何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ゴラクプール

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

ゴラクプール (Gorakhpur)[1]インドウッタル・プラデーシュ州にある人口675,000人の都市である。


分かる[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

ゴラクプール空港が市の中心から15キロの場所にある。定期便がデリー、ラクナウ、バラナシ、アラバード、バンガロール、ムンバイ間にある。 [2]

列車で[編集]

ネパール国境の町スナウリに近いためか始発/終点の列車が多い。

駅ビルには三つの出入口があり、それぞれが列車のクラスに対応している雰囲気になっている。建物に向かって左側の出入口は一番広く、混雑して混乱している。中央部は比較的落ち着いて小綺麗である。右の入口は小さめで、この出入口から入ってすぐ右側にエアコン付きの清潔な待合室がある。

エアコン付きの待合室は、並んで共用、男性用、女性用に分かれているが、男性用の部屋に女性が入ることは問題ないようで、夫婦が座っていた。部屋に入るには搭乗券の提示を求められる。「エアコン付き二段ベッドの寝台乗車券」では問題なく入ることができた。また、待合室専用のトイレも付いていて、一般向けに比べて清潔で混雑もしていない。

駅の建物から出て、敷地内の左側に駐車場があり、そこからネパール国境の町スナウリへのタクシー/乗り合いタクシーの乗り場がある。

接続先[編集]

マハラシュトラ州

  • ムンバイ - 往復する列車が一日数本ある。
    • ゴラクプール発:19時30分、その他。
  • プネー - 往復する列車が週に1便ある。その他の場合は、ムンバイ間の列車とカリヤン(ムンバイから2時間)で乗り換える。
    • ゴラクプール発:土曜日
    • プネー発:木曜日16時15分、ゴラクプール到着土曜日早朝1時(情報:2007年12月)(執筆者の列車は3時間遅れの4時に到着した)

車で[編集]

ネパール[編集]

ネパール国境の町スナウリまで、タクシーで二時間ほど。料金は軽乗用車を借り切って800ルピー。乗り合いタクシーでは一人100ルピーだが、定員の倍程度を押し込むので、一人で二人分払ったり、二人で三人分払ったりして、ゆったりと座席を確保した方が良い。押し込まれても1時間ほどで一度休憩が入るので、それほど辛くはない。

タクシーはゴラクプール駅の出入口から出て、敷地内の左側に駐車場があり、そこでタクシーに乗れる。

バスで[編集]

動く[編集]

タクシーで[編集]

バスで[編集]

  • クシナガル(仏教四大聖地の一つ、ブッダ入滅の地)経由の便がバス乗り場から出ている。所要時間1~2時間。

船で[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

暮らす[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「ゴラクプール」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト