何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

カンボジア

提供: Wikitravel
東南アジア : カンボジア
移動: 案内検索



アンコールワット
国旗
カンボジアの国旗
位置
カンボジアの位置
基礎データ
首都 プノンペン
政体 立憲君主制
通貨 カンボジア・リエル (KHR)
面積 181,035km²
水面積率: ○○%
人口 13,363,421人
言語 クメール語
宗教 仏教(一部少数民族はイスラム教)(外務省サイトより引用)
電気 120・220V 50Hz A・C型プラグ
国際電話番号 +855
ドメイン .kh
時間帯 UTC +7



カンボジア (Cambodia) は東南アジアインドシナ半島南部に位置する国。正式名称は、「カンボジア王国(Kingdom of Cambodia) 」である。 [1] [2]


地方[編集]

カンボジアの地図

都市[編集]

その他の旅行先[編集]

  • アンコール遺跡 - カンボジアを代表する世界遺産。最寄の都市はシェムリアップ
  • トゥール・スレン虐殺博物館 - ポルポト政権下に刑務所として使用され、収容者が多数虐殺された建物を利用した博物館(観る参照)。


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

祝日[編集]

カンボジアの祝日(2014年)は以下のとおり(カンボジア政府観光局のページなどの情報をもとに編集)。日本の祝日に加え、カンボジアの休日も在日カンボジア大使館は休館となるので、ビザの申請の際は注意。

  • 1月1日:インターナショナルニューイヤー(新年)
  • 1月7日:虐殺政権(ポルポト政権)からの解放の日
  • 2月14日:ミアック・ボーチャー祭(万仏節)
  • 3月8日:国際婦人の日
  • 4月14日~16日:カンボジア正月 ※移動祭日
  • 5月1日:国際労働者の日(メーデー)
  • 5月13日~15日:シハモニー国王誕生日祭
  • 5月17日:春耕節(農耕祭) ※移動祭日
  • 6月1日:国際子供の日
  • 6月18日:ピサック・ボーチャー祭(仏誕節/釈迦生誕日)&モニク前王妃誕生日
  • 9月24日:憲法記念日
  • 9月21日~23日:プチュン・バン(万霊日/お盆) ※移動祭日
  • 10月15日:シハヌーク前国王他界記念日
  • 10月23日:カンボジア和平パリ協定締結記念日
  • 10月29日:シハモニ国王即位記念日
  • 11月5日~7日:水祭り ※移動祭日
  • 11月9日:独立記念日
  • 12月10日:国際人権の日

時差[編集]

時差早見表 (UTC +7)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く[編集]

カンボジアでは観光ビザをオンラインで申請することのできるe-Visaシステムを導入している。カンボジア王国 公式電子ビザ e-Visa

決済はクレジットカード、発行されたビザはメールで受け取り、印刷して携帯する。但し、プノンペン国際空港とシェムリアップ国際空港を除き、e-Visaでの入国ができない国境もあるので事前に確認しておくこと。なお、政府の公式サイト (http://www.mfaic.gov.kh/) 以外のURLは詐欺サイトの可能性があるので注意。

また、プノンペンとシェムリアップの空港をはじめ、ほとんどの国境でビザを申請することができる。申請者数にもよるが、おおむね10分程度でビザを取得できる。

飛行機で[編集]

首都プノンペン空港、シェムリアップ空港にタイ、ベトナムなど周辺諸国からの定期便が就航。

カンボジアの航空会社であるシェムリアップ航空はバンコクや香港からの路線を運航していたが、2008年11月に危ない航空会社としてEU域内乗り入れ禁止航空会社のリストに掲載され、現在は運休中。シェムリアップ航空

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

バンコク東バスターミナルからトラート行きに乗車、トラートからミニバスに乗車してコッコンの国境に。コッコンで1泊し、ここから大型バスでプノンペンに到着というコースが現在の陸路最短コースであり、安全なコースでもある。バンコクのカオサン通りでチケットが発売されているポイペト国境経由はトラブルが多い。

船で[編集]

ベトナムチャウドックからメコン川を遡上し、国境を通過してプノンペンに至る高速ボートも数社が運営している。

動く[編集]

都市間の移動はバスが中心となっている。

市街ではバイクタクシー、トゥクトゥクが中心。4輪タクシーはそう多くない。

プノンペン~シェムリアップ間に水上バスが運行されている。 また、コッコン~シアヌークビル間には海上フェリーが運航されており、欧米人には有名。

喋る[編集]

公用語はクメール語。フランス語、英語は観光地などで部分的に通用する。

買う[編集]

カンボジアの通貨単位はリエル (KHR (៛ ))。2006年10月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = KHR (៛ )48.6588KHR (៛ )1.00 = ¥0.0206
$ 米ドル$1.00 = KHR (៛ )4012.5KHR (៛ )1.00 = $0.0002
€ ユーロ€1.00 = KHR (៛ )5265.8044KHR (៛ )1.00 = €0.0002
฿ タイ・バーツ฿1.00 = KHR (៛ )0.0076KHR (៛ )1.00 = ฿131.2991

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

非常に見づらいが、カンボジア・リエルの通貨記号は、「៛ 」である。

紙幣の更新が進まず、銀行で両替した場合にも使い古された紙幣が多数混じる。 USドルがいたる所で流通しており、旅行者がリエルを積極的に使用する必要はない。1USD=4,000リエルで、$1以下の支払いにリエルが利用されることが多い。USでのセントのようなもの。ATMではUSDしかおろせない場合がある。 コッコンのようなタイ国境周辺では、タイ・バーツという通貨が流通しており、そのまま利用することができるので現地通貨への両替の必要はない。

物価[編集]

社会情勢に呼応して物価も不安定である。旅行者にとってはUSドルとの交換レートが一応の目安となる。

観光地であるシェムリアップでは、全体的に物価高の傾向にある。日用品などはプノンペンなどで入手するほうが安価。

食べる[編集]

フランス植民地の名残でパンが美味。路上の屋台でフランスパンに肉などを挟んだサンドイッチが売られている。

また、かぼちゃの本場だけあって、くりぬいたかぼちゃの中に生クリームを入れたかぼちゃプリンも美味。

飲む[編集]

メコンウィスキーを自国で醸造しているが、質は良くない。ビール類は近隣国のブランドが流通。

泊まる[編集]

プノンペン[編集]

王宮周辺に外資系ホテルなどが立ち並ぶ。バックパッカー向けの格安ホテルも市内に多数あるが、衛生や防犯に問題のあるホテルも多い。

シェムリアップ[編集]

外資系ホテルのほか、個人経営の清潔なホテル、ペンションが多数ある。国内でもっとも観光地化されているので、宿泊に困ることはまずない。

シアヌークビル[編集]

ビーチリゾートを名乗っているが、宿泊施設は開発段階にある。

コッコン[編集]

タイと国境を接する静かな町。シーフードが有名で、週末には都市部のカンボジア人で賑わう。長期滞在の日本人も多い町。

学ぶ[編集]

プノンペン大学など高等教育機関があるが、多くの教育機関や人材がポルポト時代に壊滅、粛清されたため、教育のレベルは発展途上にある。

プノンペン市内には市民向けの語学教室が多く、外国人でも安価に英語やフランス語などのレッスンを受講できる。

働く[編集]

国外企業の現地法人など。国連やNGOがスタッフやボランティア要員を募っていることがある。

気を付ける[編集]

地域を問わず銃器類が多く出回っており、銃器による犯罪も多い。プノンペン中心部であっても、夜間の外出は非常に危険である。

大都市や観光地では、ほとんど地雷の撤去が進んでいるが、国境付近や東部辺境地域などではまだ残っているので、うかつに未開の遺跡や村などを訪れないようにしたい。ドクロマークにDanger Minesと書いてある立て札がある場所に、絶対に近づいてはいけないのは当然だが、辺境地域でドクロマークがないところは「すでに地雷撤去が終わったのか、まだ地雷撤去に取り掛かってすらいないかのどちらか不明である」場合があるらしいので、訪れる際は現地の事情を良く知るガイドなどを必ず付けること。

健康を保つ[編集]

衛生状態は良くなく、食堂の飲食物でも場合によっては食中毒を起こすことがある。感染症にも注意が必要。 特に近年この地域では蚊を媒介にする(デング熱)が流行しているので、蚊に刺されないような対策が重要。

マナーを守る[編集]

歴史的にベトナムに対する悪感情がある。アオザイや藁傘(ノンラー)などベトナムを連想させるものを身に着けることは、地元民との間に無用のトラブルを招くことがあるので避けること。

連絡する[編集]

カンボジアではインターネットの利用が首都はもとより地方でも整備されてきた。携帯電話の電波は地方でも良く接続できる。日本のソフトバンクやドコモの国際携帯電話を持参すれば、ローミングで通話やSMSの利用が可能。


この記事「カンボジア」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト