何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

メトロ・マニラ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
マカティ;商業中心街

メトロ・マニラ は、フィリピンの国の中心地であり、また主要な観光地です。この大都会は、フィリピンの商業、教育とエンターテインメントの中心地です。ルソン島にある。北はブラカン州(Bulacan)、東はリサール州(Rizal)、南はラグナ州(Laguna)、南西はカヴィテ州(Cavite)に接し、西はマニラ湾に面している。

メトロ・マニラは、領域面積ではフィリピンでもっとも狭いが、フィリピンに12ある都市の中でもっとも人口が多く1630万人の人口は世界第11位の多さである。


地区[編集]

Metro Manila Districts.png
1st Districtマニラ
第1の区域は、歴史的な外壁の街イントラムロス(Intramuros)がある、活気があり混雑して騒々しい、マニラ市である。ここには、中華街や小さなインド人街もある。
2nd Districtケソン(Quezon), マリキナ(Marikina), パッシグ(Pasig), マンダル-ヨン(Mandaluyong)
第2の区域には、フィリピンでも最も大きな都市の内のひとつであり、かつての首都であったケソン市がこの区域にあり、パッシグと歴史的なパッシグ川がある。 首都の二次的な金融の中心地である、オルティガス中心業務地区(Ortigas)はマカティ(Makati)に隣接してマンダル-ヨンにある。 マリキナは急速な発展で知られている。
3rd District (Navotas, マラボン(Malabon), カローカン(Caloocan), バレンズエラ(Valenzuela), 北カローカン、ナボタス(Navotas)
第3の区域は、洪水の被害を受けやすい、マラボン、バレンズエラ、北カローカン、ナボタスから構成されており、これらは、繁華街からは外れている。
4th District(Makati), パサイ(Pasay), タグイッグ(Taguig), パテロス(Pateros), モンテルンパ(Muntinlupa), パラニャーケ(Parañaque), ラス・ピニャス(Las Piñas))
第4の区域は、マカティ・パサイ・タグイッグといった金融・商業地域が中心地である。 ラス・ピニャスには有名な竹でできたパイプオルガンがある。 パラニャーケはフィリピンのニューポート市であり、ちょうど真向かいにニノイ・アキノ国際空港の第3ターミナルがある。 モンテルンパは、ラグーナ湖に面している。 パテロスは、フィリピンで食されるバロットで有名。


都市[編集]

メトロ・マニラは、ビジネスの中心であり、富とショッピングセンターと1100万人の人口の集中と成長が見られる。

  • マニラ — フィリピンの首都であり、世界の最も多くの人口過密な都市の1つ。
  • ケソン — 巨大なショッピングモールがあり、電子部品や自動車部品が安く買える地域である。オルティガスセンターはケソン市の業務の集中する場である。[[マンダル-ヨンと and サン・ジュアン(San Juan)は買い物天国である。
  • カローカン — フィリピン北部の人たちの活動の拠点である。メトロ・マニラの原型をなす4つの市のひとつでして知られる(マニラケソンそして パサイ)。
  • パサイ
  • パッシグ — 隣を流れるパッシグ川から名前のついた市である。工業都市であり、オルティガスセンターの山の手としても成長が著しい。ダウンタウンは田舎の教会があり、アメリカ統治時代の家があり、おいしい料理店がある。
  • マカティ — メトロ・マニラの高いビルを伴ったビジネスの中心であり、豪勢なホテル、広大なショッピング・モール、活気がある盛り場そして多数のレストランがある。
  • マンダル-ヨン — フィリピンのショッピングにおける首都とも呼ばれる、数々のショッピングセンターがある。
  • マリキナ — かつて第三共和国の時代はマニラ州の首都であった。
  • タグイッグ — 賑やかな漁港から始まり、ゆっくりと都市化が進んでいる。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

気候[編集]

マニラの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)25.826.427.529.129.428.527.827.427.627.327.026.027.5
降水量 (mm)14.34.16.212.8112.8192.9263.2409.3247.6261.7134.855.21,714.9
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

出発する[編集]

動く[編集]

タクシーで[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

中級[編集]

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

2006年2月現在、外務省はマニラ首都圏への旅行に関して、「注意喚起」を促している。詳細についてはこちらを参照。

暮らす[編集]

在外公館[編集]

在フィリピン日本国大使館 (Embassy of Japan in the Philippines)  
在マニラ日本国総領事館も兼務するフィリピンを担当する日本国大使館である。医療・治安等の生活情報、通関(ペット等)、日・フィリピンの文化情報などを提供している。なお訪問時は、写真付き身分証明書の提示を求めているため、注意が必要である。
 所在  2627 Roxas Blvd, Pasay City.  電話  (+63-2) 551-5710
 FAX  (+63-2) 551-5780
 WEB  [1]
 時間  領事窓口 8:40~12:00、13:30~16:30。土日・日本・フィリピンの祝祭日休館。  料金  各種証明書、旅券等有料。手数料はペソ払いである。

出かける[編集]

Wikitravel Shared Logo メトロ・マニラに関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト