何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

シェキ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
シェキ市

シェキ (Shaki, Sheki, Seki,Şəki) はアゼルバイジャンの北部に位置する、人口約63,000人を有する国内第4の都市である。アゼルバイジャンの首都であるバクーから約300Km程離れており、大カフカス山脈の南側に位置する。街の標高は約500mであり、坂の多い地形なので観て周るにはタクシーを利用すると便利である。


分かる[編集]

シェキ市の地図

歴史[編集]

元々の町は青銅器時代に出来たものであり、その起源は2,700年程前にまで遡るため、シェキにはたくさんの遺跡が残されている。シェキ市は元々キシュ川の右岸に発達した町だったが、1772年の豪雨による被害により町の中心が現在の左岸に移転し、その後シェキ州の首都となった。

古くから養蚕が盛んな街として知られており、1850年以降、シェキはアゼルバイジャンにおける養蚕の中心地である。かつての織機の動力は馬の力に頼るものであったが、19世紀半ば頃から工場の機械化が始まり、次第に蒸気機関が用いられるようになった。1854年にはカナバド絹布工場に42台の自動織機が導入された。1854年から1920年まで詩人のアシュグモッラヅマがシェキ市で働いていたこともある。絹織物の他にも、タバコや果物、植物などの輸出が盛んである。

1856年に18,000人だった町の人口は1897年に26,000人へと増加、その後も1908年に37,000人、1916年に52,000人と増加の一途をたどり、現在では63,000人あまりの人口を抱える。町の元々の名称は「ヌハ」だったが1960年に「シェキ」に変更された。

気候[編集]

  • — 山々の新緑が美しい。
  • インスブルックのようなさわやかな気候である。
  • — 昼間は暖かいが、夜は肌寒いのでジャケットや厚い毛布が必要。
  • — 寒いものの積雪が多いのは1月と2月だけである。


喋る[編集]

シェキは旅行客が多いが、日本語はもちろん英語もほとんど通じない。アゼルバイジャン語会話集をもっていくか、シェキに行く前にアゼルバイジャン語かロシア語、またはトルコ語を勉強しておくと良い。

シェキの方言はアゼルバイジャンの標準語と比べると少し速い。また、標準語の k の音が ch に置き換わることが多い他、シェキ特有の語彙が、標準語の語彙に代わって使われることも多い。

着く[編集]

飛行機で[編集]

現在シェキ市の空港は改装中で、5年後に完成予定。

列車で[編集]

シェキの駅は町の中部から5km離れており少し不便である。寝台列車は毎日運行しておりバラカンバクー間の寝台列車がシェキに停車する。

切符購入時にパスポートを駅員に見せる必要がある。クーペ(中級)以上の客車を利用するのであれば前もって切符を購入したほうがよい。料金はプラスカルド(一般クラス)で2.6AZN、クーペは3.6AZN、SV/Super Vagon(上級)は5AZNである。チケットカウンターの係員は相手が外国人旅行者の場合におつりをごまかそうとすることがよくあるので、切符購入の際にはおつりをよく確かめること。

切符の予約は電話で依頼することができる(Mr. Xemlet(ヘンレト氏)・電話番号050-672-5538、Mr. Arxan・電話番号055-672-5758)

シェキ駅へ行く電車
  • バクー(May 28th駅)発 - 22:20(毎日)
  • バラカン発 - 20:00(毎日)
  • ザガタラ発 - 21:00(毎日)
シェキ駅発の電車
  • バクー行き - 22:00(毎日)

タクシーで[編集]

空港の改装が終わって空路を利用できるようになるまでは、バクーからシェキ市へ行くにはタクシーが一番速い。所要時間は約5時間、料金は40AZNである。相乗りでタクシーに乗れば1人当たり10AZN程度で利用できる。


バスで[編集]

バスは道中、山道が多いために車体の大きさから自家用車やマルシュルットカと比べると時間が掛かってしまうのが欠点である。逆に乗り心地はマルシュルットカよりも良い。所要時間は約7時間、料金は6AZN。

マルシュルットカで[編集]

マルシュルットカ

マルシュルットカとはミニバスのことで、アゼルバイジャンの各都市とシェキのバスターミナル (avtovağzal) の間を結ぶ。バクーからの所要時間は6時間、料金は6AZN。マルシュルットカは車両と運転手によってそれぞれ状態が異なるため、利用するかどうかは慎重に判断する必要がある。

シェキのバスターミナルの切符売場営業時間は、平日が6:30~17:00と20:00~24:00、休日が10:30~11:30となっている。切符売場の電話番号は0177-4-46-17。切符売場の売り子はロシア語、トルコ語、アゼルバイジャン語を話すことができる。

シェキ・バスターミナル行きのバス・マルシュルットカの出発時刻
  • バクー発 - 9:40, 12:20, 17:30, 22:15(6AZN)
  • ガンジャ発 - 1:45(1.8AZN)
  • ミンゲチビル発
  • ガク発
シェキ・バスターミナル発のバス・マルシュルットカの出発時刻
  • バラカン行き - 10:10, 14:00
  • バクー行き – 1時間毎(6AZN)
  • ベリダ行き - 9:00, 11:30, 16:30
  • ブラグ行き - 6:30, 10:00
  • ガンジャ行き - 8:00, 8:30, 13:30(1.8AZN)
  • ケルダク行き - 13:00, 17:00
  • A クングト行き - 7:00, 13:00, 17:00
  • B クングト行き - 9:00, 15:00
  • ミンゲチビル行き - 6:50, 9:40, 13:00, 16:00(1AZN)
  • ナフテラン行き - 15:10
  • オグズ行き - 7:20, 10:30, 11:40, 13:20, 15:00, 16:00
  • クァヤバシ行き - 14:00
  • クェバラ行き - 6:50, 14:00
  • ショルス行き - 7:00, 13:00, 16:00
  • イェブラク行き - 10:30
  • ザクァタラ行き - 7:00, 9:00, 11:00, 11:40, 15:00, 16:30


動く[編集]

列車で[編集]

自家用車・レンタカーで[編集]

自動車も移動手段として有効だが、アゼルバイジャンで車を運転するのはとても危険なので避けた方が無難。公共交通機関かもしくはアゼルバイジャンに友人がいるような場合であれば友人の自動車に乗せてもらうとよい。

タクシーで[編集]

タクシーで街中に行く場合、料金は0.4~0.6AZN程度であり、市内の移動には一番楽な移動手段である。運転手に行き先を伝える際に、近年多くの道路が改名されてしまったために市内の住所と一致しない場合が多いため、住所よりも目的地の近くの有名な場所を伝えたほうが良い。

バス又はミニバスで[編集]

バスとマルシュットカ(ミニバス)は毎日7:00から20:00まで動いている。0.1AZNの運賃でほぼ全市に行くことができる。

営業路線
  • 1a — 絹布工場, ジヤリット, ラジオタワー, 郵便局, 病院, バスターミナル, グシュレック薬屋, パビリオン, オリンピックビル。
  • 3a — 新バザー, ラジオタワー, 絹布工場, 教育学大学, ハンサライ, ゲンジュリメヘル, 隊商宿,郵便局
  • 4 — 新バザー, K/Tアフドッブ, 病院, バスターミナル, 都市ガス事務所, パビリオン
  • 5 — 新バザー, バスターミナル, 古バザー, 絹布工場, グネシュザボッド, バグバンラル道
  • 6 — オフッド村
  • 7 — オリンピックビル, バスターミナル, 病院, 劇場, 古バザー, 絹布工場, 国立大学, ドッヅ
  • 8 — 新バザー, バスターミナル, 病院, 10番目学校の近く, 絹布工場, ドッヅ
  • 9 — 絹布工場, バスターミナル, オリンピックビル
  • 11 — 新バザー, バスターミナル, 古バザー, 隊商宿, ハンサライ, 子供病院, オリンピックビル
  • 14 — 新バザー, グシュレック薬屋, パビリオン, 11番目学校
  • 15 — キシュ村, ドッヅ, 新バザー
  • 17 — 子供病院, ハンサライ, 隊商宿, 古バザー, バスターミナル, 新バザー
  • 18 — バスターミナル, グユムルア, サラスケ クチェ, アスファルト工場, 新バザー
  • 22 — オリンピックビル, バスターミナル, 病院, 劇場, 古バザー, 隊商宿, ハンサライ, 子供病院

観る[編集]

歴史的に有名な場所[編集]

隊商宿 (キャラバン サライ)  
この建物はシルクロードを通って中国と行き来をする隊商のために、シェキ・ハーンによって建てられたもの。隊商の滞在地はアゼルバイジャン国内に5つあり、ここはそのうちの1つで18世紀から19世紀にかけて利用され、シルクロード上の隊商宿としてはカフカス地域全体で一番大きい。現在でもここでの宿泊や食事が可能で、建物内を見ることもできる。
 所在  Shaki, M.F.Akhundov Avenue 185.  電話  (177) 4-31-72  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
隊商宿


金曜モスク (ジュマ メシド)  
1745年に建造され、建物は見事な幾何学模様に覆われている。また、高さ40mの塔がある。
 所在  チェラビハンの近く  電話  —  WEB  [—]
 開場時間  —  料金  —
金曜モスク


シェキ・ハンの宮殿 (ハン サライ)  
キャラバンサライと並び、街の有名スポットの一つ。シェキハーン国の時代、時の統治者であるシェキハーンは夏の離宮として宮殿と庭の増築を行った。世界銀行金で2002年にハン王の夏宮を修復した。宮殿の敷地内には博物館と公園とティーハウスがあり、ここにいるだけで半日楽しく過ごすことができる。
 所在  —  電話  —  WEB  [—]
 開場時間  —  料金  80ケピック(1マナト=100ケピック)


絹工房 (イッペクコンビナット)  
シェキはシルクロードがある事に加え、過去4世紀に渡り様々な絹を生産してきた、上質な絹を生産してきたことで有名である。市の中部から絹工房まで徒歩でおよそ15分かかる。絹工房の近くに絹のお店があり、このお店の作品はバザーより安い。
 所在  —  電話  —  WEB  [—]
 開場時間  —  料金  —
絹工房

博物館[編集]

ヘイダル・アリエフ博物館  
前大統領ヘイダル・アリエフを記念した博物館で、彼に対する個人崇拝を不朽にしている。館内には彼に献呈された絵画・本・彫像などがたくさんある。
 所在  オリンピックビルの通りを挟んだ向い側にある。  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  10:00~17:00、無休。  料金  無料

遊ぶ[編集]

キシュのアルバニア教会
  • キシュ(Kiş) — シェキ市から5キロ程離れた場所にある村。キシュへ向かう道は玉石が敷き詰められた狭くてでこぼこした道であり訪れるのが大変であるが、美しいアルバニア教会(添付写真参照)を訪れる為だけでもこの山村を訪れる価値がある。アルバニア教会は伝説によれば1世紀末から2世紀初頭の『使徒の時代』にエリセウスによって始められ、元々異教の教会であったものを使徒教会に変えて開かれたものである。


ハイキング[編集]

アゼルバイジャンの北部には美しい景色を満喫できるハイキングコースが多々あり、シェキでも例外にもれずハイキングを満喫できる。

  • シェキ-キシュ-Gelersen-Gorersen要塞-シェキ — 行程22キロ (車で10キロ, ハイキングで12キロ)、6時間のコース。 このコースはシェキの市民会館からスタートし、キシュへ向かう15番か23番のバスに乗って終点まで行き、キシュから後は徒歩でGelersen-Gorersen要塞まで向かう。Gelersen-Gorersenまで徒歩で2時間かかる。
  • シェキ市-オルタゼジット-バスザイジット-フズヨル-ハンヤラギ-マルハル-シェキ市 – 46キロ (車で32キロ, ハイキングで14キロ); 最高時間13 時間。この通りにはアルバン教会とカニャラギ岳があり、マルハルにはレストランがある。マルハルからシェキへは車で行くことが可能。
  • シェキ市-バシュキュギュット-ビデイズ-シェキ市 - 55.5キロ (車で48.5キロ, ハイキングで 7キロ); 最高時間11時間。バシュキュギュットてアルバン教会遺跡を見た後、ハイキング通りで二つアルバン金石文は1番目から2番目まで5キロの間である。ビデイズに来れば車でシェキ市へ帰る。
  • シェキ市-オラバン-バシュケデック-ケシュナザル-ギュラガラ-シェキ市 – 82キロ (車で78キロ,ハイキングで4キロ); 最高時間12時間を掛かるつもりである.この道はケシュナザル谷底の間にあったあとでとても綺麗なパノラマがある。狩人の家で休憩した後で山に昔堅城を見てシェキ市へ帰る。

劇場と映画館[編集]

  • 劇場 (病院の北側0.5km)- 公演はアゼルバイジャン語で行なわれているが、アゼルバイジャン独特の文化の要素も入っており、興味深い。近くに喫茶店がある。


チングズグラブ映画館
  • チングズグラブ映画館 (ハンサライの通りから近い) この映画館は新しい映画館と博物館で週に二個映画を上映している。1つはアゼルバイジャンかトルコ映画、もう1つはヨーロッパ映画かアメリカ映画をアゼルバイジャン語かトルコ語に吹替えしたものを上映している。1切符は.4AZNである。映画館の全部は40AZNである。

案内会社[編集]

シェキ市家族旅行協会: 電話番号:0177-4-23-49 か612-65-64. この協会に添乗員は案内してあげます。

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

工芸品[編集]

絹布  
シェキはシルクロード上にある街で昔から絹の産地として養蚕業が盛んであった。市内の絹工房(ipək kombinat)では、絹を使った様々な工芸品が作られており、特に絹のスカーフ(kalagayi)が有名である。値段は物によって5~100AZNとある。
 所在  キャラバンサライのシルク工房かバザーで購入
絹布

郵便[編集]

アゼルバイジャン郵便局事務所
  • 国際郵便(葉書)の料金は0.8AZNである。


食べる[編集]

名産品[編集]

シェキ・ハルヴァ  
はちみつ漬けになった甘いパイ。
シェキ・ハルヴァ


シェキ・ピティ(壺シチュー)  
肉とひよこ豆が入ったシチューで、アゼルバイジャンの名物料理の一つだが、シェキのピティは特においしいらしい。

レストラン[編集]

カラバンサライレストラン  
シェキ市の隊商宿にある。
 所在    電話  4-48-14  WEB  
 営業時間    予算  4~6 AZN


チェラビハン  
シェキの中でもアゼルバイジャン料理がうまいと評判のお店の一つ。
 所在    電話  +994 177 429 20  WEB  
 営業時間  10:30~24:00  予算  3~5AZN
チェラビハン


イスタンブルレストラン  
このレストランはトルコ料理とケーキと色々な甘い物がメニューにある。
 所在    電話    WEB  
 営業時間  11:00-23:00  予算  4~6AZN


シェキサライホテルのレストラン  
シェキサライホテル内にあるレストランで西洋料理のお店。アゼルバイジャン料理を食べたかったらチェラビハンで食べた方が良い。
 所在  M.E.Rasulzade Street, P.O.Box AZ 5500  電話  +944 177 481 81  WEB  [1]
 営業時間  7:00~23:30  予算  

飲む[編集]

女性とハンサライ

欧米の女性達はハンサライの喫茶店に行けるが、一般的に女性はそのような喫茶店に行くことが許されていない。アゼルバイジャンでは女性が人前で物を飲むこともタブーである。

喫茶店/ チャイハナ

ハンサライの近くに屋外喫茶店がある。自分の好きな場所で飲みながらハルバが食べられる。

喫茶店 (全国にある) ベルを.5AZNで売っている。ボドカは1本2AZNである。

カフェ

一番美味しいコーヒーはシェキサライホテルのロビーにある。このホテルではカフェモカとカフェラテ、新しい飲み物のシェキハルバラテもあり、茶の種類も豊富である。

新バザーの隣にパン屋があり、地方の独特なパンとスイーツがある。近くにあるレストランでもここのスイーツとパンが食べられる。一番美味しいケーキは値段が高いスニッカツケーキである。

泊まる[編集]

安宿[編集]

Sheki B&B Association'  
シェキで最も安い宿であり、アゼルバイジャンの文化を知りたければ最も良い宿である。ロシア語とトルコ語とアゼルバイジャン語のみ通じる。
 所在    電話  (994) 050-612-6564  WEB  
 時間    料金  上級 - AZN3.20、中級 - AZN2.80、下級 - AZN2.40。

ホテル[編集]

キャラバンサライホテル (Hotel Yukhary - Karavansaray)  
18世紀に創立し、最近もリニューアルしている。50人が収容出来る大会議場、レストランと喫茶店と揚げ物屋もある。旅行期にはレストランに食料がが多い用意されているが、春と秋には少なくなる。
 所在  MF Axundov street 85, Old Town  電話  +994-277-448-14
 FAX  +994-277-448-14
 WEB  
 時間    料金  12~60AZN
キャラバンサライホテル


パノラマ・イン (Panorama Inn)  
この宿場からは町全体が見渡せる。食事は美味しいが、高級である。2人用の寝室が5室あり、寝室にはアゼルバイジャンの手工芸が置かれている。
 所在    電話  +994-50-622-9027  WEB  
 時間    料金  26~35AZN


シェキホテル  
 所在  町の中部にカペタル銀行の上にチェラビハンレストランの隣にあります  電話  050-318-3125
 FAX  +994-0177-42-488
 WEB  
 e-mail  [2]
 時間    料金  25~45AZN
シェキホテル


シェキ・オリンピック・コンプレックス (Sheki Olympic Complex)  
 所在    電話  0177-5-12-63
 FAX  0177-5-11-55
 WEB  
 時間    料金  40AZN
シェキ・オリンピック・コンプレックス


シェキサライホテル (Sheki Palace Hotel)  
このホテルは最も新しく高級で、高所得のアゼルバイジャン人や西洋人観光客を主に迎えているため、ロシア語と英語は通じるが日本語は通じない。寝室にはインターネットが完備されておりルームサービスもあり、運転手もいる。会議室と喫茶店とバーとレストランが1階にあり、2007年の中ごろに屋上に夜カフェができる予定。
 所在  M.E.Rasulzade Street  電話  (994) 177-48181
 FAX  (994) 177-47099
 WEB  
 e-mail  [3]
 時間    料金  40~200AZN
シェキサライホテル

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

緊急時の電話番号

  • 消防: 0177-101
  • 警察: 0177-102
  • 救急車: 0177-103
  • 市立病院: 0177-42-466

市立病院はシェキ中心部の近くにあり、劇場から見て、通りの向こう側にある。

ロシア語、アゼルバイジャン語またはトルコ語でないと医者と言葉が通じないので、これらの言葉を勉強しておく必要がある。

安全のために

  • 街灯が少なく、停電も頻繁にあるので、特に秋から春までは懐中電灯を携帯するほうが良い。
  • 夜は出歩かないほうが良い。電車ならば夜も比較的安全である。夜の道路は、窪みがあることがあり、車もライトを明るく点灯していないので、危険である。

出かける[編集]

シェキ市から3つの都市へ移動する事ができる。

  1. ガクの方に行けばイリスと言うレジャーランドに行く事ができ、ザガタラバラカンを経由してグルジアに入国できる。
  2. ガンジャはアゼルバイジャンの第二の都市で、バスで向かうことができる。
  3. バクへ向かう途中にオグズの竹を見ることができる。


この記事「シェキ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版