何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ダイビング

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。

ダイビングを始めるには[編集]

マンタ、石垣島
海底遺跡、与那国島

ダイビングをするにはライセンスが必要である。国際ライセンスの中ではNAUI、PADI、C-MASなどが有名。初級のライセンスを取得するには講習と実技で3日間程度必要。ライセンスを持っていない人のために、体験ダイビングをさせてくれるダイビングショップもある。

代表的なダイビングスポット[編集]

日本[編集]

  • 沖縄本島 - 北谷町や恩納村や慶良間諸島を中心にソフトコーラル、ハードコーラル、地形ポイントなど様々なダイビングスポットが存在する。カメやサメなどの大物から、小さな水中生物、グルクンなどの魚の群れなど、見られるものは豊富で、日本の誇るダイバーの楽園である。また、慶良間諸島のサンゴ礁や透明度は世界レベルを誇る。北谷町内の砂辺はダイビングショップのメッカであり、リーフエンカウンターズは常時サービスを日本語・英語で提供するバイリンガル・ダイビングショップで、世界中からダイバーが訪れる。慶良間諸島へのボートダイビングを毎日開催している。
  • 石垣島 - 世界の中でもマンタ遭遇率が高い。マンタスクランブルというポイント名は、ダイビングショップ海講座の登録商標。日本語・英語を話すスタッフが常駐している数少ないショップの一つである。
  • 与那国島 - 不思議な歴史不明の海底遺跡で世界的に有名。ハンマーヘッドシャークとの遭遇は冬季が高い。海底遺跡へのダイビングは、発見者である新嵩喜八郎氏の経営するサーウェスが行っている。

海外[編集]

あると便利なもの・旅のヒント[編集]

水着、ビーチサンダル、タオル、日焼け止め、船酔い止めなどが必需品。 ほぼ全てのダイビングショップでレンタルのダイビング器材を用意してくれる。 レンタルのダイビング器材には通常、マスク・スノーケル・フィン・ウェットスーツなどの軽器材のほか、レギュレーター、BCD、さらに、タンクやウェイトが含まれる。

安全のために気をつけること[編集]

この記事「ダイビング」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト