何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ウクライナ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航を延期、あるいは退避の検討・準備をするよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2014年03月20日現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から十分注意するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2014年03月20日現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。

Kiev Ukraine Saint Sophia Cathedral.jpg
国旗
ウクライナの国旗
位置
ウクライナの位置
基礎データ
首都 キエフ
政体 共和制
通貨 ウクライナ・フリヴニャ (UAH)
面積 603,700km²
水面積率: ○○%
人口 47,732,079人
言語 ウクライナ語
宗教 ウクライナ正教及びウクライナ・カトリック教。その他、イスラム教、ユダヤ教等。(外務省サイトより引用)
電気 127・220V 50Hz A・B・C・SE型プラグ
国際電話番号 +380
ドメイン .UA
時間帯 UTC +2


ウクライナ (Ukraine) は東ヨーロッパに位置する国。 南は黒海を介してトルコ、北はベラルーシ、東はロシア、西はポーランドスロバキアハンガリールーマニアモルドバに接する。


地方[編集]

都市[編集]

ウクライナの地図



その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

歴史[編集]

1991年にソヴィエト連邦より独立。

国民[編集]

ウクライナ人、ロシア人、ユダヤ人、ルーマニア人、クリミア・タタール人等。

気候[編集]

祝日[編集]

時差早見表 (UTC +2)
日本の時刻01 234567891011121314151617181920212223
現地の時刻 17 18 19 20 21 22 23 012345678910111213141516

※表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。
サマータイム (summer time, daylight saving time, DST) 実施期間中の表の読み替え方は以下のとおり。

  • 表中の日本の時刻欄からそれに対応する現地の時刻を見る場合、現地の時刻に1を加える
    (例)日本の時刻欄から見た現地の時刻が9時→サマータイム期間中の現地の時刻は (9+1=) 10時
  • 表中の現地の時刻欄からそれに対応する日本の時刻を見る場合、日本の時刻から1を引く
    (例)現地の時刻欄から見た日本の時刻が9時→現地がサマータイム期間中の対応する日本の時間は (9-1=) 8時

着く[編集]

飛行機で[編集]

日本からはロシア、フィンランド、トルコ、オーストリア、ウズベキスタン等を経由する便がある。ロシア、トルコを経由する便の中には首都キエフ以外の都市にフライトを持つものもある。

列車で[編集]

近隣諸国からの国際便は整備されている。EUやロシア、ベラルーシからも出ている。

車で[編集]

バスで[編集]

国際バスも充実。西欧諸国からも何便もある。

船で[編集]

夏期はトルコのイスタンブール−オデッサ間に黒海を通じるフェリーが出ている。2泊3日。また、グルジア、ブルガリア、ルーマニア等のその他黒海沿岸の諸都市へも移動可能。

動く[編集]

喋る[編集]

公用語はウクライナ語だが、一般的にはロシア語も広く通じる(西部地域ではウクライナ語、首都および東・南部ではロシア語が主流)。また、クリミア自治共和国では、クリミア・タタール語も地域語として定められている。 英語の普及率は西欧に比すると低いが、近年は都市部の若者世代にはある程度通じるようになった。

買う[編集]

ウクライナの通貨単位はフリヴニャ (₴)。2011/12/26現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = ₴0.103₴1.00 = ¥9.7063
$ 米ドル$1.00 = ₴8.0266₴1.00 = $0.1246
€ ユーロ€1.00 = ₴10.4869₴1.00 = €0.0954

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

物価[編集]

近隣諸国に比べれば、物価は安い。ただし、観光客が少ない都市が多いので、宿泊施設の整備が遅れ、施設に比べて宿代を高く感じる場合はあるだろう。食事は美味しく、安価でたくさん食べることができる。

食べる[編集]

ウクライナの食べ物はスープ類が豊富である。


ボルシチ  
代表的な料理のひとつである。
 所在  所在


ヴァレヌィク  
代表的な料理のひとつである。
 所在  所在


サロ  
代表的な料理のひとつである。
 所在  所在

飲む[編集]

ウォッカ(宇語ではホリルカという)にウクライナ独特の物がいくつかある。唐辛子入りが有名。その他、ハチミツから作ったもの等もおいしい。

泊まる[編集]

ガイドブックには少ないが、安価なゲストハウスはインターネットで見つけられる。ただし、キエフは格別に高い。

学ぶ[編集]

どの都市でも、ウクライナ語、ロシア語を学ぶ機会は豊富にある。ウクライナ語なら首都か西部が良い。

働く[編集]

気を付ける[編集]

健康を保つ[編集]

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

ウクライナは5542万7千人の携帯電話加入者がおり、これは122%の普及率に相当する (July 2012)。 規制当局は NKRZ

ランク 事業者 通信規格 加入者数
(単位:百万)
経営 日本からのローミング
1 Kyivstar GSM (GPRS, EDGE) 25.16 ("Beeline Ukraine""Golden Telecom"の加入者を含む) Vimpelcom (100%) docomo, au
2 MTS GSM (GPRS, EDGE)
CDMA2000, CDMA2000 EV-DO
19.496 (July 2012) MTS (100%) docomo, ソフトバンク, au
3 life:) GSM (GPRS, EDGE) 7.720 <ref name="business.ua"/> (2012) Turkcell (55%), SCM Holdings (45%) ソフトバンク, au
4 Intertelecom CDMA2000, CDMA2000 EV-DO 1.313 (July 2012) (with ITC)
5 TriMob UMTS,HSDPA (一部で "Kyivstar" のネットワークを使用) 0.916 (July 2012) Ukrtelecom (100%)
6 PEOPLEnet CDMA2000, CDMA2000 EV-DO 0.821 (July 2012) Telesystemy Ukrainy
7 ITC (CDMA.ua) CDMA2000, CDMA2000 EV-DO Intertelecomと経営統合


日本からの現地回線レンタル[編集]

この記事「ウクライナ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト