何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

マハラシュトラ州

提供: ウィキトラベル
アジア : 南アジア : インド : 西インド : マハラシュトラ州
移動先: 案内検索

マハラシュトラ州 (Maharashtra) は、インドの西部にある地方であり、大きさではインドで3番め、人口では2番目に大きな州である。インドで最も工業化されているムンバイ-プネー帯を含む。グラジャラート州ゴア州、その他と接している。西側は海に接し、南側はデカン高原にある。 [1]


地域[編集]

行政上の目的で州は六つのに分割され、それらは更に35の地区に分割されている。公的には全ての郡は、その中心地がある地区の名前が付けられているが、別の名前がより一般的に使われていることがある。以下の一覧では一般的な名称を優先し、正式名が別にある場合括弧内に示す。


市町村[編集]

  • ムンバイ - インドの経済/芸能の中心地。
  • プネー - 高原の学園都市、ソフトウェア開発。デカンの宝石とも呼ばれる。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

マラティ語が現地の言葉だが、ヒンドゥ語、英語も使われる。観光地や都市の商業地域などでは英語は問題なく使える。ハイミドルクラス以上の人々は自宅でも英語を使うことも多い。したがってハイミドルクラスの人々が利用する施設では英語が問題なく使える。IT関連の企業では英語が一般的に使われていたりする。

一般に英語の単語を理解する人も多いので、短い文章や、単語のみで話すと英語が通じることが多い。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • ムンバイに国際空港があり世界各国への多くの便が発着している。
  • プネーの空港も、少数の国際便が2006年から発着している。シンガポール便、ドバイ便があり、バンコク便が周航する予定がある。現在、新空港を建設中。

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「マハラシュトラ州」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。