何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ボホール島

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
バクラヨン教会

ボホール島 (Bohol Island) は、フィリピンセブ島の東側、同国のヴィサヤ諸島のほぼ中心に位置する島。州都タグビラランまではマニラから飛行機で1時間半、セブからは高速艇で4時間である。ボホール島には数箇所のビーチがあり、南に隣接するパングラオ島のアローナビーチは有名である。


地域・地方[編集]

市町村[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

喋る[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

州都タグビラランまではマニラから飛行機で1時間半

船で[編集]

セブから高速艇で2時間。

動く[編集]

観る[編集]

世界で一番小さいメガネザル ターシャ[編集]

4500万年前から、メガネザルは世界中の熱帯雨林に生息していたが、現在ではフィリピンの島の限られた島々とインドネシアボルネオ島のみに生息している。1960年代までは、ボホール島では南半分の地域でよく見かけることができた。以前は蒸し暑い熱帯雨林と霧で囲まれた丘によって守られてきたが、現在では作物栽培の影響や密猟に悩まされている。

現在では、フィリピンターシャ財団(the Philippine Tarsier Foundation, Inc.)が、7.4ヘクタールの土地をターシャのために獲得しており、ターシャの天国となっている。環境天然資源省の見落としを指摘してさらに20ヘクタールの土地を保護のために要求している。

またターシャ研究センター(Tarsier Research and Development Center,)も、生息の保護のほかに、訪問者の受け入れと研究の場の提供の活動している。周囲をネットで囲い、飼育、繁殖とディスプレイのためのターシャを確保している。そこでは野生のフィリピンのターシャを観察することができる。ターシャのために囲まれた約2mのフェンスの中で、ターシャは自由に活動し、野生の猫のような天敵から守られている。

島のほかの場所、(特にLoboc)でかごに入れられたターシャを見ないようにすること。籠の中のターシャは、不十分な状態とストレスのためしばしば死んでしまい、死んでしまうと代わりのターシャが捕まえられてくるためである。

ターシャはスティーヴン・スピルバーグのETに刺激を与えた。

フィリピンターシャ財団のオフィシャルウェブサイト(英語)

チョコレートの丘[編集]

ボホールのチョコレートの丘

チョコレートの丘(The Chocolate Hills)は、おそらくボホールでもっとも有名な景勝地である。丘は巨大なモグラの穴のように見えるが、Carmen、Batuan、Sagbayanといった地域に少なくとも1,268は点在している珍しい地形である。この丘は30m~50mの高さがあり緑の草で覆われており、乾季には茶色に変化するがこのときにまるでチョコレートの丘のようにみえる。("Your Guide to Bohol" by Sanchez-Bronce, Loop and Carpentierより引用)

伝説では、2人の巨人が土や砂を投げあいながら何日も戦ったといいます、最後には2人は友人となり島を出て行ったが、その結果が残っていると言われている。

もう少しロマンチックな傾向のある伝説が、アロヤと呼ばれる普通の少女とアロゴという若くとても強い巨人とが恋に落ちたというものである。アロヤが死んだ後に、巨人のアロゴ大いに泣き、 そして、彼の涙は深い悲しみの永久の証拠として丘に変わったというものである。

現在のところ、どのようにしてこの丘が形成されたのか、地質学者の間で意見の一致は見られていない。最も一般的な理論は、不浸透性の粘土層の上に形成された海洋石灰岩が降雨などの気象により削られたというものである。

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「ボホール島」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト