何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

デトロイト

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
デトロイト川の対岸ウィンザー(カナダ)から見たデトロイト中心部のビル群

デトロイト (Detroit) は、世界に大きな影響を与えているアメリカ合衆国ミシガン州の主要な大都市である。自動車組み立てラインの誕生から、モータウンサウンド、現代的なテクノとロックミュージックまで、デトロイトは、アメリカとグローバルな文化の両方を形成し続けている。この都市は、歴史的建造物の多くが修繕され、新たな開発や国際的レベルの博物館や劇場を補完する名所でにぎわい、無数の見る事、する事を提供している。デトロイトは、技術的進歩と歴史的魅力で満たされた刺激的な旅行先である。


地区[編集]

Detroit districts map.png
ダウンタウン
デトロイトの中心業務地区である。いくつかの魅力ある公園、地域で二番目に大きい大規模な劇場地区、壮大な建築、そしてデトロイトの名所の多くの所在地である。ここはデトロイトの生活の中心地である。
ミッドタウンとニューセンター
いくつかの国際的レベルの博物館や美術館がある、デトロイトの文化の中心地である。この地区には、いくつかの素晴らしい1920年代の建造物もある。おそらく、デトロイトで最も独特な場所である。
イーストサイド
市内のこの地区は、大部分が河岸区域で、ベル島 (Belle Isle) 、歴史的なイースタン・マーケット、ポワビック・ポッタリー (Pewabic Pottery) など多くの見所が存在している。
サウスウエストサイド
メキシカンタウン (Mexicantown) やコークタウン (Corktown) のような多くの民族色豊かな地区であり、その民族料理で最も知られている。しかしながら、ミシガン中央駅 (Michigan Central Station) 、タイガースタジアム、そしてフォートウェイン (Fort Wayne) のような多くの歴史的名所も存在している。
ウエストサイド
多くの歴史的街区、大学街、ミシガン州フェアー、そして評判が悪いエイト・マイル (8 Mile) がある。
ハムトラミックとハイランドパーク
デトロイトの一部ではないが、ハムトラミック (Hamtramck) とハイランドパーク (Highland Park) は、互いのそれぞれの境界を除いて、完全にデトロイトに囲まれている。ハムトラミックは、市内における大きなポーランド人の人口や影響力のために、時々"ポールタウン (Poletown)" と言われている。ハイランドパークは、多くの歴史的建造物がある区域である。

分かる[編集]

概要[編集]

「モーター・シティ」の愛称がある、米国三大自動車メーカーが本拠地とする街。しかし、栄華を誇った1970年代からは衰退の一途をたどる。

気候[編集]

デトロイトの気候は大陸性のため、急激な変化や多種多様な天候にさらされることになる。冬は寒いが、十分な寒い日以上のスノーベルト地帯 (北部の豪雪地帯)に直接当たらないため、積雪はたいてい冬期全体を通して残る事がない。春と秋は群を抜いて快適な季節であり、夏はかなり短いが、時折激しい雷雨に見舞われ、多くの場合蒸し暑い季節となっている。

デトロイトの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)-4.3-2.92.48.815.220.322.921.917.611.04.8-1.19.7
降水量 (mm)47.948.765.277.276.791.878.477.985.555.467.165.2837.0
データ出典

オリエンテーション[編集]

デトロイトは、アメリカ合衆国とカナダとの境をなすデトロイト川の南側に位置している(デトロイトはカナダへ入国するのに南側へ行かなければならない米国本土で唯一の場所である)。ダウンタウンは、川沿いにあり、そこから北部、東部、西部へと都市が拡大していくことになる。デトロイトの博物館のほとんどが拠点を置いている文化の中心地は、ダウンタウンの北部、ミッドタウンである。

観光案内[編集]

  • デトロイトメトロ観光局 (Detroit Metro Convention & Visitors Bureau) — 残念ながら英語だけの案内となっている。  所在  211 W. Fort, Suite 1000.  電話  (+1-800) 338-7648  FAX  (+1-313) 200-1833  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く[編集]

アメリカ合衆国への入国については、アメリカ合衆国の着くを参照する。

カナダからの入国[編集]

2009年6月1日、米国とカナダの市民は、米国とカナダの国境を越える為に、有効なパスポート、パスポートカード、改訂された運転免許証または信用あるトラベルカードの提示が義務付けられる。たとえ国境の効率化と言えども、両国間の混雑が激しい横断箇所であり、敏速とは言えず、思いがけない事が起きるときもある。

ウィンザーからデトロイトへ入る2つの方法がある。

  • アンバサダー橋 (Ambassador Bridge) — 橋の交通量は、多数のトレーラートラックのために混雑することになる。約30分ほど待たされる事が予想される。  所在  すべての州間高速道路からデトロイトのダウンタウンへ通じている。  料金  乗用車1台当たりの通行料USD$4.00、CAD$4.00。  WEB  [3]
  • デトロイト・ウィンザートンネル (Detroit-Windsor Tunnel) — トンネルの中で交通渋滞が発生するごとに、緩和されるまで、時には相当に時間がかかる通行止めとなる。"トンネルバス (tunnel bus)" は、通常運賃$3.75(CADまたはUSDのいずれか)、またフォードフィールド (Ford Field) やコメリカパーク (Comerica Park) でのコンサート時の運賃が$4.00(CADまたはUSDのいずれか)追加される形で、ウィンザーとデトロイトのダウンタウンとを結んでいる。このトンネルバスは、国境のあちら側の駐車場から費用を節約する効果があるが、税関・入国審査過程は、全員バスを下車して通関手続きを行うことになって以来、バスの乗客のために非常に長くかかることになる。  所在  デトロイトのダウンタウン内のすべての州間高速道路から375号線 (I-375) に接続している。  料金  乗用車1台当たりの通行料USD$3.75、CAD$4.75。  WEB  [4]

歩行者は橋を渡ったりトンネルを通って歩く事ができないため、トンネルバスを利用することになる。また、自転車は、橋やトンネルを利用することが禁止されていて、ライセンスの規定によりトンネルバスに自転車用ラックを設置することが禁止されているので注意が必要である。国境を越えて自転車を持ち込む事ができる自転車旅行の唯一の方法は、分解してバスに持ち込むことができる自転車用バックを活用することである。

飛行機で[編集]

列車で[編集]

アムトラック (Amtrak) は、シカゴで多くの接続が得られる「ウルヴァリンサービス (Wolverine Service)」(所要5時間から6時間、$25~$50)をシカゴ発着の路線として運行している。間際の割引率が高い乗車券は、アムトラックの今週のスペシャルページでたいてい利用可能である。東部方面へのバス接続は、ニューヨーク(所要21時間、$75-$150) とワシントンD.C.(所要16時間、$65~$130)からの列車の停車駅であるトレドのアムトラック駅で利用可能である。デトロイトのアムトラック駅は、利用に便利なミッドタウン地域のウッドワードアベニューの角、11 W. Baltimore に位置している。

車で[編集]

デトロイトのダウンタウン内で合流するいくつかの州間高速道路がある。州間高速道路75号線 (I-75) / クライスラー(Chrysler ダウンタウンの北側)/ フィッシャー(Fisher ダウンタウンの南側)高速道路の南北は、オハイオ州トレドからデトロイトのダウンタウンを通りミシガン州の上半島(アッパーペニンシュラ)までつながっている。州間高速道路94号線 (I-94) / フォード高速道路 (Ford Freeway) は、シカゴからデトロイトまで東西をつなぎ、カナダのサーニア (Sarnia) まで続いている。州間高速道路96号線 (I-96) はデトロイトからランシングまでつながっている。州間高速道路969号線 / ルーサー高速道路 (Reuther Freeway) は東部郊外(例えば、セントクレアショアーズ St. Clair Shores)からサウスフィールドまでをつないでいる北部境界の約3マイルに設置されている。州間高速道路275号線 (I-275) はリボニアの郊外につながっている。ロッジ高速道路 (Lodge Freeway) 、M-14、M-23やサウスフィールド高速道路 (Southfield Freeway) などの高速道路は、ナビゲーションが容易なデトロイトメトロ地域内での州間高速道路と相互接続している主要な高速道路である。サウスフィールド高速道路は、ディアボーンからサウスフィールドを結んでいる。ロッジ高速道路は、サウスフィールドからダウンタウンを結んでいる。高速道路M-14は、アナーバーからジェフリーズ高速道路 (Jeffries Expressway) を経由してデトロイトにつながっている。アナーバーのバイパス、高速道路M-14は州間高速道路94号線から州間高速道路96号線につながっている。

首都圏の主要な州間高速道路と高速道路は、デトロイトで開かれた2006年の全米プロフットボールリーグの第40回スーパーボール準備のため徹底的に整備が行われ、良好な状態にある。

すべての主要都市と同様に、ラッシュアワー時の交通は低速走行となる。これは、特に地元の自動車工場でシフト変更時に悪化する。しかし、地域の経済的な困難のために、ラッシュアワー時の交通は1時間未満と短くなり、いくつかの高速道路は1日中良好な状態となっている。ミキシングボール (Mixing Bowl、動くの車でを参照) 、州間高速道路75号線 / 696号線は、デトロイトを通り抜ける州間高速道路94号線 / フォード高速道路とつながっており、サウスフィールド高速道路は、午後遅く速度低下が起こる可能性がある。しかしながら、いくつかの高速道路は、混雑することになる。

下記の高速道路は、朝夕のラッシュ時に慢性的な渋滞が起こっている。

  • 北行き州間高速道路75号線 Northbound I-75:8マイルから12マイル。
  • 南行き州間高速道路75号線 Southbound I-75:ロチェスターカーブ (Rochester Curve) と州間高速道路696号線の間。
  • 西行き州間高速道路696号線 Westbound I-696:デクィンドルカーブ (Dequindre Curve) からウッドワード (Woodward) まで、クールリッジ高速道路 (Coolidge Highway) との合流、ドレーク通り (Drake Rd.) から州間高速道路96号線 (I-96) まで。
  • 東行き州間高速道路696号線 Eastbound I-696:ウッドワード通り (Woodward Ave) の合流、グロースベック道路 (Groesbeck Highway) から州間高速道路94号線 (I-94) 間。
  • 西行き州間高速道路96号線 Westbound I-96:州間高速道路686号線のウィクソム通り (Wixom Rd.) 、地域内で無秩序に広がる都市が原因。
  • 東行き州間高速道路94号線 Eastbound I-94:ウォーレン通り (Warren Ave.) からマウントエリオット通り (Mt. Elliott St.) 間。
  • 西行き州間高速道路94号線 Westbound I-94:州間高速道路696号線につながる12マイル、コナー (Connor) からジェフリーズ高速道路 (Jeffries Freeway) 間。

バスで[編集]

  • グレイハウンド (Greyhound) — 西方のシカゴ(所要5時間から8時間、$35)から、東方のトロント(所要5時間から6時間)から、南方のトレド(所要1時間、$15)からの路線が設定されており、同時にミシガン州各地とも結ばれている。ターミナルはダウンタウン近くに設けられている。  所在  1001 Howard St.  WEB  [5]
  • メガバス (Megabus) — シカゴで多くの中西部の都市に接続しているシカゴ(所要6時間、$1-$25)とデトロイトを結ぶ格安バス路線である。また、トレドやピッツバーグからの路線も設定されている。格安である理由の一部は、ウェイン大学と博物館・文化地区に近いカスとウォレン (Cass and Warren) かカスとミシガン (Cass and Michigan) のローザパークストランジットセンター (Rosa Parks Transit Center) など、街角を利用してバス停としており、ターミナルを持たないからである。  WEB  [6]
  • トランジットウィンザー (Transit Windsor) — 運賃$3.75で週7日間、毎日運行している。ウィンザーの西部、300 Chatham St. からデトロイトのダウンタウン周辺部とを結んでいる。デトロイト・ウィンザートンネルの両側のパスポート・コントロールで一旦下車し審査を受ける(必要な手続きをしていない場合、時間を取られ、その人を残したままバスが発車してしまうので注意が必要である。)。  WEB  [7]

船で[編集]

動く[編集]

デトロイトの街路のレイアウトは車輪とスポーク、格子、取り除いた農場(川のそば)のレイアウトを組み合わせた実にユニークなものとなっている。6つの主要なスポーク道路、時計回りの順に、フォートストリート (Fort Street) 、ミシガンアベニュー (Michigan Avenue) 、グランドリバーアベニュー (Grand River Avenue) 、ウッドワードアベニュー (Woodward Avenue) 、グラチオアベニュー (Gratiot Avenue) 、ジェファーソンアベニュー (Jefferson Avenue) がダウンタウンから放射状に延びている。ウッドワードアベニューは、北西 - 南東(事実上)をつなぎ、東西方向にデトロイトの北側半分を分割している。例として、ウェストウォーレンストリート (West Warren Street) は、ウッドワードを越えるとイーストウォーレンストリート (East Warren Street) になる。小さな通りは、格子や長さの向き、街区の形状などが放射状の道路とより良く合うようにたびたび変化させているが、一般的に正確な格子状に従っている。ダウンタウンのレイアウトは、不明確に集中する放射状道路のために格子状の設計を断念し、ほとんど一方通行の対角状の奇妙な理論構成となっている。

あまり公的交通手段が充実しているとは言えない。NPOのTransportation Riders Unitedが各種情報を提供。

列車で[編集]

ダウンタウンをピープル・ムーバーが環状運行している。時計回りのみだが一周15分ほどと短く、料金も安いので便利。無人運転で、車内も駅も人気が少ないということには注意が必要。

バスで[編集]

デトロイト市内のバスは市営バスが、郊外へのバスはSMARTが運行。

足で[編集]

観る[編集]

ルネッサンス・センター(Renaissance Center、略してレン・セン)  
ゼネラル・モータース(GM)の本社やマリオットホテルが入居する超高層ビル・商業施設。ビル内のガイド・ツアー(レン・センツアー)あり。
 所在    電話    WEB  [8]
 開場時間    料金  
ルネッサンス・センター(Renaissance Center、略してレン・セン)

遊ぶ[編集]

グリーク・タウン(Greek Town)  
カジノやレストランが集まる。
 所在    電話    WEB  [9]
 営業時間    料金  
グリーク・タウン(Greek Town)

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

気を付ける[編集]

人気のないデトロイト中心部

都市の衰退が顕著。ルネッサンス・センターの超高層ビル周辺でさえ人通りがとても少ない。ピープル・ムーバーの車内や駅も閑散としている。ダウンタウンを取り囲むエリアはさらに荒廃が進んでおり、治安状態がとても悪いとされる。失業率が非常に高いということもあわせ、振る舞いには注意が必要だろう。


暮らす[編集]

在外公館[編集]

在デトロイト日本国総領事館 (Consulate-General of Japan in Detroit)  
ミシガン州以外にオハイオ州を担当する日本領事館である。日本人・日系人が多い都市を中心に出張領事館サービスを行っている。また、医療・治安等の生活情報の提供や、日米の文化交流を積極的に行っている。なお、訪問時は写真付き身分証明書の提示を求めているため、注意が必要である。
 所在  400 Renaissance Center, Suite 1600.  電話  (+1 313) 567-0120
 FAX  (+1 313) 567-0274
 WEB  [10]
 時間  月~金 9:15~11:30、13:15~16:30  料金  各種証明書、旅券等有料。支払いはアメリカドルである。

出かける[編集]

ミシガン州[編集]

デトロイト自体が地域の観光スポットの大部分を提供しているが、ミシガン州南東部地域全体は多種多様で、穴場やおそらく訪れる価値がある名所がたいへん豊富に含まれている。

  • ヘンリー・フォード地区(The Henry Ford)
    ヘンリー・フォード地区(The Henry Ford) — デトロイトの西、ディアボーンにある自動車王ヘンリー・フォードにちなんだ複合施設。博物館には、T型フォードの詳細な解説をはじめライト・フライヤー号やケネディ暗殺時に乗車していたリンカーンなど、米国の機械産業における重要な展示物が並ぶ。博物館隣のビレッジでは、ライト兄弟が生まれ育った家や仕事のかたわら研究にいそしんだ自転車店、エジソンの研究室などといった米国史に名を刻んだ人びとにまつわる重要な建築物の間を、実際に乗車できるT型フォードが走り回る。現役稼働中であるフォード・モータースのリバー・ルージュ工場へのツアー・バスも運行されている。  所在  20900 Oakwood Blvd. Dearborn 車でのアプローチ方法についてはこちらを参照。デトロイトからバスで訪れるための情報はこちらを参照(ただし乗り継ぎが必要だったり便数が限られていたり、また車内の雰囲気があまり良く無かったり、といったことを考慮に入れて)。タクシー利用の場合、デトロイトの中心部からハイウェイ利用で約20分。  電話  800 835 5237  WEB  [11]
  • フリント — 米国での近代的な労働組合運動の拠点である。アナーバーは旅行者向けではないが、フリントは都市の大きさに合う素晴らしい芸術の場所である。
  • グランドラピッズ — ミシガン州第2の都市。建築向け重機で満たされたスカイラインを持ち、多くがミシガン州の未来だと信じられている。壮大できれいなダウンタウン地域やミシガン湖に近い街であるグランドラピッズでは、すばらしい体験が得られると思われている。
  • ロイヤルオーク — 美しい景観を持つデトロイト動物園があるロイヤルオークは、デトロイト郊外の陽気で友好的な都市である。
  • トロイ — デトロイト郊外のトロイには、中西部で最大規模の高級ショッピングモールのひとつサマセット・コレクション (Somerset Collection) がある。ノードストローム (Nordstrom) 、メーシーズ (Macy's) 、アンリベンデル (Henri Bendel) 、ラルフローレン / ポロ、ニーマンマーカス (Neiman Marcus) 、サックスフィフスアベニュー (Saks Fifth Avenue) 、ティファニー、バーニーズニューヨーク (Barney's New York) や180以上の他の専門店に出会えることになる。ビッグビーバーロード (Big Beaver Road) の東側は、美しいセントクレア湖 (Lake St. Clair) にあるメトロポリタンビーチに向かうメトロポリタンパークウェイ (Metropolitan Parkway) につながっている。

オハイオ州[編集]

  • トレド — DT エキスプレスウェー (DT Expressway, I-75) で南方に約1時間。この中規模都市はエリー湖の端に位置しており、建築愛好家にとってより良い場所となっている。

オンタリオ州[編集]

  • ウィンザー — ルネッサンスセンター (Renaissance Center) に隣接するアンバサダー橋 (Ambassador Bridge) を渡るか、デトロイト・ウィンザートンネル (Detroit-Windsor Tunnel) を通ってすぐである(good to use if you see traffic backed up onto I-75)。この交通の要所は、手入れが行き届き、歩道、店舗やレストラン、シーザーズウィンザーカジノ (Caesars Windsor casino) など他の何よりもウィンザーの外形をなしている。低い飲酒年齢(19歳)はアメリカの若者たちの生活を描画し、週末の鮮やかなクラブシーンを確保している。ウィンザーでは、特にウォーターフロントのディエップパーク (Dieppe Park) から夏の夜、デトロイトの地平線の素晴らしい景色を堪能する事ができる。国境を越える為にはパスポートが必要となる。



この記事「デトロイト」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト