何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

アブ・シンベル

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
ユネスコの援助で60m上に移されたアブ・シンベル神殿

アブ・シンベル(Abu Simbel)は、エジプトにある町である。


着く[編集]

飛行機で[編集]

  • カイロから毎日2便 アスワン経由 917£E
  • アスワンから所要45分 毎日4便 409£E

列車で[編集]

鉄道はアスワンで終点なので、そこから飛行機またはバスでアクセスする。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

アブ・シンベル神殿 (Abu Simbel)  
ラムセス2世が今から3300年前に建てた大神殿。数多い遺跡の中でもかなり人気がある。1813年にスイスの探検家に発見されたが、この神殿を有名にしたのは、ユネスコの大事業だ。この神殿はアスワンハイダムの工事で、ナセル湖に埋もれてしまうことになっていたため、ユネスコが世界で救済キャンペーンを実施した。そして、集まった基金で神殿はいくつもの部品で分解され、60mほど上の現在の位置に移されたのである。正面に4体のラムセス2世の巨像が並び、その上にはさらに22体ものヒヒ像が並ぶ。
 所在  アブ・シンベル  電話    WEB  
 開場時間  5:00~18:00(冬期は~17:00)。無休。  料金  90£E

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ツーリスト・ビレッジ (Abu Simbel Tourist Village)  
部屋は狭くて古いが、最も安価で泊まれる。
 所在  Abu Simbel Tourist Village.  電話  (097)3400092  WEB  
 時間    料金  

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]


この記事「アブ・シンベル」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト