何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

カナイマ国立公園

提供: Wikitravel
ボリバール州 : カナイマ国立公園
移動: 案内検索
カナイマ国立公園にあるエンジェル・フォール

カナイマ国立公園 (Canaima National Park) はベネズエラボリバール州(Boliver State)のサバンナ地帯(ラ・グラン・サバナ、Gran Sabana)にある自然公園である。


分かる[編集]

カナイマ国立公園は、世界一高いエンジェルフォールがあるギアナ高地を擁する自然公園である。1994年にユネスコ世界遺産に登録された。

歴史[編集]

20億年から14億年前の先カンブリア時代に堆積した土地が隆起した大地が、侵食によりテーブル状の山(テーブルマウンティン、テプイ)となったもので、ギアナ楯状地と言われている。テプイは下界から急峻な崖で隔離されている為、その上部には特異な動植物が見られる。

風景[編集]

テーブル状の楯状地と、そこから流れ落ちる滝が有名。

動植物[編集]

テプイの上には、特異な進化を遂げた動植物が見られる。有名なのは「飛べないカエル」で、これはカエルが跳べるように進化するまえのものが取り残されたと考えられている。

気候[編集]

熱帯地方であるが、雨季(5月ー11月)と乾季(12月ー4月)がある。

着く[編集]

公園への入口はは、西北のカナイマ(Canaima, CAJ)および東南のサンタ・エレーナ(Santa Elena de Uairen, SNV )であり、カラカス(Caracas, CCS)、シウダード・ボリバール(Ciudad Bolivar, CBL)、プエルト・オルダース(Puerto Ordaz, PZE)から飛行機(セスナ)便がある。サンタ・エレーナへはブラジルから陸路で入ることも出来る。

料金/許可[編集]

国立公園の入園料は、約400円。空港到着時に支払う。

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

エンジェルフォール(Angel Fall, Salto Angel)観光、及び テブイの一つロライマ山(2,810m)への登山やヘリツアーが有名。セスナでの周遊飛行もある。

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

キャンプ[編集]

野宿[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「カナイマ国立公園」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト