何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ベイルート

提供: Wikitravel
アジア : 中近東 : レバノン : ベイルート
移動: 案内検索
内戦の爪痕が残るビル

ベイルート は地中海に面したレバノンの首都。


分かる[編集]

概要[編集]

かつては地中海リゾートとして有名で、「中東のパリ」と呼ばれていたが、1975年に宗教上の対立や中東紛争の影響から内戦が勃発。街がイスラム教地区(西側)とキリスト教地区(東側)に分裂して激しい戦闘が繰り広げられ、街の半分以上が瓦礫と化した。

1991年の内戦終結以後、街は徐々に復興してきており、繁華街なども往時の賑わいを取り戻してきている。ただ、グリーンライン(東西の分割線)だった市中心部のダマスカス街道沿いなど、街のところどころに砲弾で蜂の巣状にされた建物がまだ残されたままとなっている。

2006年7月に始まったイスラエル軍のレバノン侵攻により、ベイルートも一時空爆に晒された。特にシーア派住民が集中し、ヒズボラ関連施設の多い市南郊(ダーヒヤ・ジャヌーベイヤ)は激しい空爆でガレキの山となった。そのほかの地域での空爆被害は少ないが、港湾施設などいくつかの建物が被弾したほか、北部ジュニエなどで高速道路などが壊され、通行不能となる被害が出た。8月14日の停戦以後、街は再び落ち着きを取り戻したが、その復興までには時間がかかるものと思われる。

気候[編集]

ベイルートの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)13.113.415.017.920.423.225.726.525.322.718.214.519.7
降水量 (mm)190.9133.4110.846.315.01.50.30.42.360.2100.6163.8825.5
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

市の南側、海岸近くにベイルート国際空港がある。空港からハムラなどの市街へはタクシーで30分、$20~25程度かかる。タクシーにメーターなどは無いので事前に乗車賃を交渉することが必須。面倒な場合はホテルを予約する際、同時に迎えを頼むと便利である。ホテルにもよるが$15~25程度のオプション料金を追加すれば迎えに来てくれる。ちなみに空港へは公共バスが乗り入れていないため、移動はタクシーかレンタカーのみとなる。各種レンタカーオフィスは空港にあるが、交通事情が劣悪なため運転に自信が無い人はやめておいたほうが無難。

列車で[編集]

内戦で鉄道網が全て破壊されてしまったため、現在利用可能な鉄道は無く、列車での入国は不可能。

車で[編集]

  • シリアダマスカスからセルビス(乗り合いタクシー)が頻発している。
  • セルビスはそのほとんどが早朝にダマスカスを出発する(ダマスカスの住人が日帰りでベイルートまで買出しに行くのによく使われるため)。このため、お昼前くらいに乗り場に行っても乗客がほとんどおらず、4~5人乗りのセルビスに客が集まるまで1時間くらい待たされることがあるので注意。
  • ダマスカスからのセルビスは市内にあるCharles Helou(シャルルヘロウ)バスターミナルに着く。そこから中心部のハムラアシュラフィーエなどへはタクシーを利用する。繁華街(ダウンタウン)は歩いて10分ほどである。

バスで[編集]

シリアの各都市よりバスが出ている。ほとんどがベイルートのCharles Helou(シャルル・ヘロウ)バスターミナルに到着する。Charles Helouバスターミナルは、ダウンタウンの中心部から歩いて10分ほどの場所にある。

船で[編集]

ベイルート港へ定期船は就航しておらず、船での入国は不可能。

動く[編集]

ベイルートは(観光という面では)それほど大きな街ではない。ハムラ、ダウンタウン(繁華街)などそれぞれの拠点内であれば徒歩で十分である。なお、拠点間の移動はタクシーか路線バスにたよることになる。

  • 路線バスの場合、市内運賃は一律1000LL、市外へ出る場合は行き先により異なる。LCCという民間バス会社のバス路線図[1]はハムラ地区にある観光案内所で入手できる。時刻表などはないが、7:00~17:00の間、5分~30分おきに走っている(路線による)。基本的には路線上であればどこでも乗れ、どこでも降りられる。運賃は前払いで前から乗る。たまに車内改札があるのでレシートは取っておくこと。
    LCCのバス
  • ベイルート~トリポリ間にはフランス系のバス会社であるConnex(現在はVeolia Transportに改名)[2]

が長距離バスを運行している。料金は片道4000LL。ベイルートのCharles Helou(シャルル・ヘロウ)バスターミナルから乗れる。

  • ベイルート~バールベック間は多数のセルビス(ワゴンタイプ)が走っており、片道5000LL程度。ベイルートのCola(コーラ)にあるセルビス乗り場で乗ることができる。
  • ベイルート~サイダ間は多数のセルビス(ワゴンタイプ)が走っており、片道4000LL程度。ベイルートのCola(コーラ)にあるセルビス乗り場で乗ることができる。サイダからさらにティールへいく場合はサイダで乗り換える。
  • 流しのタクシーは市内は基本的に8000LL~。事前に交渉が必須で、運賃は基本的に後払い。
  • セルビス(乗り合いタクシー)は市内2000LL~。(原油価格の高騰により、現在は1000LLでは乗れない)事前に交渉が必須で、運賃は基本的に前払い。
  • 予約タクシーの場合は10000LL~となる。予約タクシーはAllo Taxi(01-366661)が最大手で運転手が英語を話せる。Allo Taxiだと市内から空港まで流しやホテルのタクシーよりも安く行く事が可能。電話で前もって運賃が分かるので予約の際に確認のこと。
  • タクシーは通常チップ不要。ただし、1日ハイヤーを雇う際には20000LL(15米ドル)程度チップを最後に払う事。半日の場合は10000LL程度。

観る[編集]

コルニーシュ  
地中海に面した通りのことで、海岸沿い数kmにわたって広い歩道が整備されている。朝夕は散歩に訪れた多数の市民で賑わっており、またそれに合わせるように多数の屋台や行商人があらわれる。散策を楽しんでいると、たまに大道芸人がウードを演奏しているのを聴けたりもする。歩き疲れたときに屋台でコーヒーを買い、ベンチに腰掛けて潮風に吹かれながら飲むのもまた格別である。ベイルートは大して見るところもないので、この街に数日も泊まっていると、そのうち1日に1~2度は必ずここを訪れるようになる。
 所在  地中海の海岸沿い。中心街のハムラからは歩いて1~2kmくらい。
コルニーシュ


鳩の岩  
市街から3~4kmほど、コルニーシュに沿って南側に歩いていった先にある鳩の形に似た岩で、どの旅行ガイドにも必ず載っている。ただ実際見た感じはかなり大きな岩である以外、別にどうということはない。朝夕の散歩の際に折り返し地点の目印になる。
 所在  地中海の海岸沿い。中心街のハムラからは歩いて1~2km、20分くらい。
鳩の岩


繁華街(Down Town)  
かつて内戦で灰燼に帰した繁華街が現在では見事に復興している。ただ何もかも全てが新しい分、何か映画のセットを見ているようで、正直なところあまり観光的な面白みはない(ちょうど70年代のベイルートの絵葉書がそこで売られていたが、絵葉書にあるような、「古きよき時代」の街の面影は全くといっていいほど残っていない)。ショッピングモールやレストランもそろっているが、ハムラなどに比べると値段がやや高めのように感じる。
 所在  地中海の海岸沿い。中心街のハムラからはタクシーあるいは4番線のバスで15分程度。タクシー運転手にDown Townと言っても通じない場合は"Solidere(ソリデール)"と言うと良い。繁華街一体は故ハリーリ首相が所有するSolidereという巨大ゼネコン会社が再建・管理しているため、Solidereと言えばたいてい通じる。
繁華街(Down Town)

遊ぶ[編集]

遊園地[編集]

Habtoorland(ハブトゥールランド)  
ベイルート郊外の山の上にある、フェニキア人をマスコットキャラクターにした中東初の大型テーマパーク。15米ドルで乗り放題のチケットがある。
 所在  ウェブページを参照  電話  +961 5 76 88 88  WEB  [3]
 営業時間  毎週月曜日はメンテナンスのため休業。詳細はウェブページを参照。  料金  入場+乗り放題$15、入場のみ$10(入場のみのチケットはレストランのミールクーポンとして利用可能。)


Beirut Luna Park(ベイルートルナパーク)  
ベイルートのコルニーシュ(海岸通り)にある、小さな遊園地。観覧車が目印。どの乗り物も1ライドLL1000(≒80円)で乗れる(2006年6月時点)。
 所在  コルニーシュ、Mediterranee Hotel前  電話  ?  WEB  [?]
 営業時間  夏季のみ営業。14:00~22:00くらいまで  料金  1ライドLL1000

映画館[編集]

ベイルートには映画館が多数あり、どこでもLL10,000~LL11,000程度で鑑賞可能。映画館の中にはその日の最初の回(アーリーショー、通常昼過ぎの12時~2時半頃開始)はLL7,000に割引となる所もある。現在上映中の作品の上映時間および映画館の検索は以下のウェブサイトで可能[4]

ボーリング・ゲームセンター[編集]

Verdun(ヴェルダン)地区にある、Holiday Inn Dunesホテルの地下にボーリング場およびゲームセンターがあり。

学ぶ[編集]

働く[編集]

レバノンでは日系企業が皆無に等しい上、現地の企業においても、若者の失業率が高く職が無いレバノンでは働く機会はまずないと考えて良い。どうしても働きたい場合は住み込みのメイドとして働き、雇い主に雇用ビザのスポンサーになってもらう方法がある。但し、メイドの月給は200ドル程度が相場であり、薄給激務なためフィリピン人、スリランカ人が多い。ベイルートには日本食レストランが多いが全てレバノン人経営によるもので、ウエイトレスや板前は人件費の安いフィリピン人であるため日本人は雇ってもらえない。現地に店を出して自分で経営する方法もあるが、法律上100%外資は認められていないので現地の信頼できる共同経営者を見つける必要があり、大変困難である。

買う[編集]

レバノンでは国の通貨がレバノンポンド(LBP)(注:別名レバノンリラという言い方も一般的に使用されており、その場合はLLと略されている。)であるため当然価格表示は全てレバノンポンド表示だが、米ドル紙幣も使用でき、1ドル=1500レバノンポンドとして計算されている。ドルを渡しても自動的にそのレートで計算されたレバノンポンド紙幣がお釣りとして返ってくるため特に両替は不要。しかし実際の為替レートは1ドル≒1510ポンドなので、高価な物を買う時などはできれば市内の銀行でドルからレバノンポンドへ両替しておいたほうがお得。空港内のビブロス・バンク空港支店はレートが悪いのであまり利用しないほうが良い。市内のハムラ地区の銀行がおすすめ。

また、クレジットカード(Visa, Master)も小さな店を除きどこでも利用できる。カードの場合は自動的に米ドル決済(1ドル=1500レバノンポンドとして計算)となる。 市中の銀行ATMでクレジットカードや国際キャッシュカードでキャッシングする場合も、米ドルで引き出すこととなる(ATMによっては選択ボタンによって現地通貨のレバノンポンドでも引き出し可)。

ただし米ドルのトラベラーズチェックは利用できる店が殆ど無く、高級ホテルで支払いに使える程度。ベイルート市内のアメックスセンターで米ドルのトラベラーズチェックを現金化する場合、一定額の手数料(2%程度)を取られる。トラベラーズチェックの方が現金より換金レートが良く設定されているものの、現金に戻す場合には結局手数料でその分が相殺されるか、実際の手取り額が少なくなってしまうので、できれば最初からドルキャッシュを持っていった方がよい。

市内で流通している米ドルの高額紙幣の中に、(ちょうど手形の裏書みたいに)所持者だった店や銀行の名前がいくつもスタンプで押されているものを見かけることがある(これは偽造したものではないよ、ということを担保するためのものである。もちろんこのような紙幣もレバノン国内および多くの中東地域ではきちんと使用できる。ただし、日本および他の国ではスタンプの押された米ドル札は両替を拒否されることがあるので注意。)

タクシーやセルビスは運賃がレバノンポンドで、米ドルや高額なレバノンポンド紙幣だとお釣りが無いことが多いので両替の際、銀行で1000や5000レバノンポンド札を多くもらうとよい。

書店[編集]

Librairie Antoine  
レバノン最大手の書店。Hamra(ハムラ)に本店がある。Ashrafieh(アシュラフィーエ)地区にあるデパート・ABCの中に入っている店舗が最大規模で、洋書、ミシュランマップ、ガイドブックなどもある。まずここへ行くと良い。
 所在  ABC内、Sassine Square, Ashrafieh, Beirut  電話  +961-1-212888  WEB  [5]
 営業時間  ?  値段  


Virgin Megastore Lebanon  
洋書・海外雑誌の品揃えが良い。各種コンサートのチケットも販売している。
 所在  Opera Building, Martyrs' Square, Downtown, Beirut  電話  +961-1-999777  WEB  [6]
 営業時間  ?  値段  

ショッピングモール/デパート[編集]

CityMall  
Daura(ダウラ)地区にある最新かつレバノン最大規模のデパート。食品も扱う。
 所在  14 Dora Highway, Sad el Bauchrieh, Nahr el Mott, Beirut  電話  +961-1-889602  WEB  [?]
 営業時間  ?  値段  


ABC  
郊外のDbaye(ドバイエ)地区に本店があるデパート。資生堂など日本の化粧品もあり。Dbaye本店の隣には大手スーパーSpinney'sの本店がある。Ashrafiehに最大規模の店舗がある。
 所在  Dbaye / Ashrafieh  電話  Dbaye: +961-4-416000, Ashrafieh: +961-1-212888  WEB  [7]
 営業時間  ?  値段  


Dunes Commercial Center  
Holiday Inn Dunesホテルと同じ建物にあるショッピングモール。また、ホテル近くの通りも店が多く並んでおり一大高級ショッピングエリアを形成している。
 所在  Verdun Street, Beirut  電話  +961-1-785310, +961-1-785311  WEB  [8]
 営業時間  ?  値段  


Boulevard Shopping Mall  
ベイルート郊外にある、ペルシア調のテーマ型大型ショッピングモール。
 所在  Sin el Fil, Beirut  電話  +961-1-500666  WEB  [9]
 営業時間  ?  値段  


Virgin Megastore Lebanon  
CD、DVD、書籍のほか電化製品、パソコン機器類も扱う大型ストア。各種コンサートのチケットも販売している。
 所在  Opera Building, Martyrs' Square, Downtown, Beirut  電話  +961-1-999777  WEB  [10]
 営業時間  ?  値段  

フリーマーケット[編集]

Souk Al Ahad(スーク・アル・アッハド)=アラビア語で「日曜市」という意味  
ベイルート郊外のSin El Fil(シン・エル・フィル)地区で毎週日曜日に開かれる巨大フリーマーケット。様々な店が出店しており、日用雑貨、服、海賊版DVD、CD、ペット、金魚、骨董品まで様々な物が格安で手に入る。中には、びっくりするような掘り出し物があることも。屋外のため夏場は暑く、熱中症に注意。また、客の多くは出稼ぎのシリア人やエジプト人、フィリピン人等で、中にはスリがいる事もあるためバッグなどは持たずに質素な格好で行くとよい。
 所在  Sin El Filハイウェイの高架下、ベイルート川に隣接(タクシー運転手にSouk Al Ahadといえばたいてい知っているので自動的に連れて行ってくれる)  電話  ?  WEB  [?]
 営業時間  毎週日曜日 朝10時ごろ~夕方まで  値段  
Souk Al Ahad(スーク・アル・アッハド)=アラビア語で「日曜市」という意味

食べる[編集]

市内のファーストフード店などで「サンドウィッチ」のメニューを注文すると、大概はアラブ風のパン(パン種を使わない薄く平べったいパン)で具を巻いた筒状のものが出てくる。同じ「サンドウィッチ」という言葉を使っていても、出てくる物はしっかりと中東化 (?) している。日本で言う白い食パンで具を挟んだサンドイッチは「フレンチサンドウィッチ」と言い、下に挙げてあるSmith's Supermarket等で販売している。ただし日本と異なり食パンの耳がカットされていない。

安食堂[編集]

Talal's New HotelのあるGemayze (ジュマイゼ) 地区にある、Le Chefという食堂では$5~10程度で食べられる。その他、Hamra(ハムラ)地区に近いAmerican University of Beirutの前のBliss Streetに学生向けの安い食堂がたくさん並んでいる。前払いのファーストフード方式のレストランではチップは不要。後払いの場合は請求書の代金プラス1000ポンド~3000ポンド程度を目安にチップを置けば良い。

中級[編集]

Down Town(ダウンタウン)地区にはおしゃれな中級~高級レストランが多く並んでいる。中級レベルだと夕食はチップ込みで1人25米ドル~35米ドル程度かかる。チップは請求書の10%を目安に置くとよい。

高級[編集]

Ashrafieh(アシュラフィーエ)地区にあるIngilizi Street(英国通り)には高級レストランが多くある。また、海岸通り沿いにあるPhoenicia Intercontinental Hotelという高級ホテル近辺にも高級レストランが多くあり、シーフード料理を中心に店を出している。その他、各高級ホテルの中に高級レストランが集中している。 高級レストランは予約必須で、服装も気を使いたい。一人当たりチップを含めて45米ドル~90米ドル程の予算を見ておけば良い。セットメニューが大抵あるので、それを頼めば大体1人50米ドル程度で済む。チップは請求書の金額に加え、10%~15%程度を目安に切りのよい数字になるように加えれば良い。(例: 二人で89米ドルの場合、100米ドルを出してお釣り不要とする。)

飲む[編集]

Ashrafieh(アシュラフィーエ)地区にあるMonot Street(モノストリート)には各種バー・パブが集中しており、外国人も多い。値段は一杯10000LL~。

以下のサイトで情報収集可能。

泊まる[編集]

ベイルートに建設中のヒルトンホテル

国家収入の殆どを観光で得ているレバノンには多数のホテルがあり、首都ベイルートの海岸通りに集中している。主要なインターナショナル高級ホテルチェーンは殆ど揃っており、2006年11月現在、フォーシーズンズとヒルトンホテルが建設中である。


安宿[編集]

Talal's New Hotel  
日本人や欧米人バックパッカーの溜まり場となっており、日本語の情報ノートもある。ベイルート一の繁華街であるダウンタウンのすぐ近くで、交通も便利。
 所在  Charles Helou(シャルル・ヘロウ)バスターミナルから歩いて3分  電話  -  WEB  [11]
 時間    料金  シングル$15、ドーミトリー$6

中級[編集]

高級[編集]

最高級[編集]

コモドール (Le Commodore Hotel)  
ベイルートのハムラ地区にある最高級ホテル。旧名称はスターウッド系列のメリディアン。ホテル内に日本料理店「紅花」(ベニハナ)がある。ホテルの近くにスーパーマーケットや食堂、ネットカフェなどがあり、ロケーションに恵まれている。
 所在  Commodore Street P.O. Box 11-3456 Riad El Solh, Beirut 1107 2140 Lebanon  電話  +961 1 734 734
 FAX  +961 1 345 806(7)
 WEB  [12]
 e-mail  [13]
 時間    料金  US$200~。

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

  • 水道水は飲めないので、ホテルに滞在する場合も近くのスーパーで500mlのミネラルウォーターのペットボトルを何本か買っておくとよい。ボトルに直に口をつけて飲んでしまうと短時間のうちに雑菌が繁殖して食中毒の原因となるので(夏場は特に)一度開けて口をつけたらすぐに飲みきる事。
  • 夏場はレストランなどで食中毒が頻繁に発生するため6月~9月は特に注意。夏場は魚介類は避けること。キッベ・ナイーエというネギトロのように生肉をすりつぶした地元の料理があるが、同様に衛生面から夏場は避けたほうが賢明。
イスラエルの攻撃により全壊した建物
  • レバノンには日本人が殆どおらず、アジア人はフィリピン人メイドや中国人シェフくらいしかいないため、女性は特にフィリピン人や中国人に間違われる事が多い。間違われても侮辱されたと思って相手を罵倒しないほうが賢明。(日本人が白人を見て区別ができないのと同様)単にアジア人の区別が出来ず悪気は無い場合が殆どであるし、銃器を持っている場合があるので相手を罵倒して挑発するのは大変危険である。
  • 夜の女性の一人歩きは危険なので避ける事。
  • 女性一人で流しのタクシーやセルビスに乗るのは運転手・同乗者のセクハラを受けることが多いためできれば避けたほうが良い。また、流しのタクシーやセルビスは英語が通じないことが多い。マナーのきちんとした英語の通じるAllo Taxi等の予約タクシーの利用がおすすめ。流しのタクシーに乗る場合、前の助手席は避けること。運転手にセクハラされる事がある。
  • 男女問わず、セルビス(乗り合いタクシー)で同乗者に財布等を盗まれる事件が時々あるため注意が必要。
  • 何でもサービスを受ける前に必ず値段の確認・値段交渉を済ませておくこと。事後の確認・交渉だとぼったくられる可能性が非常に高く揉める原因となる。特にタクシーは注意。
  • 2006年7月上旬~8月下旬まで続いたイスラエルの攻撃により、ベイルート南部郊外は破壊された建物が多く残っており、倒壊の危険がある。特にベイルート南部郊外のHaret Hreikにはイスラエルに攻撃され倒壊した建物が多く残っているが、入るにはヒズボラから許可を得る必要がある。地区の入り口周辺には、ヒズボラの警備員が立っており、住民以外の動向を監視している。勝手に建物を撮影したためヒズボラに拘束・尋問された日本人もおり、注意が必要。全般的に、廃墟となった場所はアスベストや粉塵が舞い散っており健康被害の恐れがあるためむやみに近づかないほうが良い。
  • 軍事関係の建物・戦車およびレバノン軍兵士、UN(国連軍)兵士を許可無く撮影することは禁止されており、勝手に撮影すると逮捕・拘束されることがある。
  • 様々な宗教が混在し、政治的・信条的に根深い対立が続いているため宗教に関する話題は公の場ではタブーである。個人的に親しくなったレバノン人に信仰する宗教が何であるを聞かれた場合のみ答えれば良い。特に信仰が無い場合には「仏教徒」と答えるのが無難。無宗教、あるいは神道のように多神教を信じると答えると軽蔑される事がある。

暮らす[編集]

  • 在レバノン日本国大使館 所在  Serail Hill Area, Army St., Zokak El-Blat  電話  (+961-1) 989-751~3  WEB  [14]

スーパー[編集]

Smith's Supermarket
  • Smith's Supermarket — ハムラ地区の端の警察署近くにあるスーパー。オンラインで購入でき配達してくれる。カップラーメン、うどんなどの日本食あり。  WEB  [15]
  • Bou Khalil HyperMarket — はとの岩に割と近い場所にあるスーパー。カップラーメン、うどんなどの日本食あり。  WEB  [16]
  • Spinney's — Ashrafieh等、店舗が多数あるレバノンで最も有名な総合大型スーパーの一つ。
  • Monoprix — 空港近くのJnahに本店があるフランス系の総合大型スーパー。Ashrafieh、Hamra近くのConcord Square等にも支店あり。
  • CityMall — Dora地区にある最新かつレバノン最大規模のショッピングモール。食品も扱う。
  • Co-op — 生協。ハムラ地区のMarble Tower Hotel前にも店舗がある。
  • Goodies — Verdun地区にある高級スーパー。ドバイにも支店がある。

美容院[編集]

Jackyo (ジャッキョー)  
ニューヨーク及びロンドンで修行した腕のよいアルメニア人美容師が欧米や日本で流行のヘアにカットしてくれる。メンズカットも得意でメンズヘアカタログ有り。腕前は日本のヘアサロンと比べても遜色ない。ネイルアートも行っている。要予約。
 所在  Ashrafieh(アシュラフィーエ)地区のSassine Square(サスィーン・スクエア)近く。(Byblos Bankのある通り)  電話  01-200403  WEB  [17]
 時間    料金  メンズカット$17~(チップ除く)。
Jackyo

出かける[編集]

外部リンク[編集]

  • レバノン観光省の公式ウェブサイト[18]
  • レバノンの観光地の案内が360度の立体映像で見られる情報サイト[19]
  • レバノン国内のコンサート・展示会などのイベント情報サイト[20]
  • レバノン国内の新聞社へのリンク集[21]
  • レバノンのユニークな国内ツアーの紹介[22]
  • レバノン最大手の旅行会社。国内日帰りツアーを多数催行。[23]


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト