何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ホワイトホース

提供: Wikitravel
北アメリカ : カナダ : ユーコン準州 : ホワイトホース
移動: 案内検索
ホワイトホース。

ホワイトホース (Whitehorse) は、ユーコン準州の州都である。北緯60度のオーロラベルト上に位置するため、イエローナイフフォート・マクマレーと並ぶオーロラツアーの三大目的地に数えられる。 [1]


着く[編集]

飛行機で[編集]

ホワイトホース空港 (Whitehorse International Airport IATA: YXY, ICAO: CYXY) は市街地に背中合わせに隣接。市内中心部までの移動は約5km。

バンクーバーからAir Canada(1日3便)、Air North(1日1便)が運航、約2時間半。季節により臨時便も。 カルガリーエドモントンからAir North(1日1便)が運航。 イエローナイフおよびフォート・シンプソンからFirst Airが運航。 ドーソン・シティ、イヌヴィク、オールドクロウからAir Northが運航。

日本から訪れる場合、直線距離ではバンクーバーよりもホワイトホースの方が近いため、一部の航空券ではバンクーバー行きよりも安く購入できることがある。

空港から市内への移動:空港にはHertz, National, Budgetの各レンタカー会社のカウンターあり。その他、Whitehorse Subaruなど街中のレンタカー会社も空港送迎を行っている。

列車で[編集]

列車は現在運行されていない。

車で[編集]

アラスカハイウェイ上に位置し、ブリティッシュコロンビア州アラスカ州から到達できる。バンクーバーから約2,400km。石油輸送のルートであり冬季でも除雪は小まめに行われているが、路面凍結は随所に見られる。

バスで[編集]

船で[編集]

約160km南にあるアラスカ州スカグウェイには、定期航路 (Alaska Marine Highway) がアラスカ州とワシントン州ベリンガムやブリティッシュコロンビア州プリンスルパートの間に寄港、また夏季にはアラスカクルーズが運航。

動く[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

レンタカー[編集]

空港にはHertz, National (Norcan) の受付カウンターがある。その他、市内の業者Whitehorse SubaruBudgetも日中の空港送迎を行っている。早朝・深夜便の場合は営業時間に注意。

バスで[編集]

Whitehorse Transitが市内と周囲の住宅地を結ぶ。

足で[編集]

観る[編集]

オーロラ  
市内は街灯などによる光害が指摘されており、オーロラを見るためには郊外の宿に泊まるかツアーに参加して郊外の見学小屋に移動する必要がある。オーロラ鑑賞に必要な条件は4つ。
  • 雲がないこと
  • 満月が昇っていないこと(正確には満月でも、オーロラが強ければ見ることができる)
  • 太陽風が強いこと
  • 地磁気が強いこと

後二者についてはオーロラ予報サイトで3日先まで予測することができる。[2]

イベント[編集]

2月第2週末のYukon Sourdough Rendezvousと呼ばれる冬祭りが有名。米国・カナダの空軍による軍用機のAir Showの他、犬ぞりパレード・運動会など。

遊ぶ[編集]

2007年のCanada Winter Gamesを機会に、クロスカントリースキー場や屋内プールが一段と整備された。


ホワイトホース・クロスカントリー・スキークラブ (Whitehorse Cross Coutry Ski Club)  
総延長60kmのコース。スキー・靴のレンタルが可能。夏はハイキングコースにも。
 所在  市内から車で約5分、Mt McIntyre Recreation Centre内。#200 - 1 Sumanik Drive Whitehorse, YT Y1A 6J6  電話  (867) 668-4477(受付)、(867) 668-7742(自動音声による雪のコンディション案内)  WEB  [3]
 営業時間  営業時間  料金  入場料10ドル、スキーセット1日18ドルなど。割引あり。


タキーニ温泉 (Takhini Hotsprings)  
年中入れる温泉プールがあるが、日本のプールほど清潔ではない。団体向け宿泊施設や集会所を併設。オーロラツアーに参加した場合、曜日によっては深夜のプールを借り切って、入浴しながらオーロラを待つことができる。
 所在  市内から北へ約30km、車で25分。  電話  (867) 633-2706  WEB  [4]
 営業時間    料金  


ヤムナスカ・マウンテンツアーズ (Yamnuska Mountain Tours)  
日本人向け現地ツアーを運営するガイド会社。
 所在    電話    WEB  [5]
 営業時間    料金  

買う[編集]

WalMart, Superstore, Canadian Tireなど大型店舗で基本的な日用品を揃えることができる。

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

市内の宿は安めだが、オーロラを観るには街を離れる必要がある。郊外の宿は若干値が張るが、その場からオーロラを見ることができる。

安宿[編集]

The Beez Kneez Bakpakers  
市内中心部にあるホステル。無線LAN・キッチン・シャワー・洗濯機・自転車あり。
 所在  408 Hoge Street, Whitehorse, Yukon Y1A 1W2  電話  1-867-456-2333
 FAX  -
 WEB  [6]
 e-mail  [7]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  相部屋$25,個室/キャビン$50

中級[編集]

マウントローン・オーロラB&B (Mt.Lorne Aurora B&B)  
ホワイトホースからKlondike Highwayに沿って南東へ約30kmの地点にあるB&B。空港送迎あり。北側に開けたテラスからは、無料のジャグジーに浸かりながらオーロラを待つことができる。部屋はダブルルーム+ソファベッドの2室のみ。トイレ・シャワー・キッチンは共同、無線LANでインターネットが利用可能。旅行前から旅行計画の相談に乗ってもらうこともでき(英語又はドイツ語)、独自に四輪バギーややハイキングなどのツアーも行っている。宿に泊まるというよりは知人宅を訪れるつもりでいろいろ相談してから行く方が楽しめる。
 所在  (郵便送付先)Klondike Sun & Snow Recreation, 156-108 Elliott St, Whitehorse, YT Y1A 6C4  電話  (867) 456-2729  WEB  [8]
 時間    料金  1人利用CAD85。1名ごとに追加CAD15。


イン・オン・ザ・レイク (Inn on the Lake)  
同じく空港からは離れているが、送迎(55$/人)あり。北側に開ける湖のほとりに立ち、宿からオーロラを見ることができる。
 所在    電話    WEB  [9]
 時間    料金  CAD135~CAD289。


ロベルジュ・ユコネーズ (L'Auberge Yukonnaise B&B)  
 所在  Mile 900, Alaska Highway Box 11001 Whitehorse YT, Y1A 6L6  電話  (867) 456-2135  WEB  [10]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]

  • Klondike Highwayに沿って70km南方の集落カークロス (Carcross) はアラスカ州スカグウェイ (Skagway) への鉄道始発駅。夏季にはホワイトホースからのツアーバスに接続して観光列車が運行される。
  • Klondike Highwayに沿って170km南方のスカグウェイからは、夏季に氷河見物のセスナ機ツアーも運行される。
  • 北に540km離れたドーソンシティ (Dawson City) は町自体が国の歴史保護地域に指定されている、クロンダイクゴールドラッシュの発祥の地、現在も町の中の道は未舗装、夏のみカジノあり。夏季にはバスツアーで訪れることができる。


この記事「ホワイトホース」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト