何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

パプアニューギニア

提供: Wikitravel
オセアニア : パプアニューギニア
移動: 案内検索

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航の是非を検討するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2010/12/6現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。


Mt Hagen Cultural Show
国旗
パプアニューギニアの国旗
位置
パプアニューギニアの位置
基礎データ
首都 ポートモレスビー
政体 立憲君主制
通貨 パプアニューギニア・キナ (PGK)
面積 462,840km2
水面積率: 2.2%
人口 5,420,280人
言語 英語トク・ピシン語、ヒリ・モツ語
宗教 主にキリスト教徒多数、祖先崇拝等伝統的信仰も根強い。(外務省サイトより引用)
電気 240V 50Hz O型プラグ
国際電話番号 +675
ドメイン .PG
時間帯 UTC +10


パプアニューギニア (Papua New Guinea) はオセアニアにある国。


地方[編集]

パプアニューギニアの地図

都市[編集]

その他の旅行先[編集]


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

参考:マダンの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)27.227.127.127.127.126.926.726.726.727.227.327.227.0
降水量 (mm)329.6330.2307.0407.1390.6201.5142.8101.7118.9243.9286.3415.93,275.5
データ出典

祝日[編集]

時差[編集]

日本との時差は1時間。サマータイム制度はない。

時差早見表 (UTC +10)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 0

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て翌日の日付。

着く[編集]

飛行機で[編集]

首都のポートモレスビー発着の国際線がある。

運航会社は以下のとおり。

日本からは成田からの直行便が至便。所要6時間25分。

  • 成田 ~ ポートモレスビー - ニューギニア航空(週2便)。
  • ケアンズ ~ ポートモレスビー - ニューギニア航空(毎日2便、カンタス航空とのコードシェア便)、エアラインズPNG(毎日1便)。
  • ブリスベン ~ ポートモレスビー ー ニューギニア航空(毎日1便)、エアラインPNG(週3便)、パシフィック・ブルー(週3便、エアラインズPNGとのコードシェア便、2008年11月6日より運航予定)。
  • シドニー ~ ポートモレスビー ー ニューギニア航空(週2便、カンタス航空とのコードシェア便)。
  • シンガポール ~ ポートモレスビー ー ニューギニア航空(週1便)。
  • 香港マニラ ~ ポートモレスビー ー ニューギニア航空(週1便)。

列車で[編集]

パプアニューギニアに鉄道は無い。

車で[編集]

インドネシアとの陸路があるが、国境の入国管理事務所の業務時間が不明のため、極めて一般的なルートではない。

バスで[編集]

インドネシアとの陸路があるが、旅行者向けのバスは無く、現地居住者のバスに関する情報も無いため、極めて一般的なルートではない。

船で[編集]

パプアニューギニアへの、旅客便国際定期航路は無い。

動く[編集]

飛行機で[編集]

国内の都市間移動は飛行機が主な手段。運航はニューギニア航空(PX) とエアラインPNG(CG)の2つ。エアラインPNGニューギニア航空

いずれもポートモレスビーをハブ空港として運航している。その他チャーター専門の小規模航空会社が数社ある。

ニューギニア航空は38~100席の機材、エアラインPNGは20~37席の機材で運航。概ね満席になることは少ないが、機材が小さいため、各地でお祭りが開催される時期やクリスマス前などのピーク時は数日に渡って満席便が続くこともあり、事前の予約・航空券の購入はできるだけ現地到着前に済ませておいたほうがよい。

料金
ニューギニア航空には、割引率の高い販売数が少なく予約変更等に制限があるタイプや、国際線利用者を対象としたものなど数種類がある。
エアラインPNGには、基本的に普通運賃のみの設定。

車で[編集]

タクシーはポートモレスビーに存在するが、ポートモレスビーと他都市を結ぶ道路が無いため、都市間移動には対応していない。

レンタカーは主要都市に存在するが、都市間を移動する用途には向かない。

バスで[編集]

ニューギニア島内のハイランド地方(マウントハーゲン、ゴロカ)と北部海岸エリア(マダン、レイ)との間にはハイランド・ハイウェイを利用したバスもあるが、車体は古く、車内での犯罪もしばしばあるため、旅行者向きではない。

船で[編集]

ニューギニア島から離島へ、または離島間の船は、情報が極めて少なく予約する手段も無いため、旅行者向きではない。 ただしブーゲンビル島へは航空機の定期便が運航されていないため、隣接するブカ島より船で渡ることになる。

喋る[編集]

公用語は英語トク・ピシン語 (ピジン英語)、ヒリ・モツ語。

買う[編集]

パプアニューギニアの通貨単位はキナ (PGK)。日付現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = PGKPGK1.00 = ¥
$ 米ドル$1.00 = PGKPGK1.00 = $
€ ユーロ€1.00 = PGKPGK1.00 = €

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

補助通貨としてトヤもある。(1キナ=100トヤ)

物価[編集]

ほとんどのものを輸入に頼っている。この為他の南太平洋諸国と同様に物価は高めである。

食べる[編集]

飲む[編集]

ソフトドリンクはスーパーや売店で購入が可能。輸入品のほかに、ファンタ「パイナップルテイスト」などのオリジナル品もあり、缶に Made in PNG というロゴもある。

アルコールは販売箇所と販売曜日・時間が厳しく制限されており、所定の場所と日時以外では購入ができない(ホテル内を除く)。パプアニューギニア産の「サウスパシフィックビール」(通称:SPビール)が人気。レギュラー、エクスポート、アイスの3種類があり、おみやげとしても人気が高い。

コーヒーや紅茶については、特産品のひとつであるコーヒーは種類も多く、日本に輸入されている数が少ないため、珍しい味わいを楽しむことができる。またハイランド地方の冷涼な気候で育った紅茶も評判が高い。

その他にリゾートホテルのレストランでは、やしの実ジュースなど南国の観光地の定番とも言える飲み物もある。

泊まる[編集]

パプアニューギニアでは、公共交通機関が発達していないため、宿泊のホテルに空港まで迎えに来てもらうことが一般的。予約時に送迎を依頼するのがよい。

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

性犯罪が非常に多い国である。政府も国を挙げての防止活動を実施中である。女性だけの観光、特に女性の一人歩きは絶対に危険なのでしないこと。ポートモレスビー空港からの移動も信頼できるタクシーなどを使用すること。

健康を保つ[編集]

マラリア、デング熱汚染地域である。医療水準が低いので蚊に刺されないように気を付けなければならない。

マラリアにかかった場合は必ず病院で適切な治療を受けること。治療が3日遅れれば死亡する可能性が高いといわれている (ちなみに、マラリアにかかった場合、日本では我が子にも一生輸血・献血を提供することが出来ない) 。

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

国際電話[編集]

日本→パプアニューギニア
00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 675 (パプアニューギニアの国番号) - パプアニューギニア - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。日本#国際電話も参照。
  • 001 KDDI (固定電話)
  • 0033 NTTコミュニケーションズ
  • 0041 ソフトバンクテレコム
  • 0046 ソフトバンクモバイル
  • 005345 au
  • 009130 NTTドコモ
パプアニューギニア→日本
05 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。

携帯電話[編集]

都市部を中心に、携帯電話の利用が可能。携帯電話会社は2つあり、国営電話会社Telicomが運営するビー・モバイルとデジセル。B mobile(ビー・モバイル)Digicel Papua New Guinea(デジセル)

いずれもGSM900の携帯電話でSIMカードを購入することにより利用可能。B mobileは旅行者・一時訪問者用のパッケージも用意している。

日本の携帯電話のローミング パプアニューギニア国内では、NTT DoCoMoのみローミング利用が可能(B mobileのネットワークを使用)。ただし、通話とSMSのみで、i-Modeなどのパケットサービスは利用することができない。


この記事「パプアニューギニア」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト