何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ジンバラン

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索
ジンバランビーチ

ジンバラン (Jimbaran) は、バリ島南部にある町。クタの南部に位置し、シーフードレストランが並ぶリゾート地として知られている。


着く[編集]

考えてみるとちょっと不思議

ジンバランビーチはングラ・ライ空港のすぐ南に面しており、夕暮れ時など、ひっきりなしにスローモーションのような感じでスルスルと空港を離着陸する飛行機を(やや遠くながらも)横目で見つつ、食事を楽しんだりすることができる。

このジンバランエリア、ちょっと滞在してみて気づくことは、上のように飛行機が風景の中にごく一般的に飛び込んでくる割に、思いのほか飛行機の騒音が気にならないということ。あんなに飛行機を身近に感じることができる場所なのに、考えてみると何とも不思議だ。

横目で見ることはあっても飛行機が上空を飛ぶことがないから騒音をあまり感じないのか、ビーチ沿いなどは波の音にかき消されてしまって騒音に気付かないのか、そのあたりのことはよくわからないが、ビーチにいてもホテルでくつろいでいても、とにかく飛行機の騒音に悩まされたという記憶がほとんどない。かえって、かつて泊まったことのあり、ジンバランよりも空港からかなり離れたサヌールあたりのホテルの方が、飛行ルートになっているのか、かえって飛行機の騒音がうるさかったように記憶している。

飛行機で[編集]

ングラ・ライ国際空港を利用する。空港からジンバラン地区へは、ホテルの送迎車やレンタカーなどを除くと、タクシーしかアクセス手段がない。

タクシーで[編集]

ジンバランは空港のすぐ南側に位置するエリアであり、(道の混み具合にもよるが)空港からタクシーで15~20分前後で行くことができる。料金は、空港からクーポン制のタクシーを使った場合85,000ルピア、逆にジンバランからメーター制のタクシーで空港に向かう場合、タクシーの空港への入場料も含めて40,000ルピアといったところである。

バスで[編集]

船で[編集]


動く[編集]

バスで[編集]

ジンバランのエリア内には路線バスがないので、エリア内をバスで移動することはできない。

タクシーで[編集]

タクシーが、ビーチの南側に比較的集中しているリゾートホテルからビーチの北側にあるシーフードレストランやフィッシュマーケットなどに行く場合などエリア内での移動に使いうる唯一の公共交通機関となる。タクシープールのような施設は特にないので、道を走っている流しのタクシーを捕まえるか、ホテルのフロントで呼んでもらうことになろう。

足で[編集]

ジンバランビーチの端から端までの距離は2~3km程度なので、歩いて歩けなくもない。北側の、シーフードレストランが建ち並ぶエリアは、ビーチ沿いのレストランの前に道が通っているが、南に歩いていくと、ビーチ沿いの道は一旦途絶え(道の突き当りに集落があり、そこに道が通じているが、そこから先は行き止まりで、リゾートホテルのプライベートビーチになっている)、そこから0.5kmほど内陸に入ったところにあるメインストリートに合流する。そこをさらに1kmくらい南に歩いていくと、インターコンチネンタルなど、高級リゾートホテルが建ち並ぶエリアにたどり着く。

観る[編集]

フィッシュマーケット  
ジンバランエリア内にある数少ない見どころの一つ。ブリやカツオなど日本でもおなじみの魚に加え、熱帯の色とりどりの魚やエビ、イカなど、見た目にも新鮮な魚介類が所狭しと並んでいる。この市場のすぐ南にあるエリアにはシーフードレストランが建ち並んでおり、ここから仕入れた魚がその日のうちに料理されてレストランのテーブルに並ぶさまが想像できて面白い。鮮魚オンリーで乾物などの取扱いはないので、ここで何か買う訳にはいかないが、見ているだけでも結構楽しめる。
 所在  ジンバランビーチの北端
フィッシュマーケット

遊ぶ[編集]

ジンバランビーチ  
国際空港のすぐ南側に広がるビーチで、2~3kmにわたって白砂の海岸が続く。ビーチは島の西側に面しており、バリ島で一番きれいな夕日が拝める場所の一つとして有名(天候が比較的安定している8月~9月頃が、1年で最もきれいな夕日を見ることができる季節とのこと)。また、クタなどと並んでサーフィンの人気スポットがあることでも知られる。
 所在  ジンバラン湾
ジンバランビーチ

買う[編集]

両替[編集]

ジンバランビーチの南側、インターコンチネンタルなどの高級リゾートホテルがまとまって立地しているエリアに両替所が数軒営業している(専門の両替商と、商店が両替を扱っているものの2形態がある。レート的には商店が片手間にやっている方がよいが、手数料を取るのかどうか不明なので、実際のところ、どちらが得かはよくわからない。また、商店がやっている方は、現金の手持ちがないからといって断られる場合もある)。

店によっては日中閉まっているところもあるが、その場合でも他の店が営業していることが多いので、いくつか回ってみるとよい。

食べる[編集]

おすすめ[編集]

夕日を見ながらシーフードバーベキューを楽しむ  
ジンバランビーチに建ち並ぶシーフードレストランで、夕日を見ながらシーフードのバーベキューなどを楽しむことができる。このエリアの店はどこも造りやメニュー、料金が似たり寄ったりで、店ごとに取り立てて特徴があるわけではないので、基本的にどこで食べてもあまり変わらないようだ(中には食事時にレゴンダンスなどのパフォーマンスを見せてくるようなところもあるが)。

天気がよければ、店に面した砂浜に置かれたテーブル席で、潮風に吹かれつつ、沈みゆく夕日を楽しみながらゆっくりと食事に舌鼓を打てる(日没は大体6時15分ごろなので、6時前には店に入るようにしたい。専属ドライバーによる送迎サービスを行っている店も多く、宿泊先のホテルで、「日没に合わせて食事を楽しみたい」というリクエストを出しつつ店を予約してもらえば、大体それくらいの時間に合うように、店のドライバーがホテルまで迎えに来てくれる。送迎は基本的にサービスだが(というか、食事代に含まれているが)、状況によっては5,000~10,000ルピアくらいのチップを上げるのも、あるいはいいかもしれない)。

大体どの店も店頭に陳列されている(あるいは水槽で泳いでいる)量り売りの魚介類を選び、その場で焼いてもらうスタイルで、その多くは炭火焼。kg単位での価格表示となっており、そんなに食べられないと思うかもしれないが、頭や内臓、骨なども入れたグロスの重量なので、実際に食べることができるネットの分量がそれだけあるわけではない(注文の大体の目安としては、エビや魚などを盛り合わせ、2人前で1kg~1.5kgといったところ(それでもやや多いかもしれない)。少し大きめの魚を注文すれば、単体で重量が簡単に1kgを超える)。

 所在  ジンバランビーチ
シーフードレストランの夕暮れ時 炭火焼のシーフードバーベキュー

安食堂[編集]

中級[編集]

シーサイド・カフェ  
ジンバランビーチ沿いにある、シーフードグリルがメインのレストラン。店頭で選んだ魚介類をその場で焼いてもらう(味付けはガーリックソースかチリソースのいずれかを選択)。その他、ご飯とスープ、野菜の炒め物とデザートの果物が付く。ホテルで予約すると、行き帰りに送迎してもらえる。夕暮れ時に、浜辺に用意されたテーブル席で、ローソクに灯された火を眺めつつ、潮風に吹かれながら味わうシーフードはまた格別。値段が高いので何度もという訳にもいかないが、ジンバランに滞在中1度は試してみるといいだろう。
 所在  Jl. Kedonganan Beach, Kuta-Bali  電話  (+62-361) 703102  WEB  
 営業時間    予算  シーフードバーベキュー1人前250,000~300,000ルピア前後
シーサイド・カフェ


ニュー・マタハリ・カフェ (New Matahari Cafe)  
ジンバランビーチ沿いに並ぶシーフードレストランの一つ。シーフードグリルのような重たいメニューだけでなく、ナシゴレン(チャーハン)やミーゴレン(焼きそば)などのようなメニューもある。ディナーの時は、日によってレゴン・ダンスを見ながら食事が楽しめる。
 所在  Jl. Kedonganan Beach, Kuta-Bali  電話  (+62-361) 705961  WEB  
 営業時間    予算  {{{ryokin}}}
ニュー・マタハリ・カフェ


ジンバランビーチクラブ  
ジンバランビーチの南端にある、コテージ風のレストラン&カフェ。波打ち際にあり、波の砕ける音を聴いたり、サーフィンに興じる人たちを見たりしながら、あるいは座る位置によって正面に見えるングラ・ライ空港の滑走路から飛行機が利発着する様子を見ながら、のんびりと食事やドリンクを楽しむことができる。おすすめのレストラン。値段は多少高めだが、それでもリゾート地の割には良心的。クプクプジンバランスイートから電気自動車の送迎が出ている(ホテルから歩いても10分程度だが、途中の集落で放し飼いになっている犬に絡まれたりすることもあるので、送迎を利用した方が無難)。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    予算  120,000~150,000ルピア前後。
ジンバランビーチクラブ


チョコレート・カフェ  
リゾートホテル、クプクプジンバランスイートの1Fにあるカフェ。ジンバランエリアの目抜き通りに面してオープンテラス風の席(実際は雨が吹き込むことが多いのかガラス張りだが)もあり、少々車やオートバイの音が気にはなるが、晴れていれば明るい雰囲気の中で食事やドリンクを楽しむことができる。
 所在  クプクプジンバランスイート1F  電話    WEB  
 営業時間  7:00~23:00  予算  
チョコレート・カフェ

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ホテル&ヴィラジンバラン (Villa Bali Jegeg)  
海からわずか50mの場所に立地しているホテル。客室は広々としているが、高級ホテルに比べればやや小さい。
 所在  Jl. Pantai Sari, No.23  電話  (+62-361) 708-524  WEB  [1]
 e-mail  [2]
 時間    料金  US$85~


Mango Tree Villas  
集落の中心部にある、プライベートプールと庭が付いた、別荘形式の宿。ベッドルームが1つまたは2つのタイプの建物がある。ビーチへは約350m、その他マーケットや主要な寺院からも至近の距離にある。朝食及び毎日のクリーニング付き。
 所在  空港から4km。約7分。  電話  (+62-361) 701-844  WEB  [3]
 e-mail  [4]
 時間    料金  US$140~180

高級[編集]

クプクプジンバランスイート (Kupu Kupu Jimbaran Suites)  
ジンバランビーチの南端にあるリゾートホテル。2Fにあるスパが有名。木目調の部屋は広く清潔で、バルコニーもありゆったりとくつろぐことができる。朝食のほか、アフタヌーンティーのサービスあり。スタッフもとても親切で、シーフードレストランの予約や伝統芸能鑑賞など、現地でのアクティビティの相談などにも丁寧に応じてもらえる。ホテル付設のコーヒーショップやビーチクラブもなかなか洒落ている。1階はショッピングアーケードになっており、食事や買い物をここで済ますこともできる。
 所在  Jl. Bukit Permai, Banjar Pesalakan, Jimbaran  電話  (+62-361) 703342
 FAX  (+62-361) 704449
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  スイートルーム1泊$133~
クプクプジンバランスイート


アヤナリゾート&スパ(AYANA Resort & Spa)  
 所在    電話  (03) 5414-3481(東京オフィス)  WEB  [7]
 e-mail  [8]
 時間    料金  U.S$250~


フォーシーズンズリゾート(Four Seasons Resort Bay at Jimbaran)  
 所在  Jimbaran Denpasar 80361, Bali  電話  (+62-361) 701-010
 FAX  予約専用:(+62-361) 701-023
 WEB  [9]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  


インターコンチネンタルバリ(Intercontinental Bali Resort)  
 所在  Jalan Uluwatu 45, Jimbaran 80361  電話  (+62-361) 701-888
 FAX  (+62-361) 701-777
 WEB  [10]
 e-mail  [11]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「ジンバラン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。