何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

エクアドル

提供: ウィキトラベル
南アメリカ : エクアドル
移動先: 案内検索

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航を延期、あるいは退避の検討・準備をするよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2016年04月30日現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。


注意: ジカウイルスによる疾病が、ここエクアドルにも発生しています。罹患されることを最大限に避けるためにも、妊娠の予定または妊娠中のかたは渡航を中止することを強くおすすめします。(特に新婚旅行)なお、ジカウイルスに罹患した場合クレジットカード付帯の医療保険が適用されるかは、そのクレジットカード会社へと予め確認しておいてください。



Reventador.jpg
国旗
エクアドルの国旗
位置
エクアドルの位置
基礎データ
首都 キト
政体 共和制
通貨 米ドル ($ / USD)
面積 283,560km²
水面積率: ○○%
人口 13,212,742人
言語 スペイン語
宗教 主にカトリック教(外務省サイトより引用)
電気 115・120・220V 60Hz A・B3・C・O型プラグ
国際電話番号 +593
ドメイン .EC
時間帯 UTC -5


エクアドル (Ecuador) は南アメリカにある国。 西は太平洋に面し、北東はコロンビア、南東はペルーに接する。 国名はスペイン語で赤道を意味し、その名の通り赤道直下に位置する。

なお、正式名称は、エクアドル共和国 (Republic of Ecuador) である。


地方[編集]

エクアドルの地図

都市[編集]

  • キト ( Quito ) - 首都。エクアドル第2の都市。赤道に最も近い100万人を越える都市でもある。標高2850mの高所にあり赤道付近にもかかわらず冷涼。
  • グアヤキル (Guayaquil ) - エクアドル最大の都市であり、最大の港湾都市。
  • クエンカ ( Cuenca ) - 南部にあるエクアドル第3の都市。16世紀頃の面影が残る街並みが世界遺産に登録されている。

その他の旅行先[編集]

  • オタバロ(Otavalo):キトからバスで2時間ほど北にある小さな町。


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC -5)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

※但し、ガラパゴス諸島UTC -6

着く[編集]

飛行機で[編集]

日本からの直行便はなく、アトランタヒューストンなどアメリカのハブ空港を経由していくことになる。国際空港があるのは首都のキトグアヤキルだが、キトの方が国内外各方面からの路線が集中しており、利便性が高い。

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

出発する[編集]

空路でエクアドルを出国する場合、出国税として40.8ドル(2009年12月現在)がかかる。チェックイン後、発行してもらったボーディングパスを持って支払い窓口に行って出国税を支払うと、パスの裏側に収入証紙が貼付される。

動く[編集]

喋る[編集]

公用語はスペイン語

買う[編集]

通貨[編集]

エクアドルの通貨単位はUSドル ($)。2014年3月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = $0.0097$1.0 = ¥103.28
$ 米ドル$1.00 = $1.0$1.0 = $1.0
€ ユーロ€1.00 = $1.3875$1.0 = €0.721
£ 英ポンド£1.00 = $1.6713$1.0 = £0.5983

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

紙幣は米国のドルがそのまま流通している。高額紙幣を目にすることはまずなく、普段使われているのは$1~$20までの紙幣がほとんどである。コインについては米国のセント硬貨と自国発行のセント硬貨が混在している。エクアドルのセントも米国のセント硬貨それぞれと大きさや重さはほぼ同じだが、デザインが異なる。エクアドルのセント硬貨は国内でのみ使用可能。

物価[編集]

エクアドルでは消費税率が12%であり、レストランなどでは別途それに10%のサービス料が加算されるため、実際の請求額はネットの価格+22%になる。メニューなどは税抜きの価格で書かれていることがあり、気をつけていないと予算オーバーになることがあるので注意。

食べる[編集]

ソパ・マリネラ (Sopa marinera)  
カニやエビ、アサリ、ムール貝、イカ、タコ、魚の切り身など、シーフードをふんだんに使った、少々香辛料の効いたスープ。これにライムを絞って食べる。味付けはさっぱりしていてとてもうまい。これだけでも結構ボリュームがあるが、付け合せに塩味の効いたライスなどをつけてもよい。エクアドルの郷土料理というよりも、むしろ南米の海沿いの地方で広く食べられているメニューの一つである。
 所在  国内各地
ソパ・マリネラ

飲む[編集]

泊まる[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

健康を保つ[編集]

高山病に注意
  • 国の真ん中あたりを南北に標高5,000~6,000m級のアンデス山脈が縦走したような地形をしており、キトをはじめとする街はその山々の合間、標高約2,500m前後かあるいはそれよりも高いところに造られていることが多い。このため、旅行中に高山病の症状が出ることがある。それら高地へ旅行する場合、到着後1~2日くらいは精力的に歩き回るなどの無理な行動は控えた方がよい。
時差と食事に関する注意
  • 食事についても現地の高度や時差に慣れるまではあまり重たいメニューはとらないように気をつけたい。エクアドルと日本は14時間の時差があり、エクアドルのお昼時は日本の深夜2時頃、夕食時は朝の9時頃にあたる。そんな時間に富士山の7~8合目に相当する土地でステーキを食べたらどんな状況になるか、推して知るべしであろう。
低地に関する注意
  • アマゾンなどの低地の場合、黄熱病の汚染地域に指定されているところがあるので、そのような場所へ旅行する場合は、あらかじめ検疫所等で黄熱病の予防接種を受けておくとよい。また、黄熱病の指定地域を経て第三国に入国する場合、予防接種証明書(イエローカード)カードの提示が求められることがあるので、証明書の発行も受けておくこと。

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

国際電話[編集]

日本→エクアドル
00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 593 (エクアドルの国番号) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。日本#国際電話も参照。
  • 001 KDDI (固定電話)
  • 0033 NTTコミュニケーションズ
  • 0041 ソフトバンクテレコム
  • 0046 ソフトバンクモバイル
  • 005345 au
  • 009130 NTTドコモ
エクアドル→日本
00 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。

郵便[編集]

インターネット[編集]

この記事「エクアドル」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。