何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

マン島

提供: Wikitravel
移動: 案内検索



マン島のシンボルをあしらったベンチ
国旗
マン島の国旗
基礎データ
首都 ダグラス
通貨 UKポンド (£ / GBP)
面積 572km²
人口 73,873人 (2002年7月推計)
言語 英語マン島語
国際電話番号 +44-1624
ドメイン .IM
時間帯 UTC


マン島 (Isle of Man) はグレートブリテン島とアイルランドの間に位置するイギリス王室の属領である。

地方[編集]

マン島の地図

都市[編集]

  • ダグラス (Douglas) :マン島の首都
  • キャッスルタウン (Castletown) :島の南部にある古都。かつて首都だったこともある。
  • ラムジー (Ramsey) :
  • ピール (Peel) :マン島西岸最大の町。
  • ラクシー (Laxey) :ダグラスとラムジーを結ぶ電化鉄道のルート上に位置する美しい村。稼働中のものでは世界最大の水車で知られる。鉱山鉄道と電化鉄道がスネイフェル山(Mt.Snaefell)山頂へ続いている。
  • オンカン (Onchan) :首都ダグラスの北に隣接する、古くからある教区 (parish) の一つ。第二次大戦後、ダグラスから人々があふれ出る形で急速に発展した。ゴルフ場をはじめ、いろいろな種類の運動施設があることで知られる。


その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

概要[編集]

空から見たマン島 (南東岸、空港近く)


歴史[編集]

マン島には、ローマ帝国時代以前、既にイギリスの他の島から移り住んできたケルト民族が居住していたと考えられている。ローマ人はこの島の存在を知っていたものの、特に拠点として重要とは考えていなかったようで、彼らがこの島を征服したり、あるいは入植したりすることはなかった。代わりにこの島を征服しようとしたのはバイキングである。8世紀の終わり頃にはすでにこの島にバイキングの部隊が上陸したとの記録が残っており、また9世紀の終わり頃にはバイキングの入植者がいたことがわかっている。

国民[編集]

気候[編集]

マン島の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)5.65.26.37.810.513.014.714.813.411.18.26.69.7
降水量 (mm)86.060.065.655.750.354.856.367.780.396.597.593.8864.5
データ出典

祝日[編集]

ティンワルド (ティンウォルド) デイ
7月初旬 (通常は7月5日) 。1,000年以上続くマン島の議会と独立を祝う日。「ティンワルドの丘」と呼ばれる場所で天幕を張り、昔ながらの青空議会を開くほか、街中でパレードなどが行われる。

着く[編集]

飛行機で[編集]

ベルファストバーミンガムブリストルブリュッセルダブリングラスゴーリバプール (ジョン・レノン空港) 、ロンドン (シティー空港、ガトウィック空港及びルートン空港) 及びマンチェスターからそれぞれマン島への飛行機が出ている。

車で[編集]

バイクで[編集]

マン島はオートバイレースのメッカであり、イギリス本土からバイクをフェリーで航送して島に渡る旅行者が非常に多い。もちろん目的はTTコースの走行や他のバイク仲間との交流である。

船で[編集]

イギリス本土からは、ランカシャー (Lancashire) 地方のヘイシャム (Heysham) と、リバプール (Liverpool)からそれぞれフェリーが出ている。所要時間はヘイシャムからが3時間30分 (高速船は2時間) 、リバプールからが4時間 (同2時間30分) となっている。

また、北アイルランドベルファストと、アイルランドダブリンからもそれぞれ船ないしフェリーが出ている。所要時間はベルファストからが2時間45分 (高速船のみ就航) 、ダブリンからが4時間 (高速船は2時間50分) となっている。

動く[編集]

バスで[編集]

バス路線が島内の町を結んでいる。

タクシーで[編集]

大きな町であればタクシーも比較的簡単につかまる。首都のダグラスから空港のあるキャッスルタウンまで大体20ポンド前後。

鉄道で[編集]

首都のダグラスからラムジー (Ramsey) まで電車が走っている (途中ラクシー (Laxey)を経由)。また、ダグラスポート・エリン間には蒸気機関車が走っているほか、ラクシーからは登山鉄道も出ている。

鉄道馬車で[編集]

ダグラス湾沿いの道に鉄道馬車が敷設されている。料金は1回1ポンド。1日乗車券も発売されている。

レンタカーで[編集]

ロナウズウェイ空港内にレンタカー会社が3社存在する。

喋る[編集]

公用語は英語マンクス語。島内で通常用いられているのは英語。ゲール語の一種であるマンクス語は18世紀に一度消滅しかけたが、現在また復活してきている。


観る[編集]

マン キャットサンクチュアリ  
本来は野良猫などの保護施設だが、マンクスキャットを含め多数の猫と戯れる事ができる。マンクスキャット他猫グッズも充実。
 所在  サントン  電話  -  WEB  [1]
 開場時間  4/1-9/30水曜日と土曜日の14:00-17:00、10/1-3/31は日曜日のみ14:00~17:00  料金  無料


ラクシーホイール  
世界最大の水車。
 所在  ラクシー  電話  ‐  WEB  [2]
 開場時間  3/21-10/31の10:00 - 17:00  料金  大人 £3.30,子供 £1.70

買う[編集]

通貨[編集]

通貨はマンクス・ポンドUKポンドも等価で流通しており、問題なく使える。ただしマンクス・ポンドを英国内で再両替するのは非常に難しいので、島内で使い切ってしまうか、マン島内でUKポンドに再両替するようにする。

物価[編集]

おみやげ[編集]

T.T.レース関連グッズ  
T.T.レースはマン島観光の一番の目玉でもあり、レース観戦に訪れる観光客向けに様々な関連グッズが売り出されている。グッズの種類もライダー向けのものからマグカップの類まで、また、値段も数百円くらいのものから高額なものまでいろいろとそろっている。おしゃれなデザインのものも多く、島外ではなかなか手に入らないのでお土産にはもってこい。
 所在  T.T.レースメインスタンド付近の仮説売店や島内のショップ、空港内の売店等で
T.T.レース関連グッズ


マンクスキャットグッズ  
島発祥の、後ろ足が前足より少し長いうさぎのような体をした「マンクス」という描種の関連グッズ。ペンダント、ポストカード、ペーパーウエイト、陶器製のゆびぬきなど。
 所在  土産物屋、テーマパーク内ショップなど。

食べる[編集]

おすすめ[編集]

マンクスキッパー  
島名物のニシンの燻製。身はやや赤みがかっており、口当たりがやわらかく、ホッケに味わいが似ている (Moore's Traditional Curers) 。
 所在  島内のレストランなどで。お土産用に、真空パックのものも売られている。


オケル  
マン島の地ビールの一つ。濃い金色をしており、コクがあるが苦味は控えめで美味しい。アルコール度数は3.7%と低め。 (Okells Brewery) 。
 所在  島内のレストラン,パブなど

飲む[編集]

泊まる[編集]

  • 中級以下のホテルだと、歯ブラシを用意してないところも多い。歯ブラシ持参推奨。

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

健康を保つ[編集]

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

外部リンク[編集]

この記事「マン島」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト