何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

イエメン

提供: Wikitravel
アジア : 中近東 : イエメン
移動: 案内検索

危険情報: この地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2011年04月24日現在有効ですが、その後も継続されることがありますので、最新の情報を確認してください。

Rock Palace Wadi Dahar.JPG
国旗
イエメンの国旗
位置
イエメンの位置
基礎データ
首都 サヌア
政体 共和制
通貨 イエメンレアル
面積 527,970km²

水面積率: ○○%

人口 20,024,867人
言語 アラビア語
宗教 イスラム教(スンニー派及びザイド派(シーア派の一派))(外務省サイトより引用)
電気 230V 50Hz B3・BF・C型プラグ
国際電話番号 +967
ドメイン .YE
時間帯 UTC +3


イエメン (Yemen) はアラビア半島の南西端に位置する国。


地方[編集]

イエメンの地図

都市[編集]

サナア
  • サヌア(サナア) - 首都。
  • アデン - アデン湾に面する都市。
  • シバーム - 「砂漠の摩天楼」と称される城壁都市。

その他の旅行先[編集]

  • ソコトラ島 - 「インド洋のガラパゴス」とも呼ばれている。


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC +3)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く[編集]

テロ対策の一環のため、2010年2月5日以降は空港での入国査証(アライバルビザ)の発給を停止している(2010年09月現在継続中)。

この為、イエメンに渡航を予定している人は、必ず渡航前に在京イエメン大使館又は最寄りのイエメン在外公館等にて予め入国査証(ビザ)を取得しておいた方が良い。

飛行機で[編集]

イエメンのフラッグキャリア「イエメン航空」(イエメニア)が、中東主要都市やロンドンとサナア国際空港・アデン国際空港を結んでいる。また、エミレーツをはじめとしたアラブの航空会社もサナア国際空港便を持っている。

列車で[編集]

鉄道はない。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

イエメンでは、サヌアなどの主要都市から陸路で他の都市へ移動する場合、大抵はツーリストポリスの発行するパーミッション (許可証) が必要となる。パーミッションは、パスポートの見開き部分とイエメンのビザのページのコピーがあれば、無料で発行してもらえる (行く先々の検問所で取られるので、同一のパーミッションについて複数枚のコピーが必要) 。ただし状況は流動的で、パーミッションがあったからといって目的地まで確実に行けるとは限らず、途中で追い返されるケースもある模様。

喋る[編集]

公用語はアラビア語。イエメンは方言が他のアラブ諸国と比べ強いとされる

買う[編集]

通貨はイエメンレアル

物価[編集]

食べる[編集]

主食は、インドのナンが大きくなったようなパン。これで肉・野菜・魚・米を包んで食べる。羊や鶏を使った肉料理が豊富だが、魚料理もある。海に面していないサナアでも魚料理は食べられる。また「サルタ」と呼ばれる肉や野菜をクミンシード・ターメリックで味付けした石鍋料理は有名である。

飲む[編集]

noframe

イエメンはイスラム国家のため、一般に酒類は高級ホテルのレストランなどごく限られた場所でしか飲めない。その代わり街中にはチャイハネやカフェのように気軽に飲み物類を楽しめるところが結構あり、伝統衣装に身を包んだ男性が道端に出した椅子に腰掛けてお茶を楽しんでいる。店構えも、右画像にあるような軒先を使った簡単なものから、レストランとさほど変わらないようなものまでさまざま。なお、イエメンでは、紅茶などの飲み物類は一般に最初から砂糖がたっぷり入った形で出されてくるので、間違っても追加の砂糖を入れないように (砂糖の量を自分で調整できるのは、外国人客に手慣れたホテルのカフェくらいしかない) 。また、他のアラブ諸国ではあまり見られないミルクティー(ホット)もある。たくさん入った(スプーン二杯程度か)砂糖と牛乳がまろやかな甘みを引き立てている。ちなみにアラビア語で牛乳は「ハリーブ」で、紅茶を頼むとき「ハリーブ」と言うとミルクティーが出てくる。


泊まる[編集]

旧市街に、アラブスタイルのホテルがある他、新市街にはバックパッカーが使うような安宿から、外資系高級ホテルまで幅広くある。

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

健康を保つ[編集]

首都サナアは、高度2000メートル近く、空気が薄い。その為、普段より息切れがしやすい。また、水道水は飲めないため、ミネラルウォータ―を購入すること。

マナーを守る[編集]

連絡する[編集]

国際電話[編集]

日本→イエメン
00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 967 (イエメンの国番号) - (0を除いた市外局番 *2) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。日本#国際電話も参照。
  • 001 KDDI (固定電話)
  • 0033 NTTコミュニケーションズ
  • 0041 ソフトバンクテレコム
  • 0046 ソフトバンクモバイル
  • 005345 au
  • 009130 NTTドコモ
  • *2 サヌア:1、アデン:2
イエメン→日本
00 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。
  • *3 東京なら「3」。

郵便[編集]

インターネット[編集]

サナア市内には複数のインターネットカフェが有る。ただ、日本語が使えないものも多くある。


この記事「イエメン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト