何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ベトナム

提供: Wikitravel
アジア : 東南アジア : ベトナム
移動: 案内検索
フエ
国旗
ベトナムの国旗
位置
ベトナムの位置
基礎データ
首都 ハノイ
政体 社会主義共和国
通貨 ドン (Dong)
面積 総計: 32万9,241 km²
水面積率: ○○%
人口 8,206万人(2004年10月)
言語 ベトナム語
宗教 仏教80%、他にキリスト教、カオダイ教
電気 110・220V 50Hz A・BF・C・SE型プラグ
国際電話番号 +84
ドメイン .vn
時間帯 UTC +7


ベトナム (Vietnam) は東南アジア、インドシナ地区に位置する国である。ベトナムは南シナ海に面しており、北方で中国、西方でラオス及びカンボジアと国境を接している。 Vitnam National Administration of tourism (日本語)


地方[編集]

ベトナムの地図

ベトナムは南北に細長く伸びており、概ね北部、中部、南部の3つに区分できる。

  • 北部:ハノイとその周辺
  • 中部:フエ、ダナンとその周辺
  • 南部:ホーチミンとその周辺、メコンデルタ

都市[編集]

  • ハノイ - ベトナムの首都。
  • ハイフォン - ハノイの外港。
  • フエ - ベトナムの古都。かつてグエン朝(阮朝)の都があった。
  • ホイアン - ベトナム中部の古い港町。世界遺産。
  • ニャチャン - ベトナム中部のビーチ。
  • ダナン - ベトナム中部、沿岸部にある観光地。
  • ホーチミン - ベトナム最大の都市で、経済の中心地。ヨーロッパ的な美しい街並みで「東洋のパリ」と称される。旧名の「サイゴン」で呼ばれることも多い。
  • チャウドック - カンボジア国境に接する街。メコン川の高速船でカンボジアへ入国することができる。

その他の旅行先[編集]


分かる[編集]

ライトアップされたホーチミン市人民委員会庁舎

歴史[編集]

国民[編集]

キン族(越人)が90%近くを占めるほか、少数民族が60族近く居住している。


気候[編集]

参考:ハノイの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)16.017.620.223.927.528.929.028.227.524.720.918.123.5
降水量 (mm)23.633.447.4112.9202.3239.0252.4322.0251.0163.745.610.91,704.2
データ出典

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC +7)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

メディア[編集]

  • ベトナムニュース — ベトナムで発行されている英字新聞の一つ。比較的平易でクセのない英語なので読みやすい。現地の旅行関連情報のコーナーもある。  WEB  ベトナムニュース(英字新聞)

日本語メディア[編集]

  • ベトナムスケッチ — 2000年4月に創刊されたベトナム最初の日本語月刊誌。日本からの旅行者および現地在住日本人を対象にホテル、レストラン、ブティック等の観光情報や、文化情報、生活情報を掲載している。  WEB  ベトナムスケッチ
  • VIETJO(ベトジョー)ベトナムニュース — 2002年設立の日本語ベトナムニュース・情報サイト、経済から生活まで様々なベトナム関連記事を365日無料配信している。  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く[編集]

パスポートとビザ[編集]

  • 日本のパスポート所持者で15日以内の観光目的での入国の場合、入国時点でパスポートの有効期間が3か月以上あり、かつ復路の航空券を所持していれば、ベトナム入国に際してビザは不要。

入国手続き[編集]

  • ベトナム入国に際し、入国カードや税関申告書等の記入は不要。
  • 入国審査の際、審査官から帰りのチケットの提示を求められるので、あらかじめパスポートと一緒に手元に用意しておくように(プリントアウトしたEチケットの控えでもよい)。なお、トランジット扱いで一旦入国したい場合は、日本出発時に最終目的地までのチェックインを済ませていれば、入国審査の際に航空券の代わりに次に乗る便の搭乗券を提示してもよい。その際、なぜ一旦入国するのか質問されることもあるので、その場合には「次の乗継便まで時間があるので、一旦入国して市内観光をする」くらいに答えれば、まず問題なく入国できる。

飛行機で[編集]

  • 成田空港と関西国際空港からハノイとホーチミンに向け、それぞれ直行便が就航している。
  • その他、日本から香港や台北、東南アジアの近隣諸国の主要都市を経由してハノイ、ホーチミンへ入る方法もある(但し、こちらの場合フライトスケジュールの関係で経由地に宿泊しなければならない場合もある)。

ベトナムの玄関口となる空港は以下のとおり。

  • ノイバイ国際空港(ハノイ・Ha Noi)
  • タンソンニュット空港(ホーチミン・Ho Chi Minh City)

上記の2つの空港を利用する場合、日本へ帰国する際の国際線チェックイン時間は予定出発時刻の2時間半前からで、その終了時間は、予定出発時刻の40分前までとなっている。(2013年10月現在)

※他にダナン(Da Nang)にも国際空港があるが、日本からの直行便はない。

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

飛行機で[編集]

道路などのインフラがあまり整備されていない(特に地方部)。このため、主要都市間の移動であれば、飛行機が最も便利な交通手段となる。

幹線であるホーチミン・ハノイ間は1日14便程度、その他ハブであるホーチミンから国内主要都市へも1日2~5便程度のフライトがある。国内線の主な時刻表はベトナム航空のWebを参照されたい。Vietnam Airlines (日本語サイト)

列車で[編集]

ハノイ~ホーチミン間約1,000㎞を3日かけて結ぶ鉄道がある。

バスで[編集]

ベトナムの主要都市間は長距離バスで結ばれている。また、そのような路線バスとは別に、旅行会社が企画・運行する中距離のバス(例:ホイアン~ダナン~フエ)といったようなものもある。

タクシー・シクロで[編集]

小額紙幣をたくさん用意しておく

シクロやバイクタクシーは基本的に料金が交渉制となっており、目的地を告げ、事前交渉で料金を決めた上で乗り込むことになっている。ただ、あらかじめ料金を交渉して乗り込んだとしても、いざ目的地に着くとあらかじめ決めておいた料金よりもさらに高い料金を払わせようとする輩が多い。特に手許に高額紙幣しかなく、それで支払おうとするような場合、「釣銭がない」とか言って平気でその紙幣をまるまるせしめようとするケースが結構ある。シクロやバイクタクシーなどを利用する場合は、1万ドンや5千ドンといったような小額紙幣をなるべく多く手許に用意しておき、最初に決めた料金をきっかり払えるようにしておいた方がよい。

街中の移動はタクシーやバイクタクシー、シクロなど。タクシーはメーター制だが、それ以外は事前に料金交渉が必要。この場合、外国人と見るとかなりふっかけられる場合があるので注意が必要。なお、ホーチミンについては、市の中心部へのシクロの乗り入れが規制されている。


喋る[編集]

公用語はベトナム語。 近年では英語教育に力を入れているため、英語の使用人口が増えてきている。 反対に、フランス語ロシア語の使用人口は減る傾向にある。 バイクタクシーなど、観光客目当ての商売をしている人の中には、日本語を流暢にあやつる人もいる。

買う[編集]

通貨[編集]

ベトナムの通貨単位はドン (VND)。2012年8月9日現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = VND266.088VND10,000 = ¥37.582
$ 米ドル$1.00 = VND20,860.00VND10,000 = $0.479
€ ユーロ€1.00 = VND25,664.684VND10,000 = €0.3900

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

都市部や外国人に人気のある観光地では、ドンに加えてUSドルが流通している。ドルで払う方が喜ばれることもあるし、それ以前に外国人と分かるとドルでの支払いを求めてくることが多い(ただし全ての場面でドルが使えるとは限らないので、使えるかどうか聞いてみるといいだろう)。

一般に使われているのは20ドル紙幣くらいまでで、感じとしては特に1ドル紙幣~10ドル紙幣が使い勝手がよい。10ドル紙幣くらいまでの小額紙幣を多めに用意しておくと、現地で重宝する。

物価[編集]

ホーチミン市・ベンタン市場

ベトナム語では1000を「ギン」と呼ぶ。高いインフレもあり、1000ドン(モッギンドン)がほぼ事実上の最小単位になっている。タクシーのメーターもたとえば「33.5」と表示されていれば、33,500ドンのことである。100ドル以上する高級ホテル街と30ドル程度の中級ホテル街と10ドル程度のバックパッカー街では同じものでも値段がまったく違うので、相場というものは存在しないが以下は一例。 路上のカフェで飲むアイスミルクコーヒー1杯約12,000ドン、ミネラルウォータ500mlがローカルコンビニで4500ドン(ホテルのミニバーでは15000ドン)、タクシーでの市内の移動が30,000ドン前後、食堂で食べる軽い昼食(皿飯とコーヒー)が35,000ドン前後、レストランで食べる夕食が一皿70,000ドン前後(何れも2012年8月時点)。外国人の場合おしぼり代だけで10000ドン取られるので注意が必要だ。

ショッピング[編集]

ホーチミンのベンタン市場などで、Tシャツ類やベトナム雑貨などをお土産に買うことができる。空港などの店に比べると値段も安い。


食べる[編集]

生春巻き (Gỏi cuốn), ホイアン名物のカオ・ラウ (Cao lầu) , ヌック・マム魚醤(Nước mắm)とビール

ベトナムは東南アジアでも有数の米の産地であり、「フォー(Phở)」などに代表されるように、小麦粉の代わりに米粉を利用した料理がポピュラーである。また、「ヌック・マム(Nước mắm)」と呼ばれる魚醤(魚から作った発酵調味料)をよく使うのが特徴で、以下に紹介されている揚げ春巻きや生春巻きに、直接つけて食べたり、あるいは調味料として料理にそのまま用いたりする。


フォーPhở  
米の麺を使ったベトナム風うどん。淡白な味のスープに好みでライムをしぼって食べる。ベトナムで最もポピュラーな料理の一つで、牛肉入り(フォー・ボー)、鶏肉入り(フォー・ガ)やその他のバリエーションがある。
 所在  所在


生春巻きGỏi cuốn  
ゆでた海老やきくらげ、香草などをライスペーパーに包んだもの。
 所在  所在


揚げ春巻きChả giò  
生春巻きと同じような具を使っているが、一般にこちらの方が生春巻きに比べてやや小さめである。ヌック・マムをつけて食べるのは生春巻きと同じ。
 所在  所在


バインセオBánh xèo  
ベトナム風のお好み焼き。ココナッツミルクや卵などを混ぜ、パリッと焼いた皮にモヤシや豚肉などを炒めて作った具が入っている。これにヌック・マムを付け、香草などと一緒に食べる。
バインセオ



飲む[編集]

ベトナムコーヒー

ベトナムは世界有数のコーヒーの産地。コーヒーがおいしい。アルミのフィルターを使ってドリップするのがベトナム式だが、カップに落ちるまで相当時間がかかるので、抽出されるコーヒーはものすごく濃い味になる。このため、人によっては淹れたコーヒーをわざわざお湯でのばして飲む人もいる。また、アイス・ホットを問わず、「ミルクコーヒー」に練乳を使うのも特徴。カップの底にたまった練乳を少しずつかき回し、自分の好みの甘さにして飲むようにする(最初から全部かき混ぜて溶かしてしまうと、甘くなりすぎて口に合わないこともある)。


では紅茶を注文したいときは何と言えばいいか?

こちらの英語が不確かなのと、向こうの英語がいい加減であることが相俟って (?) 、ベトナムでは紅茶を頼んでも何故か他のお茶が出てきたりといった光景を目にすることが結構多い。「ブラック・ティー」と言っても理解してもらえず、ちょっと濃い色のウーロン茶が、なんてことも。ではどうしても紅茶を飲みたいときにはどう言えばいいか?実は簡単、"Tea Lipton"という、言えば絶対に紅茶と伝わる便利な言葉があるのだ。ベトナムでは「リプトン」のブランド名が紅茶の代名詞となるくらい一般的。別にひねった表現を使わなくても、この言葉一つでまず間違いなく紅茶を出してもらえる。


泊まる[編集]

ホーチミンなどの大都市では、フランス統治時代から続くコロニアルな雰囲気のホテルから安宿に至るまで、幅広いクラスの宿がある。特にホーチミンでは、近年外資系高級ホテルの進出がめざましい。

日本の旅行代理店を通して直接予約のできるホテルは、ある程度のクラス(シーズンにもよるが1泊¥5,000前後)から上のものに限られる。

学ぶ[編集]

働く[編集]

日本人がベトナムで現地採用の仕事を探す場合には、リクルーティングウェブサイトで検索することができる。

日本語が使用できるベトナムの求人サイト

気を付ける[編集]

  • 外務省の海外安全ホームページや、2007年4月13日付朝日新聞の報道などによると、ベトナムでは、市民の足として定着しているバイクによる交通事故が近年目立って増加している。全国で1日に約30人が事故死するほどで、交通事故による死者は02年以降アセアン加盟国中でワーストを記録している。死因の大半は自損事故で、ヘルメットを着用していなかったことによる頭部損傷だそうだが、道路横断中にバイクにはねられるなど、外国人旅行者が事故に巻き込まれるケースも報告されており問題となっている(日本人旅行者の死亡例も報告されている)。無免許運転や飲酒運転、周囲を確認せずに突っ込んでくる、曲がる際にウィンカーやブレーキを使わないなど運転マナーの悪さも深刻な問題として指摘されているところであり、ベトナム旅行の際には特にバイクによる事故に巻き込まれないよう注意が必要である。外務省の海外安全ホームページ
  • ベトナムではレンタバイクを簡単に借りることができ、それを使うことで時間を節約したり、行動範囲を拡げられる。その一方で人々が横断歩道の有無などお構いなしに道を渡ろうとしたり、また周囲を確認せず道に飛び出してきたりすることが頻繁にあり、そのような現地の人とバイクを運転している旅行者とが接触事故を起こすような例も多く報告されている。信号などの交通インフラも十分整備されていない地域もまだまだ多いので、ベトナムでのレンタバイク自体の使用はあまりお勧めできない。万一借りる場合でも運転に当たっては十分な注意が必要である。
  • 路地やわき道などはもちろんのこと、バイクがひっきりなしに通り過ぎて行くような大通りであっても、場所によっては横断歩道や信号が整備されていないところがあるため、道を渡る際には細心の注意が必要である。無理して渡ろうとしないというのが基本中の基本だが、どうしても渡らなければならないような場合には、いくつかのコツがある。それは、横断待ちをしている地元の人に付いて渡るようにするとよい(特に断る必要はなく、すっと後ろなり横にくっ付いて一緒に渡ってしまう)。地元の人は歩行者などお構いなしに突っ込んでくるバイクの見切りに慣れているので、我々が独自に判断するより彼らのタイミングに合わせて動いたほうがはるかに安全である。また、もし可能であれば、1人ではなく、何人かで道を渡ろうとしている人たちの中に紛れ込んでしまうこと(多数の人の判断が働くほうがより安全だから。1人の場合には、人によってかなり無理な渡り方を試みようとしている場合もあるので)。
  • 人だかりが交通の妨げになることを防ぐため、公共の場で喧嘩したり、そのきっかけを作ると旅行者でも罰せられる。罰金は50万ドン(¥3,200程度)。
  • ベトナムは国際運転免許に関する条約には加盟していないため、運転にはベトナム政府発行の運転免許が必要。無免許運転は懲役3年~10年という重罪である。
  • 軍事関連の写真撮影は、厳禁されている
  • ベトナムは中国や北朝鮮などと同様、共産党による独裁体制を敷いているので、共産党に対する批判は厳禁されている。また、故ホーチミン主席に対する批判も厳禁。

健康を保つ[編集]

食堂によっては衛生状態の悪いところもある。特に屋台のものは注意。食べて下痢をすることがある。

マナーを守る[編集]

儒教文化であり、高齢者または年長者は尊重される。旅行者としても、失礼のないようい心がけたい。

ハイビスカスは現地で頭が悪いとかバカにする印象があり、他人などにハイビスカスを贈ると大抵嫌われる可能性がある。

連絡する[編集]

Wikitravel Extra Logo
ベトナムに関連する情報がウィキトラベル・エクストラにあります。[3]
Wikitravel Shared Logo ベトナムに関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

国際電話[編集]

日本→ベトナム
00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 84 (ベトナムの国番号) - x (0を除いた市外局番) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。日本#国際電話も参照。
  • 001 KDDI (固定電話)
  • 0033 NTTコミュニケーションズ
  • 0041 ソフトバンクテレコム
  • 0046 ソフトバンクモバイル
  • 005345 au
  • 009130 NTTドコモ
ベトナム→日本
00 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。

携帯電話[編集]

異なる番号を持つ多数の携帯電話会社がある。

  • Vinaphone:91, 94, 121, 123, 125 (GSM 900)
  • Mobifone:90, 93, 122, 124, 126 (GSM 900/1800)
  • Viettel:98, 97, 165, 166, 167, 168, 169 (GSM 900)
  • SFone:95 (CDMA)
  • Vietnamobile:92 (CDMA)
  • EVN Telecom:96 (CDMA)
  • Beeline:199 (GSM 900)

各携帯電話販売店または直営店にてSIMカードを購入できる。標準価格は75,000ドン以下であるが、外国人は、たいていVND100,000である。

プリペイド契約は毎分VND1,700〜VND2,500の料金となる。リチャージカードは、額面VND50,000、VND100,000、VND200,000、VND500,000の4種類が利用可能である。

ベトナムのGSMネットワークのローミングは、オペレーター同士の合意に依存するが、外国の携帯電話で可能である。

インターネット[編集]

インターネットの接続は、人里離れた町も含めてすべてで可能である。インターネットカフェは、ほとんどの観光地に設けられ、料金は1時間あたりVND2,000〜VND10,000の範囲で、かなりお得である。接続速度は、大都市を中心に高速である。

多くのホテルやレストランでは、利用者向けに無料のWi-Fiまたは端末の提供を行っている。携帯電話またはラップトップコンピュータを持参した場合、いくつかのプロバイダーは、同様のサービスとして、モバイル・インターネットサービス (EDGE/3G) の提供を行っている。

インターネットの検閲は、少数のインターネットサービスに行われている。2010年8月の時点で、フェイスブック (Facebook) はまだ遮断されているが、モバイルは接続可能である。2010年9月になり、通常のインタネット接続でフェイスブックに接続できるようになる。関連するソフトを利用した迅速なグーグル検索は、禁止を回避することに役立っている。また、通信会社は、禁止は明らかに解除されたはずだが、Skypeの使用を遮断していると報告がなされている。Gmail、Youtube、ウィキペディアのような他のサイトは影響を受けていないように思われる。



変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト