何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

コッコン

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

コッコン (Koh Kong) は、タイの国境に隣接しているカンボジアの街である。


分かる[編集]

気候[編集]

乾季である11~3月がベストシーズンとされる。1月の朝は26度くらいで過ごしやすいが、3月から6月まではかなり暑い。6月から10月までは雨期だが一日中降雨ではなく、たまにスコールが来る程度で青空も多い。

着く[編集]

飛行機で[編集]

かつてコッコンには空港がありプノンペンからの定期便があったが、現在は運休中で空港も荒れている。国際空港として再開する計画はあるが、具体的には決定していない。 バンコクからトラートの空港までバンコクエアウエイズの飛行機が就航しており、トラートから国境まで向かうことが出来るので、急いでいる場合は利用価値がある。


車で[編集]

バンコクの空港から国境まで、メータータクシーで1,800バーツで来たという日本人もいたが、ほとんどの場合はバスで向かう。

バスで[編集]

タイのバンコクからは長距離バスでトラートまで行ってミニバス (110B) に乗換え、ハートレックで国境を越えて、バイクタクシー(モトドップ)で10分程度走るとコッコンに到着する。これが最短ルートである。

コッコンとシアヌークビル間には、ゲストハウスが運行するミニバスがある。またプノンペンとの間にもミニバスが運行しているが、乗客がいる時だけの運行であり、コッコンのゲストハウスやホテルで問い合わせが必要。

2008年8月現在、コッコンとプノンペン、シアヌークビル間に大型バスが運行されている。 2社のバスが走っていて、シェムリアップまでの通しチケットも購入可能。以前にあった4本の川渡しフェリーも 橋の完成により廃止され、プノンペンまでの所要時間は4時間少々にまで短縮された。 バンコクからプノンペンまでの陸路としては最短距離になる。 チケットの購入は、コッコンのnetkhmer internet cafeで可能。燃料料金高騰の関係で料金は流動的。

船で[編集]

シアヌークビルとコッコン間は、高速船が就航している(所要時間4時間)。

  • コッコン発シアヌークビル行きはAM8:00発
  • シアヌークビル発コッコン行きはPM12:00発
  • 料金は2007年2月、$20に値上げされた(ゲストハウスなどでは多少割引販売されている)。
  • バスの運行により旅客が減少し、2010年4月にフェリーは廃止された。

動く[編集]

バイクタクシーで[編集]

コッコンタウン内はバイクタクシー(モトドップ)で事足りる。料金は距離制で最低10バーツから、ただし燃料高騰の関係で料金は流動的。乗車前に必ず料金を確認することが必要。

モトドップの貸切[編集]

ガソリン代を別清算にして1日$3程度でモトドップを貸切できる。 周辺の海岸や滝などの観光地は比較的距離があるので、この方法をお勧めしたい。 ただし、貸切の場合はドライバを良く選ぶことが大切。少数ではあるが悪質なドライバもいる。特にホテルと両替は自分で行き先を決めることが大切。

足で[編集]

  • コッコンタウン内は徒歩で十分に観光できる。市場の南側にある携帯電話ショップで自転車をレンタルできる。
  • ホテルによってはバイクもレンタルできる。警察官も多い街だが、バイクに乗っていて停止を求められることは少ない。
  • 税金シールを張っていないバイクは停止を求められ罰金を払うことになるので、バイクをレンタルする場合は良く確認すること。日本人がバイクを運転する場合、法規上は国際運転免許が必要だが、免許の提示を求められたという話は聞かない。しかし事故を起こした場合には問題になると思うので、国際運転免許は所持したほうが良い。
  • 道路交通法の改正で、自分でバイクを運転するときはヘルメットの着用が義務つけられた。たまに取り締まりをしているので十分留意すること。ただし後部座席に乗車する場合はヘルメットの着用義務はない。

観る[編集]

マングローブ林  
コッコンの周辺に国立公園に指定されたマングローブの林がある。また近隣の小島はすべてマングローブで鬱蒼と覆われており、圧巻。

遊ぶ[編集]

カジノ  
国境のカンボジア側にはカジノがあり、外国人であれば入場して遊ぶことができる。このカジノは治安的に安全と思われる。


釣り  
コッコンの中心を流れる大きな川「コッコン川」で釣りが出来る。淡水・海水混合地域なので、川魚と海魚の両方が釣れる。また、引き潮になると蟹も取れ、子供連れでも楽しめる。

買う[編集]

胡椒が特産物だが、グレードがあり素人の購入は難しい。小エビを天日で乾燥させたものが有名で、ビールのつまみに良い。

外貨両替[編集]

  • 市場南側にあるRATHA Money Exchange & Transferが良い。店の主人は親日家でもある。個人両替商はおそらく20人以上いるがレートはまちまち。タイバーツ・米ドル・ユーロ・カンボジアリエルの両替が容易、日本円を含むその他の通貨も両替可能だがレートに満足できない。特にバイクタクシーなどのガイドに連れていかれる両替商は恐ろしいくらいにレートが悪いのでお勧めしない。
  • 銀行は2支店が営業している。そのうち1つACLEDA Bank Plc.にはATMがあり、VISAカードでのキャッシング (USD) が可能。しかし、ATM cash advancesではチャージ料が2~5%かかる。コッコンブリッジから山側に進み、約100m先の交差点にある。

食べる[編集]

コッコンで食べることのできる「鯉の洗い」

安食堂[編集]

現地人相手の安い食堂は多くあるが、安くて美味い店を探すためには現地人に聞くのが良い。外国人価格が存在するので、現地の人が幾らで食べているかを確かめたり、また注文の際に料金をしっかり聞くことが必要。市場内や周辺には多くの食堂や露天食堂がある。豚焼肉ごはん、クイッティオ麺などが安くておいしい。特にパックロン行きのボート乗り場から道路を挟んで向いにある無名のクイッティオ屋はおいしい。朝から午前中までの営業。

中級[編集]

高級[編集]

高級レストランはホテルに併設されたものと、独立営業のものがあるが、コッコンはカンボジア人にとっても海鮮料理が安く食べれるところとして有名で、お盆や旧正月などは、すべてのホテルやゲストハウスがカンボジア人で満室になるほど繁盛する。 料金はプノンペンやバンコクと比較してとても安い。

飲む[編集]

コッコンではタイのビールがとても安く飲める(タイより安い)。これは酒税の関係だと思われるが、酒好き日本人がここを気に入る理由でもある。カンボジア産のビール(Ankor, Anchorなど)も旨いが、料金はタイのビールとさほど変わりがない。レストランで飲むと少し値段が上がるので、日本人長期滞在者は個人商店や大きめのスーパマーケットでまとめ買いし、冷蔵庫に入れておいて飲むというスタイルが一般的。

町の北側にカラオケ街があり女性がたくさんいるが、料金体系が不明瞭なのでお勧めしない。街の中心から西側には若者向けのディスコもあり、深夜まで現地人で賑わっている。

泊まる[編集]

コッコンには多くのホテルやゲストハウスがある。1泊$1程度の安宿もあるが日本人では耐えられないだろう。中級以上の宿泊施設を選び、長期滞在なら色々見学して良いところに移りながら自分にあったところを探したほうが良い。

安宿[編集]

中級[編集]

Sammross KohKong GuestHouse  
とても新しく、4階建てのゲストハウス。地元の建材屋さんが作った家族経営のゲストハウスでもある。1Fは建材や金物の販売店舗。屋上はとても眺めが良く、市場にも近くて街中では最高のロケーション。エアコン、ホットシャワー完備。インターネットカフェまで歩いて2分という距離。
 所在    電話  (855)16 48 48 86  WEB  [1]
 e-mail  [2]
 時間    料金  1泊$15程度。


Rasmay Buntan Guest House  
日本人の利用が多い。隣に親日なインターネットカフェ(netkhmer internet cafe)があるので、長期滞在の日本人が多い。このゲストハウスはモトドップで乗りつけるとバックマージンを取られるので、直接宿に行き料金を交渉すること。
 所在    電話    WEB  
 時間    料金  1泊150B程度。


Cham Pa Koh Kong Guest House  
少々高いが、新しい木造のゲストハウス。
 所在    電話  (+855) 35-936-060  WEB  [3]
 e-mail  [4]
 時間    料金  $10~$20。


Kiwi Koh Kong guesthouse  
欧米人が多く、オーナーが良く変わる。フェリー乗り場の前。2008年8月現在、オーナと名前が変わった模様。
 所在    電話    WEB  
 時間    料金  

高級[編集]

Koh Pich Hotel  
広くて清潔なホテル。ガーデンが整備されていて長期滞在向け。
 所在  Village 1,Smach Meanchay Commune,Smach Meanchay District,Kohkong Province,CAMBODIA  電話  (+855) 35-936-114  WEB  [5]
 e-mail  [6]
 時間    料金  $15~$25。


Sea Side 2000 Resort  
川のほとりにあるバンガロー形式のホテル。オーナーはタイ語OK。
 所在  Neang Kok Village,Paklong Commune,Modoul Sayma District,Kohkong Province, CAMBODIA  電話  (+855) 11-27-96 27  WEB  [7]
 e-mail  [8]
 時間    料金  $15~$30。


Oasis bungalow resort  
欧米人が経営しており、たいへんフレンドリー。少し遠いが、送迎してくれる。コッコンで唯一殺菌浄化機付きのプールがある。欧米料理を食べることができる。ビリヤード・ドリンクバー・エアコン完備。
 所在  KohKong Cambodia  電話  (+855) 16331556  WEB  [9]
 e-mail  [10]
 時間    料金  $15~$20。


Koh Kong City Hotel  
一番新しいホテルで、全室バスタブ・ホットシャワー付き。インターネットで割引クーポンを入手できる。川沿いに面したロケーション抜群のホテル。
 所在  1 Villege,Smach Meanchey, Koh Kong ,Cambodia  電話  (+855) 35-936 777  WEB  [11]
 e-mail  [12]
 時間    料金  $15~$30。


BoPha Koh Kong Hotel  
手頃な価格のホテル。
 所在  1 Village, Smach Meanchay Commune, Smach Meanchay District, Koh Kong Province.  電話  (+855) 35-936-073
 FAX  (+855) 35-936-073
 WEB  [13]
 e-mail  [14]
 時間    料金  $12~$20。


Asean Hotel  
政府要人も宿泊するホテル。価格は安く、レストランは有名。
 所在  #2 Village, Smach MeanChay Commune Smach Mean Chay Distrivt, KohKong Province Cambodia  電話  (+855) 35-93-6667  WEB  [15]
 e-mail  [16]
 時間    料金  $10~$30。

連絡する[編集]

インターネットカフェは3軒あるが、Net Khmer Internet Cafe (DSL利用のインターネット。パソコンスクールでもある。)以外の店は技術が低く、速度も遅いのでお勧めしない。 日本や海外へのインターネット電話もここで可能。印刷やデジカメのデータ移動、CDへの焼き付けなどにも応じてくれる。 携帯電話の電波は強力で、日本の携帯電話のローミングで通話やSMSの利用が可能。場所によっては(近郊のパックロンなど)タイの携帯電話の電波も拾え、タイの携帯電話での利用も可能。

出かける[編集]

この記事「コッコン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版