何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

イエローストーン国立公園

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
イエローストーンの巨大な間欠泉「グランド・ガイザー (The Grand Geyser) 」は、上空約46メーター(150フィート)以上に蒸気を噴出させている

イエローストーン国立公園 (Yellowstone National Park) は世界遺産に指定されている、アメリカ合衆国国立公園である。保護された素晴らしい野生生物と起伏の多い美しい地域であると同時に、巨大な間欠泉、温泉と他の熱源を保護するため、1872年に制定された世界で最初の国立公園である。この国立公園はワイオミング州の北西部の端に位置し、アイダホ州モンタナ州へと伸びている。


分かる[編集]

イエローストーン国立公園は世界で最初の最も古い国立公園であり、ワイオミング州の北西部の端の大部分を占める、8,987 km²(3,472平方マイル)にもおよんでいる。この国立公園は様々な間欠泉、温泉、地熱特性を持つことで有名であり、グリズリー、オオカミ、公園外まで広がるバイソン、エルクの群が生息している。

歴史[編集]

イエローストーンでは人類が誕生するずっと以前、塊状(かいじょう)の火山が噴火し、アメリカの西部の大部分、中西部、北部メキシコ、東部太平洋岸の一部に計り知れない大量の火山灰をもたらした。1980年のセント・ヘレンズ山 (Mt. St. Helens) の噴火の小さな噴出物でカルデラができあがる。イエローストーンは640,000年前に最後の噴火をしており、概して600,000から900,000年に一度、噴火をしている形になる。噴火の影響は猛烈な気象変動を起こし、地球上で最大規模だと知られている。この国立公園に付けられた呼名はイエローストーンの雄大な渓谷で見られる黄色の岩壁や、公園内を流れるイエローストーン川から由来しているといわれるが、モンタナ州東部を貫く砂岩の断崖から由来しているともいわれている。

1872年5月1日、イエローストーンは、ユリシーズ・グラント大統領によって、世界のどこにもない初めての国立公園として保護することを宣言された。1978年、ユネスコ (UNESCO) によって世界遺産に指定される。

風景[編集]

地質上の特徴は生態系の根本を形作っている。イエローストーンでは、火山、熱水と氷河期の進行による植物と動物分布が複雑で類のみないものとなっている。アイダホ州南部からイエローストーンの北東部の地形は何百万年もホットスポットの影響を受けたからである。何人かの科学者は、ホットスポットの火山活動により隆起した台地がイエローストーンだと信じられている。

動植物[編集]

このアメリカグマの様な珍しい多くの種類のクマが生息している。

この公園は地球上にある影響を受けていない最大の温帯生態系の一つとして、壮大なイエローストーン生態系の中核をなしている。アメリカグマ、グリズリー、鹿、エルク、バイソン、オオツノヒツジ、オオカミはこの公園内で見ることができる。

地熱特性[編集]

基本的な地熱特性は、イエローストーンの活火山のために存在する間欠泉、泥の水たまり (mud pots) 、温泉、噴気孔である。地熱特性は火山によって加熱された過熱水によって形成される。圧力は大量の蒸気が空気中に放出されるため猛烈である、しかし、温泉または泥の水たまり場合、圧力は猛烈ではない。水たまりの様々な色は、異なる種類のバクテリアの成長による。地熱特性についてもっとも良い学習方法は、若い科学者向けのプログラムである。これは、オールドフェイスフル (Old Faithful) ビジターズセンターにいるレンジャーに相談するとよい。

気候[編集]

イエローストーン国立公園の気象は暖かい晴天から寒い雨天へと急速に変化する。そのため、重ね着ができるよう必要とされる服を持って行くことが重要である。

  • 夏期:日中の気温はたいてい25°C (70s) であり、低地では時折30°C (80s) となる。夜間はふつう寒く、気温は高地で氷点下まで下がることになる。はげしい雷雨は午後によくおこる。
  • 冬期:気温は日中たいていゼロから-20°C ~ -5°C (20°F) の範囲である。夜間の気温は日中と同じぐらいである。記録的な最低気温は-54°C (-66F) である。降雪量は一定していない。平均は年間3.81メートル(150インチ)であるが、高地では2倍以上になることも珍しくない。
  • 春と秋:夜間は-5から-20°Cまで下がるが、日中の気温は0 ~ 20°C (30s ~ 60s) の範囲である。雪は春と秋で24時間で30.48センチほど積もる。

年間を通じて、急激な気象変化に備える注意が必要である。イエローストーンの気象特徴は予測不可能なことである。常に幅広い服装の選択が必要である。暖かいジャケットを携帯することと、夏期は雨具の用意が必要である。

着く[編集]

パブリック・ドメインとして公開されている国立公園局による公式マップ

飛行機で[編集]

イエローストーンは主要な空港から離れた場所に位置している。イエローストーンに一番都合の良い空港はグランドティトン国立公園にあるジャクソン・ホール空港 (Jackson Hole Airport、IATA: JAC) である。ジャクソン・ホールへの直行便はアトランタシカゴダラスロサンゼルスソルトレイクシティより利用可能である。

ジャクソン・ホール空港への便数は少なく、費用がかかる。イエローストーンへ入る最適な方法はソルトレイクシティ[1](デルタ航空の主要ハブである)からの直行便であり、I-15と国道20号線 (US20) を利用し、おおよそ515km(320マイル)、5時間から6時間の距離を運転することになる。

季節便などの運行がある小さな空港は:

モンタナ州[編集]

  • ビリング (Billings) (IATA: BIL) [2]
  • ボーズマン (Bozeman) (IATA: BZN) [3]
  • ビュート (Butte) (IATA: BTM) [4]
  • ウエストイエローストーン (West Yellowstone) (IATA: WYS)

アイダホ州[編集]

  • アイダホフォールズ (Idaho Falls) (IATA: IDA) [5]

ワイオミング州[編集]

これらの空港はジャクソン・ホールより少ない便数である。

車で[編集]

この国立公園には5つのゲートが設けられている。それらのゲートに一番近い都市は以下に記載する都市である。

  • ノース (North) - 国道89号線 (US Route 89) を利用しモンタナ州リビングストーン (Livingston) から90 km (56マイル) の所にあるモンタナ州ガーディナー (Gardiner) からのゲート。このゲートは通年営業しており、公園の境界線から8 km(5マイル)中にあるマンモス・ホット・スプリングス (Mammoth Hot Springs) に置かれている公園管理本部に通じている。象徴的なルーズベルト・アーチ (Roosevelt Arch) はこのゲートのそばになる。
  • ノーセスト (Northeast) - 別名ベアトゥース・ハイウェイ(Beartooth Highway) と呼ばれる国道212号線 (US Route 212) 沿いにあるシルバーゲート (Silver Gate) 、クックシティ (Cooke City) からのゲート。このゲートとクックシティへの道は年間を通じて利用できるが、クックシティから先は冬期通行止(10月中旬~5月下旬)めとなる。
  • イースト (East) - 国道14・16・20号線 (US Route 14/16/20) を利用し85 km(53マイル)先にあるコディ (Cody) からのゲート。このゲートは冬期閉鎖される(11月初旬~5月初旬)。
  • サウス (South) - 国道89・191・287号線 (US Route 89/191/287) を利用しグランドティトン国立公園からのゲート。このゲートは冬期閉鎖される(11月初旬~5月中旬)。
  • ウエスト (West) - 国道20・191・287号線 (US Route 20/191/287) を利用しアイダホ州アシュトン (Ashto) から97 km(60マイル)の所にあるウエストイエローストーン (West Yellowstone) からのゲート。このゲートは冬期閉鎖される(11月初旬~4月下旬)。

料金/許可[編集]

公園に入園するすべての車と人は7日間有効な入園料を支払うことになる。入園料はグランドティトン国立公園とイエローストーン国立公園の両方に入園することができる。入園料はツアー以外の車$25、ハイカーと自転車は$12、バイクとスノーモービル$20である。

1年間有効のパスは7日間有効の入園料の代わりとして利用できる。1年間有効パスは$50であり、イエローストーンとグランドティトン国立公園の入園に利用できる。共通1年間有効パスは$80であり、イエローストーンとグランドティトン国立公園を含め、アメリカ中の多くの政府レクレーション施設を利用できる。

動く[編集]

車で[編集]

多くの旅行者はイエローストーン国立公園内を回遊することに自動車を利用している。公園内で利用できる公共交通機関は存在しない。各道路は野生生物を見るために車を停車させるため、ところどころで大混雑となる。

バスで[編集]

クラシックバスの料金はグランド・ループ道路のガイドツアーによって異なる

Xanterra Resorts [7] は夏期の旅行シーズンに公園内を回るバスツアーを行っている。ローワー・ループツアー (The Lower Loop Tour) は公園内の南側から出発する。アッパー・ループツアー (The Upper Loop Tour) は、レイクホテル (Lake Hotel) 、フィッシングブリッジRV公園 (Fishing Bridge RV Park) 、キャニオン・ロッジから出発し、公園内の北部を回る。グランド・ループツアー (The Grand Loop Tour) は1日のツアーで、ガーディナー (Gardiner) とマンモス・ホットスプリングスホテル (Mammoth Hot Springs Hotel) から出発する。冬期シーズンの間、雪上車 (snowcoach) ツアーが様々な場所より行われている。予約電話 (+1-307) 344-7311。

つけくわえて、夏期シーズン中には、様々な都市を起点とするツアー会社による有料ツアーが提供されている。冬期シーズン中には、いくつかのツアー会社が公園内の道路を利用し、雪上車 (snowcoach) ツアーを行っている。


自転車で[編集]

公園内でのサイクリングは大変貴重な体験となるが、長い行程の計画を立てた場合には、毎晩利用可能な宿泊先を確保する必要がある。公園ではサイクリスト用に多くのキャンプ場を押さえているが、夏期旅行シーズン中はできるだけ予約を入れることを薦める。

観る[編集]

イエローストーンは自然遺産と雄大さで世界的に有名であり、世界的な実例の10,000以上の地熱特性の半分が存在している。イエローストーンへの旅行者は地球上で最大だと知られた"巨大な火山"、300以上の間欠泉(例えば"オールドフェイスフィル")、泥の湖、グリズリー、オオカミ、バイソン、エルクなどの野生生物の驚くべき群を見ることができる。

マンモス (Mammoth)[編集]

マンモスホットスプリングス (Mammoth Hot Springs)  
鉱物を含む熱水は方解石や他の物質を堆積させるように、源泉から吹き出している。時がたつにつれ、それらは階段状のテラスを形作っていった。テラスのいくつかは、毎日数千センチづつ成長している。


フォート・イエローストーン (Fort Yellowstone)  
アメリカ合衆国陸軍が公園管理を行っていた頃の本部として利用されていた場所である。


ブンセンピーク (Bunsen Peak)  
8,564フィートの頂上までのハイキングは往復3時間ほどである。頂上はフォート・イエローストーン地域を見渡せ、ゆるやかに上ることができる。飲み物と軽い食べ物を持参するとよい(ベアーベルを持参するとなおよい)。


ボイリングリバー (Boiling River)  
水遊びができるこの川は、温泉につかることができる公園内の数少ないスポットの一つである。たいてい混雑しており、旅行シーズン中は早朝に訪れることを薦める。

ノリス (Norris)[編集]

ノリス・ガイザー・ベイスン (Norris Geyser Basin)  
公園内の壮大な温泉地帯の一つであり、上空92メーター(300フィート)以上に吹き上がる、世界最大の間欠泉「スティームボート・ガイザー (Steamboat Geyser) 」がある。ノリス地域は、公園内でも熱く、酸性で、変化が激しい場所である。


ローリング・マウンテン (Roaring Mountain)  
ほとんど聞き取れない音を出している蒸気孔と温泉群は離れた場所で轟音をささやいている感じである。この温泉特徴は公園道路の右側にある。


ギボンリバー (Gibbon River)  


バージニアカスケーズ (Virginia Cascades)  

マディソン (Madison)[編集]

アーティスト・ペイント・ポッツ (Artist Paint Pots)  
この半マイルのハイキングコースには色彩に富んだ温泉、蒸気孔、泡立っている泥だまりなどがある。


モニュメント・ガイザー・ベイスン (Monument Geyser Basin)  
大部分が活動を停止したが、モニュメント・ガイザー・ベイスンは魅力的な温泉沈殿物で構成され、1マイル長のトレイル上で素晴らしい景色をかもし出している。


ギボン・フォールズ (Gibbon Falls)  
この落差84フィートの岩の階段状の滝は公園道路の頭上に見ることができる。


マディソン・リバー (Madison River)  
この川は両側が険しい、木で覆われた岩の断崖である渓谷を生み出している。


テラス・スプリングス (Terrace Springs)  


ファイヤーホール・キャニオン・ドライブ&ファイヤーホール・フォールズ (Firehole Canyon Drive and Firehole Falls)  


ナショナルパーク・マウンテン (National Park Mountain)  
マディソンとファイヤーホール川が合流する山脈である。伝説によれば、国立公園としてイエローストーンを保護をしようときっかけになった場所である。

オールドフェイスフィルを含むガイザーベイスン (Geyser basins, including Old Faithful)[編集]

ローワー・ガイザー・ベイスン (Lower Geyser Basin)  
アッパー・ベイスンと異なり、最も活動的なこの地域へは車でアクセスできる。グレートファンテンガイザー (Great Fountain Geyser) はこの地域で最大の間欠泉であり、車にて簡単に行くことができる。また、オールドフェイスフィル・ビジターズセンターにて服装確認後に、予報を聞いても十分である。間欠泉にたどり着いたら、活動予報が定期的に更新されているので、掲示板を確認すると最新の情報を取得することができる。


ローンスター・ガイザー・ベイスン (Lone Star Geyser Basin)  
ここと下記の「ショーショニ・ガイザー・ベイスン」へはハイキングが必要となるため、"見る"よりも"行動する"ことが求められる。ハイキングルートはアッパー・ガイザー・ベイスンの南側のループ道路から始まり、閉鎖された旧道を進み約5km(3マイル)である。自転車はローンスターへの道で最大限利用することが可能である。家族向けには魅力的なハイキングコースである。


ショーショニ・ガイザー・ベイスン (Shoshone Geyser Basin)  
ローンスターを越え、登山口から片道12km (7マイル)と離れたこのベイスンへは、上級ハイキングコースとなっている。

グラントヴィレッジ (Grant Village)[編集]

ショーショニ・レイク (Shoshone Lake)  

レイクエリア (Lake Area)[編集]

ナチュラルブリッジ (Natural Bridge)  

キャニオン (Canyon)[編集]

アーティストポイント (Artist point)  
渓谷と滝壺が見られる絶好の場所である。


イエローストーンのアッパー&ローワー・フォールズ (The Upper and Lower Falls of the Yellowstone)  
公園内には2つの大きな滝がある。アッパー・フォールズは落差約33メーター(109フィート)、小さな渓谷を作り出している。大きなローワー・フォールズは落差約94メーター(309フィート)で、イエローストーンのグランドキャニオンを作り出している。


ヘイデンバレー (Hayden Valley)  
一部の人々はイエローストーン内でバイソンを見る絶好の場所だと言っている。ヘイデンバレーには多くの動物が生息し、悪名高い泥火山もある。


マウント・ウォッシュバーン (Mt. Washburn)  
ビックホーン羊を見る公園内で最高の場所であり、登山道を上ると、10,243フィートの頂上を見渡せる展望台に辿り着く。高度はハイカーに影響を与えるため、この登山を行う前に、高高度に順応させることが一番いい方法である。加えて、夏でも頂上から冷たい風が吹き付けているため、重ね着ができる服を持参すると良い。

タワー・ルーズベルト (Tower-Roosevelt)[編集]

スペーシマンリッジ (Specimen Ridge)  


化石の森 (Petrified Forest)  
ここは大規模な化石の森であり、幹線道路沿いに見ることができる。


タワーフォールズ (Tower Fall)  
落差約30メーター(100フィート)のこの滝は、岩が落下し、細長い谷とけわし流れができあがる。


カルサイト・スプリングス (Calcite Springs)  

遊ぶ[編集]

カー・フリーウィーク (Car Free Week)  
イエローストーンは毎春(通常4月)の車の通行再開前の1週間を利用して、自転車とハイカーに道路を開放している。この1週間は人込みや車がないため、イエローストーンの観光スポットや野生生物を見る貴重な機会となっている。ウエストイエローストーンの複数の業者が自転車の貸出しを行っている。


若き科学者 (Young Scientist)  
5歳以上の学生はイエローストーン国立公園の地熱の特徴について学ぶことができる。学生には赤外線温度計、ストップウオッチ、拡大鏡、その他の器具を含む、科学者のツールキットが与えられる。これを終えると、パッチかキーチェーンのどちらかをもらうことができる。


ジュニア・レンジャープログラム (Jr Ranger Program)  
このプログラムはジュニア・レンジャー・パッチを得られる5歳から12歳までの子供たちに機会が与えられている。5歳から7歳まではオオカミパッチが得られ、8歳から12歳まではクマパッチを得られる。パッチを得るためには、12ページある活動冊子に正解を記入し、レンジャーによるチェックを受ける必要がある。

多くの訪問者は2.2万エーカーのイエローストーン内を、自分の車やツアーバスに乗車し風景を見ながら1日から2日かけて回っている。本当にこの広大な公園を理解するためには、車やツアーバスを降り、舗装された訪問者用小道を歩く事である。


バックパッカー  


釣り  


ガイドプログラム  

買う[編集]

公園内の各主要ヴィレッジは食べ物、キャンピング補給品、記念品の販売を行っているが、これらの店舗は冬期シーズンの間、すべて休業している。

ガソリンと車のサービスは以下の場所にて行っている。


キャニオン (Canyon)  
ガソリン、ディーゼルと車の修理。


フィッシング・ブリッジ (Fishing Bridge)  
ガソリン、ディーゼル、天然ガスと車の修理。


グラントヴィレッジ (Grant Village)  
ガソリン、ディーゼル、天然ガスと車の修理。


マンモス (Mammoth)  
ガソリン、ディーゼル。


オールドフェイスフィル・ローワー (Old Faithful Lower)  
ガソリン、ディーゼル。


オールドフェイスフィル・アッパー (Old Faithful Upper)  
ガソリンと車の修理。


タワージャンクション (Tower Junction)  
ガソリン。

食べる[編集]

ほとんどのヴィレッジでは食料品の販売を行っている。また、スナックバーの提供も行っている。以下のレストラン、カフェテリアでは食事が可能である。


オールドフェイスフィル・イン・ダイニングルーム (Old Faithful Inn Dining Room)  


オールドフェイスフィル・スノーロッジ・レストラン (Old Faithful Snow Lodge Restaurant)  


オールドフェイスフィル・ロッジ・カフェテリア (Old Faithful Lodge Cafeteria)  


レイクイエローストーンホテル・ダイニングルーム (Lake Yellowstone Hotel Dining Room)  


レイクロッジ・カフェテリア (Lake Lodge Cafeteria)  


グラントヴィレッジ・レストラン (Grant Village Restaurant)  


グラントヴィレッジ・レイクハウスレストラン (Grant Village Lakehouse Restaurant)  


キャニオンロッジ・カフェテリア (Canyon Lodge Cafeteria)  
暖かいオートミールなど、すばらしい朝食を提供している。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    予算  今日のオムレツ$4.2、リンクス2本 (links:ソーセージ) $1.05、ベーコン2本$1.05。


キャニオンロッジ・ダイニングルーム (Canyon Lodge Dining Room)  


マンモス・ホットスプリングスホテル・ダイニングルーム (Mammoth Hot Springs Hotel Dining Room)  


ルーズベルトロッジ・ダイニングルーム (Mammoth Hot Springs Hotel Dining Room)  

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

公園内のロッジは予約で満室になる。キャンセルは常にあるため、確認し続けることを薦めるが、それぞれのロッジを選ぶことはできない。公園内のすべてのロッジとキャビンの予約についてはXanterra Parks & Resorts [8] または電話 (+1-307) 344-7311 を通して行われている。公園内のすべての宿泊施設は禁煙であり、自然に囲まれているイエローストーンを示すように、TV、ラジオ、エアコン、ネット接続は利用できない。


キャニオンロッジ&キャビン (Canyon Lodge and Cabins)  
キャニオン地域のロッジ選択はキャニオンロッジ、カスケードロッジ (Cascade Lodge) 、ダンレイブンロッジ (Dunraven Lodge) になる。カスケードロッジとダンレイブンロッジは、キャニオンロッジがグループ向けキャビンであるのに対して、ホテル形式の部屋を提供している。
 所在    電話    WEB  [9]
 時間    料金  


レイクロッジキャビン (Lake Lodge Cabins)  
 所在    電話    WEB  [10]
 時間    料金  


レイクイエローストーンホテル&キャビン (Lake Yellowstone Hotel & Cabins)  
レイクイエローストーンの右側(ボート乗り場とレストランがある)に位置するこの宿泊施設は、豪華な旅行でない素朴な経験が得られる。しかし、ホテルスタッフは妥当な部屋、普通の食事、湖や周辺部の美しい景色など基本的なことを提供している。夏期の朝と午後に湖の近くを散歩する場合、特に蚊に気をつけること。蚊は群をなしているが、防虫剤または同様の蚊よけ剤により防止することができる。
 所在    電話    WEB  [11]
 時間    料金  


マンモスホットスプリングスホテル&キャビン (Mammoth Hot Springs Hotel & Cabins)  
ホテルでは、部屋付きバスか共有バスの部屋を選択できる。他の選択として、こちらも部屋付きバスか共有バスを選べるホテルに隣接する多くのキャビンを利用できる。身ぎれいにしたいハイカーのために、シャワーが$3.25で利用可能である(事前にフロントに確認をし、料金を支払う)。
 所在    電話    WEB  [12]
 時間  1年間通して営業を行っている。  料金  


オールドフェイスフィル・イン (Old Faithful Inn)  
国の史跡にある、この素朴なホテルは最初にロッジ全体が構築され、その後20世紀初頭に2つの棟が追加された。広大なロビーには石造り暖炉や柱として大きな木の幹が利用されている。設備としては部屋の近くに共有バスルームとシャワーがあり、スイートは部屋付きバスルームと冷蔵庫がある。
 所在  オールドフェイスフィル・ガイザーの近く。  電話    WEB  [13]
 時間  5月から10月の間、営業を行っている。  料金  


オールドフェイスフィル・ロッジキャビン (Old Faithful Lodge Cabins)  
オールドフェイスフィルの間欠泉が見えるよう、大きな窓のロビーになっている。ギフトショップ、レストラン、ベーカリーが備わっている。
 所在    電話    WEB  [14]
 時間  5月から10月の間、営業を行っている。  料金  


オールドフェイスフィル・スノーロッジ (Old Faithful Snow Lodge)  
 所在    電話    WEB  [15]
 時間  12月から3月の間、営業を行っている。  料金  


ルーズベルト・ロッジキャビン (Roosevelt Lodge Cabins)  
 所在    電話    WEB  [16]
 時間  12月から3月の間、営業を行っている。  料金  

キャンプ[編集]

Xanterra Parks & Resorts [17] がブリッジベイ (Bridge Bay) 、キャニオン (Canyon) 、フィッシングブリッジ (Fishing Bridge) 、グラント・ヴィレッジ (Grant Village) 、マディソン (Madison) のキャンプ場の運営を行っている。即日予約は電話 (+1-307) 344-7901で行っている。事前予約は電話 (+1-307) 344-7311 または手紙 Yellowstone National Park Lodges, PO Box 165, Yellowstone National Park, WY 82190 で行っている。

予約は事前に行うか、キャンプ場にてその日に可能な限り早期に確保する。キャンプ場は、とりわけピークシーズン(7月初旬~8月下旬)の間、早朝に満杯になる。9メーター(30フィート)以上のRVは公園内での利用可能なRVサイトが限定されるため予約が必要となる。大型RVサイトはフラッグランチ (Flag Ranch) 、フィッシュブリッジRVパーク (Fishing Bridge RV Park) 、ウエストイエローストーンに設けられている。

インディアンクリーク (Indian Creek) 、ルイスレイク (Lewis Lake) 、マンモス (Mammoth) 、ノリス (Norris) 、ペブルクリーク (Pebble Creek) 、スラウクリーク (Slough Creek) 、タワーフォール (Tower Fall) は国立公園サービスによって運営され、予約は受け付けていない(すべてのサイトは先着順である)。


ブリッジベイ (Bridge Bay)  
432サイト、水洗トイレ、RVダンプステーション。
 所在    電話    WEB  
 時間  5月27日~9月18日。  料金  1サイト$17。


キャニオン (Canyon)  
272サイト、シャワー、水洗トイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  7月6日~9月11日。  料金  1サイト$20.15。


フラッシュブリッジRV (Fishing Bridge RV)  
344サイト、シャワー、水洗トイレ、RVスワーステーション。ここでは水、下水、電源がキャンプ場で唯一提供されている(テントなしまたはテント付きも許可される)。
 所在    電話    WEB  
 時間  5月20日~10月2日。  料金  1サイト$31。


グラント (Grant)  
425サイト、シャワー、水洗トイレ、RVダンプステーション。
 所在    電話    WEB  
 時間  6月21日~10月2日。  料金  1サイト$19。


インディアンクリーク (Indian Creek)  
75サイト、ピットトイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  6月10日~9月19日。  料金  1サイト$12。


ルイスレイク (Lewis Lake)  
85サイト、ピットトイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  6月17日~11月6日。  料金  1サイト$12。


マディソン (Madison)  
277サイト、水洗トイレ、RVダンプステーション。
 所在    電話    WEB  
 時間  5月6日~10月30日。  料金  1サイト$20.35。


マンモス (Mammoth)  
85サイト、水洗トイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  通年営業。  料金  1サイト$14。


ノリス (Norris)  
116サイト、水洗トイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  5月20日~9月26日。  料金  1サイト$14。


ペブルクリーク (Pebble Creek)  
32サイト、ピットトイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  6月3日~9月26日。  料金  1サイト$12。


スラウクリーク (Slough Creek)  
29サイト、ピットトイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  5月27日~10月31日。  料金  1サイト$12。


タワーフォール (Tower Fall)  
32サイト、ピットトイレ。
 所在    電話    WEB  
 時間  5月20日~9月26日。  料金  1サイト$12。

野宿[編集]

許可証はすべてのバックカントリ・キャンピングに必要であり、割当は与えられた時間内で場所を利用できるよう多くの人々に提供される。最大限それぞれのバックカントリ・キャンプ場を利用できる日数は、1回の旅行で1泊から3泊までである。野営の焚火は設けられた焚火ピットのみ許可され、木材利用はいくつかのバックカントリ・キャンプ場にて許可されている。食品保存棒は食品と誘引物質をクマから保護するために、多くの指定されたキャンプ場にて提供されている。

許可証は旅行の48時間以上前までに、一人にだけ認められるが、バックカントリ・サイトは予約料$20(払戻不可)で事前に手紙にて予約をすることができる。予約のため、バックカントリ・トリップ・プランナーより予約申込書をダウンロードできる [18] 、電話 (+1-307) 344-2160、または手紙 Backcountry Office, PO Box 168, Yellowstone National Park, WY 82190。

夏期シーズン(6月~8月)中、許可証は以下の場所にて8:00~16:30までの間、無休で取得することができる。

  • ベックラー・レンジャーステーション (Bechler Ranger Station)
  • キャニオン・レンジャーステーション / ビジターズセンター (Canyon Ranger Station/Visitor Center)
  • グラントヴィレッジ・ビジターズセンター (Grant Village Visitor Center)
  • レイク・レンジャーステーション (Lake Ranger Station)
  • マンモス・レンジャーステーション / ビジターズセンター (Mammoth Ranger Station/Visitor Center)
  • オールドフェイスフィル・レンジャーステーション (Old Faithful Ranger Station)
  • サウスエントランス・レンジャーステーション (South Entrance Ranger Station)
  • タワー・レンジャーステーション (Tower Ranger Station)
  • ウエストエントランス・レンジャーステーション (West Entrance Ranger Station)

上に加えて、イーストゲートとブリッジベイ・レンジャーステーションにて、ときどき当直レンジャーより得ることができる。しかし、これらのレンジャーは他の職務を行っており、いつでも許可証を得られるとはかぎらない。

春期、秋期、冬期シーズンの間、レンジャーステーションとビジターズセンターは業務を行う時間を設定していない。これらの季節にバックカントリー利用許可証を取得するには最寄りのレンジャーステーションかビジターズセンターにて業務時間を確認すること。

気を付ける[編集]

公園内の多くの野生生物は人間を見慣れているが、それにもかかわらず荒々しく、食事や休息を妨げようとする。クマからは最低100メーター、他の野生生物からは25メーター離れること! バイソン、エルク、ムース (moose) 、クマなどのすべての大型動物は攻撃することができる。疑念を持つ人は、国立公園局が野生生物の攻撃について公開しているビデオを参照するとよい。これらの野生生物は大きく、荒々しく、潜在的に危険であるため、一定の距離を保つことが必要である。

上に加えて、香水などはクマや他の野生生物を引きつけてしまうため、持ち込みや匂いがする調理済み食べ物には注意が必要である。特にキャンプ場では料理をしたり、食べ物をテント内に置かず清潔に保こと。用意したか調理済み食べ物、ゴミ、他の匂いのする物はクマ対策を必ず行う必要がある。食べ物と同じく、石鹸、デオドラント、他の洗面道具などの匂いのする製品も対策を行う必要がある。食べ物を収納している荷物を数分でも手放してはいけない。人間の食べ物を獲得した動物はたいてい攻撃的になり、人間の食べ物に依存してします。また、多くが病気になるか、死んでしまいます。

キャンピングの際には、フィルタ、沸騰、または別の方法で飲み水を浄化する。水は動物または人間の廃棄物で汚染され、未処理の飲み水からの腸内感染はしばしばひきおこる。

気象は小さな前兆とともに急速に変化する。満ちあふれた、暖かい日は急速に寒く、雨か雪模様になる。そのため、低体温に気をつける必要がある。多様な気象条件に適した服装を持参し、準備万端とすること。稲妻は人に害を与え、ときには死亡することもあり、そのため、空をよく観察し、雷鳴を聞いた場合には、ビルの中にあるシェルターを活用する。

出かける[編集]

  • グランドティトン国立公園 — イエローストーンの南側にあり、アルプスに似た象徴的な山の眺望で有名である。この国立公園への入園料はイエローストーン国立公園の入園料に含まれている。注記、しかしながら両公園を結ぶ道路は冬期閉鎖される(11月初旬から5月中旬)。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト