何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ニカラグア

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
Volcan Concepcion.jpg
国旗
ニカラグアの国旗
位置
ニカラグアの位置
基礎データ
首都 マナグア
政体 共和制
通貨 コルドバ (C$)
面積 総計: 129,541km²
水面積率: 7.1%
人口 563万人 (2004年)
言語 スペイン語
宗教 カトリック教(外務省サイトより引用)
電気 120・240V 60Hz A・BF型プラグ
国際電話番号 +505
ドメイン .NI
時間帯 UTC -6


ニカラグア (NICARAGUA) は中米の国である。ニカラグアは西部で太平洋、東部でカリブ海にそれぞれ面しており、北方でホンジュラス、南方でコスタリカとそれぞれ国境を接している。


地域[編集]

ニカラグアの地方
キャピタル地方
カリビアン・ニカラグア
ノーザン・ハイランド
ノーザン・パシフィックコースト
リオ・サンファン地方
サザン・パシフィックコースト


都市[編集]

ニカラグアの地図
  • マナグア:首都。ニカラグアに旅行する際の、主要なゲートウェイのひとつ。
  • グラナダ:中米最大の湖、ニカラグア湖に面したニカラグアの古都。
  • マサヤ:民芸品で有名。
  • レオン
  • リバス:観光地ではないが、陸路でコスタリカに入る場合にキーポイントとなる町。

その他の目的地[編集]


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

  • メスティソ69%、白人17%、黒人9%、先住民族(インディオ)5%

気候[編集]

祝日[編集]

  • 1月1日:元日
  • 3月~4月:セマナ・サンタ(移動祝祭日。2005年は3月24日・25日)。
  • 5月1日:メーデー
  • 7月19日:革命記念日
  • 9月14日:戦勝記念日
  • 9月15日:独立記念日
  • 11月2日:死者の日
  • 12月8日:聖母受胎祭
  • 12月24日:クリスマス・イブ
  • 12月25日:クリスマス
  • 12月31日:大晦日

時差[編集]

時差早見表 (UTC -6)
日本の時刻01 234567891011121314151617181920212223
現地の時刻 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 012345678

※表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く[編集]

国境検問所[編集]

  • 陸路でニカラグアに入国する場合に通過できる国境検問所は以下の4つ(2005年8月現在、ニカラグア国内で頒布されている観光パンフレットの情報による)。
    • ラス・マノス (Las Manos):ホンジュラスとの国境。この国境とつながっている比較的大きな街としてはエステリがある。
    • エル・エスピーノ (El Espino):ホンジュラスとの国境。ラス・マノス同様、この国境とつながっている比較的大きな街はエステリ。
    • グアサウレ (Guasaule):ホンジュラス国境。この国境とつながっている比較的大きな街としてはレオンがある。
    • ペニャス・ブランカス (Peñas Blancas):コスタリカとの国境。この国境とつながっている街としてリバスがある。リバス自体は特に大きな街ではないが、マナグアマサヤへの中継地点となるバスターミナルがある。

パスポート・ビザ[編集]

  • 日本のパスポートを所持している人は、ニカラグア入国に際し事前にビザの取得は不要。入国時に滞在可能日数が書き込まれた入国スタンプが押され、それがビザの代わりとなる。
  • 通常、観光ビザは30日間与えられる。

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

飛行機で[編集]

国内便の主要なルートは以下のとおり。

列車で[編集]

タクシーで[編集]

  • マナグアやグラナダなど大都市内の移動はタクシーが最も便利。

バスで[編集]

  • 国内のバスルートが非常に発達しており、路線によっては数社が競合するくらいバスの本数も多い。都市間を移動する場合に最も便利。

船で[編集]

  • ニカラグアの観光地のひとつであるオメテペ島へ行く際には、最寄りのグラナダからフェリーが出ている。

喋る[編集]

  • 公用語はスペイン語。英語も中には話せる人もいるが、ほとんど通じないと考えた方がよい。簡単なフレーズだけでもよいので、多少スペイン語を覚えておくと、旅の自由度がぐんと増す。

買う[編集]

民芸品

ニカラグアの通貨単位はコルドバ (C$)。2008年1月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = C$0.175C$1.00 = ¥5.73
$ 米ドル$1.00 = C$18.90C$1.00 = $0.053
€ ユーロ€1.00 = C$27.90C$1.00 = €0.036

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

  • 国際空港でも、休日の夜に到着すると、銀行が閉まっていて両替ができないことがある。また、規模の小さな宿などでは、手持ちのコルドバ(C$)がないと、両替を頼んでも応じてもらえないことがある。
  • 町のマーケットなどに両替商がいて、声をかけてくることがある。マナグアのような大きな町でも両替可能な場所はそれほど多くなく、また両替商のレートも公定レートとさほど変わらないので、声をかけてきたときある程度の金額(20$-30$)を替えておくとよい。

値段[編集]

食べる[編集]

宿の朝食
  • 他の中米諸国同様、調理用のバナナ、フリフォール(黒豆)、チーズ(塩味で発酵の進んでいないもの)などがよく食べられる。
  • マナグアなどの大きな町には、本格的なスペイン料理を出すレストランもある。


飲む[編集]

  • フレッシュジュース — ニカラグアはフレッシュジュースの種類が豊富なことで知られており、その中でもマンゴー、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、メロンなどが特に有名である。

泊まる[編集]

  • 大きな町であれば、安宿から高級ホテルまでいろいろなクラスのホテルがある。
  • 中級以上のホテルの場合、代金はUS$での支払いとなるケースが多い。
  • 中級クラスのホテルであっても、英語が通じないことが多い。

学ぶ[編集]

  • グラナダなどの都市には外国人向けのスペイン語学校があるようである(受講者の希望に応じてホームステイの手配もしてくれる)。

働く[編集]

気を付ける[編集]

  • 警察:118番
  • 首都マナグアの旧市街は治安が悪く、昼間でも気をつけて歩く必要がある。
  • 地方都市の治安は比較的よい。ただし、一部の地方には内戦が行われていた頃の武装勢力の残党がまだ残っており、治安悪化の原因にもなっているようである。
  • 首都は基本的に散策ができる都市ではない。市場も十分注意する必要がある。

健康を保つ[編集]

マナーを守る[編集]

  • 教会へ入る際はノースリーブやホットパンツなどの軽装は避ける。

連絡する[編集]

番号案内[編集]

  • 112:国内
  • 114:海外

国際電話[編集]

日本→ニカラグア
00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 505 (ニカラグアの国番号) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。日本#国際電話も参照。
  • 001 KDDI (固定電話)
  • 0033 NTTコミュニケーションズ
  • 0041 ソフトバンクテレコム
  • 0046 ソフトバンクモバイル
  • 005345 au
  • 009130 NTTドコモ
ニカラグア→日本
00 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。

郵便[編集]

  • 以外にも郵便事情はよく、年末年始など以外は日本から小包を送ると1週間から10日程度で到着する。

インターネット[編集]

  • 基本的に、インターネット喫茶(ネットのみ)が発達しており、地方都市でも気軽に利用することができる。価格は、1時間1$以下で利用できる。

配送システム[編集]

外部リンク[編集]


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト