何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

フィジー

提供: Wikitravel
メラネシア : フィジー
移動: 案内検索

危険情報: この地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から十分注意するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2011年10月25日現在有効ですが、その後も継続・随時強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。


Leleuvia island.jpg
国旗
フィジーの国旗
位置
フィジーの位置
基礎データ
首都 スバ
政体 軍事政権
通貨 フィジー・ドル(F$)補助単位はフィジー・セント (F¢)
面積 18,270km² 水面積率: ○○%
人口 880,874人
言語 英語フィジー語ヒンドゥスターニー語
宗教 フィジー系はほぼ100%キリスト教、インド系はヒンズー教、回教。全人口に占める割合はキリスト教52.9%、ヒンズー教38.2%、回教7.8% (外務省サイトより引用)
電気 120・240V 50Hz A・B・C・O型プラグ
国際電話番号 +679
ドメイン .fj
時間帯 UTC +12


フィジー (Fiji) はメラネシア島国である。 フィジー政府観光局


地方[編集]

フィジーの地方
ビティレブ島
バヌアレブ島
タベウニ島
カンダブ島
ヤサワ諸島
ママヌザ諸島
ロマイビティ諸島
ラウ島
ロツマ島


都市[編集]

フィジーの地図

その他の旅行先[編集]


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

年間を通じて気温にあまり変動がない。10月頃~4月頃にかけてが雨季にあたり、特に1月~3月にかけて年間降水量の半分くらいの降雨がある。

参考:ナンディの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)26.726.926.625.824.623.723.123.323.924.925.826.425.1
降水量 (mm)330.3288.6325.1162.491.964.343.967.479.5102.1132.0186.21,873.7
データ出典

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC +12)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て翌日の日付。

教育[編集]

フィジーは学校では、英語を国語とする国である。幼稚園から英語を公用語として教育が行われる。特別な行事を除いて、法律により英語以外の言語を学内で使用することが禁じられている。しかし、日常的には各民族の言葉が使われている。完全にイギリス式カリキュラムを採用しており、8年制の初等教育(クラス1−8)、4年制(フォーム3−6)の高等教育を経て、1年のユニバーシティープリパレーション(フォーム7)の後、大学に進学することができる。大学でない専門学校などにはフフォーム6修了の後、進学できる。(学校によってはフォーム7のあと)国家統一試験がクラス6、8、フォーム4、6にあり、不合格者は進級が許されない。

国内ではインド人とフィジー人の対立が残っていて、各々の国民はヒンズー語等や、フィジー語を日常的に話す。

着く[編集]

飛行機で[編集]

国際線のほとんどは、ナンディに位置するナンディ国際空港に着陸する。

日本からの直行便は存在しない。主なルートとしては、大韓航空のソウル経由、ニューギニア航空のポートモレスビー経由などがある。

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

喋る[編集]

公用語は英語

買う[編集]

フィジーの通貨単位はフィジー・ドル (F$)。2008年4月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = F$0.015F$1 = ¥67.813
$ 米ドル$1.00 = F$1.487F$1 = $0.673
€ ユーロ€1.00 = F$2.371F$1 = €0.422

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

物価[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

学ぶ[編集]

フィジーの大学は南太平洋大学、フィジー大学、専門学校としてNZPTC、FIT、TPAF、その他、外国人に英語を教えるFree Bird Instituteがあり、大学が2校しかない島国なので、教育レベルは決して高いとはいえない。

上記のFree Bird Instituteは日本人の為のスクールで、しかもダイビング目的の短期留学生は10歳代、20歳代中心。教室は小学校の空き教室を使い、講師も小学校の先生が中心、ホームステイ先はインド人家庭が多く食事が日本人に合わないことが多い。留学経験者の苦情が多いのは、検索すればすぐに分る。近くのニュージーランドやオーストラリアのスクールの教育レベルは比較にならないと言われている。

働く[編集]

地元の給料は月400〜600フィジードル(1$=70円として3~4万円)と言った所。対して物価は余り日本と変わらない物が多く、家賃や、ガソリン、光熱費等はほぼ同じ。食費は工夫次第。しかし、マンゴーが道になっていたりするのが普通の環境に加え、無農薬で元気な野菜や新鮮な魚が当たり前なので、栄養価は日本のそれとは大きく違う。

日本語は意外に色々な業界で求められており、日本政府の奨学金で日本の大学で学んだ後、こちらで就職し、スタッフに日本語を教える者も居る。デパートには日本語を話す店員がいるし、フィジー第一の旅行業界でも日本語が求められる。日本のフィジーへの旅行者の割合は5%に過ぎないが、JTBやHISの支店があり、日本人スタッフも少なくない。しかし、日系会社の給料でも月10万円あればいい所だろう。15万円にボーナス程がこちらでは最高の待遇だと思う。

交通費はバス代50円を始め、タクシーも500円など遥かに安い。狭い範囲に会社や店が集まっているので、交通費も余りかからず、その分の費用は日本よりもはなり節約出来る筈だ。

ちなみに現地の会社のマネージャーレベルで月$2,000(15万円)程で、ボーナスの制度は無い。しかし、機械や車、IT等技術がある人はもっと稼ぐ事もあるし、しかし、そういう技術がある人達はオーストラリアニュージーランド等に行ってしまう例が多い。理由は当然収入の違い。

気を付ける[編集]

健康を保つ[編集]

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

国際電話[編集]

日本→フィジー
00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 679 (フィジーの国番号) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。日本#国際電話も参照。
  • 001 KDDI (固定電話)
  • 0033 NTTコミュニケーションズ
  • 0041 ソフトバンクテレコム
  • 0046 ソフトバンクモバイル
  • 005345 au
  • 009130 NTTドコモ
フィジー→日本
00 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。


この記事「フィジー」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト