何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

アグラ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
タージ・マハル廟

アグラ (Agra) はインドにある都市である。タージ・マハルで知られる。


着く[編集]

デリーから200Kの距離でデリーから車や電車で日帰り旅行が可能。

飛行機で[編集]

列車で[編集]

アグラカント(Agra Cantt)、アグラフォート駅(Agra Fort railway station)が最寄り駅で、デリーからの電車の多くは西部のAgra Canttに着く。駅を出てすぐの所に前払いタクシーのスタンドがあり、市内のホテルまでの料金はRs.120。駅にはレストランもある。ジャイプルからの電車の多くは北部のAgra Fortに着く。

車で[編集]

デリーから片道3、4時間だがアグラを夕方4時以降に出発した場合、渋滞に巻き込まれ6時間以上かかることもある。

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

タクシー、オートリキシャ、サイクルリキシャ共に流しがたくさんいる。市内ホテルからタージマハールや、アグラフォートまでオートリキシャでRs.50。必ずみやげ物やに連れて行こうとするので、興味が無ければきっぱりと断ること。女性一人での利用は極力避けること。

列車で[編集]

バスで[編集]

アグラの街中を走るバスはヒンディー語表記のみで英語表記がなく、また路線バスに関するウェブサイトも見当たらない為、外国人には利用しづらい交通手段である。

足で[編集]

観る[編集]

インド考古学局に対して支払うADA (Rs.500) は同日に限り、タージ・マハル、アグラ城等市内の他の見所やファーテプルスィークリー(Fatehpur Sikri)と共通。


タージ・マハル (Taj Mahal)  
インドで最も有名な総白大理石作りの建築物で、ムガル帝国第五代皇帝シャー・ジャハーンが妃ムムターズ・マハルのために建造したお墓。タージ・マハルに向かって左側にはモスク、右側には対となる建物がある。早朝の涼しくまだ人が少ない時間に行くのがお勧め。タージの正面手前にある泉水からは、タージと泉水に映ったタージの写真が撮れる。タージ内部は薄暗いがライトで照らすと輝石でつくられた花模様等イスラム模様の装飾が現れる。タージの裏側から見たヤムナー川の風景も美しい。透明のペットボトル水以外の飲食物は持ち込み禁止。敷地内にある博物館の開館時間は10:00 - 17:00。
 所在  所在  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  6:00-19:00 休み:金曜  料金  US$5またはRs.250+ADA
タージ・マハル (Taj Mahal)


アグラ城 (Agra Fort Palace)  
アクバル帝によって築かれたムガール帝国の城。タージ・マハルを作ったシャー・ジャハーンは老後、息子アウラングゼーブによってここの囚われの塔(Musamman Burj)に幽閉されていた。囚われの塔からヤムナー川とタージ・マハルの眺望は素晴らしい。建物がたくさんあるため、城内地図を見ながら見学するとよい。アグラフォート駅(Agra Fort railway station)から城壁西側沿いに徒歩約10分のアマル・スィン門が入場口。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  日の出から日没  料金  US$5またはRs.250+ADA
アグラ城 (Agra Fort Palace)

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ホテル アマル (Hotel Amar)  
新市街にある老舗ホテル。
 所在  Tourist Complex Area, Fatehabad Road Agra。  電話  91-562-2331884
 FAX  91-562-2330299
 WEB  [1]
 時間    料金  

高級[編集]

シェラトンムーガール(Sheraton Mughal)  
日本からのツアー団体客も泊まるシェラトン系列のホテル。外観は少々古びているが、部屋はゴージャスとまでは言わなくても清潔で快適。屋上にタージマハールが眺められるパビリオンがある。ホテル内の北インドレストランのブリヤーニ(Biryani)がおいしい。朝食ブッフェのマサラドーサ(Masala Dosa)も◎。
 所在  Fathebad Road  電話  +91-562-2331701  WEB  [2]
 時間    料金  US$160-
シェラトンムーガール(Sheraton Mughal)

気を付ける[編集]

デリー、アーグラー、ジャイプルの3都市はゴールデントライアングルと呼ばれ、時間の無い旅行者が短期間でインドを満喫するためによく使われる都市である。そのため、インドから有数の詐欺師が集まり、他の地域に比べると詐欺が圧倒的に多い。

女性だけで現地の個人ガイドを利用しないこと。観光地では人気の無いところへ連れていかれて暴行を受けるケースが発生している。

宗教施設(タージマハルを含む)を見学する際は肌を露出しないこと。

オートリキシャを利用した観光客が運転手やその仲間に乱暴されるケースが続発し、日本人女性も被害に遭っているので決して一人だけでは利用するべきではない。

出かける[編集]

デリー
ジャイプル


この記事「アグラ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト