何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

カールズバッド洞窟群国立公園

提供: Wikitravel
北アメリカ : アメリカ合衆国 : 南西部 : ニューメキシコ州 : カールズバッド洞窟群国立公園
移動: 案内検索
カールズバッド洞窟群国立公園

カールズバッド洞窟群国立公園(カールズバッドどうくつぐんこくりつこうえん)はアメリカ合衆国ニューメキシコ州にある国立公園。


分かる[編集]

歴史[編集]

風景[編集]

動植物[編集]

気候[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

エルパソ国際空港が最寄りの大きな空港だが、カールズバッドまで直線距離でも200㎞はある。エルパソ国際空港は、西海岸の都市への便は就航していないので、中西部の都市を経由するのが、日本からの最短コースである。

列車で[編集]

アムトラックのエルパソ駅が最寄り。ロサンゼルスから約16時間ほどかかる。週3便と本数も少ない。

バスで[編集]

グレイハウンドが、西海岸やエルパソ周辺の都市へのバスを運行している。

車で[編集]

空港や駅などは全てエルパソにあるので、そこからはレンタカーで行くしかない。周りにサボテンが広がる場所を3時間30分ほど走ると、カールズバッドに到着できる。また、ガスステーションがほとんどないので、必ずガソリンは満タンに入れること。

料金/許可[編集]

動く[編集]

観る[編集]

ビッグルーム (Big Room)  
その名の通り、大きな空間。サッカー場が14面も入るほどの大きさだという。地上から一気にエレベーターで下りることができ、移動は楽。「トーテムポール」や「人形劇場」「底なし地獄」「妖精の国」など、鍾乳石がつくりだした様々な自然の彫刻を見ることができる。


コウモリの飛翔穴  
カールズバッドは、洞窟の大きさも大きいが、コウモリの数も多い。夜になると、そのコウモリが一斉にエサを求めて地上に出る。夏には79万匹も出てくるというが、昔は870万匹もいたのだそう。コウモリが洞窟が出てくる時間帯にはレンジャーによる解説もあり、おもしろい。

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

ランチルーム  
地上から伸びるエレベーターの出口の近くにある。地下230mの深さにあり、ランチタイムには食事もできる。洞窟内のレストランは珍しいので、ぜひ利用しておくべき(?)

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

キャンプ[編集]

野宿[編集]

気を付ける[編集]

洞窟内では、以下のことが禁止されている。

  • 鍾乳石に触れることは禁止。
  • ガムを食べることは禁止。
  • 洞窟内は全て禁煙。

出かける[編集]

この記事「カールズバッド洞窟群国立公園」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト