何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

シアトル

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
シアトル中心部

シアトル (Seattle) は、太平洋岸北西部最大のワシントン州の都市である。ピュージェット湾とキング郡のワシントン湖の間に位置し、郡庁所在地であり、エリオット湾を見下ろすシアトルは、エメラルドシティ (The Emerald City) という愛称を付けられている。シアトルは、全体を豊富な常緑樹で覆われ、東のカスケード山脈と西のオリンピック山脈の壮大な眺めを持つ、湿った緑の宝石である。太平洋岸北西部の文化とビジネスの中心であるシアトルとその周辺地域には、スペースニードル、ボーイング社の航空機組み立て工場、アメリカ任天堂、スターバックス、ワシントン大学だけでなく、活気に満ちたアートシーンと優れた公園システムがある。


地区[編集]

  • バラード (Ballard)
  • ベルビュー (Bellevue)
  • ベルタウン (Belltown)
  • キャピトル・ヒル (Capitol Hill) 
  • ファースト・ヒル (First Hill)
  • フリーモント (Fremont) 
  • グリーンレイク (Green Lake)
  • インターナショナル・ディストリクト (International District)
  • レイク・ユニオン / イーストレイク (Lake Union/Eastlake)
  • マディソン (Madison)
  • マグノリア (Magnolia)
  • マーサー・アイランド (Mercer Island)
  • フィニー・リッジ (Phinney Ridge)
  • パイク・プレース・マーケット (Pike Place Market)
  • パイオニア・スクエア (Pioneer Square)
  • クイーン・アン (Queen Anne)
  • シアトル・センター (Seattle Center)
  • シアトルダウンタウン (Seattle Downtown)
  • ソードー (Sodo)
  • サウス・レイク・ユニオン (South Lake Union)
  • ユニバーシティ・ディストリクト (University District)  
  • ユニバーシティ・ビレッジ (University Village)  
  • ウォーリングフォード (Wallingford)  
  • ウォーターフロント (Waterfront)
  • ウェスト・シアトル (West Seattle)

分かる[編集]

概要[編集]

シアトルは、大ざっぱにいうと、主な顧客にサンフランシスコを持つ天然の水産業、林業や石炭鉱業で潤っている。1916年に設立されたボーイング社は、天然資源が枯渇したシアトル都市圏の主要産業に成長する。ボーイング社の地域の強力な経済的な依存は、70年代初期の恐ろしい結果のオイルショックとSST(超音速旅客機)のキャンセルをもたらす事になる。最新の25年間以上のこの地域は、マイクロソフトの資金の大規模な流入により少ない種でより発展することになるが(他のソフトウェアやバイオテクノロジも同様に)、パイオニアスクエアは現在でも元のドヤ街である。

またシアトルは、ワシントン大学(州最大の単一キャンパスで、研究助成金を年間10億ドル以上受け取る)だけでなく、複数の小さな大学の存在に相当影響を受けている。シアトルは、アメリカ北西部の金融、公衆衛生、そして司法制度の中心でもある。

気候[編集]

海洋性気候のため、1年を通じて穏やかな気候である。夏の平均気温は24℃前後、比較的湿度が低く、からっとした陽気が続く。冬の平均気温は5℃前後~12℃前後と、内陸部に比べればそれほど冷え込まない。シアトルは雨が多いことでも有名(但しそのほとんどは小雨や霧雨である)。旅のベストシーズンは7月頃~9月頃。

シアトルの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)5.06.38.010.113.316.018.618.716.211.57.44.911.3
降水量 (mm)130.9105.894.967.344.637.720.626.645.881.1148.3143.7947.3
データ出典

観光案内[編集]

シアトル観光局 (Seattle Convention and Visitors Bureau) は、2カ所に窓口を設け運営を行っている。

  • シアトルビジターセンター (Seattle Visitors Center and Concierge Services) —  所在  7th and Pike. ワシントン州コンベンション&トレードセンター内 (the Washington State Convention and Trade Center) 。  時間  9:00~17:00(冬季 月~金)。  WEB  [1]
  • マーケット・インフォメーションセンター (Market Information Center) — サービスは、上記のビジターセンターよりも限定される。  所在  1st and Pike. 南西角。  時間  10:00~18:00。無休。

着く[編集]

飛行機で[編集]

シアトル・タコマ国際空港(Seattle-Tacoma International Airport、愛称 Sea-Tac - シータック)はアメリカ北西部最大の空港で、日本からの直行便が多い。成田発なら9時間で到着する。

空港からシアトル市内へバスで向かう場合は、空港ビルの南端にあるターミナルのBay 2から194番または174番のバスに乗る。料金は$1.5と極めて安価。つまり1ドル札とクォーター(25セント硬貨)2枚を準備する必要がある。ターミナル近くにはコインを手に入れる手段が無いので、そこに行く前に空港内の売店で新聞など買ってクォーターを手にしておこう。アメリカでは何かとクォーターが無いと困る場面が有るが、日本では紙幣しか手に入らないので空港に着いたときに入手すると良い。(バス料金はピーク時は$2.25になる。入り口に表示されるのですぐ分かる。)

空港ビルを出てすぐの道路は、タクシーの到着あるいは自家用車のためにあり、タクシーを捕まえる事は出来ない。タクシーを利用する場合は、空港ビル前の道路の上をまたぐ渡り廊下で向かいのビルに行く必要がある。市内まで状況にもよるが約$30、25分くらい。 何人かで共同利用するバンも出ているが、利用するのにある程度の会話力が必要な事、タクシーと比べてさほど料金が変わらない事から、個人的にはタクシーのほうをお勧めする。 シアトルの人々は、概して非常に親切である。分からない事があったら一人で立ちすくんでいるより拙い英語でも、とにかく聞く方がはるかに良い結果になるだろう。

列車で[編集]

アムトラック (Amtrak) は西海岸沿いの路線を運行している。アムトラック・カスケーズ (Cascades) [2] はシアトル、ポートランド間に毎日4往復(2往復はシアトルとポートランド経由ユージーンまで運行されている)運行され、1往復はブリティッシュコロンビア州バンクーバーまで行っている。カスケーズ・コーリダ (Cascades corridor) 路線は、カリフォルニア州ロサンゼルスからの長距離旅行(車中1泊)で1時間は遅れる、長距離列車コースト・スターライト (Coast Starlight) よりも、より速く定時性がある。

加えて、エンパイアー・ビルダー (Empire Builder) はミネアポリスとグレーシャー国立公園 (Glacier National Park) 経由シカゴまで毎日運行されている。他の3つのアムトラック大陸横断列車と違い、ビルダーは、時刻表にかなり近い形で運行されている。

シアトルのキングストリート駅 (King Street Station) [3] はセーフコ・フィールドに近い、ダウンタウンの南側に位置している。

車で[編集]

州間高速道路5号線 (I-5) はシアトルの中央部を北から南へ横断する。州間高速道路90号線 (I-90) はシアトルの州間高速道路5号線インターチェンジから遠いボストンまで続いている。州間高速道路405号線 (I-405) はワシントン湖 (Lake Washington) の東側を州間高速道路5号線と平行に走っている。シアトルは、とりわけラッシュ時に渋滞がひどいと知られた都市(ロサンゼルス、ニューヨークに続いて3番目になる)である。

バスで[編集]

  • グレイハウンド (Greyhound) [4]のシアトル・バスターミナルは、ダウンタウンの中核の北東部のStewart St.に位置している。
  • クイック・シャトル (Quick Shuttle) [5]は、シアトルとバンクーバー間を運行している。シアトルのダウンタウン(ベストウエスタンのそば、200 Taylor Ave N)とシーテク空港(メインターミナルの手荷物受取所の南側、ドア00、ベイズ11~16)に停留所がある。バンクーバーからシアトルのダウンタウンまでの運賃は片道$36、往復$65、バンクーバーからシーテクまでの運賃は片道$49、往復$87である。

船で[編集]

  • ワシントン・ステート・フェリー (Washington State Ferries) — シアトルのダウンタウンからベーンブリッジ島 (Bainbridge Island) 、ブレマートン (Bremerton) 、パション島 (Vashon Island) につながり、シアトルの西部からパション島、キトサップ半島 (Kitsap Peninsula) のサウスワース (Southworth) につながっている。すべてのフェリーは、シアトルのダウンタウンとパション島間のフェリーを除き、車と旅客の両方を扱っている。  所在  801 Alaskan Way Pier 52.  電話  (+1-206) 464-6400  WEB  [6]
  • ビクトリア・クリッパー高速双胴船フェリー (Victoria Clipper high speed catamaran passenger ferries) — シアトルからカナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリア、シアトルからサンファン諸島までつながつている。  WEB  [7]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

スペース・ニードル (Space Needle)  
1962年にシアトルで行われたワールドフェアのシンボルとして建てられた。シアトルのランドマークであり、展望台やレストランなどの施設がある。
 所在  400 Broad St.モノレール駅近く  電話  (+1-206) 905-2100  WEB  [8]
 開場時間  展望台は日~木が9:00~22:00、金・土が9:00~24:00。  料金  大人$14。


パイクプレイスマーケット (Pike Place Market)  
1907年オープンのシアトルの台所。代表的な観光地でもある。また、スターバックス一号店があることでも有名。
 所在  ダウンタウン、1st.Ave  電話  店により異なる。  WEB  [9]
 開場時間  Pike Place/1st Avenue level:月~金:10:00~18:00、日:11:00~17:00。DownUnder stores:毎日11:00~17:00。  料金  


シアトル美術館 (Seattle Art Museum)  
通称SAM。入り口前に「ハンマーを持つ男」という巨大なオブジェがある。
 所在  100 University Street  電話    WEB  [10]
 開場時間    料金  


シアトルアジア美術館 (Seattle Asian Art Museum)  
シアトル美術館の系列美術館。
 所在  1400 East Prospect Street Volunteer Park  電話  (+1-206) 654-3100  WEB  [11]
 開場時間  火~日:10:00~17:00、木のみ21:00迄、月曜休み。  料金  大人$5。


ワシントン大学 (University of Washington)  
米国西海岸の代表的大学の一つ。地図を事前によく見ないとまず一度は迷ってしまう位、とにかく広く、緑も豊かな大学である。キャンパス中心部のQuadに3月ごろ咲く桜は見事。由緒ある建物から新しい建物までが調和している。
 所在    電話    WEB  [12]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

University of Washington (UW)
University Districtに構えるワシントン大学が有名である。
図書館群は非常に充実していて、各学部の図書館のほか全学共通の24時間開いている図書館もある。(シアトルらしく、カフェも併設され夜遅くまでカフェインを供給?している)医学、法学などは全米でもトップ級の評価を受ける。学生街はアブ(Ave、正式の通りの名前はUniversity way)を中心に広がり、数多くの飲食店が軒を連ねる。特に、テリヤキ、ベトナム、中華を中心としたアジア系のジャンルが充実しており、味も秀逸。これは、シアトルがアジア系の住人が多いことを反映している。また、アブにあるUniversity Book Storeには、ワシントン大学のマスコットであるシベリアンハスキーの絵柄を取り入れたマグカップや衣料品が用意してあり、お土産にはもってこい。Ave周辺にはスターバックスから地元密着系のものまでさまざまなカフェがあり、学生はそれぞれ気に入ったカフェに通う。ワシントン大学に留学している人(特に独身者)は、このAveから西に広がるアパートの多い学生街に住むことが多く、実際に試験の情報交換やパーティなど徒歩で出来るので便利である。

買う[編集]

食べる[編集]

シアトル周辺は基本的にアジア料理が充実している。寿司などもうまい。アジア料理といえば、 日本人観光客ならほとんどが訪れるシアトルマリナーズの本拠地、セーフコフィールドは、International District/China Townのすぐ近くで、容易に歩いていける距離である。ナイトゲームなら試合の前、 (試合後は多くの店が終わっていると思われる)昼の試合なら試合後にでも訪れるのも面白い。横浜 などにある中華街などとはかなり雰囲気が違う。異国アメリカで生きるために助け合って生きている 人たちを垣間見る事が出来る。そんな人たちが主に出身国ごとに、あるときはビジネスの話、あるときは 談笑のために集まり、ちょっと故国の事も思い出す、そんな場所である。 International Districtには、日系スーパーの宇和島屋が有り、日本食をそろえることには全く苦労しないですむ。シアトルマリナーズの城島がシアトルを選んだのは、奥さんがここを見て満足したのが決め手だったと言う。併設の紀伊国屋書店シアトル店はかなりの大きさ。日本人以外のアジア系住民も多く食材を仕入れに来るので、中国語の本なども多く置いてある。

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

カフェ[編集]

シアトルはスターバックス、シアトル・ベストコーヒー(現在はスタバーの子会社)、タリーズの発祥の地であるが、この他にも多数の地元経営のコーヒーショップがある。


スターバックス一号店  
世界のいたる街角でみかけるスターバックスの一号店。すべてはこの一店舗から始まった。一号店の特徴として、トレードマークが他店舗と異なることなどがある。
 所在  パイクプレイスマーケット内  電話  (+1-206) 448-8762  WEB  
 営業時間  7:00~18:00。  料金  $


カフェ・ヴィタ (Caffé Vita Capitol Hill)  
シアトルのホテル、飲食店にコーヒー豆を卸しているコーヒー豆卸売会社が作ったコーヒーショップで、焙煎工場に併設して設けられた2階建ての旗艦店舗である。無料 WiFi。この他に4店舗を展開している。
 所在  1005 East Pike St.  電話  (+1-206) 709-4440  WEB  [13]
 営業時間  月~金 6:00~23:00、土~日 7:00~23:00。  料金  $


ゾカ (Zoka Greenlake)  
スターバックスで長年働いていた人が独立して作ったコーヒーショップで、自家焙煎を行っている。無料WiFi。グリーンレイクの他に2店舗を展開している。
 所在  2200 North 56th St.  電話  (+1-206) 545-4277  WEB  [14]
 営業時間  毎日 6:00~0:00。  料金  $


カフェ・ベラ (Caffè Bella)  
カフェ・ヴィタがローストしたオーガニック・コーヒー豆を使用しているカフェである。夜はアルコールも飲め、毎週木曜日の夜はライブが催される。無料WiFi。
 所在  2521 Fifth Ave. スペースニードル近く。  電話  (+1-206) 441-4351  WEB  [15]
 営業時間  月~水 6:00~20:00、木~金 6:00~23:00、土 8:00~23:00、日 9:00~15:00。  料金  $


ローカル・カラー (Local Color)  
カフェ・ヴィタのコーヒー豆を使用しているパイクプレイス内の大型コーヒーショップである。一ヶ月交換で絵画の展示を行っている。
 所在  1606 Pike Place.  電話  (+1-206) 728-1717  WEB  [16]
 営業時間  毎日 6:00~21:00。  料金  $

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

気を付ける[編集]

パイクプレイス・マーケットやパイオニアスクエア地区周辺では、浮浪者や麻薬常用犯による犯罪被害が発生しているので、夜間の一人歩きや人通りのない通りを歩くのは極力避けるようにする。

暮らす[編集]

在シアトル総領事館  
ワシントン州の他にモンタナ州、アイダホ州の一部を管轄しいている領事館。
 所在  601 Union Street, Suite #500.  電話  (+1-206) 682-9107  WEB  [17]
 時間  月~金 9:00~11:30、13:00~16:30。  料金  各種証明書、旅券等有料。

出かける[編集]



Wikitravel Shared Logo シアトルに関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「シアトル」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト