何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

イェーテボリ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
クリスティーナ教会と市庁舎

イェーテボリ (Göteborg) はスウェーデン第二の都市である。


分かる[編集]

歴史[編集]

イェーテボリは17世紀のはじめに、スウェーデン王グスタフ2世アドルフによってつくられた。かつてはスウェーデンの造船業の中心地であったが、1970年に、外国との競争が激しくなり、多くの工場が閉鎖に追いやられ、その後はハイテク産業が盛んになった。

着く[編集]

飛行機で[編集]

ランドベター空港から街の中心部まで空港バスで約25分、99SEK。イェーテボリ・シティ空港から中心部まで20分、80SEK。 日本からの直行便はもちろんない。コペンハーゲンヘルシンキほか各欧州主要都市を経由することになる。

列車で[編集]

コペンハーゲンから約4時間。オスロから約4時間。ストックホルムからは約3~5時間。(列車のクラスによる)詳細はこちらを参照。

車で[編集]

バスで[編集]

ストックホルムマルメなど国内の長距離バスはもちろん、コペンハーゲンオスロをはじめとした国際路線バスも運行されている。運行会社としては、大陸とのネットワークが充実しているユーロラインズ(Eurolines)、北欧諸国にネットワークを持つゴーバイバス(GoByBus, 旧Säfflebussen)、広くスウェーデンにネットワークを持つスウェーバス(Swebus Express)、ドル箱路線に特化して路線を有するバスフォーユー(Bus4you)などがある。主要なバス会社は中央駅(centralstationen)に隣接したニルス・エリックソン・ターミナル(Nils Ericssonterminalen)より発着する。

船で[編集]

ステーナライン(Stena Line)がデンマーク フレドリックスハヴン(Fredrikshavn)間とドイツ キール(Kiel)間を運行している。フレドリックスハヴンからは3時間半、キールからは14時間程度である。船のターミナルは、中央駅(Centralstationen)より路面電車かバスで15分弱の停留所マスチューグス・トリエット(Masthuggstorget)より徒歩5分に位置する。

動く[編集]

トラムで[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

目抜き通りであるクングツポッツ通りや街の中心部にあるいくつかの古いレストランでは、伝統的なスウェーデン料理を食べることができる。

スウェーデン名物であるリンゴンベリーのジャムをつけて食べる肉団子や、塩漬けニシンやトナカイ肉の燻製などのオードブルなどがある。またジャガイモとアンチョビのグラタンであるヤンソン氏の誘惑などの名物料理がある。

サーモンをはじめとするシーフードは全体的においしいが、冷凍されていない白身魚は鮮度が悪いものが多いため気をつけること。夏の一時期は名物であるザリガニの塩茹でを食べることができる。

シーフードでは白身魚とマッシュポテトのグラタンのようなものも名物料理である。また、クリスマスの時期には様々なハムとチーズ、さらにはそれを切り分けるクリスマス用の木製ナイフが店に並ぶため、それを楽しむのもいいだろう。

日本料理も食べられるが、多くの日本料理店は韓国人か中国人が料理をしており、日本食とは程遠い。すしにはごまがかかっているし、しかもわさびは別である。日本人が料理をしている日本料理店は、Nordstan近くの「桜」のみなので注意すること。

北欧の例に漏れずどの店でも値段はかなり高い。手軽にスウェーデンの伝統料理を味わいたければ、街中のスタンドでスウェーデン風肉団子をオーダーするのが一番だろう。

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

街中のバーは普通の所なら、生ビール一杯30~50SEK程度が相場。こだわりのある所や珍しい品揃えの場合は高くなる場合がある。節約しつつでもちょっと飲みたいという人にはアフターワーク(After work)を行っているバーがお勧め。ビールは一杯50SEK程度だが料金に食べ放題が含まれていて一応満腹にもなれる。多くのバーは平日のみアフターワークを行っており、夕方5時くらいから7時過ぎまで。
クラブは、ヤーントリエット(Järntorget)周辺に多い。人が入り始めるのは0時過ぎ以降。入場料やコートの預かり代はクラブによりかなり異なるが合わせて120SEK程度みておけば充分。当然浮き沈みがあり、人が外で入れるのを待っている所であれば、盛り上がっている可能性が高い。ホットドックを売っている露店を目印にすると簡単に見つかる。

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

気を付ける[編集]

トイレに入るとき5クローナの硬貨が必要。買い物のお釣りで5クローナコインを貰ったら、安易に使ってしまわず、トイレ用としてキープしておいた方がよい。

暮らす[編集]

見どころは冬はあまりないが、暮らす分には楽しいところである。

出かける[編集]

この記事「イェーテボリ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト