何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ブレーメン

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
市庁舎と大聖堂(マルクト広場)

ブレーメン (Bremen) はドイツ、ブレーメン都市州として独立した都市であり、ニーダーザクセン州に囲まれている。


着く[編集]

飛行機で[編集]

ブレーメン空港 (IATA: BRE) へは、フランクフルト国際空港 (FRA) 、ミュンヘン国際空港 (MUC) 、シュトゥットガルト空港 (STR) からルフトハンザの国内便があるほか、パリ(シャルル・ド・ゴール空港、CDG)やアムステルダム(スキポール空港、AMS)、コペンハーゲン国際空港 (CPH) 、ブリュッセル国際空港 (BRU) などからの国際便がある。日本からの直行便はない。

ライアンエアのハブ空港であり、アイルランドイギリスイタリアスウェーデンラトビアなどからの国際便もある。

ブレーメン空港からブレーメン中央駅までトラム6番で約17分。

列車で[編集]

ブレーメン中央駅の通勤列車

ミュンヘン、フランクフルトからライン川ルートを経て、ケルンデュッセルドルフドルトムント、ブレーメン、ハンブルクに至るICEがある。ミュンヘンからの所要時間は6時間弱。ハンブルクおよびハノーファーからはIC/ICEで1時間。ベルリンからはハンブルクもしくはハノーファー乗換えで約3時間(右画像はブレーメン中央駅の通勤列車)。


車で[編集]

アウトバーン1号線で北はハンブルク、南はミュンスターやケルン方面から直接ブレーメンに来ることができる。

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

トラム

市内はトラムが充実しているが、ブレーメン中央駅から市内中心部程度なら徒歩で移動可能。均一料金で乗車1回2.2EURO(1EURO=¥135計算で約¥300、2009年現在)。バス・トラムの一日乗車券は5.9EURO(同約¥800、2009年現在)なので、3回以上乗る場合はこちらの方が得。トラム内で乗車券を購入することも出来る。 トラムは、約1時間間隔であるが深夜も走っており便利である。

バスで[編集]

足で[編集]

街の主要ポイントは徒歩で観光可能である。

観る[編集]

旧市街  
旧市街の城壁は取り壊され、堀跡が帯状の公園になっている。内部がカフェテリアに改装された風車もある。


駅前広場  
駅前広場に日本式の赤い鳥居がある。これは広場に面して建つ海外文化の博物館の施設の一部。
ブレーメン中央駅


市庁舎  
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  


ブレーメンの音楽隊の像  
グリム童話で有名な「ブレーメンの音楽隊」(Bremer Stadtmusikanten) をイメージした銅像である。物語では動物たちはブレーメンを目指していたが途中で泥棒を驚かせて追い出し、その家に住み着いたことになっているので、ブレーメンには到着していないのだが。このほか本屋の店先に読書する音楽隊の動物の像があるなど、随所で活用されている。
 所在  市庁舎横。
ブレーメンの音楽隊の像


ベットヒャー通り  


シュノア地区  

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

ベックス (ビール)  
世界的に有名なビール、ベックス発祥の地である。ベックス社の別ブランド「Haake Beck」が醸造する地ビール「Kräusen」はブレーメンでしか飲めない。

泊まる[編集]

中央駅北側メッセ奥の公園にパークホテル、市庁舎の側にヒルトンがある。ヒルトンは、ブレーメンの観光ポイントである市庁舎やベットヒャー通り、シュノア地区にも近く便利。

安宿[編集]

ユースホステルが旧市街のヴェーザー川沿いにある。中央駅から徒歩20分、市電最寄り駅からなら徒歩3分。エレベーターを備えた6階建ての近代的な建物。

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「ブレーメン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト