何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

パムッカレ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
パムッカレ

パムッカレ(Pamukkale)は、トルコ西部にある丘陵地、遺跡である。「ヒエラポリス・パムッカレ」として世界遺産に登録されている。

着く[編集]

飛行機で[編集]

近隣の都市であるデニズリに空港があり、イスタンブールからデニズリに毎日2便運行されている。

列車で[編集]

デニズリまでイズミルから定期便がある。

車で[編集]

バスで[編集]

デニズリへはイスタンブールなどトルコ各地からバスが運行されている。バスでは水やホットドリンク、軽食のサービスも用意されている。デニズリからパムッカレは20kmほど離れており、ミニバスが運行されている。

ドルムシュで[編集]

ドルムシュという乗合タクシーがデニズリから運行されている。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

10〜15分ほどで全てのスポットを歩いて回る事が出来る。

観る[編集]

パムッカレ  
石灰岩から発生した炭酸カルシウムを含む地下水が温泉となって丘陵の各地から湧き出ており、棚田の様な景観を作り出している。


ヒエラポリス遺跡  
パムッカレの丘陵地の最上部にかつてローマ帝国の温泉保養地であったヒエラポリスが存在し、現在は劇場や浴場などの遺跡が残っている。

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「パムッカレ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト