何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ティミショアラ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
勝利広場

ティミショアラ (Timișoara) はルーマニアトランシルバニア地方にある町である。 [1] [2]


分かる[編集]

概要[編集]

国の西部、トランシルバニア地方にある、国内第4の人口を抱える大都市で、首都のブカレストからは500kmほど離れている。ハンガリーセルビアとの国境に近く、ハンガリー系やセルビア系、イタリア系、ドイツ系などの住民も多く住んでおり、ルーマニア国内の中で「最もコスモポリタンな町」(英語版ウィキトラベルより)と形容されることもある。

1989年12月16日にこの街で起こった民衆蜂起が発端となって民主化運動がまたたくまにルーマニア全土に広がり、1週間後に時の共産党独裁政権、チャウシェスク政権の崩壊へとつながっていった。ルーマニア革命発祥の地として有名。

案内所等[編集]

  • ツーリストインフォメーション
    ツーリストインフォメーション — 市の中心部、勝利広場に向かって建っている街のシンボルの一つ、オペラ座の建物の右壁面にある。ティミショアラでただ一つの「使える」ツーリストインフォメーションで、地図が手に入るほか、レストランや隣国との交通手段など、有益な情報をいろいろと教えてもらえる。なお、北駅構内にもインフォメーションコーナーがあるが、閉まっていて実質的に機能していない。また、北駅近くに旅行代理店があるが、ルーマニア語のみの対応であり、地図なども扱っていないため、ツーリストインフォメーションとしての用をなさない。  所在  勝利広場、オペラ座右横

着く[編集]

飛行機で[編集]

イタリアウクライナドイツスペインなど、周辺諸国の主要都市をはじめ、アテネウィーンロンドンパリなどの諸都市と空の便で結ばれている。空港はトライアン・ヴイア国際空港(Traian Vuia International Airport)で、市の郊外10kmほどのところにある。空港からは4番の急行バスを利用して市の中心部に出ることができる。

列車で[編集]

ティミショアラ北駅

ブカレストブラショフなどの国内の主要都市、ブダペストベオグラードミュンヘンなど近隣諸国の主要都市からの列車の便がある。主だった列車は全て北駅(Gala de Nord)に到着する。

ブカレストからティミショアラまでは鉄道で500kmほどの距離があり、特急列車(IC)で約8時間、急行列車だと10時間前後かかる。特急列車は1日2本程度、急行列車は1日4本程度それぞれ運行されている。また、ハンガリーやセルビアなど近隣諸国への国際列車は1日1~2本程度の運行となっている。

北駅は市の中心部の南西の外れに位置しており、中心部までは歩いて約1km、所要15分程度。駅を背にして、左右に伸びている駅前の通りを左側の方向に向かって道沿いに歩いていくと、オペラ座などがあるヴィクトリア広場(Piaţa Victoriei)に出る。

なお、国際列車の発着については、駅の正面出口付近に掲げられている時刻表で確認できる。時刻表には、出発("Plecari")と到着("Sosiri")の2種類があるので、見間違わないよう注意。切符売り場のうち、国際列車の切符を扱っているのは1番の窓口で、この窓口では英語も通じるし、ユーロでの支払いも可能。


車で[編集]

バスで[編集]

ティミショアラは国境からそれほど遠くない所に位置しており、距離的にはハンガリーセルビアからも近い。このような街の場合、近隣諸国の諸都市との間に国際バスの便が発達していることが多いのだが、ティミショアラについては、実際のところそれらの国々の都市とを結ぶ国際バスの便はほとんどない。

ツーリストインフォメーションで得た情報によれば、ブダペストの国際空港とティミショアラを結ぶ国際バスの便がある。旅行代理店によって運営されているもので、乗車には旅行代理店を通した予約が必要とのこと。運行本数など、詳細な情報については不明。

船で[編集]

動く[編集]

トラムで[編集]

街の中心部と郊外とを結ぶトラムが走っている。トラムの路線で旅行者が使う可能性が最も高いのは、北駅と街の中心にあるリベルタージ広場とを結ぶルート(2番線)である。料金は1回2レイで、短冊状の切符をあらかじめキオスクなどで買い求めておき、車内の改札機で切符に利用時刻を刻印する(黄色い改札機の下の方にある黒い口が切符の挿入口)。車内に改札機が数台あるが、IC乗車券の普及が進んでいるためか、切符の挿入口が付いた改札機は車内に一台くらいしかないので注意。

トラムはそれほど頻繁には走っておらず、概ね20分から30分間隔での運行となっている(主だった停留所には、トラムの番線ごとに次のトラムの到着まで概ね何分程度かを表示する電光掲示板がある)。このため、正直あまり使い勝手がいいとは言えない(また、上述のとおり、単にティミショアラ北駅と街の中心部の間を移動するだけなら、歩いても15分程度であるので、特にトラムを利用しなくても、歩いて中心部まで行くこともできる)。

バスで[編集]

足で[編集]

ティミショアラの中心部自体はそれほど大きくはなく、見どころなど観光スポットの多くが集中するエリアは600m四方くらいの大きさの中にすっぽりと収まってしまう程度なので、ティミショアラの観光については基本的に徒歩での移動が中心となる。

観る[編集]

勝利広場  
街の中心部、いずれも街のランドマーク的な存在のオペラ座とティミショアラ正教大聖堂に挟まれるようにしてある広場で、広場の両側に近世様式の重厚なデザインの建物が建ち並ぶ(記事冒頭と右画像参照。ただし、その一画だけ、共産主義時代に建てられたと思われる、無機質なデザインの建物に替ってしまっている)。1989年12月16日にこの場所で起こった民衆蜂起がルーマニア革命へとつながっていったことで有名なスポット。広場にはチューリップなど色とりどりの花が植えられていて、花が咲く季節に訪れるととてもきれい。街のヘソともいうべき場所で、いつも多くの人で賑わっており、広場の周りにはおしゃれなレストランやカフェ、ファストフードの店舗などが集まっている。
 所在  街の中心部
勝利広場


ルーマニア正教大聖堂 (三成聖者大聖堂)  
道を挟んで勝利広場の隣に建つルーマニア正教の大聖堂で、ティミショアラのシンボルの一つ。ビザンチン様式とゴシック様式の折衷様式で、すらっとしたとんがり帽子のデザインが特徴的。歴史的な建造物の割に洒落たデザインだなと思うかもしれないが、それもそのはず、造られたのは1930年代とまだ新しい部類に属する。ギリシャ正教の流れを組む教会だけあって、中は絢爛豪華で黄金色に光り輝いている。
 所在  勝利広場横  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料
ルーマニア正教大聖堂


オペラ座  
勝利広場の脇に建つ白亜の建物で、広場を挟んで向かい側に建つルーマニア正教大聖堂などと並ぶ、ティミショアラのシンボルの一つ。夕暮れ時から夜にかけて、周囲のライトに照らし出されてうす暗闇の中に浮かぶ姿が美しい。もちろんオペラ座としても現役で、観光シーズンを中心にいろいろな催し物が行われている。
 所在  所在  電話  電話  WEB  
 開場時間    料金  
オペラ座


統一広場  
ローマカソリック聖堂前にある小ぎれいな広場。広場の周りを近代様式の伝統的な建物が取り囲んでいる。また、建物の一部はレストランやカフェに改装されており、広場にテラス席を設けている。広場の景色といくつかの主だった建物以外、特筆するような見どころはないが、広場付近で営業しているそれらレストランやカフェでのんびりと時間を過ごすにはいいところである。
 所在  街の中心部、勝利広場から歩いて5分ほど。
統一広場


シナゴーグ  
町の中心部にある、19世紀半ばに造られたシナゴーグ。19世紀後半に多く見られる、ムーア調とユダヤ教の伝統的デザインとの折衷様式となっている。
 所在  所在  電話    WEB  
 開場時間    料金  
シナゴーグ

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

ルーカス・スーパー・サンドウィッチ (Lucas Super Sandwich)  
クロワッサンのようなパンに王冠が載ったトレードマークが目印の、勝利広場と統一広場のすぐ横で営業しているサンドウィッチのチェーン店(右画像は統一広場の店舗で、ローマカソリック聖堂のすぐ右隣)。店で焼いた硬めのパンに具が挟まっており、パンとしっとりとした柔らか目の具がマッチしてなかなかうまい。パンのサイズはミニとスーパーのどちらかを選べる(ミニでも通常のハンバーガーほどの大きさがある)。英語のメニューはないが、店に掲げてあるメニューから何となく具の種類を想像できるものも多いし、注文カウンター横のケースに入っている具を直接指さして頼むことも可能。あるいは、店員がそこそこ英語を話すので、一通り説明を聞いて頼むこともできる(パプリカ入りのスパイシーなハムなど、ローカル色のあるメニューを頼みたいならこちらの方がおすすめ)。もちろんテイクアウトも可。
 所在  勝利広場横(Piaţa Victoriei 4)、統一広場横(Piaţa Unirii, lângă Dom)  電話    WEB  [3]
 営業時間  8:00~24:00(日曜日は10:00開店)  予算  飲みものを入れて12~15レイ前後。
ルーカス・スーパー・サンドウィッチ

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ホステル・ノルド (Hostel Nord)  
ティミショアラ北駅のすぐそばにある二つ星のホテル(駅の出口から見えるところにある)。北駅周辺には目立ったホテルはここくらいしかない。街の中心までは歩いて15分程度かかるが、駅から至近の距離にあるので、着いた次の日とかに鉄道で他の地方に出発するのであれば、むしろ街の中心部よりこちらに宿を取る方が便利である。部屋はきれいだが少々狭い。カードでなく、現金で支払う場合、支払いはレイのみ(ユーロなど外貨での支払いは不可)。朝食は付かないが、駅の売店や近くの食堂などで十分用が足りるので、特に困ることはない。
 所在  Bulevardul General I. Dragalina nr. 49。北駅正面出口のすぐそば(駅を背に右斜め向かい)。  電話  (+40-256) 497 504
 FAX  (+40-256) 491621
 WEB  [4]
 e-mail  [5]
 時間  チェックイン 随時 チェックアウト 12:00   料金  シングル100レイ前後
ホステル・ノルド

中級[編集]

Vila Americana  
Green Forestの近くにある4星ヴィラ。外交官や政府高官も利用している。プール有り。
 所在  Str. Avram Imbroane 74  電話  +40733550844  WEB  [6]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  1室€50~。

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「ティミショアラ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト