支度で出かけることをおすすめする。一方、そんな地方だけに建物内の暖房はしっかりしているので、もし外を歩いていて体が芯まで冷えてしまったら、博物館やデパートなどの施設に入って暖をとるとよい。

時差[編集]

時差早見表 (UTC +3)
日本の時刻01 234567891011121314151617181920212223
現地の時刻 18 19 20 21 22 23 01234567891011121314151617

※表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。
サマータイム (summer time, daylight saving time, DST) 実施期間中の表の読み替え方は以下のとおり。

  • 表中の日本の時刻欄からそれに対応する現地の時刻を見る場合、現地の時刻に1を加える
    (例)日本の時刻欄から見た現地の時刻が9時→サマータイム期間中の現地の時刻は (9+1=) 10時
  • 表中の現地の時刻欄からそれに対応する日本の時刻を見る場合、日本の時刻から1を引く
    (例)現地の時刻欄から見た日本の時刻が9時→現地がサマータイム期間中の対応する日本の時間は (9-1=) 8時

着く[編集]

飛行機で[編集]

モスクワの主要空港はシェレメチェボ空港 (Шереметьев, SVO)、ドモジェドヴォ空港 (Домодедово, DME)、ヴヌーコヴォ国際空港 (Внуково, VKO)の3つである。

このなかで最もアクセスが良く、設備の使い勝手が良いのはドモジェドヴォ空港である。空港ターミナルと市内主要駅の一つであるパヴェレツキー駅との間は速達列車で直接結ばれており、その利便性もあって近年国際線が多く開設された。また、ソ連時代から国内線も充実しており、ハブ機能にも優れている。

日本からの航空路線はシェレメチェボ空港とドモジェドヴォ空港に発着している。シェレメチェボ空港は多くの国際線が発着する空港ではあるが、現時点で上記3空港のなかで最も市内とのアクセスが悪く、設備も貧弱である。近年はこれを嫌って国際線発着をドモジェドヴォ空港へ移す航空会社が現れ、また国際線新規開設もドモジェドヴォ空港発着が中心となってきており、もともと悪かったシェメレチェボ空港の利便性はますます低下している。空港設備はターミナル1(主に国内線)とターミナル2(国際線のみ)とに分かれており、それぞれは滑走路を挟んで反対側にあるため、ターミナル間は路線バスかタクシーでの移動となる。そもそも、ターミナル間の乗り継ぎは全く配慮されていない設計であり、実態はそれぞれ別の空港である。現在、国際線専用のターミナル3、および市内と直結する鉄道を建設中であり、それらが完成すれば利便性は改善される見通しである。

空港からは、ターミナル1、ターミナル2と地下鉄のレチノイ・バグザール駅(「河の駅」)を循環ルートで結ぶ路線バス(851番)が出ており、それを用いてレチノイ・バグザール駅まで行き、さらにそこから地下鉄で市の中心部に出るのがもっとも安くかつ一般的なルート(この方法なら空港から市の中心部まで20~30ルーブルほどで行ける)。ただこちらは本数が少なく、本数の多い私営のミニバスやリムジンなどが一人60ルーブル程度(空港⇔レチノイ・バグザール駅)で非常に速いので便利。

また、2004年11月20日より、モスクワ市内にあるロシア鉄道サビョーロフ駅シェレメチェボ空港との間で鉄道と連絡バスとによる新ルートが開設された。市内からは、地下鉄9号線でサビョーロフスカヤ駅に行き、それに隣接する郊外鉄道のサビョーロフ駅に行く。窓口にて空港まで通しの切符を購入し、専用のエクスプレス列車に乗車する。ノンストップでローブニャ駅に到着するのでそこで下車し、出口近くのバスストップより専用空港連絡バスに乗車する。切符は運転士に提示する。シェレメチェボ空港のターミナル1経由でターミナル2に到着する。なお、ターミナル2からは、バスストップがターミナルから向かって手前左側にあるので、そこから乗車する。市内→空港(7:00~22:00,所要1時間15分,約1時間毎),空港→市内(6:15~21:17,所要1時間10分,約1時間毎)。詳細は、シェレメチェボ空港ロシア語サイト [1]Как добраться にて。このルートでは、路線バスで悪評の渋滞が少ないものと思われる。

列車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

地下鉄で[編集]

地下鉄の切符

モスクワ市内を移動するのに最も安くかつ便利な交通手段の要となる。環状線と郊外へ放射状に延びる線が組み合わさっており、うまく利用すれば見どころのほとんど全てに行くことが出来る。駅名表示板などはキリル文字のみだが、ガイドブック片手にそれを解読しながら乗るのも楽しい。

運賃は固定制で1回17ルーブル(2007年9月現在)。1回券、2回券、一定期間通用するパスなどいろいろな種類の乗車券が売られているが、旅行者は乗る都度1回券ないし2回券(目的地までに乗り換えがある場合)を改札近くの窓口で買うのが最も手軽な方法である。2回券では割引はないが5回券を買うと10R割引になる。複数人の旅行では、5回券などを買い、改札で人が通るたびにカードを押し当てれば、4→3→2→1→0のように残数が減っていき複数人で利用することができる。窓口のイカツイおばちゃんはロシア語しか話せないが、20ルーブルを出して指を1本立て、「アジン」と言えばちゃんと1回券と3ルーブルが返ってくる(2回券なら指2本で「ドヴァ」と言えばいい。もちろん34ルーブル必要)。

なお、地下鉄を利用する際には、小銭を用意しておくこと。つり銭がそれほど用意されていないようで、高額紙幣だと乗車券販売を拒否されることがある。

バスで[編集]

タクシーで[編集]

車で[編集]

渋滞がひどくまた道が入り組んでいるため、自分の運転による車での移動は旅行者には不向きである。運転する場合でも多少地理感覚を得てから運転したほうが良い。無免許で初心者の少年少女による運転にも注意が必要である。

観る[編集]

赤の広場  
モスクワのランドマーク的な場所。モスクワに来たなら話の種にやはり一度は訪れたいところである。テレビで「モスクワ」というと必ず映される風景がそのままに広がっており、「モスクワに来たな」とあらためて感慨にひたれること請け合いである。広場を歩き回っても楽しいし、近くにあるグム百貨店や歴史博物館などで時間をつぶすこともできる。
 所在  地下鉄「革命広場」駅下車すぐ上。  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  無料(クレムリンへの入場は有料)
プーシキン美術館  
地下鉄クロポトキンスカヤ駅近くにある美術館。比較的小さな美術館だが、印象派以後のヨーロッパ絵画が画家ごとにコンパクトに集められているため(コレクションは比較的有名なものが多い)、ひとつひとつをじっくりと鑑賞できる。この美術館には彫刻などのコレクションも数多くあるが、こちらは大部分がレプリカ(もともとが教材用に展示されているものであるため)。ただそれと知っていて見る分には、世界の有名どころの彫刻が一堂に会しているので、見ていてけっこう楽しい。
 所在  121019, Moscow, 12 Volkhonka str.  電話  (095)203-95-78  WEB  [2]
 開場時間  10:00~18:00、月休み  料金  300ルーブル
トレチャコフ美術館  
11世紀から現代までのロシア美術ばかりを5万点あまり収蔵した美術館。非常に細かい部分まで描き込んだ油絵などは本当に見事で、見ていて思わずため息がもれる。ロシア正教のイコンなども数多く展示されている。
 所在  Lavrushinsky alley 10, Moscow, Russia(地下鉄トレチャコフスカヤ駅下車。駅から美術館までの道がややわかりづらい。)  電話  (095)951-1362  WEB  [3]
 開場時間  10:00~19:30、月休み  料金  225ルーブル

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

グム百貨店  
赤の広場脇にある百貨店。外観も吹き抜け状となっている内部も日本の百貨店とは大分異なる。内部にはブティックや化粧品店、オーディオショップ、日用雑貨などさまざまな専門店が多数店を構えているほか、コーヒーショップやファーストフード店などもある(ちなみに、ここの1階の屋台で売っているアイスクリームは値段も安く、味もいい)。赤の広場やクレムリンなどを歩き回って、冷え切った体を温めるためのシェルターとしても便利な場所である。
 所在  赤の広場横  電話    WEB  
 営業時間    値段  
グム百貨店

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

イズマイロボ ガンマ・デルタ ホテル(Izmailovo Gamma-Delta Hotel Moscow)  
モスクワオリンピックの選手村をそのままホテルに転用したホテル。アルファ~デルタの4棟があり、客室は全部で7,500室 (!) ある。ガンマ・デルタ棟は (おそらく) 外国人専用で30階建て、客室は1972室。モスクワ中心部から地下鉄で約30分、Partizanskaya駅下車徒歩10分 (駅の隣がホテルだが、敷地が広いので、ホテルに入ってからデルタ棟までこれくらいかかる)。値段はそこそこリーズナブルだが、隙間風が入ってくるのか、夜やや肌寒く感じた。
 所在  71 Izmailovskoe Road Moscow  電話  ?  WEB  [?]
 時間    料金  スタンダード1泊US$50、バイキング形式の朝食は別料金でUS$13


ウクライナ ホテル(Ukraine Hotel)  
スターリン建築のひとつで有名なホテル。外見は威圧感さえ感じ廊下は重厚だが、部屋内部は簡素。屋上からの景色は良さそうだが、屋上へは出られない。スターリン時代を感じたいならお勧め。
 所在  クトゥーゾフ大通り 2/1  電話  (495)933-5656  WEB  [4]
 時間    料金  

高級[編集]

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

暮らす[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「モスクワ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト