何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

キルギスタン

提供: ウィキトラベル
アジア : 中央アジア : キルギスタン
移動先: 案内検索

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航を延期、あるいは退避の検討・準備をするよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2015/07/22現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航の是非を検討するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2015/07/22現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から十分注意するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2015/07/22現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。


Chui vers alaarcha.jpg
国旗
キルギスタンの国旗
基礎データ
首都 ビシュケク
通貨 ソム
面積 198,500km²(日本の約2分の1)
人口 540万人(2012年:国連人口基金)
言語 キルギス語ロシア語
国際電話番号 +996
ドメイン .KG
時間帯 UTC +6


キルギスタン ( Кыргызстан, Kyrgyzstan ) は中央アジアに位置する旧ソ連邦の内陸国。 正式国名はキルギス共和国である。 北はカザフスタン、南東は中国、南西はタジキスタン、西はウズベキスタンと接する。


地方[編集]

キルギスタンの地図

都市[編集]


その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

歴史[編集]

17~18世紀頃までにキルギス人の民族形成が進行

18世紀後半~19世紀前半 コーカンド・ハン国による支配

1855年~1876年 ロシア帝国に併合

1918年 ロシア連邦共和国内の一部としてトルキスタン自治ソビエト社会主義共和国成立

1990年12月15日 「キルギスタン共和国」に改名、国家主権宣言

1991年8月31日 国家共和国独立宣言

1993年5月 国名を「キルギス共和国」に変更

国民[編集]

民族[編集]

キルギス系(75%)、ウズベク系(14.3%)、ロシア系(7.2%)、ドウンガン系(1.1%)、ウクライナ系(0.3%)、その他ウイグル系、タタール系など(2011年:キルギス統計委データ)

宗教[編集]

主としてイスラム教スンニ派(75%)、ロシア正教(20%)、その他(5%)

キルギス人と日本人の関係 (?)

キルギスタンには、「キルギス人と日本人は昔、兄弟で、肉が好きな者はキルギス人となり、魚が好きな者は日本人となった。」という俗説がある。現地ではポピュラーな言い伝えのようで、日本の外務政務次官がキルギス大使館の開館セレモニーでそれを紹介しつつ、『キルギスの方々の間では「大昔、キルギス人と日本人が兄弟で、肉が好きな者はキルギス人となり、魚が好きな者は東に渡って日本人となった。」と言われていると伺っており、またキルギス人と日本人は顔が、そっくりであるともよく聞いています。』と述べたりもしている。在京キルギス大使館の開館



気候[編集]

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC +6)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。 2005年8月12日より、タイムゾーンがUTC+5からUTC+6に変更された。サマータイムは実施されていない。

着く[編集]

ビザ[編集]

2016年現在、日本国籍を持つ者はビザ不要。

2016年11月4日より、新しい滞在登録制度が始まり、5日以上滞在する場合はレギストラーツィア(滞在登録)をしなければならなくなった。登録費用120ソム。登録を行わなかった場合は10000ソムの罰金が科せられる。「大使館からのお知らせ(新滞在登録制度に関するお知らせ)」 (11月4日より前に入国していた場合は、登録不要。)

飛行機で[編集]

ビシュケクとオシの空港に国際便が就航している。

列車で[編集]

ビシュケク駅にロシアからの国際列車が発着している。モスクワ及びエカテリンブルグ発。どちらもカザフスタン経由。エカテリンブルグからの列車は、途中アスタナシュを通る。

車で[編集]

バスで[編集]

アルマトイのサイラン・バスターミナルからビシュケク行き国際マルシュルートカが出ている。1500テンゲ (2016年秋)。

船で[編集]

動く[編集]

全体的に山がちの国で、交通事情はあまり良くない。鉄道はビシュケクから西方面にしか伸びていないので、バスや乗り合いタクシーでの移動が主となる。ビシュケク→オシ間は航空便も飛んでいる。

喋る[編集]

国語はキルギス語。キルギス語とロシア語が事実上の公用語。英語は観光産業以外ほとんど通じない。

買う[編集]

キルギスタンの通貨単位はソム (сом)。2016年11月8日現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = сом66.6сом1.00 = ¥1.5
$ 米ドル$1.00 = сом68.5сом1.00 = $0.0014
€ ユーロ€1.00 = сом74сом1.00 = €0.013

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

ビシュケクの街中には沢山の両替商がいて、ドル、ユーロ、カザフスタン・テンゲなどが両替できる。店によっては人民元、ロシア・ルーブルも両替可能。日本円は、まず両替できないと思った方が良い。国際キャッシュカードが使えるATMも多い。

紙幣は5000ソム、1000ソム、500ソム、200ソム、100ソム、50ソム、20ソム。硬貨は10ソム、5ソム、3ソム、1ソムが主に流通している。10ソム以下の紙幣は硬貨に取って代わられているため、ほとんど見かけることはない。

補助単位のトゥイン ( тыйын ) もあるが、2016年現在ほとんど使われていない。

物価[編集]

食べる[編集]

ピロシキ  
キルギス風ピロシキ

飲む[編集]

ジャム入り紅茶  
暖かい紅茶にジャムを入れて飲む。キルギスではポピュラーな飲み方で、家庭ではごく一般的に飲まれている。

泊まる[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

  • 首都のビシュケク市では、外務省から「十分注意してください」と発表されている。いずれにせよ、渡航は延期した方が安全かと思われる。 ( 平成27年 ( 2015年) 7月22日現在 )

健康を保つ[編集]

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

在キルギス日本国大使館 (Embassy of Japan in Kyrgyz Republic)  
 所在  г. Бишкек, ул. Раззакова, 16  電話  (+996)-312-300-050, (+996)-312-300-051, 緊急:(+996)-555-775319
 FAX  (+996)-312-300-052
 WEB  [1]
 時間  領事窓口 9:00~12:30 13:30~17:00。土日・日本・キルギスの祝祭日休館。  料金  各種証明書、旅券等有料。

外部リンク[編集]

この記事「キルギスタン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。