何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

トルクメニスタン

提供: Wikitravel
アジア : 中央アジア : トルクメニスタン
移動: 案内検索

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航の是非を検討するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2012年4月11日現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から十分注意するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2012年4月11日現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。


Turkmenistan Wedding.jpg
国旗
トルクメニスタンの国旗
位置
トルクメニスタンの位置
基礎データ
首都 アシガバート
政体 共和制
通貨 マナト (TMM)
面積 488,100km²
人口 4,863,169人
言語 トルクメン語
宗教 主としてイスラム教スンニ派。(外務省サイトより引用)
電気 127・220V 50Hz A・C・SE型プラグ
国際電話番号 +993
ドメイン .TM
時間帯 UTC +2


トルクメニスタン (Turkmenistan) は中央アジアに位置する旧ソ連邦の内陸国である。


地方[編集]

トルクメニスタンの地図

トルクメンバシィ、マル、ダシオグス等。

都市[編集]

その他の旅行先[編集]


分かる[編集]

歴史[編集]

旧ソ連社会主義時代を経験した国の一つ。ソ連解体に伴い独立し、当時、トルクメン共産党総書記であったサパルムラト・アタイェヴィッチ・ニヤゾフがトルクメニスタン大統領にそのまま就任。ニヤゾフは様々な個人的な政策を打ち出し、その中には例えば、若者のヒゲ禁止令や口パク禁止令のようなものがあった。また、年金廃止や首都以外の病院閉鎖など、国民の生活に直接的な影響を及ぼすような政策も存在した。そんな中、ニヤゾフ大統領は2006年12月21日に死去。新しい大統領にはグルバングル・マリクグルイェヴィチ・ベルディムハメドフが就任し、まずニヤゾフの政策を見直している。

国民[編集]

気候[編集]

参考:アシガバートの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)2.63.99.617.522.828.731.228.923.615.99.94.816.6
降水量 (mm)23.332.140.538.330.39.12.81.13.212.621.324.1238.7
データ出典

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC +2)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く[編集]

ビザ[編集]

日本にトルクメニスタン大使館が無い。トルコ共和国、ウズベキスタン、ロシア等のトラベルエージェントを利用し、ビザを取得、事前にメールや電話で確認を要する(トルクメニスタンのビザ事情は変動が激しい)。

飛行機で[編集]

首都アシガバードのアシガバート空港 (IATA: ASB, ICAO:UTAA) を利用する。ウズベキスタン航空、トルコ航空、トルクメニスタン航空(航空券の取得や現地での日時変更が困難)など。

列車で[編集]

現在はロシアからの列車があるとの情報もあるが、要確認。

車で[編集]

ウズベキスタンの首都タシケントから国内線又はバスでウルゲンチに行き、ウルゲンチから国境までタクシー(ウルゲンチ国際空港からは5,000ソン)。

バスで[編集]

バスの利用は初心者の人には注意が必要。

船で[編集]

現在情報なし。

動く[編集]

喋る[編集]

公用語はトルクメン語。しかしロシアの影響もありロシア語も通じる。ダシオグス等ウズベキスタン近隣の都市ではウズベク語も使用されている。

買う[編集]

通貨[編集]

通貨はマナト (manat, TMM)。 紙幣には1マナト、5マナト、10マナト、20マナト、50マナト、100マナト、500マナト、などがある。2009年2月現在の為替レートで、1マナトはUS$50セント以下。通貨変動の詳細は現地にて要確認。(トルクメニスタン中央銀行

トルクメニスタンの通貨単位はマナト (TMM)。2011年11月16日現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = TMM0.037TMM1.00 = ¥27.0412
$ 米ドル$1.00 = TMM2.85TMM1.00 = $0.3509
€ ユーロ€1.00 = TMM3.8505TMM1.00 = €0.2597
ルーブル ロシア・ルーブルルーブル1.00 = TMM0.0929TMM1.00 = ルーブル10.768

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。


物価[編集]

コーラ1.5リットルは通常US$1以下(都市により変動あり)。

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

健康を保つ[編集]

ニヤゾフ前政権で首都アシガバート以外の医療機関は閉鎖されていたが、2006年からのベルディムハメドフ政権で地方の医療機関が復活する見込みである。

マナーを守る[編集]

トルクメニスタンでは、屋外での喫煙を全面的に法律にて禁止しているので、屋外での喫煙を警官等に発見された場合は罰金など科せられる。

連絡する[編集]

現在は首都アシガバートに日本大使館がある。


この記事「トルクメニスタン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト