何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

トロムソ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
トロムソ中心部を対岸の北極教会前からのぞむ

トロムソ (トロムサ、Tromsø) はノルウェー北部の都市。北大西洋海流の影響で高緯度のわりに温暖なため街が発展、"世界最北の○○"がいくつも存在する。第二次世界大戦時、ナチス・ドイツ軍のノルウェー侵攻により一時的に首都がトロムソに移った。 Visittromso 英語版サイト


着く[編集]

トロムソへの交通機関は飛行機が主であるが、船でもたどり着ける。 自動車も可能だが、オスロから1700kmという距離を考慮に入れる必要がある。 鉄道は通じていないが、スカンジナビア三カ国の鉄道網からバスで接続することはできる。

飛行機で[編集]

トロムソには小規模ではあるが近代的なトロムソ空港(IATA: TOS)がある。トロムソ空港

近隣国から[編集]

スカンジナビア航空 (SAS)や格安航空会社のノルウェー・エアシャトル (NAS)がオスロから1日12便ほど運航しており、またNASはロンドンガトウィック空港からの直行便を週2便飛ばしている。スカンジナビア航空 (SAS)ノルウェー・エアシャトル (NAS)

日本から[編集]

コペンハーゲンオスロを経由するのが一般的な経路であり、昼前に成田空港を出て17時間ほどで、同日夜遅くの到着となる。ただし土曜日(季節によっては日曜日も)は同日乗り継ぎができないので、一旦上記経由地か、ロンドンフランクフルトアムステルダムなどで宿泊して乗り継ぐ必要がある。帰路は朝トロムソを出発して成田空港到着が翌日朝になる。日程がうまく合えばロンドン経由でNASのトロムソ直行便を利用するのが安価な選択肢となりうる。

空港アクセス[編集]

空港から中心市街までは非常に近くアクセスも便利である。

  • 最も安いのは路線バス40番と42番で、駐車場を横切って海沿いのバス停から中心市街へ向かう。1時間に2~3便あり、所要時間は25分ほどで、運賃は26クローネである。
  • ターミナルから市街直行の空港急行バスの「Flybussen」が1時間に1~2便ある。市街で数カ所の停留所にとまる。所要時間は20分ほどで、運賃は55クローネである。Flybussen
  • タクシーだと時間帯にもよるが120~150クローネ程度かかる。

SASはオスロ1日8往復のほかに、ボードー経由トロンハイム5往復、バレンツ海のノルウェー領スヴァールバル諸島ロングイェールビーンへ2往復、アルタ1往復も運航している。

また、SAS系列のワイドロー (Widerøe)がハンメルフェストヒルケネスなどノルウェー北部の各地への便を飛ばしているほか、ベルゲンへの直行便と夏季にはサンデフィヨルドへの便がある。ワイドロー (Widerøe)

NASは、オスロ1日4往復(うち1往復はボードー経由リュッゲ空港便)、ロンドンの他に、ボードー経由でトロンハイムへの便も運航している。このほかにムルマンスクアルハンゲリスクからも週2~3便の国際線があり、スペインなどからのチャーター便も運航されている。最新情報は文末に掲載している空港のウェブページ先を参照のこと。Fight Timetables Tromsø Airport

トロムソ行きの便はほとんどがオスロ空港(OSL)から飛ぶ。格安航空会社ではサンデフィヨルドのTorp Airport (TRF)を「オスロ」と称する場合があるが、サンデフィヨルドからトロムソへの便は夏季にWiderøeが飛ばしているだけである。NASにはボードー経由でリュッゲ空港(RYG)への便があり、ここも「オスロ」と呼ばれている。TRFやRYGはオスロ市街やオスロ空港からはかなり遠く、乗り継ぎにも時間がかかるので気をつけること。

列車で[編集]

トロムソには鉄道はない。スカンジナビア三カ国の鉄道網を利用して、バスで接続することができる。

  • ストックホルムからナルヴィクまでスウェーデン国鉄の急行夜行列車ノールランストーグが運行している。およそ18時間かかるが、安価で快適である。ナルヴィクからトロムソまでのバスはやや高価である。曜日にも依るが、バスは1日2~4便あり、およそ4時間ほどで到着する。スウェーデン国鉄
  • ヘルシンキからロヴァニエミまで鉄道が通っており運賃は100ユーロほどである。夏季にはトロムソまでバスが通じているが、冬季は国境からタクシーを使うかヒッチハイクをすることになる。この鉄道には車を載せることもできる。
  • ノルウェーの鉄道網はボードー近くのファウスケまで来ており、ナルヴィクでバスを乗り継ぐことになる。トロンハイムからの夜行列車でファウスケに到着し、そこからトロムソに着くまで丸1日かかる。ノルウェーの鉄道網

車で[編集]

2輪駆動でも冬季の運転に支障はないが、吹雪で道が短期間閉鎖されることがある。 ラジオで案内されるが、ノルウェー語がわからないならガソリンスタンドで尋ねるといい。

トロムソでレンタカーを利用するのは良い考えだが、6月から8月にかけては高く予約が必要である。 それ以外の時期ならば比較的安く週末2日間で1000クローネほどである。予約は金曜の午後4時まで。

オスロから[編集]

欧州自動車道E6がスウェーデン南部Trelleborgからオスロ、トロンハイム、ナルヴィクを経由しており、NordkjosbotnでE8に乗り継げばトロムソに至る。

オスロからの距離は1700kmほどで、フィヨルドに沿って曲がりくねった道と速度規制とを考えると数日から1週間はかかることになる。交通量の割に道の状態が良く、宿泊施設やガソリンスタンドが道筋に整っており、特に危険もない。途中1ヶ所フェリー(Skarberget-Bognes)を使うことになる。スウェーデン内陸を経由する方法もあり、このほうが距離は長いが早く着くだろう。

スウェーデン・フィンランド・バルト海から[編集]

スウェーデンのルレオからキルナ経由でE10が通っており、ナルヴィク近くで国境を越えてからはE6とE8を経由して4時間でトロムソに着く。

E8はヘルシンキからトルニオKaaresuvantoを経由し、Kilpisjärviで国境を越えてからは160km3時間でトロムソに着く。フィンランド南部からの移動の場合、カートレインも考慮に値する。

Tallinnからヘルシンキまでフェリーがあり[1]、 最も遅いTallinkは安いだけでなくインターネットが使えて便利である。 ヘルシンキからKolariまたはロヴァニエミまではカートレインを利用する。 車1台と3名分の客室で116ユーロである。[2]. あとはトロムソまで運転すれば6時間でつく。

フィンマルク県・ロシアから[編集]

ノールカップ地域からはE6を使って簡単に移動できる。 国道91号とOlderdalenからLyngseidetおよびSvensbyからBreivikeidetまでのフェリーを使うと、 時間は変わらないが楽に移動できる。フェリーの時刻表については[3]

カウトケイノカラショクやフィンマルク県東部からはフィンランド経由のほうが速く、 いったん国道93号でフィンランドのエノンテキオまで下り、E8を北に走ればよい。

ノルウェー・ロシア国境やキルケネス周辺からは、NeidenまでE6を走り、 893号線でフィンランドに入る。971号線と名前がかわるがそのままKaamanenまで走り、 E75でカラショクまで行ってあとは上記の通りである。 Kaamanenからは短いが隔絶された経路もある。 E75でイナリまでいき、955号線でKöngäsへ(最後50kmは舗装されていない)、 ついで956号線でレヴィに行き、79号線経由でE8に入ればよい。

バスで[編集]

ナルヴィクおよびアルタとを結ぶ「NOR-WAY Bussexpress」という企業の長距離路線Nord-Norge Ekspressenがある。NOR-WAY Bussexpress

ナルヴィクからは1日2~4便のバスがあり、1便はスウェーデン南部からの夜行列車と接続している。所要時間は4~5時間で、運賃が330クローネ。アルタとの間には毎日1便のバスがあり、運賃494クローネである。トロムソ16:00発アルタ22:30着であるため、ノールカップにバスで行くなら、アルタで宿泊する必要がある。

夏季のみフィンランド北部のロヴァニエミ方面との間を、Eskelisen Lapin Linjatがバス運行している。所要時間は8時間で運賃はおよそ100ユーロ。Eskelisen Lapin Linjat チケットはMatkahuoltoというサイトで購入可。Matkahuolto

しかしそれ以外の時期にはフィンランドとの国境を越える公共交通機関はない。

船で[編集]

ノルウェー西海岸をめぐる沿岸急行船(フッティルーテン:Hurtigruten)が毎日寄港する。北行き(14:30から18:30まで)・南行き(23:45から1:30まで)ともに数時間停泊するので、その間に下船して街を散策したり、あるいは同航路主催のエクスカーション・ツアーに参加したりできる。(ネットトラベルサービスでは、エクスカーション・ツアーも含めた沿岸急行船の情報について日本語で紹介している。) 南行きの便の場合、公式には荷物預かり所はないが、近くのリカ・イスハウスホテルは宿泊者以外の荷物も預かってくれる。時刻表は観光案内所もしくは沿岸急行船のウェブページを確認のこと[4]。 Prostneset地区の再開発により停泊地が変更されているので注意。

それ以外にもヨーロッパ各地や北アメリカからの船舶が頻繁に寄港している。

動く[編集]

バスで[編集]

市内のバスは28NOKで、支払い時のレシートを見せれば乗ってから2時間弱は無料で乗り継ぎ可能。そのほか、1日券や2日券もある。

バス停名がノルウェー語で判別がつかない上に、バス車内でのバス停名表示もアナウンスもないので、 目的地が見えたら停止ボタンを押して次のバス停で降りるか、運転手に目的地を伝えておく。

足で[編集]

観る[編集]

北極教会(Arctic Cathedral)  
北ノルウェーの自然を表現したという、白い三角屋根と大きなステンドグラスの教会。6・7月のPM2~オルガン・コンサート(60クローネ)、ミッドナイト・サンの時期のみPM11:30~コンサート(100クローネ)が行われる。
 所在  Hans Nilsens vei 41  電話    WEB  [5]
 開場時間  日曜日の礼拝はAM11~  料金  30クローネ
北極教会(Arctic Cathedral)


トロムソ・ルーテル教会(Tromsø Lutheran Cathedral)  
世界最北のプロテスタント教会。6・7月のみ、PM5~オルガンコンサート(2009年現在、韓国人女性が専属演奏家)。
 所在  Sjøgata 2  電話    WEB  (ノルウェー語のみ)
 開場時間  日曜日の礼拝はAM11~  料金  
トロムソ・ルーテル教会(Tromsø Lutheran Cathedral)


ポーラリア(Polaria)  
北極圏に関する展示を行う、博物館と水族館がセットになったような施設。周辺の大自然の映像を放映するオーロラ・ビジョンあり。アザラシ数頭がいるプールがあるが、日本の水族館のような大型展示水槽はない。北極がテーマなのでペンギンはおらず、かと言って白熊やクリオネに会えるわけでもない。建物の隣に、1949年建造の捕鯨船を展示する大型ガラス棟がある。
 所在  Hjalmar Johansensgate 12  電話    WEB  (日本語)
 開場時間    料金  
ポーラリア(Polaria)


アムンセン像  
1911年、人類史上はじめて南極点に到達したロアール・アムンセン(アムンゼン)の像。1928年、北極で消息を絶った飛行船の捜索のためトロムソから飛び立ったが、そのまま行方不明となった(彼自身がこの街出身であるわけではない)。
 所在  沿岸急行船の桟橋前の広場に建つ。  電話    WEB  (ノルウェー公式サイト、日本語)
 開場時間    料金  
アムンセン像


ストールシュタイネン  
トロムソ中心街の反対側の島にある山。30分ごとにケーブルカーかが出ており、高さ400mほどの場所から中心街を見渡せる。
 所在  Solliveien 12 N-9020 Tromsdalen  電話  (+47) 776-38737  WEB  [6]
 開場時間  AM10~  料金  120NOK

遊ぶ[編集]

オーロラツアー[編集]

数社が催行していて、夕方はバスターミナルのあたりが賑わう。


ツムラーレ  
中心部の他、スカンディックからも乗車可能。小型バスで明かりのない、雲の晴れる場所に幾つか連れていってくれる。ホットドリンクと軽食つきで約4時間だが、時によっては(見るために)長くなることも。
 所在    電話    WEB  [7]
 営業時間  19:00~23:00  料金  650NOK


Cominor  
大型バスでのツアー。18:30-1:30と長時間。
 所在    電話    WEB  
 営業時間  18:30~1:30  料金  450NOK


フッティルーテン体験乗車ツアー  
Skjelvoyまでバス(フェリー、19:00頃の別バスへの乗り換え含む)で移動し、トロムソまでフッティルーテンで戻ってくるツアー(ガイドなし)。港付近のバス乗り場から見える、チケットは青のバス待合所で当日15時まで購入可能。バスはツアー専用ではなく、路線バスとしても使われている。
 所在  Roalds Amundsens Plass 1, 9008 Tromso  電話  (+47) 77788777  WEB  [8]
 営業時間  (チケット売場)月~金曜 8:00~16:30(ツアー)16:00~23:45  料金  600NOK

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

バーガーキング (BURGER KING)  
物価の高い北欧においてもファストフードは比較的安価(といっても日本と比較すると高いのは当然)。セットが70NOK程度で注文できる。
 所在  Storgata 84, 9008 Tromsø, Troms (メインストリート沿い)  電話  (+47) 77658955  WEB  [9]
 営業時間    予算  71NOK~

他に、コンビニでもピザやサンドイッチを作ってくれるのでそれを昼食にすることもできる。

中級[編集]

KAIA  
海沿いのBar&Restaurant。90NOKでスープとブレッドを頼める他、100NOK前後でランチプレートを注文可。
 所在  http://g.co/maps/bv9rv  電話    WEB  
 営業時間    予算  昼:90NOK~


Pasta fabrikken  
セルフサービス型のパスタ&ピザレストラン。ピザ、パスタ(ロングパスタばかりではない)ともに125NOK~。
 所在  Sjøgata 17 9008 Tromsø  電話  (+47) 7767272  WEB  [10]
 営業時間  11:00~23:00(日曜のみ14:00~22:00)  予算  昼:125NOK~

高級[編集]

Fiskekompaniet  
港沿いのシーフードレストラン。シェルプラッターや鮮魚を生かした料理がウリだが、トナカイ肉のステーキもやっている。
 所在  Storgata 73, 9008 Tromsø  電話  (+47) 7767272  WEB  [11]
 営業時間  16:00~23:00  予算  300NOK~

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

設備の整った部屋にタイル貼りの浴室とビュッフェ式の朝食が付いてくる。仕事で訪れる人々が少なくなる週末、とくに冬季や7月8月の夏休み期間には割引がある。


アマリエ ホテル (Amalie Hotell)  
オフィスビルを改装して2000年に開業した独立経営のホテル。外観はあまり良くないが、大学の寮を思わせる部屋はよく整っていて実用的。朝食付きで、夕食は75 Kr。48室。
 所在  Sjøgata 5B  電話  (+47) 77 66 48 00
 FAX  (+47) 77 66 48 10
 WEB  [12]
 e-mail  [13]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  795~1395 Kr


クラリオン コレクション ホテル ウィズ (Clarion Collection Hotel With)  
1989年開業の国際チェーンのホテル。名前は19世紀トロムソの発展に寄与した地元の名士Richard Withにちなんだもの。仕事で滞在する客に人気がある。最上階に天窓付きのラウンジがある。朝食と軽い夕食が付いている。76室。
 所在  Sjøgata 35-37  電話  (+47) 77 66 42 00
 FAX  (+47) 77 68 96 16
 WEB  [14]
 e-mail  [15]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  1120~2415 Kr


グランド ノルディック ホテル (Grand Nordic Hotel)  
街で最古の宿だが最近全面改装された。111室、全館禁煙。
 所在  Storgata 44  電話  (+47) 77 75 37 77
 FAX  (+47) 77 75 37 78
 WEB  [16]
 e-mail  [17]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  790~1340 Kr


クオリティ ホテル サガ (Quality Hotel Saga)  
1969年開業の国際チェーンのホテル。外装は陳腐だが、2006年に改装されフレンドリーな雰囲気。朝食付きで、夕食は95 Kr。67室。
 所在  Richard Withs Plass 2  電話  (+47) 77 60 70 00
 FAX  (+47) 77 60 70 10
 WEB  [18]
 e-mail  [19]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  995~1475 Kr


ヴィーキング ホテル (Viking Hotell)  
中心市街の端、マックビールの近くにある。フロントや朝食用の食堂は小規模で、ゲストハウスのような雰囲気。外装は落ち着いている。25室、全館禁煙。
 所在  Grønnegata 18-20  電話  (+47) 77 64 77 30
 FAX  (+47) 77 65 55 10
 WEB  [20]
 e-mail  [21]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 12:00   料金  650~980 Kr

高級[編集]

高級ホテルとはいえ国際的にみて第一級のホテルは存在せず、価格にしても質にしても中級ホテルからそれほど大きくは変わらない。


クラリオン ホテル ブリッゲン (Clarion Hotel Bryggen)  
国際ホテルチェーン。Bryggenは埠頭の意。レストラン、バーなどを備え、サウナに隣接して屋外浴槽がある。近代的な設備が調っているが、浴室はシャワーのみでバスタブは一部の部屋にしかない。2001年開業、121室。
 所在  Sjøgata 19-21  電話  (+47) 77 78 11 00
 FAX  (+47) 77 78 11 01
 WEB  [22]
 e-mail  [23]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  945~2095 Kr


ラディソン ブルー ホテル (Radisson Blu Hotel)  
ヨーロッパを中心に展開する国際ホテルチェーン(旧ラディソンSAS)。1965年開業だが、2008年に大規模な増築改装を行いノルウェー北部地方にあるホテルの筆頭格となった。レストランとバーもそれぞれ有名である。269室。
 所在  Sjøgata 7  電話  (+47) 77 60 00 00
 FAX  (+47) 77 68 54 74
 WEB  [24]
 e-mail  [25]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  1295~2500 Kr


リカ イスハウスホテル (Rica Ishavshotel)  
ノルウェー全土に展開するホテルチェーン。Ishavとは直訳すると氷の海で、北極海のこと。外装は船をモチーフにしており、内装は控えめでポストモダンな雰囲気。レストランやバーを備えたフルサービスのホテルで、港に面しており部屋からの眺めも良い。1995年開業、180室。
 所在  Fredrik Langesgate 2  電話  (+47) 77 66 64 00
 FAX  (+47) 77 66 64 44
 WEB  [26]
 e-mail  [27]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  1595~1845 Kr


スカンディック ホテル (Scandic Hotel)  
北欧に展開するホテルチェーン。空港やショッピングセンターの近くにあり、中心市街までは4kmほど離れている。その分料金が安いので、車で訪れるのであればお勧め。147室。
 所在  Heiloveien 23, Håpet  電話  (+47) 77 75 50 00
 FAX  (+47) 77 75 50 11
 WEB  [28]
 e-mail  [29]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  790~1080 Kr

出かける[編集]

この記事「トロムソ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト