何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

アデレード

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
アデレードのシティー

アデレード (Adelaide) は、南オーストラリア州最大の都市であり、同州の州都である。整然と整備された碁盤の目状の道路を持つシティーとその周辺に広がる美しい公園は、誰の目にも印象的である。バロッサ・バレービクター・ハーバーといった観光地へ日帰りで往復可能なほか、カンガルー島クーバー・ぺディーといった州内の見所へ向かう際の基点ともなる都市である。


地区[編集]

  • アデレード (Adelaide)
通常シティー (City) と呼ばれるアデレードの中心業務地区。おおよそ一辺2kmの正方形に収まっており、周囲は公園に囲まれている。
  • ノース・アデレード (North Adelaide)
トレンス川 (River Torrens) をはさんでシティーの北側に位置する高級住宅街。メルボルン・ストリート (Melbourne Street) は洒落たブティックやレストランなどが集まることで知られる。またモンテフィオーレ・ヒル (Montefiore Hill) からはシティーが一望でき、特に夜景は美しい。
  • グレネルグ (Glenelg)
シティーから南西に10kmあまり、アデレードで最も人気のあるビーチを擁し、夏季には多くの観光客で賑わう。シティーからトラムで30分。
  • ポート・アデレード (Port Adelaide)
シティーから北西約14kmに位置する港湾施設を中心とする地区。港湾労働者の減少からやや寂れた印象は否めないが、歴史的な建造物を残している。シティーから列車で20分。
  • アデレード・ヒルズ (Adelaide Hills)
アデレード東部、マウント・ロフティー山脈 (Mt. Lofty Range) 以東の地域で、緑豊かな丘陵地帯に小さな町が連なる。シティーからバスで30-40分程度。
  • マクラーレン・ヴェイル (McLaren Vale)
シティーから約40km、アデレード南部に位置するワインの生産地。シティーからビクター・ハーバー方面行きプレミア・ステートライナー (Premier Stateliner) [1]の長距離バス (Metro Ticketは使用不可) で1時間。もしくは列車に乗りノアルンガ線の終点ノアルンガ・センター (Nourlunga Centre) でバス751/752系統に乗り換えて1時間15分。

分かる[編集]

アデレードは、南オーストラリア州の州都として1836年より建設が始まった。水の確保が容易なマーレー河河口付近を州都にする案もあったとされるが、調査隊長 (Surveyor-General) であったコロネル・ウィリアム・ライト (Colonel William Light) は肥沃な平地が広がり、海港が近郊に建設できるトレンス川沿いを州都の建設地に決定し、碁盤の目上の道路に広場や公園を配したシティーを完成させた。当初はあまりにも広い道路や公園に不満を唱える者もあった。1938年の時点で南オーストラリア州の人口は6000人ほどだったためこれは無理も無いが、現在ではライトの先見性は「ライトの視野 (Light's Vision) 」として称えられている。なおアデレードという名前は英国王ウィリアム4世の妻の名前を取ったものである。

着く[編集]

飛行機で[編集]

定期旅客便は中心部から西7kmに位置するアデレード空港 [2] に発着する。2006年2月より全便が新ターミナルを使用するようになり、乗り換えの利便性は飛躍的に向上した。国内線は各州都への便に加えキャンベラゴールドコーストケアンズアリス・スプリングスといった主要都市、およびクーバー・ぺディーやキングスコート (カンガルー島) など州内への短距離便が就航している。国際線はオークランドデンパサールシンガポールクアラ・ルンプール香港からの便が就航している。日本からはケアンズ、シドニー、メルボルンなどを経由するのが便利。アジアの都市を経由する場合、乗り継ぎ時間がいずれも長い。また入国審査官・税関職員の数が少ないため、到着から空港ロビーまでに最長2時間程度を覚悟したほうが良い。

空港からシティーへはジェットバス (JetBus) [3] が15分間隔で運行、所要約20分。なおジェットバスの乗り場は到着階 (一階) ではなく出発階 (二階) にある。タクシーだとシティーまで約15分・A$15程度である。

列車で[編集]

アデレードに発着する長距離旅客列車は中心部から西2kmに位置するケズウィク駅 (Keswick Terminal) を使用する。ケズウィク駅へは中心部から近郊列車ないしバスで5-10分ほどである。インディアン・パシフィック(シドニーブロークン・ヒル~アデレード~パース)、ジ・オーバーランド(メルボルン~アデレード)、ザ・ガン(アデレード~アリス・スプリングス~ダーウィン)の各列車がそれぞれ週に数往復ずつ運転されている。 [4]

車で[編集]

バスで[編集]

長距離バスの大半はセントラル・バス・ターミナル (111 Franklin St. Adelaide) に発着している。

他州からのバスは下記にあげるこの2つのバス企業が運行している。主な路線としてシドニー (24時間)、メルボルン (10時間)、アリスス・プリングス (20時間) などへの便がある。

なお、州内のバスは中小のバス会社によって運営されており、Bus SA というサイトにて路線図や時刻表をまとめて案内している。Bus SA

動く[編集]

公共交通機関[編集]

グレネルグ・トラム

市内の交通機関はアデレードメトロ (AdelaideMetro) [5] の愛称で呼ばれ、鉄道、トラム、バス (JetBusやO-Bahnを含む) が共通の切符 (Metro Ticket) で乗車可能となっている。空港や駅等で配布されているメトロガイド (MetroGuide) に詳細な路線図や切符、乗車方法の案内が収録されている。片道券 (Singletrip Ticket) は2時間有効で、曜日・時間帯によってA$3.50ないしA$2.10だが、旅行者には一日券 (Daytrip Ticket、A$6.60) が便利。学割運賃があるが、南オーストラリア州の学校に通うフルタイム学生のみに適用される。なお市の中心部を走るビー・ライン (Bee Line、99B系統)、シティー・ループ (City Loop、99C系統) など一部の系統は無料である。キング・ウィリアム・ストリート (King William St.) とカーリー・ストリート (Currie St.) の角にアデレードメトロのインフォメーション・センターがある。

  • グレネルグ・トラム
シティーからグレネルグまでの11kmを結ぶ路線で、1929年より使われている旧型車両の活躍で知られる。所要時間は30分ほど。2006年より新車が投入されているが、旧型車5両が残され、週末を中心に運転される予定。
  • 鉄道
シティーの北部にあるアデレード駅から放射状に6路線があるが、このうち観光客に関係があるのはポート・アデレード方面に向かうアウターハーバー線 (Outer Harbour Line) と、ノアルンガ線 (Nourlunga Line) のみであろう。ノアルンガ線の終点ノアルンガからはマクラーレン・ヴェイル方面のバスがある。鉄道と上記トラムはトランスアデレード [6] が運営。

自家用車・レンタカー[編集]

観る[編集]

シティー[編集]

アデレード・グリーター (Adelaide Greeters)  
シティーの見所をボランティアのガイドが徒歩で案内するサービス。日本語話者も手配可能。要予約。
 所在  常設の案内所がランドル・モールにある。  電話  (+61 8) 8203 7168  WEB  [7]
 開場時間    料金  無料
南オーストラリア州博物館 (South Australian Museum)  
世界一といわれるアボリジニ関係のコレクションを始め、オーストラリアやかつてオーストラリア領であったニューギニア島からの大量の化石などの資料が展示されている。
 所在  North Terrace, Adelaide South Australia 5000  電話  61-8-8207 7500  WEB  [8]
 開場時間  10:00-17:00  料金  無料

ポート・アデレード[編集]

ポート・プリンセス・ドルフィン・クルーズ (Port Princess Dolphin Cruises)  
工業地帯でありながらポート・アデレードにはイルカが生息しており、クルーズ船内から観察できる。クルーズは基本的に日曜日に3回で、一回のクルーズ時間は1時間半から2時間程度。
 所在  Commercial Road, Port Adelaide SA 5015  電話  (08) 8243 2757  WEB  [9]
 開場時間  日曜日11:30、14:00、15:30  料金  A$3
国立鉄道博物館 (Port Adelaide National Railway Museum)  
かつて駅として使用されていた建物内に多数の車両が保存されているほか、鉄道模型などの展示がある。
 所在  Lipson Street (South), Port Adelaide SA 5015  電話  (61 8) 8341 1690  WEB  [10]
 開場時間  10:00-17:00  料金  A$10

アデレード・ヒルズ[編集]

マウント・ロフティー・サミット (Mount Lofty Summit)  
アデレード最高峰(710m)、マウント・ロフティーの頂上にある展望台。アデレードの市街地が一望できるだけでなく、天気の良い日にはフリウリュウ半島カンガルー島までが見渡せる。
 所在  シティからバス(163(F)・164(F)系統など)、クレイファーズ(Crafers)乗り継ぎ(823系統)35分、本数が少ないので注意。
クリーランド・ワイルドライフ・パーク (Cleland Wildlife Park)  
中心部から東12kmに位置する動物園。カンガルー、エミュ、コアラなどのオーストラリア独自の動物に触れる事が出来る。シティからバス(163(F)・164(F)系統など)、クレイファーズ(Crafers)乗り継ぎ(823系統)50分、本数が少ないので注意。マウント・ロフティー・サミットから山道を歩いて40分。
 所在  Summit Rd. Mt. Lofty SA 5152  電話  (61 8) 8339 2444  WEB  [11]
 開場時間  09:00-17:00  料金  A$12

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

アデレードには3つの大学があり[12][13][14]、いずれも日本を含む多くの国から交換留学生を受け入れており、半年ないし一年間学ぶことが可能。語学学校や専門学校も多数ある。このほか州立図書館[15]をはじめとする図書館や教会などの宗教団体が主催する安価な(もしくは無料の)語学講座もある。

働く[編集]

アデレード・ヒルズではフルーツピッキングの仕事があり、長期滞在のバックパッカーに人気。

買う[編集]

ランドル・モール (Rundle Mall)  
中心部に位置するアデレード一の繁華街である。1976年にオーストラリアで初めての歩行者天国となった。特産品のオパールを扱う店が多数ある。
 所在  Rundle Mall Adeladie SA 5000  電話    WEB  
 営業時間  多くの店は平日10:00-17:00、日曜は閉店  値段  

食べる[編集]

セントラル・マーケット (Central Market)  
ヴィクトリア・スクウェアのすぐ西に位置し、野菜、果物、肉類、魚介類などの生鮮食料品を取り扱う。オーストラリアならではの商品としてカンガルーの肉があり、1kgあたりA$10程度で購入できる。
 所在    電話    WEB  [16]
 営業時間  火07:00-17:30 木09:00-17:30 金07:00-21:00 土07:00-15:00  予算  


ヘイグ・チョコレート (Haigh's Chocolates)  
アデレードの6店舗に加えメルボルンやシドニーにも店を構える有名チョコレート会社の一号店。原料のカカオ豆の風味を生かした自然な甘みのチョコレートが特徴。ランドル・モールの西端、キング・ウィリアム・ストリートとの角にある。シティーのすぐ南パークサイド(Parkside)にある工場の見学ツアー(無料)が日祝日を除く毎日11時、13時、14時に行われている。
 所在  2 Rundle Mall, Adelaide SA 5000  電話  08 8231 2844  WEB  [17]
 営業時間  平日08:00-19:30 (木20:00 金21:00まで) 土08:00-18:30 日10:00-18:00  予算  単品A$2から

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

フリンダース・ハウジング (Flinders Housing)  
フリンダース大学の大学寮だが、夏休み中(12月-2月)は一般の宿泊客を受け入れている。台所・洗面所共同の1人部屋「ホール(Hall)」と居間・台所・洗面所に2-3室の寝室を備えた「タウンハウス(Townhouse)」がある。シティーから南へバスで30-40分。マクラーレン・ヴェイルなど南部へ旅行するには便利。
 所在  Hall Terrace, Bedford Park SA 5042  電話  08 8291 6000  WEB  [18]
 時間    料金  ホールA$45、タウンハウス(寝室2室/3室)A$110/140

中級[編集]

ホテル208 (Hotel 208)  
シティーの南端、パークランドに接するホテル。中心部からはやや離れるが、落ち着いた滞在が楽しめる。旧称パークサイド(Parkside)。
 所在  208 South Terrace, Adelaide SA 5000  電話  08 8223 2800  WEB  [19]
 時間    料金  モーテルA$160、スーピリアーA$230、エクゼクティヴA$240、インターネット割引あり

高級[編集]

連絡する[編集]

  • アデレードの市外局番は08である。
  • 州立図書館を含む図書館ではインターネットアクセスが無料で利用できる。[20]
  • また中心部や空港新ターミナルではワイヤレスLANも利用できる[21]

気を付ける[編集]

ハインドリー・ストリート (Hindley St.) 周辺はナイトクラブ・パブが集まるため、夜間は治安面で不安がある。

出かける[編集]

アデレードから車で北に1時間ほどのところにある。南オーストラリア州の主要なワイン産地のひとつとして知られており、多くのワイナリーやワインセンターなどの関連施設があるほか、ワインにちなんだツアーなどが催行されている。[22]
アデレードから南に80kmほどのところにある、海岸沿いの町。近くのグラニット島と橋でつながっており、橋の上を馬が引くトラムが走っている。また、島内にはフェアリーペンギンの棲息地があり、ペンギンが行動する夕方から夜にかけてペンギンツアーが催行される。
アデレードの東側に接する町。ドイツ移民によって築かれた街、ハーンドルフもここにある。



変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト