何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

マニラ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

目次

マニラ湾

マニラフィリピンの首都である。 マニラのエリア情報|プレミアム・リゾート・アイランド フィリピン - フィリピン政府観光省


地区[編集]

マニラの地図

マニラを観光という視点から括ると、概ね以下のような地区に分けることができる。

  • マニラ地区:マニラのランドマークとも言えるリサール公園と、かつてのスペイン統治時代の城塞都市、サンチャゴ要塞 (Fort Santiago) のある地区。古い町並みが残されており、一見の価値あり。
  • エルミタ・マラテ地区:リサール公園の南端からマニラ湾沿いに広がる地区で、宿泊や両替、エンターテイメントなど、観光客向けの施設などが揃っている。滞在するのには便利な町。
  • キアポ・チャイナタウン地区:サンチャゴ要塞の北側、川向こうに広がる地区。
  • マカティ地区:マニラの経済の中心地。近代的なビルが立ち並び、東京シンガポールなどと同じような景観を有している。地区内に巨大なショッピングセンターが立ち並んでいる。
  • パサイ地区:LRT1号線エドゥサ駅とMRTの起点、タフト・アベニュー駅が交差する地区とその周辺。長距離バスのターミナルが付近一帯に集中しており、また、国内・国際空港にも近い。
  • ケソン地区:メトロ・マニラの北東部に広がる地区で、政府機関が集まっている。
  • オルティガス地区:マカティ同様、商業の中心地として知られている。


分かる[編集]

マニラの商業中心地、マカティ地区

都市の概要[編集]

マニラ市とケソン市、マカティ市、パサイ市などその周辺の市や地区合わせて17の行政区を合わせたものをメトロ・マニラ(Metro Manila、マニラ首都圏)といい、一般には、この地区を指して「マニラ」と呼び習わしている。その意味では、東京23区と同じような位置づけといえるが、東京23区が特別区の集合体であるのに対し、マニラ首都圏は市と町といった、異なるレベルの行政体が混在して形成されているのが大きな違いである。

歴史地区、歓楽街、現代的なビルの建ち並ぶビジネス街、ショッピング街など、それぞれの地区ごとに違った顔を持っており、その多彩さがマニラ市の大きな魅力となっている。特に、リサール公園や、城郭都市跡であるイントラムロス周辺を中心に多数の見どころがある。


気候[編集]

マニラの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)25.826.427.529.129.428.527.827.427.627.327.026.027.5
降水量 (mm)14.34.16.212.8112.8192.9263.2409.3247.6261.7134.855.21,714.9
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

国際線はニノイ・アキノ国際空港ターミナル1~3、国内線はターミナル4に到着する。Manila Ninoy Aquino International Airport

ニノイ・アキノ国際空港はフィリピン航空専用のターミナル2と、セブパシフィック航空、全日本空輸などのターミナル3とその他の航空会社用のターミナル1に分かれている。

空港の詳細はニノイ・アキノ国際空港参照。

列車で[編集]

ルソン島南部のレガスピ (Legazpi) からマニラまで鉄道が通っており、列車はトンド地区にあるタユマン駅に到着する。鉄道駅周辺はスラムになっており、治安があまりよくない。

車で[編集]

マニラではナンバープレートの末尾で乗り入れてはいけない車が決まる。もし、ナンバーが禁止の日と重なってしまえば罰則の対象になるので注意。 末尾規制の番号は、月曜日が1・2、火曜日が3・4、水曜日が5・6、木曜日が7・8、金曜日が9・0といったパターンで土日と祝日は規制がない。

バスで[編集]

マニラ近郊、ルソン島の各主要都市、ビサヤ諸島の各主要都市、ミンダナオ島の各主要都市とマニラとを結ぶバスが頻繁に発着している。バスターミナルは、市庁舎付近、LRTエドゥサ駅周辺、同バクララン駅周辺、同モニュメント駅周辺、MRTアラネタクバオ駅周辺など、いくつかの地点に分かれて立地している。

船で[編集]

セブ島ミンダナオ島などとマニラを結ぶ船が発着している。鉄道駅同様、マニラ港北埠頭はトンド地区にあり、周辺がスラムになっているため治安があまりよくない。

出発する[編集]

警備員の小遣い稼ぎ

ニノイ・アキノ国際空港の出発カウンターにはやたら親切な警備員がおり、「出国審査用の書類を書いてあげよう」と申し出てみたり、航空会社のカウンターで比較的すいているところに連れて行こうとする、あるいは出国審査場まで旅行客に付き添ってその都度必要な手続きを教えてあげようとするなど、実にきめ細かな対応をしてくれる。もちろん親切心からやっているのではなく、単に賄賂(自分の職務以外の仕事のためか、彼らもそのようにして得た報酬を「チップ」などと呼び習わしているようだが)欲しさのため。彼らのこのような「親切心(の押し売り)」に何がしかの金銭を支払う義務などはなく、もちろん無視しても一向に構わない。ただ、実際に彼らの「尽力」で混雑から思いの外早く抜け出られることもあるわけで、多少世話になったと思ったら、気持ちばかり(小額紙幣で十分)のお金をこっそり(握手をするふりなどをして)渡してあげるのもいいかもしれない。

  • 国際線のターミナル1~4は多少距離が離れており、移動が大変なので、どちらのターミナルを利用するのかをきちんとタクシーのドライバーに伝えた方がよい。ターミナル2は主にフィリピン航空が利用しており、それ以外の主要航空会社は大体ターミナル1の利用となる。
  • 出国審査場に入る手前に空港施設使用料を支払うためのカウンターがあり、そこでP750を施設使用料として支払う必要がある(ドルでも受け付けており、その場合は$15.5)。
  • 出国審査を終えてから先でも再両替は可能だが、銀行の位置がわかりづらい。ターミナル1の場合、出国審査場のゲートを越えたところの右手奥にひっそりと隠れるようにして1つだけ銀行のカウンターがある。


動く[編集]

MRT・LRTで[編集]

切符の向きに注意

MRT、LRTの切符はクレジットカード大のプラスチックカードとなっているが、切符の表裏・改札機への投入方向がそれぞれ決まっており、それを間違えると全く機械に受け付けてもらえない。切符の表面には小さな三角形の矢印が付いており、それが切符の右側に来るような形で機械に投入するのが正しいやりかた (なお、切符によっては矢印の印字すらない、白地のものも流通しており、一体どの方向で切符を改札機に入れたらいいか迷ってしまうが、このような切符にあたったら、切符に1箇所だけ空いている穴が左前方に来るようにして改札機に差し込めば受け付けてもらえる。)。改札機にはいつも長い列ができており、そこで切符を機械に受け付けてもらえないとあせってしまうので、切符の矢印(なり穿孔部)を事前にチェックしておいた方がよい。

  • マニラ首都圏北部のモニュメント駅から中心部のシティホール付近を抜けて空港近くのバクララン駅までをLRT1号線、キアポ地区から北西部のクバオ地区を抜けていく形で同2号線、そして市南部のエドゥサ地区からマカティ地区を通り、北東部のケソン市までMRTがそれぞれ運行している。それぞれの線はお互い結節していないが、お互いに至近距離にある駅がいくつかあり、そこで乗り換えることが可能(構造上は別の駅(名称も別)となっており、ラッチ(改札口)も分かれている。このため、ある線から違う線の駅までの通しの切符というものは売られておらず、乗り換え地点で一旦改札を出て、あらためて次の線の切符を買う必要がある)。
  • 駅によっては上りと下りで完全に分離された構造をしており、階段が上下それぞれのホームにしか通じていないものもある。このため、階段を間違うと目的のホームにたどり着けず、一旦下まで降りて道を渡り、あらためて反対側の入り口から階段を登り直すはめになるので注意。このような構造の駅は、入り口を入るところに目的地(終点の駅名)の表示が出ているので、それを確認してから登るようにした方がよい。
  • 各駅にはそれぞれセキュリティチェックがおり、荷物検査を行っている。また、LRTへ持ち込める荷物のサイズは2フィート×2フィートまでとされており、それを超える荷物を持ち込もうとするとまずインスペクション(手荷物検査)で引っかかってホームに入れてもらえない(マニラのLRT・MRTはどの時間帯や区間も非常に混んでおり、大きな荷物を抱えて乗ること自体周りの乗客に非常に迷惑がかかる。一部の旅行ガイドでは、空港から市内までの安い行き方として、空港からバクララン駅までジプニーを使い、そこから先LRTを使うような方法も紹介されているが、以上のような理由からバックパックなどの大きな荷物を持ってLRT・MRTに乗ることはあまりおすすめできない)。
  • 切符の自動販売機などはなく、全て窓口販売である。このため、手荷物検査、切符販売所と改札口で行列ができており、そこを抜けるのに結構時間がかかる(このため、日本のように、そこに見えている電車に飛び乗るといったような芸当はまず不可能である)。
  • 料金は最低10Pから最高で15P。ジプニーなどに比べるとやや高めだが、排ガスに悩まされることもないし、時間的にも正確なので、慣れると市内歩きに一番便利な交通手段である。
  • LRT・MRTの路線図

ジプニーで[編集]

flame

米軍払い下げジープの後部座席を乗合自動車に改造したもので、20人前後の乗客を乗せることができる。個々のジプニーは、例えばバクラランとキアポの間といったように走るルートが決まっており、自分の行き先を走るジプニーをつかまえて乗り込み、降りたいところで降ろしてもらう。料金は一律7.5P(直接運転手に料金を払う。もし、席が後方で手が届かないときは、近くの人にお金を渡すとリレー方式で運転手に渡してもらえ、おつりもその方法で返ってくる)。ジプニーを降りるには、あらかじめ運転手に降りたい場所を伝えておくか、降りたいところで合図を送る。始めは多少戸惑うが、慣れてしまえば手軽で便利な移動手段である(ただし排ガスがすごくて長い時間乗っていると気分が悪くなる)。車体に派手で個性的な装飾が施されていることでも有名で、マニラの名物のひとつ。

タクシーで[編集]

タクシーもうまく使えば移動にはとても便利な手段である。料金は初乗りP30で、以後走行距離や時間に応じてP2.5ずつ料金が上がっていく(2007年3月時点)。距離や道の混雑度にもよるが、隣接する区域への移動であれば、概ねP100以下で移動が可能である。一点、気をつけなければいけないのは、メーターを利用しようとしない運転手がいること(流しのタクシーは比較的きちんとメーターを用いるが、外国人旅行客が宿泊するようなホテルで客待ちをしているようなタクシーにはこのような手合いが多い)。このような運転手は、メーターを使うよう注意すると、料金交渉を持ちかけてくるが、大抵は法外な値段をふっかけられるので、あくまでメーターを使うように指示し、従わないようなら降りて他のタクシーを捕まえるくらいの態度で臨んだほうがよい。

メガタクシー (FX) で[編集]

noframe

メトロマニラ内を走る乗り合いタクシーのこと。右画像のようなタイプの車を一般に使用しており、中に8人くらいまで乗ることができる。大体の運行ルートが決まっており、行き先が表示されている。自分の行きたい方面に走っているFXをつかまえて料金を聞き、よければ乗り込むしくみ。ジプニーと違ってエアコンが利いており、室内が密閉されているので排ガスに悩まされることもない。ただし、走っているメガタクシーの行き先を確認するのは慣れないと結構大変だし、そもそも運行ルートを知らないと止めても乗れないので、ジプニー同様、よほど街に慣れた人はともかく通常の旅行者の移動手段としてはあまり使いやすいものではない。


バスで[編集]

トライシクル・ペディキャブで[編集]

noframe

自転車やオートバイにサイドカーを取り付けた乗り物で、オートバイのものをトライシクル (Tricycle) 、自転車のものをペディキャブ (Pedicab) と呼んでいるようである。どちらもエルミタ、マラテ、イントラムロス、キアポ、パサイなど昔からある街の街角で客引きをしているケースが多く、マカティやオルティガスなど新興商業地区では見かけない。料金はいずれも交渉制で、観光客だと高めの値段をふっかけてくる。特にペディキャブの方は移動範囲もそれほど広くなく、大したスピードが出るわけでもないので、話の種に乗るならともかく、実用的な移動手段とはいえない。


カレッサで[編集]

flame

マニラ地区のイントラムロス内やキアポ地区、観光客の集まるエルミタ地区などで利用されている馬車。料金は交渉制だが、ジプニーなど他の交通手段に比べて割高である上、観光客だとボラれる可能性がある。特にイントラムロスなどの観光地で料金に関するトラブルが多いようで、地方から遊びに来たフィリピン人に聞いた話では、その人たちもイントラムロス内の周遊を持ちかけられ、乗ってみたら付近数ブロックを1周しただけで、しかも後になって「150ペソではなくて150ドル(≒7,900ペソ)」などという請求のされ方をしたそうである(当然のことながら、その場で大喧嘩になり、その場を逃げたとのこと)。どの御者が良心的な人なのか見分けがつかないのでなかなか使いづらいが、例えば流しのカレッサをつかまえる(カレッサの御者の中には、観光スポットの前で地図を片手に観光客相手に客引きをしている者も多い)、最初に料金交渉をしっかり行うなどの工夫が必要である。

足で[編集]

メトロマニラは広大な面積で、エリア内の移動には何らかの交通手段が必要になるが、イントラムロス、エルミタ、マカティなどそれぞれの観光スポット内は比較的こじんまりまとまっているので、十分歩いて回ることができる。イントラムロス内の歴史地区やマニラ湾沿いなどは周りの景色を楽しみながら歩いて回ることを特にお勧めしたいスポットである。なお、リサール公園内も結構広いが、園内を走る交通手段はないので徒歩に頼るしかない。

観る[編集]

マニラ地区[編集]

寄付のお願いに注意

サンチャゴ要塞内、リサール廟の出口付近で「来館者名簿に名前を」と言われることがある。「名前」「国」・・・と言われるままに書いていくと、最後に「ここに寄付の額」と来る。寄付が目的なら最初からそう言えばいいものを、何となく引っ掛けられたようでとても後味が悪い(しかも書かれている個々の寄付の額が、後で改ざんしているのではと思うくらい不自然に高い)。別に名簿に記入せずともどうなるわけでもないので、寄付の意思がないなら無視した方がよい。

リサール公園や、城郭都市跡であるイントラムロス周辺を中心に多数の見どころがある。見どころは比較的まとまって立地しているので、短い時間でも効率的にまわることができる。なお、エルミタ地区など、市の南側に宿を取っている場合であれば、まずイントラムロスまで行ってそこを見学した後リサール公園に向かった方が、宿に向かって帰るような形になるのでより効率的である。



リサール公園 (Rizal Park)  
マニラ地区とエルミタ地区の間に広がる広大な公園。ちょうどマニラのへその部分にあたり、町歩きの基点になるようなところ。人々が散策を楽しんだり、また音楽をかけてダンスパフォーマンスの練習をしたりしている。公園内には、国立博物館、フィリピン政治史博物館、中国庭園、日本庭園などの見どころがある。夜中近くまで開いているが、人通りが少なくなる夜遅くは立ち入りを控えた方がいい。
 所在  エルミタ地区とイントラムロスの間。両地区からは共に歩いて10分ほど。
リサール公園


中国庭園 (Chinese Garden)  
リサール公園内にある中国庭園。園内には池や築山、望楼などがある。なお、入口が公園に面した1箇所しかなく、イントラムロス方面への通り抜けはできないので注意。
 所在  リサール公園内。  電話    WEB  
 開場時間  5:00~24:00。  料金  5ペソ。


イントラムロスの歴史地区 (Historic Centre of Intramuros)  
16世紀にスペイン人によって建設された城塞都市。スペイン人がフィリピンにおける植民地統治の本拠地として使用した。城壁の中に往時の面影をとどめたような建物が多数残っているほか、場内にサンチャゴ要塞、マニラ大聖堂、など多数の見どころがある。
 所在  マニラ地区。リサール公園の北側歩いて10分ほど。
イントラムロスの歴史地区


サンチャゴ要塞 (Fort Santiago)  
イントラムロスの北の端、パッシグ川 (Pasig River) にある要塞。要塞内は多くの植物が植えられるなど、きれいに整備されている。また、植民地統治時代に実際使われていた建物が復元されている(建物の多くは、第二次大戦の爆撃で壊滅的な被害を受けた)ほか、フィリピンの国民的英雄、ホセ・リサールの遺品などを展示したリサール記念館が建っている。
 所在  イントラムロスの北。マニラ大聖堂から歩いて5分ほど。  電話    WEB  
 開場時間  8:30~18:30。  料金  40ペソ。
サンチャゴ要塞


サン・オウガスチン教会 (San Augstin Church)  
16世紀末~17世紀初頭にかけて造られた、フィリピンでも有数の古い石造教会。内部がちょっとした博物館になっており、宗教画や祭具、聖職者の衣装、パイプオルガンなどを見ることができる。展示物は周りの博物館の中でも充実している方。入ってすぐの回廊右手奥にある植物園は、まるで遺跡の中に庭が作られているようで、とてもきれい。
 所在  Intramuros、カーサ・マニラ博物館向かい。  電話  (+63-2) 527-4060~1  WEB  
 開場時間  8:00~12:00、13:00~18:00。  料金  75ペソ。
サン・オウガスチン教会


バハイ・チノイ (Bahay Tsinoy)  
フィリピン華僑の歴史をテーマとしたコンパクトな博物館。ジャンクの復元模型や、現存する写真から当時の華僑の生活風景を蝋人形などで復元してある。東南アジアの華僑について興味のある人には必見の場所。見落としがちだが、1日4時間しか開館しないので注意。
 所在  Kaisa-Angero King Heritage Center Anda corner Cabildo St. Intramuros  電話  (+63-2) 527-6083  WEB  
 開場時間  13:00~17:00、月曜休み。  料金  100ペソ。
バハイ・チノイ


カーサ・マニラ博物館 (Casa Manila Museum)  
イントラムロス内にある、スペイン統治時代の邸宅を改装した博物館。当時の植民地統治者の生活を伺い知ることができて興味深い。館内は撮影禁止(ただし庭園など一部可能な場所あり)であり、また指定された順路(カーペットが敷かれた部分)以外を歩くことも禁止されている。パティオ(中庭)にはカフェが設けられており、イントラムロスを歩き疲れたときなどの休憩場所として便利。
 所在  Gen. Luna St., Cor. Real St., Intramuros  電話  (+63-2) 527-4084  WEB  
 開場時間  9:00~12:00、13:00~18:00。  料金  40ペソ。
カーサ・マニラ博物館


国立博物館 (The National Museum of the Filipino People)  
1901年、アメリカによる植民地統治の初年度に設立された博物館。第二次大戦により多数の収蔵物が破壊・散逸したが、1978年に再建された。現在の建物は第二次大戦の爆撃により破壊された旧財務省庁舎を修復して博物館として用いている。明代の陶器の充実したコレクションやスペイン統治時代の文物、海洋民族の生活風景を再現したコーナーなどがあり、結構楽しめる。展示棟の隣にもやはり「博物館」と表示された立派な建物があるが、こちらは管理部門で展示は行っていない。また、展示棟には立派な入り口があるが、現在は閉鎖されており、裏口を入り口として用いているので注意。
 所在  Old Congress Bldg. Padre Burgos St., Manila、リサール公園の北東の端のあたり。  電話  (+63-2) 527-0278  WEB  [1]
 開場時間  10:00~16:30、月・火・祝日休み。  料金  P100。
国立博物館


ラン園 (The Orchidarium)  
国立博物館の向かって左隣りにある小さな庭園。ラン園となっているが、その他の植物も植えられており、全体的にきれいに整備されている。その名のとおりランの鉢も多数展示されているが、花が咲いていない時期だと普通の庭園とさして変わらない風景になってしまい、それを期待して入ると多少がっかりするかもしれない。庭園内にバタフライパークもあり、南国の蝶を間近に観察することができる。
 所在  リサール公園内、国立博物館左隣り。  電話    WEB  
 開場時間  8:00~17:00、月曜休み。  料金  P100、ただし花が咲いていない時期はP20程度のディスカウント料金で入れてもらえる。
ラン園

エルミタ・マラテ地区[編集]

マニラ湾 (Manila Bay)  
マニラ西部の海岸沿いに、1.5kmくらいにわたってヤシの並木が続く遊歩道が整備されており、市民の憩いの場となっている。夕日がきれいなことで知られており、夕方の時間帯には散歩を楽しむ多くの人で賑わう(イベントが開かれる週末は特に多くの人々が訪れる)。また、遊歩道に沿ってオープンエアのレストランやカフェも多数営業している。風景は確かにきれいだが、未処理の生活排水が流れ込むせいか、下水臭が付近に漂っており、それが鼻につくのが難点といえば難点。
 所在  エルミタ・マラテ地区の西側、ロハス通り沿い。
マニラ湾


サン・アンドレス・マーケット (San Andres Market)  
LRT1号線キリノ駅から歩いて5分ほどのところにあるマーケット。主に生鮮食料品を扱っており、特に果物の種類の多さと新鮮さで有名。別に買わなくても、店頭で売られている南国の様々な種類の果物を見ているだけでも楽しい(買うとなるとkg単位になるため、旅行者にはちょっと手が出しづらい)。2007年3月現在、従来の道端にあったマーケットの後ろに新たな市場を整備中。
 所在  サン・アンドレス通沿い、LRT1号線キリノ駅からマニラ湾方面へ徒歩5分ほどのところ。
サン・アンドレス・マーケット

キアポ・チャイナタウン地区[編集]

チャイナタウン (China Town)  
LRT1号線カリエド駅近くにあるサンタクルス教会の北側一帯がチャイナタウンとなっている。漢字で書かれた原色の看板が氾濫し、どことなく街がこきたないのは他の国のチャイナタウンと同じ。街の雰囲気を味わう以外、取り立てて見所があるわけではないが、地区内にはさまざまな飲食店があり、うまい中華料理を安く食べることができる。
 所在  LRT1号線カリエド駅周辺。
チャイナタウン

マカティ地区[編集]

グリーンベルトパーク (Greenbelt Park)  
マカティ地区の大型商業施設、グリーンベルトモールに取り囲まれるようにして立地している公園。マニラの他の地区と異なり、周りの近代的なビルと調和して、何か取って付けたような印象を受ける、人工的な美しさを漂わせた公園である。ここだけを目指して見に来るというより、むしろ近くのアラヤ博物館やショッピングモールなどを見たついでに(休憩のため)立ち寄るスポットといった感じのところ。
 所在  MRTアラヤ駅から徒歩約10分。グリーンベルト・ショッピングモール横。
グリーンベルトパーク


アヤラ博物館 (Ayala Museum)  
グリーンベルトモールの入り口にある博物館。入館後、一旦4階に上がり、順次下の階に下りてくるような順路となっている。国立博物館ほどの規模ではないものの、10世紀~20世紀頃までの陶磁器のコレクション(19~20世紀頃のものが多い)、衣類や装身具、キリスト教関連の文物などが展示されており、コレクションも思いのほか充実している。その他、フィリピンで活躍している現代版画家の展示や、2階には先史時代から第二次大戦後の独立に至るまでのフィリピン史を模型で展示したコーナーがある。
 所在  Makati Ave. Cor. De La Rosa St., Greenbelt park, Ayala Center, Makati  電話  (+63-2) 757-7117  WEB  [2]
 開場時間  火~金:9:00~18:00、土・日:10:00~19:00、月曜休み。  料金  P350。
アヤラ博物館

パサイ地区[編集]

バクララン・マーケット (Baclaran Market)  
LRT1号線の南の端にあるバクララン駅周辺に広がるマーケット。主に衣料品を中心とした市が立っているが、日用雑貨や果物などの店も一部ある。マーケットの周辺には食堂やホテルなどもあり、いつも人やジプニーなどでごった返している。
 所在  LRT1号線バクララン駅周辺。
バクララン・マーケット

ケソン地区[編集]

ニノイ・アキノ公園 (Ninoy Aquino Park)  
1983年に暗殺されたベニグノ(ニノイ)・アキノを記念した公園。園内にアキノの胸像がある。さしてきれいな公園でもないが、中に小規模の動物園が併設されており、フィリピン国内に棲息する熱帯の鳥類や爬虫類、小動物などを間近に見ることができる。
 所在  ケソン・メモリアルサークル近く、MRTケソン・アベニュー駅下車徒歩約15分。  電話  (+63-2) 832-5094  WEB  
 開場時間  7:00~19:00、動物園は16:00迄。  料金  P8。
ニノイ・アキノ公園

オルティガス地区[編集]

遊ぶ[編集]

マニラ地区[編集]

エルミタ・マラテ地区[編集]

キアポ・チャイナタウン地区[編集]

マカティ地区[編集]

パサイ地区[編集]

ケソン地区[編集]

オルティガス地区[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

なぜこんなにもショッピングモールが多いのか?

マニラの街をぶらぶらしていて気づくのは、ショッピングモールがやたらと多いこと。それもハンパな大きさではない巨大なモールが、クバオやオルティガス、マカティ、キアポなどそれぞれの地区ごとにあり、中には同じ地区に複数の店舗があるところもある。また、マニラ湾の南にあるSM Mall of Asia はアジアでも最大級の販売面積を誇るという。こんなに巨大モールばかり作ってお互いに客を食い合ったりしないのかと心配になるが、実際入ってみるとそれぞれがそこそこ混みあっている。なぜ、こんなにも巨大ショッピングモールばかり多いのか、はっきりした理由はわからないが、一つ考えられるのは、冷房が効いた店内で豊富な品物をあれこれ眺めてまわること自体が人々の重要な娯楽のひとつなのではないかということ。実際そこに行けば1日楽しめるくらい、いろいろなテナントが店を出しており、また、屋台村やコーヒーショップのように、疲れたときの休憩所にも事欠かない。このようなモールは、観光客にとっても、泥臭い通りの露店とはまた趣の違った面白い観光スポットである。

マニラには店の呼び込みや車のクラクションの喧騒に混じって、排ガスや埃や人の汗、熱したパーム油、下水、果ては食べ物が腐ったような饐えた匂いが一緒くたになって漂ってくるような、いかにも東南アジアといったエネルギッシュな感じ丸出しのマーケットから、一軒東京の丸の内と比べても遜色のないような洒落たショッピングモールに至るまで、実にいろいろな種類のショッピングエリアがそろっている。それらショッピングエリアごとにそれぞれ異なる独特の顔を持ち合わせており、また南国ならでは、という品物もいろいろと扱われているので、ショッピングをしないまでも、単にそれらのエリアをゆっくりと時間をかけて見てまわるだけでも結構楽しめる。


マニラ地区[編集]

エルミタ・マラテ地区[編集]

サン・アンドレス・マーケット (San Andres Market)  
(→「観る」参照)
 所在  サン・アンドレス通沿い、LRT1号線キリノ駅からマニラ湾方面へ徒歩5分ほどのところ。
サン・アンドレス・マーケット

キアポ・チャイナタウン地区[編集]

マカティ地区[編集]

グリーンベルト・モール (Greenbelt Mall)  
MRTアラヤ駅から歩いて10分くらいのところにある巨大なショッピングモール。ちょうどグリーンベルト・パークを取り囲むように建てられていて、中にはお洒落な衣料品店やブックショップ、CDショップなどのほか、レストランやカフェなども多数入っている。公園にしろ周りの建物にしろ、どことなく東京の丸の内や新宿を思わせるような人工的な美しさで、取り扱っている商品もどことなく似ており、歩いているとまるで東京にいるような感じを受ける。向かい側のショッピングモール、アラヤセンターとはペデストリアンデッキでつながっている。
 所在  マカティ通り沿い、MRTアラヤ駅から徒歩約10分。

パサイ地区[編集]

バクララン・マーケット (Baclaran Market)  
(→「観る」参照)
 所在  LRT1号線バクララン駅周辺。
バクララン・マーケット

ケソン地区[編集]

オルティガス地区[編集]

食べる[編集]

おすすめ[編集]

ローストピーナッツ  
ピーナッツとガーリックを一緒に油で揚げたものが街角でおやつとして売られている。一袋P10程度。ガーリックの風味が程よくきいていてなかなかうまい。甘皮付きのものと皮なしのものなど何種類かが売られており、好みで選べる。
 所在  街角の屋台で。


イカ団子 (イカリング)  
スクイッドボールとも。イカ団子もポピュラーな屋台料理の一つ。形や味は日本のそれと変わらない。1串に3個ほどのイカ団子が付いてP8程度。甘辛いタレをあらかじめかけてくれる場合もあるし、好みにより屋台に置いてあるタレの壷にイカ団子を浸して食べる場合もある。なお、同じような食べ物で串付きのイカリングも売られている。
 所在  街角の屋台で。

市内のチェーン店[編集]

中級[編集]

Delifrance  
メトロマニラ内にあるベーカリーのチェーン店。日本のヴィ・ド・フランスやアンデルセンのようにカフェを併設しており、自家製のパンをその場で食べることができる。サンドウィッチ類やパスタ、スウィーツなどメニューも比較的豊富。コーヒーもそこそこうまいものを出す。軽食中心だが、値段は市中の安食堂で食べるよりも高くつく。その多くはショッピングモール内のようなところに店を構えている。
 所在  メトロマニラ内に30店舗ほどある。  電話    WEB  
 営業時間    予算  P100~300前後。
Delifrance

マニラ地区[編集]

中級[編集]

Barbara's  
カーサ・マニラ博物館に隣接した建物にあるカフェ兼レストラン。博物館からはそのまま中に入ることができる。ちょうど建物内のパティオ(中庭)が店になったような格好になっていて、きれいな庭を楽しみながら食事ができる。値段もそこそこ。イントラムロス内の見どころから近く、城郭内を歩き疲れたときの休憩場所としてもちょうどいい。
 所在  Calle Real del Palacio (Gen. Luna St.) Plaza San Luis Complex, Intramuros. カーサ・マニラ博物館横、サン・オウガスチン教会向かい。  電話  (+63-2) 527-4090  WEB  
 営業時間  11:00~14:00、18:00~22:00。  予算  100ペソ~。
Barbara's

エルミタ・マラテ地区[編集]

安食堂[編集]

Myrna's  
エルミタ教会の左斜め向かいにある安食堂。店頭であぶり焼きにしているチキンやポークが美味。ハーフサイズのチキンにライスとスープを付けてもP100ちょっとで上がるのもうれしいところ。夕方近くには地元の人でごったがえしている。なお、近所にもう一軒、同じような店がある。
 所在  M. H. del Pilar St.、エルミタ教会左斜め向かい。  電話    WEB  
 営業時間    予算  P100前後。
Myrna's

中級[編集]

楓林小館 (Fong Ling Restaurant)  
在フィリピン台湾人華僑が経営する中華レストラン。店の前に写真入りでメニューが出ているので、あらかじめ注文したいものに目星を付けてから店入ることができ、便利。味はそこそこ。どちらかというとグループ向きなのかアラカルト料理が多いが、排骨飯のような1人向きのメニューも取り揃えている。
 所在  434 Sra. de Guia St., Ermita. Bay View Park Hotelの近く。  電話    WEB  
 営業時間    予算  P100~200といったところ。
楓林小館


Mercedes Music  
ローザス・ガーデン・ホテルの2階にあるレストラン兼バー。それほど本格的なレストランではないが、一通りの洋食やフィリピン料理を出す。シェフのお勧めメニューである、ベーコンとオニオンの牛肉ロール赤ワイン風味(直訳するとこのような名前?)が美味。
 所在  1140 M.H. del Pilar St., Ermita, Manila  電話  (+63-2) 404-1621  WEB  [3]
 営業時間  月~金:6:00~翌1:00、土日:6:00~22:00。  予算  P350前後。

キアポ・チャイナタウン地区[編集]

安食堂[編集]

嶺南麺家 (Ling Nam Wanton Parlor & Noodle Factory)  
チャイナタウン、Kipuja St.(基布哈街)と Alonzo St.(阿倫索街)の交差点付近にあるワンタンと麺の専門店。やや化学調味料の風味が強いが、全体にあっさりした味付けになっている。味付けの濃いものを食べ飽きたときなどにはお勧め。値段もそれほど高くない。
 所在  Kipuja St.(基布哈街)と Alonzo St.(阿倫索街)の交差点付近、親善門を入り、200mくらい歩いたところを右に曲がる。  電話  (+63-2) 733-5231  WEB  
 営業時間    予算  P100~150。
嶺南麺家

マカティ地区[編集]

パサイ地区[編集]

ケソン地区[編集]

オルティガス地区[編集]

飲む[編集]

マニラ地区[編集]

エルミタ・マラテ地区[編集]

キアポ・チャイナタウン地区[編集]

マカティ地区[編集]

ミュージアム・カフェ (Museum Cafe)  
アヤラ博物館ガラス棟1階にあるカフェ。よく博物館にあるようなカフェコーナーよりもずっと本格的なカフェで、飲み物以外にもサンドウィッチやカレーといったような、ちょっとした食事も取ることができる。料金はやや高めだが、割とボリュームがあって、そこそこうまい。本館とは別棟になっており、博物館に入場せずにカフェだけ利用することも可能。
 所在  Makati Ave. Cor. De La Rosa St., Greenbelt park, Ayala Center, Makati  電話  (+63-2) 757-3000  WEB  [4]
 営業時間  6:30~。  料金  昼食でP400前後。
ミュージアム・カフェ

パサイ地区[編集]

ケソン地区[編集]

オルティガス地区[編集]

ポディウム・ショッピングセンター1Fのカフェ  
オルティガス地区のちょうど「へそ」のあたりに位置するポディウム・ショッピングセンターの1Fを取り囲むようにしてカフェが数軒営業している。いずれも冷房の効いた店舗とオープンテラスがあり、周りのオフィスから流れてきた人や買い物客、歩き疲れた観光客など多くの人で賑わっている。マカティのカフェ同様、他の地区に比べると値段はやや高め。また、どの店もオープンテラスが喫煙コーナーになっているので、煙草の煙がいやな人は店内で席を探したほうがよい。
 所在  オルティガス地区、アジア開発銀行となり。
ポディウム・ショッピングセンター1Fのカフェ

泊まる[編集]

マニラ地区[編集]

エルミタ・マラテ地区[編集]

中級[編集]

ロータスガーデンホテル (Lotus Garden Hotel)  
この地区を代表する中級ホテルの一つ。付近には食堂やコーヒーショップ、両替所、インターネットカフェなどの施設が一通りそろっていて便利。部屋の内装はきれいだが、隣の建物と隣接しているため、眺望は今ひとつ。マニラ湾までは歩いて5分ほど。
 所在  1227 A. Mabini cor. Padre Faura Sts. Ermita,  電話  (+63-2) 522-1515  WEB  [5]
 時間    料金  US$35~50。
ロータスガーデンホテル


ローザスガーデン・ホテル (Rosas Garden Hotel)  
エルミタ地区、エルミタ教会の近所にある中級ホテル。内装は比較的新しく、部屋も掃除が行き届いて清潔。ホテルの周りには食堂や両替所、コンビニ、インターネットカフェなどが一通りそろっており、とても便利。人通りの多い賑やかな通りに面しているので、夜も比較的安全。ただし、道路に面した方の部屋は夜遅くまで車などの騒音が比較的響く。LRT1号線のUnited Nation 駅からは歩いて10分ほど。
 所在  1140 M.H. del Pilar St., Ermita, Manila  電話  (+63-2) 404-1621  WEB  [6]
 時間    料金  1泊P1,760~。
ローザスガーデン・ホテル

キアポ・チャイナタウン地区[編集]

マカティ地区[編集]

パサイ地区[編集]

ケソン地区[編集]

オルティガス地区[編集]

連絡する[編集]

インターネットカフェの相場は1分間あたり1ペソといったところ。ただし、大方の店で最低15分からとか、20分から、といったように、基本料金を設定している。通信速度は日本の電話回線使用のものよりは早いがADSLよりはやや遅め。OSはWINDOWS2000以降のものが多いようだが、中にアップデートされていない機器もあり、一部ではウィキトラベル日本語版を表示させたときに文字化けが生じる。日本語での入力はあまり一般的ではないようで、言語の設定がなされてない機器の方が多いように思える。

気を付ける[編集]

2006年2月現在、外務省はマニラ首都圏への旅行に関して、「注意喚起」を促している。詳細についてはこちらを参照。

ルソン島以外の島(セブ島など)に行く場合でも、直行便ではなく乗り継ぎが必要な場合(格安ツアーはたいていこれに該当する)はマニラ国際空港で乗り継ぎをすることになるが、空港内といえども両替所やパプリックスペースでは十分な注意が必要である。

  • 両替所:空港内カウンターにある両替所(現地通貨を持たないで入国した場合、ここで両替する以外にない)では、意図的に高額紙幣ばかりの組み合わせで両替される(空港内でのおつりが多く出るようにしている)。
  • 公衆トイレ:手洗い場で待ちかまえ、手ふきペーパー(空港が設置しているもの)を数枚差し出して対価として日本円(1,000円の場合が多い)をその場で要求する者がいる。トイレは着陸前に機内で済ませておいた方が無難。
  • 空港敷地内:日本語で話しかけて、乗り継ぎターミナルの方向を教えてくれるのだが、これも対価として日本円をその場で要求してくる。
  • 喫茶店等:高額紙幣でコーヒー1杯頼んだ場合でも、要求しなければおつりをよこさない場合がある。少々強めの言葉でおつりを要求できるよう、英語で練習しておくとフィリピン国内では非常に役に立つ。

エルミタ地区やマカティ地区など、観光客や地元の買い物客などが多く訪れるところで夜出歩いても特に危険を感じない地区がある一方で、昼間でも不用意に近づかない方がいい場所もマニラには存在する。マニラ国有鉄道の始発駅やマニラ北港の周辺などはスラム街の近くにあるので、徒歩などでの立ち入りや移動は禁物である。

ジプニーなどから出る排気ガスのせいで、大気汚染がひどく、空気がよごれている。特にジプニーは基本的に声をかければどこでも停まってくれるため、逆にマニラ市の交通渋滞の元凶にもなっている。渋滞している道路でこれらの交通機関を利用している場合などは、周りにさえぎるものがなにもなく、もろに排ガスを吸ってしまうので、ときに気分が悪くなることも。地元の人も口にハンカチをあててジプニーに乗っている光景をよく見かける。あまり呼吸器系が強くない人は簡単なもので十分用が足りるので、日本を出るとき、マスクをひとつ調達しておくと便利かもしれない。

暮らす[編集]

特にイントラムロスなどの古い地区によく見られるのだが、かつてスペイン統治下にあった名残で、トイレの表示がスペイン語だけで出ているというケースが結構ある(日本のように気の利いた人型のサインもなくてただ文字だけ、なんてケースも)。ちなみに男性用は "Caballeros"女性用は "Damas" 。お間違えのないように。

在外公館[編集]

在フィリピン日本国大使館 (Embassy of Japan in the Philippines)  
在マニラ日本国総領事館も兼務するフィリピンを担当する日本国大使館である。医療・治安等の生活情報、通関(ペット等)、日・フィリピンの文化情報などを提供している。なお訪問時は、写真付き身分証明書の提示を求めているため、注意が必要である。
 所在  2627 Roxas Blvd, Pasay City.  電話  (+63-2) 551-5710
 FAX  (+63-2) 551-5780
 WEB  [7]
 時間  領事窓口 8:40~12:00、13:30~16:30。土日・日本・フィリピンの祝祭日休館。  料金  各種証明書、旅券等有料。手数料はペソ払いである。

出かける[編集]

  • タガイタイ
    タガイタイ (Tagaytay) — マニラから南に60kmほど行ったところにある町。町の近くにタール湖というきれいな湖があり、周辺が自然公園となっている。また湖の中には、ちょうどそこに浮かぶような形で標高300mあまりの世界一小さな活火山、タール火山がある(どことなく北海道屈斜路湖に似たような風景)。景色そのものもきれいだが、マニラと違って空気がうまいのが何よりうれしい。排ガスの中を歩き回るのに疲れたら、ちょっと遊びに行くのもいいかもしれない。現地に少しゆっくり目に滞在しても、6~7時間もあれば十分マニラから行って帰ってこれる。マニラからのエクスカーションとしておすすめのスポットの一つ。


Wikitravel Shared Logo マニラに関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト