何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ウィーン

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
ミヒャエル広場 (Michaelerplatz)

ウィーン (独 Wien / 英 Vienna) はオーストリア共和国の首都。


分かる[編集]

国会前の像

概要[編集]

650年続いたハプスブルク帝国の都として繁栄し、多民族国家の帝都として文化の隆盛を極めた。芸術や工芸品にその傾向が顕著に見られる。元のウィーンは城塞都市であり、旧市街(現在の1区に相当)は城壁で囲まれていた。フランツ・ヨーゼフ皇帝により城壁は撤去され、現在のウィーンの都市(23区)へと発展した。(城壁の跡に沿って、リンク通り/トラム1・2番線が走ってると考えてよい。)

気候[編集]

ウィーンの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)0.11.65.710.015.218.220.119.815.310.04.61.510.2
降水量 (mm)37.138.146.051.261.670.168.858.553.440.250.344.8620.1
データ出典

観光案内[編集]

  • ウィーン市観光局 — 日本語でかなりの情報提供を行なっている。  所在  Obere Augartenstraße 40.  電話  (+43-1) 211-140  FAX  (+43-1) 216-8492  WEB  [1]
  • 宿泊案内 (Wien-Hotels & Info) — オーストリア・ドライバー協会から最優良の案内を受けれると評価されている、市観光局の宿泊案内サービスである。  電話  (+43-1) 24-555  FAX  (+43-1) 24 555-666  時間  9:00~19:00  e-mail  [2]

また、以下の案内所にて各種サービスを受ける事ができる。

  • ウィーン観光案内所 (Tourist-Info Wien) — アルベルティーナ広場に設けられているこの案内所では、オペラ座のラストミニット・チケットや他の劇場の半額当日券の販売を行なっている(現金支払い、予約不可)。  所在  Wien 1, Albertinaplatz / Maysedergasse. ウィーン国立オペラ座裏。  電話  (+43-1) 24-555  FAX  (+43-1) 24 555-666  時間  9:00~19:00
  • ウィーン空港観光案内所 (Tourist-Info Flughafen Wien) —  所在  到着ロビー。  時間  6:00~23:00

着く[編集]

飛行機で[編集]

ウィーン国際空港があり、東欧へのゲートウェイとしての機能も。入国カード記入は不要。

空港とウィーンミッテ駅を結ぶシティエアポートトレイン(CAT)が便利で、所要時間16分ほど。また、空港と市内を結ぶリムジンバスもある。市内へは車で20〜30分ほど。

ウィーン国際空港 (Flughafen Wien-Schwechat)( IATA: VIE) は、市街のすぐ外側、Schwechatから南東へ数マイルに位置する。Vienna Airport

この空港は、

の2つの企業が空港の拠点としている。

ほとんどのヨーロッパの航空会社と、多くの大陸をまたぐ航空会社が、それぞれのハブ空港からウィーンへの直行便を運行している。しかしながら、オーストリア航空だけがアメリカニューヨークトロントワシントンD.C.プンタカーナ)へ飛び、北イングランドとアフリカ (エジプトリビアチュニジアを別にして) からは、乗り換えが必要。

列車で[編集]

ハンガリーブダペストチェコプラハスロバキアブラチスラヴァドイツニュルンベルクなどから鉄道でウイーンに入ることができる。ウィーン市内には、以下の玄関駅がある。

  • マイドリング駅 南駅休止後、本駅開業までの暫定ターミナル。ハンガリークロアチアスロヴェニア方面からの長距離列車はこちらに到着する。なお、都心から離れており、都心へは地下鉄のU6・U4系統でのアクセスとなる。
  • 西駅(Westbahnhof) 南駅休止以降、ウィーン最大のターミナルとなっている(2013年時点)。ドイツザルツブルク方面からの長距離列車・近郊列車のターミナル。
  • ジンメリンク駅 小駅であるが、チェコ方面からの長距離列車が停車する。都心へは地下鉄のU3系統が直通している。
  • フランツヨーゼフ駅 チェコ南部やトゥルン方面からの長距離・近郊列車が停車する小規模なターミナル。
  • 中央駅(Mitte) 一番都心に近い近郊列車の駅。ノイシュタット、ミステルバッハなど南部・北部からの近郊列車が中心で、ウィーン空港方面の列車もこちらに到着する。
  • 本駅(Hauptbahnhof) かつての市内最大ターミナル、南駅に代わって建設中の新ターミナル駅だが、現在は暫定開業中のため近郊列車しか発着しない。スロバキア方面からの近郊列車が到着するのはこの駅。

車で[編集]

バスで[編集]

国際長距離バスがウィーンにアクセスしている。パッケージツアーで隣国との往来をする際にも、バスが多用される。

船で[編集]

ドナウ川に沿って、ブダペストブラチスラヴァからも入国できる。MAHART passnave社の水中翼船で5〜6時間ほど。

動く[編集]

地下鉄で[編集]

地下鉄の路線図

市内に5路線ある。駅の自動販売機(タッチパネル式では英語表示可)で乗車券を購入できる。トラムと共用の「24時間乗車券」が便利。最初の利用時に、駅で利用開始時刻を刻印してから24時間有効。24時間乗車券は、所謂1日乗車券とは違って、24時間以内であれば日を越せるので経済的。

自動改札機は無く、ホームに向う入口にある青い刻印機に乗車券を入れる。全ての駅が無人改札なため、無賃乗車が可能に思えるが、検札が抜き打ちで行われており、乗車券を持っていなかったり、あるいは乗車券に刻印がされていないと、不正乗車とみなされ多額の罰金を取られるので注意。

なお、72時間利用可能のウィーンカード( €16.9)もある。ウィーンカードは地下鉄・トラム・バスの市内交通機関が乗り放題だけではなく、王宮や美術館の割引特典もあるので便利。ホテルや観光案内所などで購入できる。

トラムで[編集]

1、2番線が旧市街を囲むようにリンク通りに沿って運行してるので、観光に便利。扉は自動開閉ではないので、停車場に着いた際に扉にあるボタンを押して開ける。地図を参照して運航経路を確認できれば、市内の隅々まで運行してるので便利。地下鉄に比べると怖い感じはしない。

バスで[編集]

タクシーで[編集]

車両はメルセデスベンツ。メーター使用であり、ボラれる心配は無い。

船で[編集]

馬車で[編集]

noframe

リンク周辺などで観光用の馬車が走っている。実用的な移動手段ではないが、雰囲気を楽しみたい人にはおすすめ。

歩いて[編集]

観光名所は1区に集中しており、徒歩による観光がかなり大きな役割を占める。治安も良好なので、常識的な行動範囲では、特に怖い思いはしない。(女性連れの観光客も多い。)

トラム(路面電車)が多く走っている都市なので、車以外にトラムとの交通事故には細心の注意が必要。また、馬車が多いところでは、路上の糞に気をつける。

観る[編集]

王宮  
ハプスブルグ帝国時代の王宮。王宮の遺産や、エリザベート皇后に関する展示品がある。ミヒャエル門にチケット売場があり、ハプスブルグ家の銀器コレクション、エリザベート皇后の博物館(Sisi Museum)、皇帝と皇后の各部屋の3点がシリーズになっており、順路に従って見学できる。無料の日本語のオーディオガイド有。ハプスブルグ家の銀器コレクションには、金で覆われた銀器や磁器コレクションも含まれる。Sisi Museumは意図的に暗い照明であり、通路も狭いので盗難には注意。また、オーディオガイドの案内番号も暗いので見落とさないように。皇帝と皇后の各部屋は(シェーンブルン宮殿と比べて)公開室数は少ないものの、保存が綺麗であり質は高い。
 所在  トラム1、2番Brugring下車または地下鉄U3線Herrengasse駅下車  電話  -  WEB  [4]
 開場時間  10:00-18:00  料金  €7.5
王宮


シェーンブルン宮殿  
ハプスブルグ帝国時代の夏の離宮。ユネスコ世界遺産。宮殿正面の入口にチケット売場があり、宮殿内部のフランツヨーゼフ皇帝やエリザベート皇后の各部屋が見学できる。無料の日本語のオーディオガイド有。内部見学には部屋25迄(Imperial Tour)と部屋40迄(Grand Tour)の2種類ある。なお、王宮と共通割引のSisi Tickectがあるので、両者を見学する場合には経済的なので上手く活用したい。宮殿内部は壮麗であり、ハプスブルグ家の栄華が偲ばれる。なお、宮殿内部はウィーンきっての観光スポットのため、米国等からの集団旅行客のガイドツアーにぶつかると騒々しいので要注意。また、宮殿の背後にある広大な庭園は無料で散策できる。庭園形式は非常に美しく、丁寧に手入れされた木々の配列に沿って路が展開している。観光客用の馬車が走ってるので、接触事故だけでなく足元の落とし物(馬糞)にも気をつけたい。庭園には、ローマ遺跡やチロル庭園、日本庭園、動物園もある。温室の前にある日本庭園は日本とオーストリア友好で設置されたもので、茶室を再現している。しかし、あまりにも貧相かつ寂れていて観光客が落胆するのは必至なので、わざわざ遠出して見物する価値はない。また動物園は世界最初とも言われるほど歴史があるが、小規模かつやや貧相なもので完全に地元向けである。敷地内にはカフェが幾つかあるので足休めにはいい。ただし、カフェ・グロリエッテだけはただの飲食販売店であり、カフェと呼ぶにはおこがましい感じ。メニュー・味・接客のいずれも二流以下なのでお奨めできない。宮殿全体の敷地があまりにも広大なので、€5(1日乗車券)のパノラマトレイン(構内鉄道)を使用するのも一つ。
 所在  地下鉄U4線Schoenbrunn駅下車  電話  -  WEB  [5]
 開場時間  10:00-18:00  料金  €8 /€11.5


宝物殿  
王宮に併設されており、スイス門をくぐると右手に入口がある。ハプスブルグ家の財宝が展示されている。神聖ローマ帝国(皇帝)がドイツから消失した後、ハプスプルグ家が神聖ローマ皇帝を継承したこともあり、ヨーロッパ王家の財宝としては頂点に位置する。コレクションは主に宝飾品や衣装、宗教品から構成される。特に宝飾品は荘厳で素晴らしい。もっとも、宝物コレクションだけなので王宮観光にあまり時間を割けない場合には、無理して(8€も払って)観光する必要は無いかも。オーディオガイドがあって便利だがドイツ語もしくは英語であり日本語は無い。
 所在  トラム1、2番Brugring下車または地下鉄U3線Herrengasse駅下車  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  €8


ベルヴェーデル宮殿  
ハプスブルグ帝国オイゲン公の離宮。後にハプスブルグ家の所有を経て、美術館になっている。とりわけ、上宮の美術品のコレクションは、印象派や写実主義などが幅広く蒐集されており、非常に素晴らしい。上宮の美術品に関する日本語のオーディオガイドは別料金(3€ )。下宮の美術品はバロック作品。上宮と下宮は徒歩で10分ほど離れており、両者の間にフランス式庭園が広がる。上宮のコレクションの方が断然にレベルが高いので、時間がなければ上宮だけで十分。むしろ上宮は何回訪れても味わいが尽きない程である。
 所在  地下鉄U1線Sudtiroler Platz駅、国鉄Quartier Belvedere駅、Wien本駅、Rennweg駅またはトラムD線Belvedere駅下車  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  10:00-18:00  料金  €7.5


美術史博物館  
最初は入口を探すのに戸惑うかもしれないが、重々しい扉を開けて入館する雰囲気は格別。2階は壮大な美術品コレクション。ルーブル美術館に匹敵する蒐集レベルの高さ。館内の建築様式も壮麗であり、宮殿を凌ぐと言っていい程の装飾は一見の価値が有り。なお、1階には古代文明の展示品があるが、ルーブル美術品ほどではない。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  €10
アルベルティーナ  
アルベルティーナ公の宮殿。王宮に隣接し、ケルントナー通りに近い。宮殿の部屋にミケランジェロをはじめとする美術品が展示されている。なかでも、デュラーの野兎が有名。なお、2006年はモーツァルト展で貴重な楽譜等、数多くの歴史品が展覧されていた。英語、ドイツ語等のオーディオガイド有。(日本語用は無い。)
 所在  トラム1/2号線Kaerntnerring駅下車または地下鉄U1/U2/U4線Karlsplatz駅下車  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -


リヒテンシュタイン美術館  
リヒテンシュタイン侯爵家の大邸宅に、名門貴族のリヒテンシュタイン家の美術コレクションを展示したもの。ルーベンスのコレクション(肖像画、連続テーマ画など)が有名だが、多くは無名の美術コレクション。むしろ圧巻なのはリヒテンシュタイン侯爵家の大邸宅(というより宮殿に近い)の華やかさであり、他のいかなる美術館も及ばないほど壮麗であるので訪れる価値はある。特にヘラクレスの間は広大かつ美麗でため息が出るほど。日本語のオーディオガイド(1€ )も有り、部屋ごとの解説なので冗長ではなく聞きやすいのでお奨め。
 所在  トラムD線Bauernfeldpl駅下車  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  €10


市民公園  
ヨハンシュトラウスの像があり、観光ガイドにもよく掲載されている。静かで市民が憩う公園である一方、ヨハンシュトラウスの像だけが目玉なので観光に時間がなければ敢えて訪れるほどでもない。
 所在  地下鉄U4線Stadtpark駅またはトラム1/2号線Weinbruggasse駅下車  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  無料


楽友協会ホール  
会員制の定期演奏会で有名。web(日本語対応)でチケットを予約・購入できる。ホールの座席表から座席指定までできるので便利。
 所在  地下鉄U1/U2/U4線Karlsplatz下車  電話  -  WEB  [6]
 開場時間  -  料金  -


カールスプラッツ駅舎  
地下鉄の駅の地上にある。建築が有名。近くにトラムの62/65番線の停車場がある。
 所在  地下鉄U1/U2/U4線Karlsplatz駅下車  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -


フンデルトヴァッサーハウス (Hundertwasserhaus)  
フンデルトヴァッサー建築家の家。
 所在  3., Kegelgasse 34-38  電話  -  WEB  [7]
 開場時間  -  料金  -
フンデルトヴァッサーハウス (Hundertwasserhaus)


フロイト博物館  
2006年はフロイト生誕150周年。精神分析を創設したフロイトの診察室等がある程度なので、一般の観光客が特に観光するほどではない。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -

遊ぶ[編集]

プラター  
ドナウ運河を渡った場所にある遊園地。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  料金  -

学ぶ[編集]

ウィーン大学付属のドイツ語学校が有名。またダンススクールなども充実しており、旅行者でも手軽に習うことができる。


働く[編集]

国際機関があるので、そこに派遣・勤務しているケースもある。

買う[編集]

Kohlmarkt  
高級ブランド店が集結している。
 所在  ミヒャエル門近傍、地下鉄U3線Herrengasse駅下車  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  値段  


Swarovski  
クリスタル装飾品で世界的に有名。免税書類(20%分の間接税還付)もくれる。ケルントナー通りの中心部に2階建ての大きな店舗がある他、市内に点在する。空港にも店舗有り。
 所在  -  電話  -  WEB  [8]
 営業時間  -  値段  


Ringstrassen Galerien  
最高級ホテルBristolやGlandに隣接するショッピングモール。ケルントナー通りにも近く、通常のショッピング以外にも、地下のスーパーで日用品や食料品も手に入るので便利。
 所在  トラム1/2号線Kaerntnerring駅下車または地下鉄U1/U2/U4線Karlsplatz駅下車  電話  -  WEB  [9]
 営業時間  -  値段  


HUMANIC  
靴のディスカウント店。ケルントナー通りやマリアヒルファ通りにある。品揃えが豊富。
 所在  -  電話  -  WEB  [10]
 営業時間  -  値段  


BIPA  
市内に多くあるディスカウント店。化粧品や保健用品が購入できる。旅行中の日用品(シャンプー、歯ブラシ等)の手配に便利。
 所在  -  電話  -  WEB  [11]
 営業時間  -  値段  


Billa  
スーパーマーケット。Ringstrassen Galeriennの地下など、市内に店舗がある。旅行中の日用品や食料品の調達に便利。ミネラルウォーターのPETボトルには購入時に料金がかかるが、空を専用場所で返却すれば返金金額表示のレシートが印刷されて清算可能。
 所在  -  電話  -  WEB  [12]
 営業時間  -  値段  
Billa


P und C  
マリアヒルファ通りにある大型衣料品店。
 所在  地下鉄U3線Neubaugasse駅下車  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  値段  


Leiner  
マリアヒルファ通りにある大型家具販売店。店内は静粛。トイレやおむつ交換所も便利。
 所在  地下鉄U2線Meseums Quartier駅下車  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  値段  

食べる[編集]

おすすめ[編集]

カフェ[編集]

デーメル  
皇室御用達で有名な菓子店。王宮のすぐそばであり、いつも満席。ザッハートルテをはじめとして、各種のケーキが充実。ただし、ザッハートルテは古めかしいザラメ風の味でイマイチ。それ以外のケーキ(Topfentorte等)の方が美味しい。周囲の観光客が撮影に励んでおり、ウェイトレスの接客もお高いのは、名門の証か?
 所在  ミヒャエル門近傍  電話  -  WEB  [13]
 営業時間  -  予算  -


ザッハー  
(オリジナル)ザッハートルテで有名なカフェ。ホテルのカフェ以外にも菓子店も併設されていて、お土産も買える。オリジナルザッハートルテは、生クリームが一杯添えられる。
 所在  ケルントナー通り  電話  -  WEB  [14]
 営業時間  -  予算  -
ザッハー


シュヴァルンツェンブルグ  
最古参のカフェ。接客態度が非常に良い。内装も落ち着いた雰囲気。特に窓際の席がお薦め。
 所在  リンク沿い  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  €5~20


ラントマン  
ブルグ劇場の近く。市内や宮殿に姉妹店が複数ある。サンドウィッチやオムレツ、ウィーナーシュニツェル等の軽食もとれる。
 所在  リンク沿い  電話  -  WEB  [15]
 営業時間  -  予算  €5~20


モーツァルト  
ホテルザッハーに隣接する。接客はとても親切。サンドウィッチやオムレツ、ウィーナーシュニツェル等の軽食もとれる。朝食メニューもある。
 所在  ケルントナー通り  電話  -  WEB  [16]
 営業時間  -  予算  €5~20


シルク  
最高級ホテルBristolのカフェ。店内は狭いが、内装は新しく伝統的なカフェとはひと味違った高級感が少し漂う。
 所在  ケルントナー通り  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  10:00-22:00  予算  €5~20


ルーベンス  
リヒテンシュタイン美術館に隣接するカフェ・バー。店内は近代的なデザインで清潔感があって美麗だが、接客態度は無機質で印象は悪い。しかしながら、店名を冠するルーベンス・トルテは秀逸の一言に尽きる美味しさなので一度は食べてみる価値有り。
 所在  リヒテンシュタイン美術館敷地内/トラムD線Bauernfeldplatz駅下車  電話  -  WEB  [17]
 営業時間  -  予算  €5~20


ゲルンスナー  
菓子の名門店。店内は狭い。
 所在  ケルントナー通り  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  €5~15


スターバックスカフェ  
米国のコーヒーチェーン店。大胆不敵というべきか、ザッハーの真向かいやデーメルの隣の通りにも出店している。伝統的なカフェに無い品揃えのせいなのか、それともファーストフード的な要素が便利なのか、意外にも客入りはいい。夏にはフラペチーノやアイスラテの冷たい飲み物は確かにいいかも。
 所在  -  電話  -  WEB  [18]
 営業時間  -  予算  €5~10

安食堂[編集]

ANKER  
市内にあるテイクアウェイのお店。店舗によっては中にスタンドがあって、そこで食事を済ませることも可能。
 所在  -  電話  -  WEB  [19]
 営業時間  -  予算  -

中級[編集]

優月  
日本料理店。北海膳や黒鯛膳などがあり魚料理が豊富。平日の昼定食には寿司膳があり手頃。それ以外にも優月膳などの定食があり、天ぷら・お造りなどの料理のレベルは一級品である。海外の日本料理店でこの味を堪能できるのには感動。店の入口には有名人の写真やサイン色紙が飾られている。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  €30


天満屋  
日本料理店。日本人従業員もいることから、日本語も使える。定食類(膳)も充実しており、味は本格的で美味しい。奥には畳の座敷部屋もある。
 所在  ケルントナー通り  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  €30


フィグルミュラー  
ウィーン料理店。豚肉のウィーナーシュニツェルが有名。路地裏で見つけにくい上に、いつも長蛇の列。
 所在  シュテファン大聖堂の裏  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  -


グラーシュムゼウム  
グラーシュの専門店。グラーシュとはハンガリー由来のスープ料理のこと。塩味がきついが、数多くのグラーシュが取り揃えている。日本語のメニュー有。
 所在  シュテファン大聖堂と市民公園の中間  電話  -  WEB  [20]
 営業時間  -  予算  €20


福仁  
中華料理店。ケルントナー通りに面する一等地でありながら怪しげな雰囲気の入口の階段を上るとある。台湾系のためやや味付けが濃厚なので人によって好みが出るが料理は良い。特に酢豚、中国野菜炒めやダック入りのチャーハンなどが美味。
 所在  ケルントナー通り  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  €20


青島  
中華料理店。通常の中華料理だけでなく、広東風の点心を食べると美味しい店。ウィーンの雑誌の賞を取ったことが自慢。小沢征爾の来店時の写真が入り口に飾っている。なお、ここの海鮮チャーハンは炒飯ではなくあんかけご飯なので注意。
 所在  ウィーン西駅裏  電話  -  WEB  [21]
 営業時間  -  予算  €20

高級[編集]

雲海  
日本料理店。本格的な懐石料理を味わえる、ウィーン随一の高級料理店。料理長は北海道出身との話で、(予算が許すならば)高級日本料理がウィーンで堪能できる。予約要。
 所在  Grand Hotel Wien  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  €100

飲む[編集]

アルコール類としては、白ワインが秀逸。ホイリゲで楽しむ。

泊まる[編集]

値段的に手ごろな宿泊施設は、南駅(Suedbahnhof)、西駅(Westbahnhof)といった、国際列車が乗り入れている駅周辺に集まっている。

安宿[編集]

Vienna Cityapartments  
閑静な場所に位置するアパートメント。現代アパート ウィーンのセンターで。 6 人まで宿泊可能。
 所在  Göllnergasse 29, 1030 Wien  電話  +43 680 3209742 (ドイツ語 + 英語)
 FAX  +43 1 2533033 4100
 WEB  [22]
 e-mail  [23]
 時間    料金  泊€39


apartment ag  
休暇用のアパート
 所在  Jaegerstrasse 24, 1200 Wien  電話  + 43 650 7702919 (ドイツ語 + 英語)  WEB  [24]
 e-mail  [25]
 時間    料金  1泊€69


Govienna.net  
格安の休暇用アパート。最大5人まで。
 所在  Quellenstrasse 128 Top 7, 1100 Wien  電話  + 43 699 11621678 (ドイツ語) + 43 650 88 99 1 99 (英語)  WEB  [26]
 e-mail  [27]
 時間    料金  1泊€59

中級[編集]

Astoria  
ケルントナー通りにあるので、観光には絶好のロケーション。
 所在  -  電話  -  WEB  [28]
 時間    料金  €120

高級[編集]

Intercontinental  
市民公園の目の前にあり、落ち着いた雰囲気。リンク沿いにあり、トラムでの移動には便利。日本語のTV放送も受信できる。
 所在  -  電話  -  WEB  [29]
 時間    料金  €200


Le Meridien  
王宮の目の前であり、国立オペラ座の近く。観光には絶好のロケーション。デザインホテルのため、新奇な雰囲気が特徴。接客はカジュアルで、前衛的な雰囲気。レストランとカフェはロビー裏に一軒ずつ。室内のミニバーは無料の飲み物(ビール、コーラ、水、ジュース)のみ。
 所在  -  電話  -  WEB  [30]
 時間    料金  €200

最高級[編集]

ルネッサンス・ウィーン・ホテル (Renaissance Wien Hotel)  
地下鉄U4号線Meidling Hauptstraße駅から徒歩約2分のところにある最高級ホテル。ウィーンの中心部からやや離れているが、ホテルが駅前に位置しているため、移動に便利。シックなロビーは豪華な印象。日本語衛星放送JSTVの視聴が可能。屋内プールあり。最高級ホテルではあるが、料金は手頃。
 所在  Linke Wienzeile/Ullmannstrasse 71· Vienna, 1150 Austria  電話  43-1-891020
 FAX  43-1-89102100
 WEB  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  €100~。


Bristol  
国立オペラ座の隣。ケルントナー通りに面し、トラムの停車場が目の前にある。観光には絶好のロケーション。カフェやレストランも有名。
 所在  -  電話  -  WEB  [32]
 時間    料金  €400


Grand Hotel  
国立オペラ座の近く。1994年に営業再開した名門ホテル。ケルントナー通りに近く、トラムの停車場もすぐなので、観光には絶好のロケーション。一時は全日空ホテル傘下であったこともあり、日本人スタッフもいる上にホテル室内の各表示には日本語もある。室内は優雅で、大理石のバスルームやアンティークで飾られた素晴らしいベッドルームで成る。部屋の各種調整(照明、ブラインダ、空調など)には電話機で集中制御しており、日本語表示有り。また日本語衛星放送JSTVも観れるし、インターネット接続は無料。ショッピングモールやスーパーマーケット(Billa)も隣接してるので、現地での買い物にも便利。
 所在  -  電話  -  WEB  [33]
 時間    料金  €400


Imperial  
国賓を迎えてきた由緒ある名門。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 時間    料金  €800

連絡する[編集]

国際電話の国番号は43。ウィーンの市外局番は1。

気を付ける[編集]

観光都市でもあり、スリや置き引きなどの盗難に注意。

カールスプラッツ駅など、地下鉄駅構内の麻薬中毒者や犯罪者には注意すること。(ウィーンの地下鉄は無人駅で自動改札設備等も無いため、誰でも入構できる治安上の盲点がある。)

東欧同様に偽警官詐欺があるので、見知らぬ怪しい人物に写真撮影や地図で道を聞かれた際には、なるべく無視をすること。その後、自称私服警官に(麻薬所持や違法両替の捜査と称して)財布やパスポートの提示を求められても、無視をして立ち去ること。

暮らす[編集]

在外公館[編集]

在オーストリア日本国大使館Japanische Botschaft in Österreich  
オーストリア以外に、コソボマケドニアも統括する日本大使館である。医療、治安、入国・税関等についての情報提供を行なっている。
 所在  Hessgasse 6, 1010 Wien.  電話  (+43-1) 5319200
 FAX  (+43-1) 5320590
 WEB  [34]
 時間  月~金 9:00~12:00、14:00~16:30。主なオーストリア・日本の祝日と年始年末定休。  料金  各種証明書、旅券等有料。支払いはユーロである。

出かける[編集]

隣国のプラハブダペストブラチスラヴァなどのツアーがある。アルベルティーナ近くにあるウィーン観光案内所で申込可能。




変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト