何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

アユタヤ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの境内

アユタヤ (อยุธยา) はタイ中部バンコク近郊にある、仏教遺跡で有名な町。


着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄りの空港はバンコクのスワンナブーム空港。アユタヤまでは以下の手段を用いる。

列車で[編集]

バンコクのフアランポーン駅から約2時間。二等車は35バーツ(指定席)、三等車は15バーツ。ホームが短く線路の上に降りる場合もある。

車で[編集]

バスで[編集]

バンコクにある北バスターミナル(モーチットマイ)から約2時間(交通事情に左右される)。エアコン付きの二等バスは50バーツ。

BTS(新交通システム)のモーチット駅からは公園を縦断するとバスターミナルへ近道できる。 (駅近くの入り口には警備員、係員がいるが入園は無料である。※公園を迂回すると数キロになる。なお、駅からタクシーを利用すると80バーツ前後かかる) 北バスターミナルでは英語または日本語の案内表示はないため注意が必要。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

トゥクトゥクで[編集]

現地の相場だと50バーツ程度らしいのだが、日本人だと分かると100バーツ位までふっかけられるので、しっかりと値段交渉が必要。

自転車で[編集]

レンタサイクルで回るのが便利。


レンタルバイクで[編集]

1日250バーツほど。パスポートを預ける。 パスポートを持ってない場合、デポジット(1~2,000バーツ)でも良い場合がある。 125ccや250ccのスクータータイプが多い。

足で[編集]

喋る[編集]

ロジャナ工業団地に日系企業が多く入っている関係か、街中で日本語で書かれた看板を良く見かけ、ホテルなどでは思ったより日本語が通じたりするが、タイ語を覚えておく事に越した事はない。一方、英語は観光スポット及びゲストハウス街ではよく通じる。

観る[編集]

ワット・プラ・シー・サンペット  
アユタヤー王朝の守護寺院。見所は1列に並んだ3基の仏塔であり、それぞれに王の遺骨が納められている。かつては僧院や仏像があったのだが、その昔、ビルマに侵攻されたときに跡形も無く破壊されてしまったという。夜間は3基の塔がライトアップされて幻想的である。
 所在    電話    WEB  
 開場時間  7:00~18:00。  料金  30B。
ワット・プラ・シー・サンペット

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「アユタヤ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト